Amazon Web Services ブログ

Category: Intermediate (200)

VMware Cloud on AWS

VMware Cloud on AWS で実現するマイクロサービスアーキテクチャとモダンアプリケーション

AWS で Sr. Specialist Solution Architect を務める Sheng Chen による記事です。 VMware Cloud on AWS は、Amazon Web Services (AWS) グローバルインフラストラクチャ上で、 VMware Software-Defined Data Center (SDDC) を展開し、 vSphere ワークロードを実行するための柔軟でスケーラブルなソリューションを提供します。 200 以上の AWS ネイティブ サービスとの統合アクセスにより、VMware Cloud on AWS は、お客様がビジネスの中断を最小限に抑えつつ、アプリケーションのモダナイゼーションジャーニーを加速するのに役立ちます。 具体的には、VMware Cloud on AWS と AWS サービス統合するための独自の機能を利用することで、お客様はアプリケーションの変革とマイクロサービス アーキテクチャへの移行を開始することができます。

Read More

AWS Systems Manager Incident ManagerとAmazon CloudWatchの統合

こちらのブログ記事は、二部構成のうちの二つ目のブログ記事となり、引き続きAWS Systems Manager Incident Managerに関する内容をご紹介していきます。一つ目のブログ記事では、連絡先、エスカレーションプラン、対応プランの作成などの設定手順についてご紹介してきました。このブログ記事では、Incident ManagerとAmazon CloudWatchの統合及び、Incident Managerのコンポーネントを使ったインシデント管理についてご紹介していきます。また、インシデント後の分析方法についてもご紹介していきます。 多くのお客様は、AWS環境のモニタリングにAmazon CloudWatchを利用されています。Incident ManagerとAmazon CloudWatchの統合により、アラームが設定されたしきい値に達すると、インシデントを発生させることが出来ます。まずはアラームを作成しましょう。

Read More
VMware Cloud on AWS

VMware Cloud on AWSデータストアのAWS Analyticsサービスとの統合方法

AWSでSpecialist Solutions Architectを務めるBalakrishnan NairとPartner Solutions Architectを務めるKiran Reidによる記事です。 オンプレミスでVMwareを稼働させているお客様は、VMware Cloud on AWSをハイブリッドクラウド戦略に取り入れることでAWSグローバルインフラストラクチャを使えるという非常に大きなメリットを得ようとしています。 一方で、AWS Analyticsサービスはお客様のエンタープライズデータベース、データレイク、ログファイルレポジトリにあるデータからビジネス価値を創出する手段を提供します。 データ分析ソリューションの主な流れは以下です。 ソースから未整形の状態のデータを取り出します。これはテキスト、数値、ビデオファイルなどです。 データを整形しデータベースやデータレイクなどのストレージソリューションに格納します。 分析、洞察のために収集、ノイズ除去されたデータを可視化します。 お客様のデータセンターではファイルサーバー、FTPサーバー、データベース、ログなどの様々な異なるソースやアプリケーションからデータが生成され、なおかつこれらはビジネスにとって極めて重要なデータを含みます。 有用なデータの管理と抽出はお客様にアドバンテージをもたらし、また遵守しなければならない特定の企業コンプライアンス要件にも合致する可能性があります。 VMware Cloud on AWSへ移行中のお客様の中には、非構造化データを含むファイルシステムを扱うワークロードの移行を考えている方もおられるかもしれません。これらのファイルシステムは有用なビジネスデータを生み出す貴重なソースとなり得ますが、データセットからどうやって意義のある洞察を得るかを決めづらくする原因ともなり得ます。 本稿ではVMware Cloud on AWSがどのようにこういったデータセットをAWS Analyticsサービスの近くに配置し、これらのサービスを利用してより容易にビジネスデータから有用な洞察を引き出せるかをガイドします。

Read More

AWS Systems Manager Incident Managerで連絡先、エスカレーションプラン、対応プランを作成する

多くのお客様はオペレーショナル・エクセレンスやパフォーマンス効率向上に効果的なインシデント管理やインシデント対応のソリューションを必要としています。インシデント管理プロセスでは、インシデントによって影響を受ける側と、インシデント対応を行う側の間にある透明性が重要になってきます。今発生しているアプリケーションやワークロードのインシデント対応について、どのチームが最適であるかを判断するには数時間かかることもあります。それに加えて、インシデント対応のプロセスはたいてい手動であり、多くの不確定要素が伴います。特にビジネスインパクトの大きいアプリケーションであればこの状況は望ましくありません。 お客様は多くの場合、社内でインシデントをどのように管理すべきかを課題に感じられていることがあります。 インシデント対応の管理をシンプルにするために、AWS Systems Managerの新機能としてIncident Managerがリリースされました。この機能には、Amazonでのインシデント管理におけるベストプラクティスが組み込まれています。Incident Managerを使用すると、適切な担当者を適切なタイミングでアサインし、インシデントの更新を追跡し、修復アクションを自動化し、チャットでの連携を可能にします。

Read More
VMware Cloud on AWS

オンプレミスからVMware Cloud on AWSへのネットワークL2延伸の選択肢

AWSでSpecialist Solution Architectを務めるSchneider Larbiによる記事です。 VMware Cloud on AWSではお客様のオンプレミスネットワークをレイヤー2レベルでシームレスにクラウドへ延伸することができます。これは重要なことです。なぜならオンプレミスのレイヤー2ネットワークからIPアドレスを変更せずに、仮想マシンをVMware Cloud on AWSへ移行できるからです。 本稿執筆時点(2020年7月7日)で、VMware Cloud on AWSへネットワーク延伸する方法は以下の2つがあります。 VMware Autonomous NSX Edge Appliance VMware Hybrid Cloud Extension (HCX) ネットワーク延伸を実装するにあたりオンプレミスにNSXを持つ必要はありません。オンプレミスにNSX-Tがある場合、NSXにより自動でプロビジョニングされるNSX-T Edgeを、Software Defined Data Center (SDDC)やVMware Cloud on AWSの環境に接続するためのL2VPN (レイヤー2 VPN)のクライアントサイドとして利用することはできません。 本稿では、オンプレミスのネットワークをVMware Cloud on AWSへ延伸する際のアーキテクチャの考慮事項について説明します。これによりハイブリッドクラウドを実装したり、IPアドレスを変更することなくクラウドへ移行することができるようになります。

Read More

サーバーレスフレームワークと AWS Service Catalog を使ってより速くコードをデプロイする

AWS のパートナーソリューションアーキテクト、Chris Chapman GoDaddy のソフトウェア開発部、シニアディレクター、Edward Abrams 氏 Serverless Framework はオープンソースプロジェクトで、AWS Lambda や Amazon API Gateway などのサービスを使用してサーバーレスアプリケーションを迅速に構築およびデプロイしたい多くのアマゾン ウェブ サービス (AWS) のお客様に人気があります。 開発者と運用の専門家のために、サーバーレスフレームワークは、serverless deploy という 1 つの簡単なコマンドでコードをビルド、パッケージ化、デプロイします。 企業が AWS 環境を開発者やチームにまたがって拡大するにつれて、事前定義された標準化されたインフラストラクチャテンプレートに移行して、コードのデプロイプロセスをスピードアップし、設定にかかる時間を短縮しています。AWS Service Catalog は、開発者が事前定義された AWS CloudFormation テンプレートを迅速かつ安全にプロビジョニングできるようにする理想的なサービスです。 この記事では、GoDaddy と AWS がサーバーレスフレームワークを活用して共同で開発したオープンソースソリューションを紹介し、開発チームのコードデプロイプロセスを促進および簡素化します。 サーバーレスフレームワークは、AWS パートナーネットワーク (APN) の アドバンストテクノロジーパートナーである Serverless, Inc. によって管理されています。 Service Catalog を使用したコードとしてのインフラストラクチャ AWS Service Catalog は、事前定義された不変のテンプレートのみをプロビジョニングできる AWS CloudFormation […]

Read More

AWS Service Catalog とAWS Marketplace の CloudEndure を使用して、AWS アカウントのプロビジョニングとサーバーの移行を自動化する

AWS クラウドに移行する予定の会社の移行プロジェクトに関与している場合は、移行の準備、ポートフォリオの発見、計画、設計など、さまざまな段階を経ることでしょう。ほとんどの場合、これらの段階の後に正念場を迎え、物理ベース、仮想ベース、またはクラウドベースのインフラストラクチャワークロードの AWS への移行を開始します。AWS のお客様は、CloudEndure (現在は AWS の会社) などのツールを使用して、アプリケーションの移行、災害復旧や AWS へのレガシーインフラストラクチャのバックアップを自動化します。移行中にお客様が直面する課題の 1 つに、サーバーを管理して、数百または数千の AWS アカウントで構成される階層的なアカウント構造に移動することがあります。このブログ記事では、新しい CloudEndure 移行プロジェクトのセットアップを自動化する方法と、お使いの環境で新しいアカウントを販売するたびに「アカウント自動販売機」を使用してこのプロセスを自動化する方法を学びます。 はじめに CloudEndure は、AWS への大規模な移行と障害復旧のデプロイを簡素化、迅速化、自動化するのに役立ちます。継続的なデータレプリケーションはバックグラウンドで行われ、アプリケーションの中断やパフォーマンスへの影響はありません。これにより、データがリアルタイムで同期され、カットオーバー/フェイルオーバーウィンドウが最小限に抑えられます。カットオーバー/フェイルオーバーが開始されると、CloudEndure は高度に自動化されたマシン変換とオーケストレーションプロセスを実行します。これにより、最も複雑なアプリケーションやデータベースでも、互換性の問題なく、最小限の IT スキルで AWS でネイティブに実行できます。AWS Marketplace から CloudEndure をデプロイできます。 このアカウントの自動販売機を作成するには、AWS Service Catalog、AWS Lambda、AWS Organizations などのネイティブの AWS のサービスを追加で使用します。また、CloudEndure との API 統合を使用して、アカウントの作成後に新しいプロジェクトをセットアップします。さらに、移行をサポートするために、販売したアカウントで AWS Direct Connect、Amazon Kinesis Data Firehose、Amazon S3 Transfer Acceleration などの追加の AWS のサービスを設定して、この参考用のサンプルソリューションを拡張できます。 このソリューションのサービス このソリューションで使用するサービスの簡単なレビューを次に示します。 […]

Read More

AWS Control Tower で AWS リソースのセルフサービスプロビジョニングを有効にする

お客様は、新しいビジネスユニットのオンボーディングやアプリケーションワークロードのセットアップを行うたびに、AWS Control Tower で新しいアカウントをプロビジョニングしています。場合によっては、組織はクラウドユーザー、開発者、およびデータサイエンティストに、新しいアカウントでセルフサービス標準化された安全なパターンとアーキテクチャをデプロイすることも求めます。以下にいくつか例を示します。 開発者またはクラウドエンジニアが、golden AMI から Amazon EC2 インスタンスを起動したいと考えています。 データサイエンティストは、承認済みの AMI とインスタンスタイプで Amazon EMR クラスターを起動したいと考えています。 データベース管理者は、新しくプロビジョニングされた AWS アカウントで承認済みの Amazon RDS データベースを起動する必要があります。 この記事では、AWS Control Tower の Account Factory を使用して新しい AWS アカウントをプロビジョニングする方法を示します。また、AWS Service Catalog を使用して、RDS データベースのポートフォリオなどのカスタム製品を新しいアカウントと共有する方法も示します。さらに、AWS Control Tower のガードレールを使用して新しいアカウントでガバナンスを実施する方法についても説明します。 このソリューションで使われる AWS のサービスは、以下のとおりです。 AWS Control Tower AWS Service Catalog AWS CloudFormation Amazon CloudWatch Amazon RDS AWS Organizations […]

Read More

VMware Cloud on AWSにおけるストレージオプションと設計

VMware Cloud on AWSはVMwareのSoftware-Defined Data Center (SDDC)技術をAWSのグローバルインフラストラクチャ上で提供するためVMwareとAWSが共同開発したソリューションです。 様々なストレージ要件のワークロードが存在する場合、利用可能なストレージオプションの種類を把握し、異なる条件下でそれらをどう使っていくことが最適であるかを理解することが重要です。 VMware Cloud on AWSは複数のストレージサービスと統合されており、VMware vSphereワークロードに対して選択肢と柔軟性を提供しています。しかしながら各サービスは特定のシナリオに最適化されており、ワークロード全体に対して最適な単一のアプローチというものはありません。正しいサービスを選択するには、まずVMware vSphereワークロードのストレージ要件やパフォーマンスの統計データを理解しなければいけません。それを踏まえた上で、お客様のワークロードに適したコスト、可用性、パフォーマンス要件を満たすストレージを計画、実装することができます。

Read More

AWS Systems Managerフリートマネージャーを活用してWindowsワークロードの問題をトラブルシューティングする

クラウドの運用担当エンジニアは、利用料金を予算内に抑えつつ、多数のEC2インスタンスの状態を健全に保つために問題の監視・追跡・解決の可能な仕組みを構築しなければならないという、コストとシステム安定性の両方面で責任を持つことになります。このブログでは、AWS Systems Managerの新機能であるフリートマネージャーと共にOpsCenterとAmazon CloudWatchを活用し、大規模環境で発生する運用上の問題をすばやく検知・追跡・解決する方法をご紹介します。

Read More