Amazon Web Services ブログ

Category: AWS CloudShell

AWS CloudShell – AWS リソースへのコマンドラインアクセス

多くの自動化を構築していても、Infrastructure as Code (IAC) の実践に優れていても、ペットから家畜への移行が成功したとしても、コマンドラインで AWS リソースとやり取りする必要が時折出てきます。設定ファイルの確認や調整、本番環境での迅速な修正、または AWS の新しいサービスや機能を試す必要があります。 ウェブブラウザでの作業が最もストレスがないと感じているお客様もいますが、独自のコマンドラインインターフェイス (CLI) を設定またはカスタマイズしていることはありません。こうしたお客様は、クライアントアプリケーション、パブリックキー、AWS 認証情報、ツールなどを使いたくないと言います。これらの手順はどれも難しいことではないし、時間がかかることもありません。私たちはいつでも複雑さや手間の多い作業が増えているお客様のお手伝いをする準備ができています。 AWS CloudShell の導入 本日、AWS は AWS CloudShell をローンチしました。これは、AWS 対応のシェルプロンプトの作業を簡単かつセキュアにし、できるだけ手間を少なくすることを目的としたものです。CloudShell で実行するすべてのシェル環境には、AWS コマンドラインインターフェイス (CLI) (v2) がインストールおよび設定されており、AWS のコマンドを即座に実行できます。環境には Python と Node のランタイムも含まれ、今後さらに多くのランタイムを追加する予定です。 開始するには、AWS マネジメントコンソールで CloudShell アイコンをクリックします。 ほんの数秒でシェルが自動的に設定され、すぐに最初の AWS のコマンドを発行することができます。 シェル環境は Amazon Linux 2 に基づいています。ホームディレクトリにはリージョンごとに最大 1 GB のファイルを保存でき、そのリージョンでシェルを開くたびに利用可能になります。これには、.bashrc ファイルやシェル履歴ファイルなどのシェル設定ファイルが含まれます。 SSO または AWS マネジメントコンソール (フェデレーションロールを含みます) にログインできる任意の IAM […]

Read More