Amazon Web Services ブログ

Category: Developer Tools

AWS Cloud9 が東京リージョンに対応しました

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス 、プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。 AWS Cloud9 が東京リージョンに対応しましたのでお知らせいたします。 AWS Cloud9 AWS Cloud9 は、ブラウザのみでコードを記述、実行、デバッグできるクラウドベースの統合開発環境 (IDE) です。これには、コードエディタ、デバッガー、ターミナルが含まれています。Cloud9 には、JavaScript、Python、PHP などの一般的なプログラム言語に不可欠なツールがあらかじめパッケージ化されているため、新しいプロジェクトを開始するためにファイルをインストールしたり、開発マシンを設定したりする必要はありません。 マネージド Amazon EC2 インスタンスまたは SSH をサポートする既存の Linux サーバーで実行されるため、ブラウザのみでアプリケーションを作成、実行、デバッグでき、ローカルの IDE をインストールしたりメンテナンスを行う必要はありません。Cloud9 のコードエディタおよび統合されたデバッガーには、コードのヒント、コード補完、ステップスルーデバッグなどの、便利で時間を短縮できる機能が含まれています。Cloud9 ターミナルでは、追加のソフトウェアのインストール、git push の実行、コマンドの入力ができるブラウザベースのシェルエクスペリエンスを利用できます。 ペアプログラミングサポート 開発環境をチームと共有し、ペアプログラミングを一緒に行うことができます。共同作業中にチームメンバーは互いのタイピングをリアルタイムで確認でき、IDE 内から即座にチャットを開始することができます。 サーバーレスアプリケーションとの親和性 サーバーレス開発に必要な SDK、ライブラリ、プラグインのすべてを使用して開発環境が事前設定されます。AWS Lambda 関数をローカルでテストおよびデバッグするための環境を利用することができます。 多くの言語に対応 以下のプログラミング言語に対応しています。 C++ C# CoffeeScript CSS Dart Go Haskell HTML Java JavaScript Node.js PHP Python Ruby […]

Read More

新発表 – AWS Toolkits for PyCharm、IntelliJ(プレビュー)、Visual Studio Code(プレビュー)

ソフトウェア開発者には好みの開発ツールというものがあります。パワフルなエディタを使う人もいれば、特定の言語やプラットフォームに最適化された統合開発環境(IDE)を使う人もいます。AWS Lambda のコンソールのエディタを使って、2014年に私は初めての AWS Lambda 関数を作りました。現在では、サーバーレス・アプリケーションをビルドしデプロイするためのツールの選択肢は豊富になりました。例えば、昨年 AWS Cloud9 がリリースされて AWS Lambda のコンソールのエディタ環境は大きく強化されました。.NET アプリケーションでは、 AWS Toolkit for Visual Studio と AWS Tools for Visual Studio Team Services を使う事ができます。 AWS Toolkits for PyCharm、IntelliJ(プレビュー)、そして Visual Studio Code(プレビュー) 今日、 AWS Toolkit for PyCharm の一般提供をお知らせします。また、 AWS Toolkits for IntelliJ と Visual Studio Code の開発者プレビューをお知らせします。これら(AWS Toolkits for IntelliJ と Visual Studio […]

Read More

AWS CodeDeploy による AWS Fargate と Amazon ECS でのBlue/Greenデプロイメントの実装

AWS Fargate と Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) 上で稼働するサービスでの Blue/Green デプロイメントがサポートされます。 AWS CodeDeploy を利用し、 Blue/Green デプロイメントを行うことでアプリケーションの更新時のダウンタイムを最小限に抑えることが出来るようになります。 Blue/Green デプロイメントは、古いバージョンと新しいバージョンのアプリケーションを同時に起動し、新しいバージョンをテストしてからトラフィックをルーティングします。デプロイ状況を監視し、問題が発生した場合はすぐにロールバックすることも出来ます。 この新しい機能により、デプロイメント、テスト、トラフィックのカットオーバーが管理されたサービスを、AWS Fargate または Amazon ECS で作成することが出来ます。 サービスを更新すると、AWS CodeDeploy によってデプロイメントがトリガーされます。 このデプロイメントは、Amazon ECSと連携して、新しいバージョンのサービスを Green 環境用のターゲットグループにデプロイし、ロードバランサのリスナーを更新してこの新しいバージョンをテストできるようにし、ヘルスチェックが成功した場合にカットオーバーを実行します。

Read More

Amazon ECR をソースとしてコンテナイメージの継続的デリバリパイプラインを構築する

本日(11/28)、Amazon Elastic Container Registry (Amazon ECR) を AWS CodePipline のソースプロバイダとして利用可能になりました。これにより Amazon ECR に新しいイメージをアップロードすることにより、AWS CodePipelineを起動することができるようになります。AWS Developer Tools による CI/CD 実現が一段と容易になりました。 Amazon ECR をソースとして使うには、AWS CodePipline コンソールでAWS CodeDeploy による Blue/Green デプロイメントを実装している必要があります。CodePipelineを使わず、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) コンソールを使って Blue/Green デプロイメントを実装するより詳しい情報については、AWS CodeDeploy による AWS Fargate と Amazon ECS でのBlue/Greenデプロイメントの実装を参照してください。 この投稿では Amazon ECR とAWS CodePipeline を使用してエンドツーエンドの継続的デリバリ (CD) パイプラインを構築する方法について解説します。ここではアップストリームのベースイメージが更新されたらコンテナイメージを更新ためのパイプラインを作る一連の流れを説明します。

Read More

.NET Frameworkのためのカスタムビルド環境でAWS CodeBuildを拡張する

.NET Framework用のカスタムCodeBuildビルド環境の作成方法について説明している、この素晴らしいブログを書いたMicrosoftプラットフォーム担当シニア・ソリューション・アーキテクト、Greg Eppelに感謝します。 — AWS CodeBuildは、ソースコードをコンパイルし、テストを実行し、展開可能なソフトウェアパッケージを生成する、フルマネージドなビルドサービスです。 CodeBuildは、Android、Go、Java、Node.js、PHP、Python、Ruby、Dockerなどのプログラミング言語とランタイムのためのビルド環境を提供します。 CodeBuildは、Microsoft Windows Serverプラットフォーム用のビルドもサポートしています。これには、Windows上の.NET Core用にあらかじめパッケージ化されたビルド環境も含まれます。アプリケーションで.NET Frameworkが使用されている場合は、独自のDockerイメージを使用して、Microsoftの.NET Frameworkクラスライブラリを含むカスタムビルド環境を作成する必要があります。この手順が必要な理由については、よくある質問を参照してください。この記事では、.NET Frameworkアプリケーション用のカスタムビルド環境を作成し、この環境を使用するようにCodeBuildを設定する手順を説明します。

Read More

AWS CDK 開発者プレビュー

皆さんに AWS Cloud Development Kit (CDK) の開発者プレビューをご案内できることを嬉しく思います。現在の対応言語は TypeScript、 JavaScript そして Java で、.NET と Python を近々ご案内予定です。AWS CDK はソフトウェア開発のフレームワークであり、クラウドのインフラストラクチャをコードで定義して CloudFormation でプロビジョニングできます。CDK は AWS のサービスと統合され、高レベルかつオブジェクト指向の抽象概念を使ってAWS リソースを定義できます。CDK によってモダンなプログラミング言語を使ってAWS インフラストラクチャを見通しよく効率よく定義できるため、アプリケーションからインフラストラクチャまで一貫した開発体験 (development experience) が得られます。

Read More

AWS OpsWorks for Chef Automate におけるクックブックの継続的なテストとデリバリー

Chef サーバは、テスト済みの信頼できるクックブックを対象ノードの run list に簡単に追加できるハブであるべきです。しかしながら、クックブックのテストを実行し、Chef サーバへ配信する作業は手間のかかるタスクです。このプロセスをシンプルかつ迅速にするために、私たちは AWS の技術を活用してテストの実行と Chef サーバへのクックブックの配信を統合したパイプラインを構築しました。これによりクックブック開発の定型的ながらも重要な部分を自動化できます。

Read More

AWS Developer Toolsを使用したサーバレスなAWS Glue ETLアプリケーションの継続的インテグレーションとデリバリの実装

大規模なデータおよびデータレイクのワークロード用にサーバーレスETL(抽出、変換およびロード)アプリケーションを開発するためにAWS Glueはますます普及しています。 ETLアプリケーションをクラウドベースのサーバーレスETLアーキテクチャに変換する組織は、ソースコードからビルド、デプロイ、プロダクトデリバリまで、シームレスでエンドツーエンドの継続的なインテグレーションおよび継続的なデリバリ(CI / CD)パイプラインが必要です。優れたCI / CDパイプラインを持つことで、組織はプロダクションリリース前にバグを発見し、より頻繁にアップデートを提供することができます。また、開発者が高品質のコードを書いたり、ETLのジョブリリース管理プロセスを自動化したり、リスクを軽減したりするのに役立ちます。 AWS Glueは、フルマネージドのデータカタログとETLのサービスです。これは、データの発見、変換、およびジョブスケジューリングなどの困難で時間のかかる作業を簡素化し自動化します。 AWS Glueは、データソースをクロールし、CSV、Apache Parquet、JSONなどの一般的なデータフォーマットとデータタイプ用に事前に作成された分類子を使用してデータカタログを構築します。 AWS Glueを使用してETLアプリケーションを開発する場合、CI / CDの次のような課題に直面する場合があります。 ユニットテストによる繰り返しの開発 継続的なインテグレーションとビルド ETLパイプラインをテスト環境にプッシュする ETLパイプラインをプロダクション環境にプッシュする 実データを使用したETLアプリケーションのテスト(live test) データの調査と検証 この記事では、AWS Developer Tools(AWS CodePipeline、AWS CodeCommit、AWS CodeBuildなど)とAWS CloudFormationがサポートするサーバーレスAWS Glue ETLアプリケーションのCI / CDパイプラインを実装するソリューションを紹介します。 ソリューションの概要 次の図は、ワークフローのパイプラインを示しています。 このソリューションでは、AWS CodePipelineを使用して、ETLアプリケーションのソースコードのテストおよびステージへのデプロイを制御および自動化することができます。 このソリューションは、以下のステージを含むパイプラインで構成されています。 1.)Source Control:このステージでは、デプロイするETLジョブのAWS Glue ETLジョブソースコードとAWS CloudFormationテンプレートファイルの両方がバージョン管理にコミットされます。 バージョン管理にAWS CodeCommitを使用することにしました。 ETLジョブソースコードとAWS CloudFormationテンプレートを取得するには、gluedemoetl.zipファイルをダウンロードします。 このソリューションは、以前の記事、AWS Glue と Amazon S3 を使用してデータレイクの基礎を構築するに基づいて開発されました。 2.)LiveTest:このステージでは、AWS […]

Read More
Perform unit tests through AWS CodeStar

AWS CodeStar プロジェクトにおける単体テストの実行

このブログ記事では、AWS CodeStar プロジェクトの一部として単体テストを実行する方法についてご紹介します。AWS CodeStar は AWS 上でアプリケーションを素早く開発、ビルド、そしてデプロイするのに役立ちます。AWS CodeStar を使えば、継続的デリバリ(CD)のツールチェーンを構築しソフトウェア開発を一箇所に集約して管理することができます。 単体テストはアプリケーションのコードの個々の単位をテストし、問題を素早く特定し取り去るのに役立ちます。単体テストは、自動化された CI/CD プロセスの1部分を構成することで、バッドコードが本番環境にデプロイされてしまうことを防ぐのにも役立てられます。 多くの AWS CodeStar プロジェクト テンプレートには、単体テストのフレームワークがあらかじめ設定されています。そのため、自信を持ってコードのデプロイを開始することができるでしょう。この AWS CodeStar プロジェクトの単体テストは、ビルドステージにおいて実行されるように設定されているので、もし単体テストがパスしなかったらそのコードがデプロイされることはありません。単体テストを内包している AWS CodeStar プロジェクト テンプレートの一覧については、AWS CodeStar ユーザガイドの AWS CodeStar プロジェクト テンプレートを参照してください。

Read More

AWS Cloud9、AWS CodeCommit、Troposphereを使ったCloudFormationテンプレートの作成

AWS Cloud9 は 2017年11月の AWS re:Invent で発表されました。Cloud9 はブラウザベースの IDE で、サーバレスアプリケーションも含め、数多くのクラウド上の開発ユースケースに適しています。AWS CloudFormation を使うことで AWS CodeCommit と連携した AWS Cloud9 の開発環境を迅速に構築することができます。このブログでは、CloudFormation を使った Cloud9 環境の構築手順を説明します。さらに Cloud9 の環境で Python と Boto3 のコードを書き、 Troposphere を使って CloudFormation の YAML テンプレートを生成する方法についても説明します。

Read More