Amazon Web Services ブログ

Category: Developer Tools

DR戦略 — RTO/RPOとコストの間のトレードオフ

AWS でのディザスタリカバリ (DR) アーキテクチャ、パートI:クラウドでのリカバリの戦略

このブログは Seth Eliot (Principal Reliability Solutions Architect with AWS Well-Architected) によって執筆された内容を⽇本語化したものです。原⽂はこちらを参照して下さい。 AWS Well-Architected 信頼性の柱のリードソリューションアーキテクトとして、お客様が AWS で復元力のあるワークロードを構築できるように支援をします。これは、お客様が直面する可能性のある最大の課題の1つである災害イベントに備えるのに役立ちます。このようなイベントには、地震や洪水などの自然災害、電力やネットワークの損失などの技術的な障害、不注意や不正な変更などの人的行為が含まれます。最終的に、ワークロードまたはシステムが主要な場所でビジネス目標を達成するのを妨げるイベントは、災害として分類されます。このブログ投稿では、災害に備えて復旧するプロセスである災害復旧 (DR) の設計方法を示しています。DR は、事業継続計画の重要な部分です。

Read More

音声によるゲームの進化

この記事は、“How the power of voice can supercharge gaming”を翻訳したものです。 Doppio社は、ヨーロッパを拠点とする音声ゲーム開発会社で、「The Vortex」,「The 3% Challenge」,「PAC-MAN™ WAKA WAKA」などの音声ゲームのヒット作を生み出しています。 Jeferson Valadaresは、BioWare、Playfish、Digital Chocolate、BANDAI NAMCOなどの有名スタジオで経験を積んだゲームのベテランです。Christopher Barnesは、大手ゲーム会社でモバイルゲームやバックエンドプラットフォームサービスを担当していました。

Read More
Figma designs to full-stack React apps

AWS Amplify Studio – 最小限のプログラミングでFigmaからフルスタックのReactアプリを実現

この記事は AWS Amplify Studio – Figma to Fullstack React App With Minimal Programming を翻訳したものです。 AWS Amplifyにおいて、Amplifyの強力なバックエンドとの統合・管理機能を持ち、最小限のコーディングでUI開発を加速する新機能(パブリックプレビュー)をフロントエンド開発者に提供するGUI開発環境「AWS Amplify Studio」を発表しました。 Amplify Studioは、Figmaで作成されたデザインを人間が読めるReactのコンポーネントコードに自動的に変換します。また、Amplify Studioでは、開発者が生成されたコンポーネントをアプリのバックエンドデータに視覚的に接続することができます。 これまでAmplify Admin UIが持っていたバックエンドの設定と管理機能(「データ」、「認証」、「ストレージ」など)は、今後Amplify Studioの一部となり、統一されたインターフェイスを提供することで、開発者がフルスタックのアプリをより高速に構築できるようになります。

Read More

Construct Hub と AWS Cloud Development Kit Version 2 の一般提供を発表

2021 年 12 月 2 日(米国時間)、Construct Hub と AWS Cloud Development Kit (AWS CDK) バージョン 2 が一般提供されたことをお知らせします。 AWS CDK は、使い慣れたプログラミング言語 C#、TypeScript、Java、Python、Go (デベロッパープレビュー中) を使用して、クラウドリソースの操作を簡素化するオープンソースフレームワークです。デベロッパーはアプリケーション内で、コンストラクトと呼ばれる再利用可能なタイプを使用してクラウドリソースを作成および設定します。コンストラクトは、選択した言語の他のタイプと同じように使用します。また、カスタムコンストラクトを作成して、チームや組織全体で共有することもできます。 現在、一般提供されている新しいリリースでは、CDK を使用したクラウドリソースの定義がさらに簡単で便利になり、Construct Hub により、より広範なクラウド開発コミュニティ内でオープンソースのコンストラクトライブラリを共有できるようになりました。

Read More

Amplifyで構築したバックエンドをCDKで出力して既存のデプロイパイプラインで使用する新機能「エクスポート」のご紹介

この記事は、Export Amplify backends to CDK and use with existing deployment pipelines を翻訳したものです。 AWS Amplifyは、Amplify CLIで生成されたバックエンドをAWS Cloud Development Kit (CDK)スタックとしてエクスポートし、既存のCDKデプロイメント・パイプラインに組み込む機能を発表しました。この新機能により、フロントエンド開発者はアプリのバックエンドを迅速に構築し、リリースの準備毎に、DevOpsチームと連携し本番環境にデプロイすることができます。

Read More

新機能 – Amazon CloudWatch Evidently – 実験と機能の管理

デベロッパーとして、Amazon CloudWatch Evidently の提供開始を発表できることを嬉しく思います。これは Amazon CloudWatch の新機能です。この機能を使用することで、デベロッパーはアプリケーションコードに実験や機能管理を簡単に導入できます。CloudWatch Evidently は、機能フラグとしても知られているダークローンチの実装と A/B テストという 2 つの似て非なるユースケースに使用できます。 機能フラグは、コードをデプロイせずに機能を有効または無効にできるソフトウェア開発手法です。機能のデプロイとリリースは切り離されます。コード内の機能は、実際のリリースに先立ってデプロイされます。それらは if-then-else 文の後ろに隠れたままとなります。ランタイムにおいて、アプリケーションコードはリモートサービスに対してクエリを実行します。このサービスは、新機能を利用できるユーザーの割合を決定します。ベータテスターなど、特定の顧客向けにアプリケーションの動作を設定することもできます。

Read More

re:Invent 2021 .NET セッション

AWS での.NET アプリケーションの実行はかつてないほど素晴らしいものであり、今年の re:Invent でのセッションは、その興奮を反映しています。すべてのセッションは、アプリケーションにすぐに適用できる実際の洞察とコーディング例を求めているビルダーを対象としています。ラスベガスに行けない人のためのバーチャルオプションもあります。今年は AWS 上の .NET にとって素晴らしい年になるでしょう!

Read More

Experimental construct librariesがAWS CDK v2で利用可能になりました

AWS CDK v2の実験的な(experimental)APIは、既存の安定した(stable)APIとは別のパッケージとして提供されるようになりました。 AWS Cloud Development Kit (AWS CDK)は、使い慣れたプログラミング言語を使ってクラウドアプリケーションのリソースをモデル化し、プロビジョニングするためのオープンソースのソフトウェア開発フレームワークです。AWS CDKを使用すると、インフラストラクチャをコードとして定義し、AWS CloudFormationを通じてプロビジョニングできます。AWS CDKは、クラウドリソースに対して実績のあるデフォルト値を設定したハイレベルなコンポーネントを提供しているため、専門家でなくてもクラウドアプリケーションを構築できます。また、組織の要件を組み込んだ独自のカスタムコンポーネントを構成して共有できるため、チームが新しいプロジェクトを迅速に開始するのに役立ちます。

Read More

あらゆる言語でのCDKアプリケーションのテスト

AWS Cloud Development Kit (AWS CDK)は、使い慣れたプログラミング言語でクラウドアプリケーションのリソースを定義するためのオープンソースソフトウェア開発フレームワークです。AWS CDKはインフラストラクチャをプログラミング言語で定義できるため、アプリケーションのコードと同様に、インフラストラクチャのコードに対しても自動化されたユニットテストを記述することができます。テストは効果的なDevOpsの実践のために重要な要素であり、インフラストラクチャのコードをテストすることで、AWSクラウドで期待通りのリソースを確実に作成することができ、リグレッションが発生するのを防ぐことができるなどのメリットがあります。 今日、私はAWS CDK用のassertions モジュールを発表できることを嬉しく思います。これはCloudFormationテンプレートを中心に、CDKアプリケーションに対してユニットテストを書くのに役立つように設計されたAPIのセットです。 すべての言語をサポート 以前のAWS Blogの記事では、JavaScriptとTypeScriptでのみ利用可能なassertモジュールを使ってテストを書く方法を説明しました。assertモジュールと同様に、新しいCDK assertionsモジュールは、CDKアプリによって生成(synthesize)されたCloudFormationテンプレートを正確に検証するためのAPIセットを提供します。さらに、新しいassertionsモジュールは、CDKがサポートするすべての言語に対応しています。

Read More

AWS CDKまたはCloudFormationを使用し、カスタムAWSリソースでAmplifyバックエンドを拡張する新機能「カスタム」のご紹介

この記事は、Extend Amplify backend with custom AWS resources using AWS CDK or CloudFormation を翻訳したものです。 AWS AmplifyでAWS Cloud Development Kit(CDK)またはAWS CloudFormationを使用し、Amplifyが作成したバックエンドに175以上のAWSサービスを追加する新しいコマンドamplify add customが発表されました。カスタムリソースを追加する新しい機能により、開発者は1つのコマンドでAmplifyに組み込み済みのユースケース以外にリソースを追加できます。

Read More