Amazon Web Services ブログ

Category: Front-End Web & Mobile

Amplify Meetup #03 サムネイル

【開催報告&全資料まとめ&録画公開】Amplify Meetup #03

こんにちは!アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 スタートアップソリューションアーキテクトのじゃが(@jagimogmog)です。 本記事では4月2日に開催しました、「Amplify Meetup #03」の資料まとめと録画を掲載します。Amplify Meetupは4ヶ月ごとの開催のため、今回をもって約一年継続できた形となります。今までご参加・ご登壇いただいた皆さま、誠にありがとうございました!引き続きAmplifyでの開発・ナレッジシェアを一緒に楽しめましたら幸いです。

Read More

Amazon Location サービスが新機能 (ルーティングと衛星画像) を備えて一般提供開始

2020 年 12 月に、Amazon Location Service がプレビュー形式で利用可能になりました。このサービスでは、ロケーションベースの機能を使用して、ウェブやモバイルのアプリケーションを構築できます。本日、ルーティングと衛星画像の 2 つの新機能と共に、Amazon Location の一般提供が開始されました。 私は 15 年以上にわたりフルスタック開発者を務め、ロケーションベースのアプリケーションの作成を複数回担当しました。ロケーションプロバイダーと連携したときに直面した最大の課題は、アプリケーションを既存のアプリケーションバックエンドとフロントエンドに統合し、ロケーションプロバイダーと共有するデータを安全に保つことでした。

Read More

小売業界での Amazon Interactive Video Service と Amazon Personalize 活用のハウツーガイド

ライブストリーミングの人気はますます高まっており、オンラインでのお客様とのやり取りの新たな機会を拡げています。魅力的なコンテンツを提供するライブストリーミングにより、お客様のオンラインショッピングへの流れを促進し、購買体験をオンラインエンゲージメントの1つに加えることができます。また、オンラインストアが提供するパーソナライズされたレコメンデーションによって適切な商品を適切なタイミングでおすすめすることで、お客様のエンゲージメントとコンバージョンを最大化することができます。 このブログでは、ライブストリーミングとパーソナライゼーションを構成して e コマースサイトに展開する方法の詳細をご紹介します。

Read More
broadcast monitoring

AWSの機械学習を活用したライブ・放送ビデオモニタリングの自動化

放送およびオーバーザトップ(OTT)ライブストリームのサービスプロバイダーは、大量コンテンツの品質チェックを行う必要があります。品質チェックの範囲は、低レベルの信号エラーからコンテンツ自体のエラーなど高レベルの問題にまで至ります。従来のライブメディア解析ソフトウェアは、ETSI TR 101 290 プライオリティチェック1および2など、信号レベルでの品質チェックに重点を置いています。番組内容、字幕、音声言語の検証など、より高レベルな品質チェックは、放送ストリームで問題がないか人間のオペレーターによって常にモニタリングが行われています。放送ビデオストリームの数が増加するにつれて、追加のチャンネルや番組をサポートするために、手動のモニタリング作業をスケールすることは困難であり、コストもかかります。

Read More

Modern Apps Live – サーバーレスやコンテナなどに関する 5 月のセッション

Modern Apps Live は、モダンアプリケーション開発に関して 5 月に Twitch でライブストリーミング配信されるイベントシリーズです。 セッションのトピックには、サーバーレス、コンテナ、モバイルおよびフロントエンドの開発などが含まれます。 あまり馴染みのない方のために、モダンアプリケーションの特徴を以下に紹介します。 数百万のユーザーに迅速に拡張できます。 グローバルな可用性があります。 膨大なデータを管理します (エクサバイト単位)。 応答はミリ秒単位です。 このようなアプリケーションは、マイクロサービスアーキテクチャ、サーバーレス運用モデル、およびアジャイル開発者プロセスを組み合わせて構築されます。モダンアプリケーションでは、イノベーションの加速に加えて、リスク、市場投入までの時間、TCO (総所有コスト) の削減を実現することができます。 Modern Apps Live は、4 つの仮想イベントで構成されるシリーズです。 Container Day x Kubecon (5 月 4 日) Serverless Live (5 月 19 日) Mobile and Front-end Live (5 月 25 日) Container Day x DockerCon (5 月 26 日) 開始したばかりの方にとっても、クラウドの経験が豊富な方にとっても、これらのセッションは、モダンアプリケーションの構築と設計を検討している開発者、ソリューションアーキテクト、または IT および […]

Read More
How to: Build an engaging feed app with React and Amazon IVS

ReactとAmazon IVSを使用して魅力的な動画フィードアプリを構築する方法

はじめに ライブ動画配信は人々を魅了するコンテンツとしての新しいスタンダードになりましたが、動画の専門知識を持たない開発者はいざ配信を開始する際にしばしば苦労していると聞きます。ライブ動画の取り込み、処理、パッケージング、配信、再生を、優れたユーザーエクスペリエンスで管理することは大変な作業です。 Amazon Interactive Video Service (Amazon IVS)は視聴者の場所に関わらず、低レイテンシーのライブ動画を配信する際の複雑な技術的課題に対応できるよう設計されています。Amazon IVSを使用すると人々を魅了するようなインタラクティブな動画エクスペリエンスを作り出すことに集中できます。

Read More
creating-a-secure-video-on-demand-vod-platform

AWSでセキュアなビデオオンデマンド(VOD)プラットフォームを構築する方法

動画の活用は情報共有や学習の主要な手段となっており、お客様はeラーニングや動画配信の分野に参入するために、革新的なソリューションに投資を始めています。動画コンテンツはお客様のIP (知的財産) であり、保護され安全に配信される必要があります。オンライン動画は、企業、教育機関、政府機関などあらゆる業界がますます活用するようになっている強力なテクノロジーです。 多くの企業や組織はセキュアなストリーミングソリューションを必要としています。特に、医療機関、大学・学校、企業、OTT・メディア事業者、知的財産権・著作権保護団体、弁護士、官公庁などはセキュリティが絶対に必要であると考えるべきでしょう。

Read More

サーバーレスでスケールするマルチプレイヤーゲームを構築する

本投稿は、Sr.Solutions Architect, Developer Acceleration の Tim Bruce による記事を翻訳したものです。 ゲーム開発は、要件が急速に変化するため非常に繰り返しの多いプロセスです。ゲーム開発者の多くは、可能な限り多くの時間を機能の構築のために費やしたいと思っており、サーバー設定、インフラストラクチャ管理、スケーリング技術の習得に時間を費やしたくないと考えています。 AWS のサーバーレスサービス を利用することで、4つの大きなメリットが得られます。1つ目は、運用オーバーヘッドを削減することで、企画からリリースまでのプロセスを短くします。2つ目は、運用に必要なハードウェアとソフトウェアを過剰にプロビジョニングしないため、コスト削減を実現できる可能性があります。3つ目は、サーバーレスはユーザーのアクティビティに応じてスケールします。最後は、サーバーレスサービスには組み込みの統合機能があるため、サービス統合に労力をかけることなくゲーム開発に集中できます。 AWSを利用するゲーム開発者は、これらのメリットを活用することで、チームがサーバーやソフトウェアのセットアップや保守といった差別化につながらないタスクに時間を費やすのではなく、ゲーム体験の向上やコンテンツ開発により多くの時間を費やすことができます。これにより、ゲーム体験とコンテンツがより良いものとなり、リリースまでの時間も短縮されます。 本ブログ記事では、「サーバーレスファースト」アーキテクチャを持つゲームについて紹介します。 Simple Trivia Service はウェブベースのゲームであり、貴社のゲームにも適用可能な複数のアーキテクチャパターンを持っています。

Read More

Amplify Flutter の一般提供が開始されました。美しいクロスプラットフォームアプリを構築しましょう

AWS Amplify は、セキュアでスケーラブルなモバイルアプリケーションとウェブアプリケーションを構築するためのツールとサービスのセットです。現在 iOS、Android、JavaScript (ウェブおよび React Native) をサポートしている Amplify は、アマゾン ウェブ サービス (AWS) を活用するアプリケーションを構築するための最も高速で簡単な方法です。 Flutter は、ネイティブにコンパイルされたモバイル、ウェブ、およびデスクトップアプリケーションを単一のコードベースから構築するための Google の UI ツールキットで、最も急速に成長しているモバイルフレームワークの 1 つです。 AWS Amplify と Flutter を一体化する Amplify Flutter は、Flutter エコシステムに投資したものの、今は AWS の力も利用したいといったお客様のために設計されました。 2020 年 8 月、AWS は Amplify Flutter のデベロッパープレビューをローンチし、そのフィードバックを募集したところ、とても嬉しい反応をいただきました。このサービスの数か月におよぶ微調整の後、今日ようやく Amplify Flutter の一般提供を発表したいと思います。 一般提供での新しい Amplify Flutter 機能 一般提供リリースは、追加された次の 3 つの新機能によって、強力な Flutter アプリを簡単に構築できるようにします。 まず、AWS では最近、AWS […]

Read More

Amplify JavaScript が新たに Vue 3 をサポート

この記事は、Amplify JavaScript releases support for Vue 3を翻訳したものです。 本日より、Amplify JavaScript は現在対応しているVue.jsバージョン2に加え、新たにVue.jsバージョン3へ対応します。オープンソースの Amplify Librariesは、あらゆるカテゴリのクラウドを使ったオペレーションに対し、ユースケース中心の、独自のスタイルを持った、宣言型で使いやすいインターフェイスを提供し、モバイル開発者やウェブ開発者がバックエンドと簡単にやり取りできるようにしています。これらのライブラリは AWS クラウド技術に支えられており、プラグイン可能なモデルのため、他のプロバイダを利用するよう拡張することもできます。ライブラリは、Amplify CLI を使用して作成された新規バックエンドおよび既存バックエンドリソースの両方で使用可能です。Amplify UI コンポーネントは、複数のフレームワーク向け UI コンポーネント内にクラウド接続部分のワークフローをカプセル化したオープンソースの UI ツールキットです。 このチュートリアルでは、以下を実行します。 このチュートリアルのベースとして新しい Vue 3 アプリを作成 Amplify の Interactions カテゴリの基本設定をセットアップ チャットボットコンポーネントを作成して Vue 3 アプリケーションに追加 前提条件 このチュートリアルを開始する前に、 Amplify ドキュメントの ウェブサイトにアクセスし、Prerequisites (前提条件) セクションに従ってください。前提条件を完了後、このチュートリアルを実行するための準備が整います。 AWS プロファイルを設定するときは、リージョンが Amazon Lex をサポートしていることを確認してください。サポートされているリージョンは、 こちらで確認できます。 新しい Vue アプリの作成 まず、 @vue/cliを使用して新しい Vue アプリケーションを作成し、起動します。このCLIツールを使うことで、現在のベストプラクティスを適用して自動で Vue アプリケーションを作成します。次に、Amplify を追加し、新しいプロジェクトを初期化します。以下の手順で、このプロセスを説明します。 新しい […]

Read More