Amazon Web Services ブログ

Category: Mobile Services

AWS AppSyncの紹介 – リアルタイムおよびオフライン機能を備えたデータ駆動型アプリケーションの構築

現在、モバイルデバイスや便利なアプリケーションは私達の生活にとって欠かせないものになっています。モバイルデバイスへの依存が高まるにつれ、私たちの注目を集めて何百万ものアプリケーションが爆発的に増加しています。これはモバイルデベロッパーにとって、高品質かつリアルタイムなユーザーが求めるアプリケーションを構築する必要があることを意味します。これにより、モバイルアプリケーションは、ユーザー間でのデータ同期、オフラインサポート、データディスカバリーなどの機能が実装されていることが必須になってきています。いくつかの記事、(InfoQ、DZone、モバイル開発ブログAlleviateTech)によると前述の機能を提供するうえで重要な要素の1つはクラウド型モバイルアプリケーションと言われています。 モバイルデータの同期やデータストレージなどに関しては特にこれが言えるようです。 このような背景から、クラウド上のデータ集約サービスを使って革新的なモバイルアプリケーションを開発するための新サービスを発表するのに最適なタイミングだと考え、AWS AppSync を紹介します。AWS AppSync は、フルマネージドなサーバーレスGraphQL サービスで、リアルタイムデータクエリ、同期、通信、およびオフラインプログラミングの機能を提供します。使い慣れていない人たちのために、GraphQL 仕様に関する情報を簡単に紹介しましょう。

Read More

AWS Mobile Hub で JavaScript 開発を改善する

はじめに JavaScript エコシステムが成長していくなかで、私達はモバイルおよびハイブリットアプリを構築するお客様を支援する取り組みを続けています。本日、 AWS Mobile Hub に Hosting and Streaming 機能をリリースしました。この機能は、Amazon S3 と Amazon CloudFront を使用するモバイル Web サイトのテスト及びプロダクション環境へのデプロイを自動化します。また、標準設定ファイルと SDK を使用する際の設定ワークフローを簡略化します。 この新しい機能によって、 JavaScript 開発者は事前設定された AWS アーキテクチャを起動したり、 Mobile Hub プロジェクトをビルドできます。また、集中管理された設定と事前ダウンロードされた SDK を使用して、ワンクリックでグローバル Web サイトを作成できます。

Read More

Amazon Cognito ユーザープールが SAML フェデレーションをサポート [パブリックベータ]

昨年、Amazon Cognito Identity に SAML フェデレーションのサポートを追加しました。この機能は SAML レスポンスから一時的な AWS クレデンシャル情報を取得できます。 Amazon Cognito Identity は API ベースのアプローチをサポートしており、AWS クレデンシャル情報を取得するためには、SAML IdP (Identity Provider) の SAML 応答を解析し、Amazon Cognito Identity API をコールします。 Amazon Cognito ユーザープールは、あなたのモバイルおよび Web アプリに、セキュアでスケーラブルなユーザーディレクトリを使用したサインアップおよびサインイン機能を追加します。本日、Amazon Cognito ユーザープールの SAML IdP (Identity Provider) フェデレーションをアナウンスできることを嬉しく思います。本機能はユーザーディレクトリに SAML IdP のユーザーをマッピングし、 SAML IdP でユーザーを認証後にユーザープールから標準認証トークンを取得します。ユーザープールは SAML 2.0 POST Binding エンドポイントをサポートします。これにより、クライアントは SAML アサーションレスポンスの解析が不要になり、ユーザープールはユーザーエージェント (訳注: Web ブラウザ等) […]

Read More

サーバレス JavaScript アプリケーションで SAML: Part I

このブログ記事は AWS の Richard Threlkeld, Gene Ting, Stefano Buliani によって AWS Compute Blog に投稿された「SAML for Your Serverless JavaScript Application: Part I」の翻訳記事です。 このブログ記事に掲載したコードや SAM テンプレートの全体は samljs-serverless-sample GitHub レポジトリにあります。手動でリソースを作成する事もできますが、GitHub レポジトリにある SAM テンプレートを使ってリソースを作成することを強くお勧めします。 SAML 認証連携を実現したくありませんか? AWS プラットフォームで使うことができる一時的なセキュリティ認証情報の発行を、短期間の SAML アサーションを交換で実現できます。 エンタープライズ Web アプリケーションを構築する時は、認証や認可が一貫して行われ業界のベストプラクティスに沿っている事が必須事項です。AWS では、ユーザに一意のIDを作成し、AWS のサービスにアクセスできる短期間の認証情報を使えるようにできる Amazon Cognito と呼ぶサービスを構築しました。これらの認証情報は、IAM ポリシーに基づくロールと関連付けて、異なるリソースへのアクセスを許可や拒否する事ができます。 この記事では、Amazon Cognito で SAML プロバイダと認証連携を行う異なる方式を紹介していきます。応用すると、異なるタイプの認証プロバイダ (IdP) と連携させることができます。Facebook、Twitterやその他のサードパーティのソーシャルメディアを IdP にする事もできます。Amazon Cognito […]

Read More

新機能 – Amazon Cognito グループ、およびきめ細かなロールベースのアクセス制御

アプリケーションの構築における課題の 1 つは、ユーザー認証と管理に関する事柄です。この課題に直面しても、多くの開発者はアプリケーション用の別のユーザー ID と認証システムを構築したいとは考えていませんし、必要な場合を除いてユーザーにさらに別のアカウントを作成させたいとも思っていません。Amazon Cognito では、アプリケーションのデータとバックエンドシステムにアクセスするために、開発者がユーザーの ID、認証、および権限を簡単に管理できるようになっています。それに加えて、開発者がアプリケーションの異なるユーザーに異なる権限を割り当てるのを簡単にするサービス機能があればどんなによいでしょう。本日、Cognito ユーザープールがグループをサポートし、Cognito フェデレーション識別がきめ細かなロールベースのアクセス制御 (RBAC) をサポートするようになったことが発表されました。Cognito でのグループのサポートにより、開発者は異なるユーザータイプとアプリケーションの使用権限を表すグループを作成して、ユーザーのアプリケーションエクスペリエンスを簡単にカスタマイズできます。開発者は、グループからのユーザーの追加や削除、およびユーザーのセットに対してグループで権限を管理できます。権限に関しては、Cognito フェデレーション識別でのきめ細かなロールベースのアクセス制御 (RBAC) のサポートにより、開発者は異なる認証をされたユーザーに異なる IAM ロールを割り当てられます。これまで、Amazon Cognito ではすべての認証されたユーザーに対して 1 つの IAM ロールのみをサポートしていました。きめ細かな RBAC を使用すると、開発者はフェデレーティッドユーザーに異なる IAM ロールをマッピングすることができます。この機能は Facebook や Active Directory などの既存の ID プロバイダーと Cognito ユーザープールを使用したユーザー認証の両方で利用できます。 Cognito ユーザープールのグループ 新しい Cognito のグループの機能について調べる最善の方法は、Amazon Cognito コンソールで新しいグループを作成して、さまざまなグループタイプにユーザーを追加してみることです。   [my user pool]、[TestAppPool] を選択すると、[Users and groups] という更新されたメニュー項目があります。メニューオプションを選択すると、パネルに [Users] と [groups] […]

Read More

AWS Lambda と Amazon API Gateway で Express アプリケーションを実行

Express は Node.js のウェブフレームワークです。これを使用すると、「サーバーレス」ウェブサイトやウェブアプリケーション、API を簡単にデプロイできます。サーバーレス環境では、大方またはすべてのバックエンドロジックがステートレスのオンデマンドで実行します (詳細情報については Mike Roberts によるブログ「Serverless Architectures」をご覧ください)。今月初旬に公開したブログ (「API Gateway の更新 – API 開発を簡素化する新機能」) で紹介した新しい 機能と を併せて使用した場合、既存の Express アプリケーションをサーバーレスで実行することができます。API Gateway を使用すると API を中心に開発者のエコシステム構築を可能にする使用量プランなど追加機能を利用したり、キャッシュにより応答性と費用対効果に優れたアプリケーション構築を行うこともできます。 AWS は aws-serverless-express パッケージを提供することで Express アプリケーションから や への移行をお手伝いしています。このパッケージには実例が含まれています、ぜひご活用ください。 Express コードとアプリケーションを と に移行する場合に利用できる 2 つのリソースをご紹介します。 「Running Express Apps in AWS Lambda」ではアプリケーションをデプロイする場合の Claudia.js と aws-serverless-express モジュールの使い方が説明されています。既存の TCP リスナーを削除し、Lambda プロキシラッパーを作成してからデプロイするだけです。 AWS ブログ「サーバーレス: Express […]

Read More

API Gateway のアップデート – API 開発を簡素化する新機能

で、堅牢でスケーラブルなアプリケーションバックエンドの構築と実行を簡単に素早く最近追加された使用プランで、API に関与するパートナー開発者のエコシステムを作成することができます。では、いくつかの用語を確認しながら始めましょう。 エンドポイント – HTTP リクエストに応答する URL ( によって提供される) です。これらのリクエストは、GET、PUT、POST などの HTTP メソッドを使用します。 リソース – エンドポイント内にある名前の付いたエンティティで、階層パスと呼ばれます。 動作 – 特定のリソース上で、HTTP リクエストに対応してコードが HTTP メソッドを使用して実行するアクションです。 統合 – エンドポイント、リソース、および HTTP メソッドと実際のアクションとの間でやり取りされる マッピングです。 現在、 が提供する統合モデルを拡張して、新しい API エンドポイントの構築と既存のアプリケーションの移植を容易にするための複数の新しい機能をサポートしています。 greedy パス変数 – 一般的なパス ( /store/ など) に分類されるリクエストのグループのパスと動作を個別に指定する代わりに、パスへのすべてのリクエストを傍受してそれらを同じ機能にルーティングする、「greedy」ルートを指定できるようになりました。たとえば、単一の greedy パス (/store/{proxy+}) は、 /store/list-products, /store/add-product、および /store/delete-product) に対するリクエストを傍受します。 ANY メソッド – それぞれの HTTP メソッド (GET、POST、PUT […]

Read More

Amazon API Gatewayのための利用プラン

昨年、開発者がモバイル、web、エンタープライズそしてIoTアプリケーション向けバックエンドWebサービスを構築できるようにするため、Amazon API Gateway を紹介しました(Amazon API Gateway – Build and Run Scalable Application Backend to learn more を参照)。そのときから、AWSの顧客は AWS Lambda、Amazon Elastic Compute Cloud (EC2)、そしてAWSの外で稼働するサーバ上で実行されるAPIの実装を行ってきました。多くの場合、我々の顧客は彼らのAPIの上でアプリケーションを開発するパートナー開発者のエコシステムを作ることを計画しています。API Gateway を利用することで、我々の顧客は彼らの顧客それぞれにAPIキーを作成することが可能です。 これらのキーはAPIの各ユーザを特定し、キーの所有者がアクセス可能なサービスのセットとサービスのステージ(テスト、ベータそして本番といった環境)をAPI開発者がコントロールすることが可能です。APIはしばしばビジネス価値の代わりとして提供されるため、我々の顧客はAPIを構築し、それらへのアクセスを規制し、使用量に基づいて課金することによって、それらを収益化したいと我々に教えてくれました。 新しい利用プラン このユースケースをサポートするため、API GatewayのUsage Planをご紹介します。この新機能により、開発者はAPIを構築、収益化することと、彼らの周りでエコシステムを作ることが可能になります。異なるレベルのアクセス(Bronze、Silver、Gold)、異なるカテゴリのユーザ(学生、個人、プロフェッショナルもしくはエンタープライズ)などに対して利用プランを作成することができます。プランは名前が付けられ、APIに対するアクセスの以下の面をコントロールします。 スロットリング – リクエストレート全体(平均秒間リクエスト)とバーストキャパシティ クオータ – 一日あたり、週あたり、もしくは月あたりに可能なリクエストの数 API / ステージ – アクセス可能なAPIとAPIのステージ 仮に利用プランを使うことを選択するならば、あなたのAPIそれぞれがプランと紐付けられなければなりません。幸い、API Gatewayはデフォルトプランを作成し、それらにAPIを紐付けることができます。あなたがやろうとすることを確認するだけです。 デフォルトプランはスロットリングもクオータもありませんし、APIの挙動を変更しません。 利用プランの作成 Let’s step through the process of creating a Usage Plan.  利用プランの作成プロセスを一つずつ見ていきましょう。API Gatewayのコンソールを開き、Usage Plans、に移動しCreateをクリックしてください。 名前、説明を入力し、それからスロットリングとクオータのオプションを必要に応じて設定します。 […]

Read More

Amazon Cognito Your User Pools - 一般提供を開始

数か月前公開したブログ Amazon Cognito の新しい Your User Pools 機能についてご紹介しました。その時点では、ユーザーのモバイルアプリやウェブアプリでサインアップやサインインに同機能を使用することをご説明しました。完全マネージド型のユーザーディレクトリでは、ユーザー数億人の拡大を可能にしたり、各 AWS アカウントで複数のディレクトリを使用することができます。ユーザープールは数分で作成でき、新規ユーザーがお客様のアプリまたはサービスにサインアップする時に、どの属性 (アドレス、メール、性別、電話番号やカスタム属性など) に入力の必要があるか指定することができます。セキュリティの面では、お好みに合わせたパスワード強度を特定したり、Multi-Factor Authentication (MFA) の使用の強制やユーザーの電話番号またはメールアドレスでの確認を求めることができます。 一般提供を開始 Your User Pools のパブリックベータ版を開始したところ、数多くの素晴らしいフィードバックをいただきました。そして本日、Your User Pools の一般公開を開始した他、このリリースに伴い、いくつかの新機能も追加しました。 Device Remembering – Cognito は各ユーザーがどのデバイスからサインインしたか記憶することができます。 User Search – 属性に基づきユーザープールでユーザーを検索できます。 Customizable Email Addresses – ユーザープール内でユーザーのメールアドレスを管理できます。 Attribute Permissions – 各ユーザーの属性を細かく設定することができます。 Custom Authentication Flow – 新たな API や Lambda トリガーを使用してサインインフローをカスタマイズできます。 Admin Sign-in – バックエンドサーバーや Lambda […]

Read More

AWS Device Farm のアップデート – デバイスにリモートアクセスしてインタラクティブなテストが可能に

昨年、 AWS Device Farm の記事を書いた際は、どのように実機デバイスにてモバイルアプリをテストするかについてお話しました。その時に説明したとおり、AWS Device Farm では Project を作成し Application を指定し Test を設定すれば、さまざまな iOS や Android 端末の上で Test を実行できるようになります。 デバイスにリモートアクセス 本日、新しい機能をローンチします。この機能により、デバイス(スマートフォンとタブレット)にリモートアクセスすることができるようになり、インタラクティブなテストを実施していただけます。ご希望のデバイスにて新しいセッションを開始して、デバイスが利用可能になるまで(通常は1〜2分程度)待つと、AWS Management Console 経由でデバイスをインタラクティブに操作できるようになります。 まるでそのデバイスが机のうえにあるかのように、もしくは、手のなかにあるかのように、リアルタイムにウェブブラウザ越しに、ジェスチャーして、スワイプして、インタラクティブに操作することができます。アプリケーションをインストールして実行することもできます! こちらは簡易なデモです。[Start a new session] をクリックして開始します。 そして、希望のデバイスタイプ、OS バージョンを検索・選択し、セッションの名前を入力します。[Confirm and start session] をクリックして進めます。 そして、利用可能になるまで待ちます。(この場合は 30秒ほど) デバイスが利用可能になると、コンソール経由でスクリーンを閲覧し操作できます。 マウスを使って Kindle Fire をインタラクティブに操作できます。言語をラテンアメリカスペイン語に設定すると、もしかすると私のアプリは期待通りに動作しないかもしれません。数クリックで Kindle Fire の設定を変更できます。 [Upload] をクリックして APK ファイルを選択すれば、 Kindle Fire に私のアプリをインストールできます。 セッションは最大 […]

Read More