Amazon Web Services ブログ

Category: Mobile Services

Android および iOS 用の新しい AWS Amplify ライブラリ

モバイルアプリケーションを開発するときは、各プロジェクトについて、クラウドを利用した一連の機能を開発する必要があります。たとえば、ほとんどのアプリケーションでは、ユーザー認証または詳細なアプリ内分析が必要となります。アプリケーションはおそらく REST または GraphQL API を呼び出し、オフラインシナリオとデータ同期をサポートすることが求められます。AWS Amplify を使用すると、このような機能をモバイルアプリケーションやウェブアプリケーションに簡単に統合できます。 AWS Amplify は、安全でスケーラブルなモバイルおよびウェブアプリケーションを構築するためのツールとサービスのセットです。これは、クラウドを利用した機能を追加するためのライブラリと UI コンポーネントのオープンソースセット、クラウドバックエンドを作成および管理するためのコマンドラインインタラクティブツールチェーン、およびフルスタックのサーバーレスウェブアプリケーションをデプロイしてホストする AWS のサービスである AWS Amplify Console という 3 つのコンポーネントで構成されています。 本日、モバイルアプリケーション開発者が安全でスケーラブルなクラウドベースのアプリケーションを簡単に構築することをサポートするための Amplify iOS および Amplify Android ライブラリとツールが利用可能になったことをお知らせいたします。 今日まで、クラウドベースのモバイルアプリケーションを開発するときは、ツールと SDK の組み合わせを使用していました。すなわち、AmplifyCLI を使用してバックエンドを作成および管理し、1 つまたは複数の AWS Mobile SDK を使用してバックエンドにアクセスしていました。一般に、AWS Mobile SDK は、AWS のサービスの API の低レベルのラッパーです。API の詳細を理解し、ほとんどの場合、オブジェクトの (デ) シリアライゼーション、エラー処理など、多くの未分化コードを記述する必要があります。 Amplify iOS と Amplify Android はこれを簡素化します。まず、認証、データの保存とアクセス、機械学習の予測などのユースケース向けのネイティブライブラリを提供します。これらのライブラリは、抽象化を使用してプログラムでベストプラクティスを適用できる宣言型インターフェイスを提供します。AWS のサービスではなくユースケースの観点から考えると、抽象化のレベルが高くなり、開発サイクルが速くなり、コード行が少なくなります。次に、ネイティブ IDE ツールチェーンと統合するツールを提供します。すなわち、iOS […]

Read More

AWS AppSync を使用して Amazon QLDB への GraphQL インターフェイスを構築する: パート 2

 この記事は、Amazon Quantum Ledger Database (QLDB) と AWS AppSync を統合する方法を説明する 2 回にわたる連載記事の第 2 回です。この組み合わせにより、Amazon QLDB マネージドの台帳データベースに加えて、多目的な GraphQL を利用した API が提供されます。AWS Lambda 関数を作成してクエリを実行することで、Amazon QLDB と AWS AppSync を接続する方法については、「AWS AppSync を使用して Amazon QLDB への GraphQL インターフェイスを構築する: パート 1」をご覧ください。 この記事では統合を引き続き開発し、QLDB で AWS AppSync のより複雑なクエリとデータのミューテーションをサポートします。このチュートリアルでは、Amazon QLDB および AWS AppSync がキャプチャする履歴データのクエリのサポートも行います。 このシリーズのどちらの記事でも、クエリにドライバーの車両情報の DMV データセットを使用しています。GitHub リポジトリでアプリケーション全体を確認することもできます。 次の図は、このプロジェクトのおおまかなアーキテクチャを示しています。AWS AppSync リゾルバーを使用して、Lambda の Amazon […]

Read More

AWS AppSync を使用して Amazon QLDB への GraphQL インターフェイスを構築する: パート 1

 Amazon Quantum Ledger Database (QLDB) は、信頼できるデータソースを必要とするユースケース向けに設計されたデータベースです。Amazon QLDB は、データベースにコミットされたすべての変更の履歴を完全で不変な形で保持します (これは台帳と呼ばれます)。Amazon QLDB は、金融、e コマース、在庫管理、政府、その他数多くの用途でお使いいただけます。 Amazon QLDB を AWS AppSync などのサービスとペアリングすると、モバイルアプリケーション、ウェブサイト、データレイクのデータとそのデータの履歴を安全に公開できます。この記事では、Amazon QLDB を AWS AppSync と統合して政府のユースケースを強化するための再利用可能なアプローチについて説明します。 Amazon QLDB を AWS AppSync のデータソースとして追加するには、AWS Lambda 関数を使用してデータベースに接続します。次の図は、このソリューションのアーキテクチャを示しています。 この記事では、Department of Motor Vehicles (DMV) のユースケースを用いて、Amazon QLDB をデータソースとして AWS AppSync に追加します。このユースケースは、Getting Started with the Amazon QLDB Console でご利用いただけます。Amazon QLDB データソースを接続するだけでなく、簡単なクエリも作成します。 今後の記事では、データの変更や履歴の取得など、より高度な Amazon QLDB […]

Read More

高速、低コストで、より良いAPIの構築 – HTTP APIが利用可能(GA)になりました

本投稿は、Senior Developer Advocate, AWS Serverless Applications のEric Johnsonの寄稿によるものです。 2015年7月、AWSはAmazon API Gatewayを発表しました。これにより、開発者はさまざまな種類のアーキテクチャのフロントに配置して安全でスケーラブルなAPIを迅速に構築できるようになりました。それ以来、API Gatewayチームは顧客向けの新しい機能とサービスを構築し続けています。 図1: API Gateway機能追加タイムライン 2019年初頭、チームは現在のサービスを評価し、API Gatewayの次の姿がどうあるべきか計画を立てました。新しい言語と技術によるプロトタイプを作成し、RESTおよびWebSocket APIの構築から学んだ教訓を適用し、そして、顧客のフィードバックを入念に調べました。その結果として、Amazon API GatewayのHTTP APIが完成しました。これは、より高速で、より低コストで使い易くなるように、ゼロから構築されたサービスです。要するに、HTTP APIはAPIを構築するためのより良いソリューションを提供します。APIを構築していて、HTTP APIが要件に合っている場合は、HTTP APIから始めるのが良いでしょう。   より速く ほとんどのユースケースで、HTTP APIはレイテンシを最大60%削減します。開発者は、最小限のレイテンシと最大限の機能を備えたアプリケーションの構築に苦心しており、アプリケーションプロセスに関係する各サービスがレイテンシを追加する可能性があることを理解しています。 図2: すべてのサービスがレイテンシを追加   これを念頭に置いて、HTTP APIは、API Gatewayサービスのレイテンシオーバーヘッドを削減するように構築されています。リクエストとレスポンスの両方を足し合わせても、すべてのリクエストの99%(p99)でHTTP APIからの追加レイテンシが10ミリ秒未満になります。   より低コストで Amazonでは、中核となるLeadership Principles の一つとして、Frugality(倹約)があります。私たちは、費用対効果の高い方法で物事を行い、その節約がお客様に還元されることを信じています。新しいテクノロジーが利用可能になり、ほぼ5年間にわたりAPI Gatewayを運用し得た専門知識により、より効率的に実行するためにHTTP APIを構築しました。 図3: REST / HTTP APIの価格比較 us-east-1の価格設定を使用して説明します。図3は、1か月あたりの1億回、5億回、および10億回のリクエストのコスト比較を示しています。全体的に、HTTP APIは、API Gateway REST APIと比較して少なくとも71%低コストです。   よりシンプルに HTTP […]

Read More

【開催報告】ビルシリーズ@住友不動産六本木グランドタワー 第1回

みなさんこんにちは!アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 ソリューションアーキテクトの木村公哉です。 11月21日に「ビルシリーズ@六本木一丁目住友不動産六本木グランドタワー 第1回」を開催いたしました。今回は「初めてのサーバレスWebアプリケーションハンズオン」を実施しました。こちら「ビルシリーズとは?」とお思いの方も多いかと思いますので、開催報告と合わせてご説明いたします。 「ビルシリーズ」とは? このイベントは、日頃AWSをご利用いただいているお客様に、AWSからの情報発信はもちろん、同じビルに拠点を構えるお客様同士の活発な意見交換と交流の場を定期的に作ることを目的としたものです(同じビルなので移動が楽!)。 今回、住友不動産六本木グランドタワーのFringe81様、BASE様、エブリー様、ディップ様で同じようなニーズがあり、このようなビル単位でのイベントを開催する運びとなりました。場所はFringe81様の素敵な大会場をお借りいたしました。Fringe81様ありがとうございました。 来月には住友不動産麻布十番ビルでも開催を予定しており、今後もこのようなビル単位で交流ができるようなイベントを開催していきたいと考えております。 当日の様子 当日は約40人のお客様にお越しいただき、イベントは終始盛り上がりを見せておりました。   まずはAWSJ 植本より、今回のビルシリーズの趣旨などを説明いたしました。   次に、AWSJ 木村より「サーバレスのご紹介 – ユースケースパターンを切り口に」というタイトルで、AWSのサーバレスプラットフォームについてご紹介いたしました。   続けてAWSJ 木村より「初めてのWebアプリケーションハンズオン」を実施いたしました。   ハンズオンの終了後、ご参加いただいた皆様と共に、簡単な懇親会を開催いたしました。   今回、AWSJより、アカウントマネージャー植本、藤田、細木、ソリューションアーキテクト上原、石見、小宮、木村がビルシリーズをサポートいたしました。こちらはソリューションアーキテクトの集合写真です。 貴社担当のアカウントマネージャから「ビルシリーズ」のお誘いがあるかもしれませんが、是非ご検討いただければと思います。それでは、次回のビルシリーズでお会いしましょう!   著者について 木村 公哉(Kimura, Koya) 香川県出身のソリューションアーキテクトです。好きなサービスはAWS AmplifyとAWS Lambda、Amazon Kinesisです。好きな食べ物はうどんです。   上原 誠(Uehara, Makoto) アマゾンウェブサービスジャパン株式会社のソリューションアーキテクトとして、主にメディア系のお客様に対する技術支援を担当。技術的な得意/興味領域としては、アナリティクス系テクノロジー、広告系ソリューションなど。

Read More

AWS AppSyncキャッシングとAmazon DynamoDBトランザクションのサポートによりGraphQL APIのパフォーマンスと一貫性が更に向上します

AWS AppSyncはGraphQLのマネージドサービスで、単一または複数のデータソースのデータに安全にアクセスしたり、操作したり、結合するための柔軟なAPIを作成でき、アプリケーション開発をシンプルにすることができます。多くの場合、異なったデータソースは異なったユースケースに合わせて最適化され、データが配信されるスピードも異なっていることでしょう。その基になるGraphQLスキーマで定義されているデータフィールドもかなり多様です。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS AppSync 資料及び QA 公開

先日 (2019/8/22) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS AppSync」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20190821 AWS Black Belt Online Seminar AWS AppSync from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. AWS AppSyncのSubscriptionでは、Mutationの取りこぼしはないのでしょうか?例えば、「購読中に、Mutationの頻度が高い場合に、いくつかのMutationの結果が返らない」等です。あるいは、Lambdaのように、最低1回の受信(複数回受信することもある)ということはないのでしょうか? A. 基本的に設定されたSubscriptionは取りこぼし無く実行されます。但しAppSyncの制限事項としてGraphQL API ごとのスロットルレート、サブスクリプションの最大ペイロードサイズ等がありますのでその点はご注意ください。 Q.(少し調べれば出てくるかもしれませんが)実際に手を動かしてAppSyncの機能に触れられるチュートリアル的なものはありますか? A. AppSyncのチュートリアルに関しましてはこちらからご確認ください。 — 今後の AWS Webinar | イベントスケジュール 直近で以下を予定しています。各詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております。 【AWS Innovate Online Conference】 AWS Innovate は、AWS クラウドを活用してビジネス革新を目指しているすべての IT リーダー及び IT プロフェッショナルを対象とした、最新のクラウド情報をお届けするためのオンラインカンファレンスです。この期間で、AWS初心者の方はAWSを始めるための準備を、AWS既存ユーザーの方は情報のアップデートにお役立ていただければと思います。 […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon API Gateway 資料及び QA 公開

先日 (2019/5/14) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon API Gateway」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20190514 AWS Black Belt Online Seminar Amazon API Gateway from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. API GatewayかLambdaのどちらかの採用を検討するにはどのようにしたらいいでしょうか (とくにコスト面で) A. Web APIとして公開する場合は、AWS Lambdaの手前にAmazon API Gatewayを配置することによって疎結合化がなされ、実装を隠蔽化できるという利点があります。 ただシンプルにAWS SDK等を利用し直接Lambdaを呼び出したいケースであれば、必要な権限を呼び出し元のアプリケーションに付与した上でLambdaのみを利用する構成もご検討頂けます。 (例:呼び出し元がAmazon Elastic Compute Cloud (EC2) であればそのIAMロール、呼び出し元がブラウザやモバイルアプリであれば、Amazon CognitoのIDプールを利用したAWS Credentialsを利用)。 また、Lambda関数をバックエンドとしてHTTPリクエストを受け付ける他の方法としては、Elastic Load Balancing (ELB) の一種である Application Load […]

Read More

AWS について学ぶ – 11 月の AWS オンラインテックトーク

 AWS オンラインテックトークは、様々な技術レベルで幅広いトピックをカバーするライブでのオンラインプレゼンテーションです。 今月は、AWS のサービスとソリューションについて学びましょう。ご質問があれば、オンラインで専門家がお答えします。 今月の特集! テックトークをチェック: Virtual Hands-On Workshop: Amazon Elasticsearch Service – Analyze Your CloudTrail Logs、AWS re:Invent: Know Before You Go、AWS Office Hours: Amazon GuardDuty Tips and Tricks いますぐ登録を! 注意 – すべてのセッションは無料で、太平洋時間です。 今月のテックトーク: AR/VR 2018 年 11 月 13 日 | 午前 11:00 ~ 12:00 (太平洋時間) – How to Create a Chatbot Using Amazon […]

Read More

AWS DevDay Tokyo 2018 Severless&Mobile トラック資料公開

2018年10月29日から11月2日まで行われた AWS DevDay Tokyo 2018の中で、Serverless&MobileのトラックオーナーをしておりましたSAの小梁川です。本投稿では2018/10/31に開催しましたServerless&Mobileトラックの内容をご紹介いたします。 イベント開催においては、お忙しい中に資料作成、登壇を頂いた ZOZOテクノロジーズ 柴田様、クックパッド 渡辺様に御礼申し上げます。また、会場に起こした頂いた、ストリーミング視聴をいただけた皆様へ、イベントご参加への御礼を申し上げます。 資料をゆっくり読みたい、参加できなかったが資料が見たいとの声を頂いておりましたので、本投稿にてServerless&Mobileセッションの資料をご紹介させていただきます。

Read More