Amazon Web Services ブログ

Category: Front-End Web & Mobile

AWS Amplify は、より機能が豊富で、柔軟性と拡張性に優れた、新しい GraphQL Transformer v2 を発表しました

この記事は AWS Amplify announces the new GraphQL Transformer v2. More feature-rich, flexible, and extensible. を翻訳したものです。 2021 年 11 月 23 日、AWS Amplify は GraphQL Transformer v2 を発表しました。これにより、開発者は最小限のクラウド知識で、より豊富な機能、柔軟性、拡張性を備えた、GraphQL ベースのアプリのバックエンドを開発可能です。 AWS Amplify CLI は、フロントエンド開発者がクラウドでアプリのバックエンドを作成するのに役立つコマンドラインツールチェーンです。 Transformer を使用することで、開発者は GraphQL のスキーマ定義言語でバックエンドデータモデルを構成でき、Amplify CLI は基盤となるクラウドインフラストラクチャに基づいてスキーマが完全に機能する GraphQL API となるように自動的に変換します。

Read More
Figma designs to full-stack React apps

AWS Amplify Studio – 最小限のプログラミングでFigmaからフルスタックのReactアプリを実現

この記事は AWS Amplify Studio – Figma to Fullstack React App With Minimal Programming を翻訳したものです。 AWS Amplifyにおいて、Amplifyの強力なバックエンドとの統合・管理機能を持ち、最小限のコーディングでUI開発を加速する新機能(パブリックプレビュー)をフロントエンド開発者に提供するGUI開発環境「AWS Amplify Studio」を発表しました。 Amplify Studioは、Figmaで作成されたデザインを人間が読めるReactのコンポーネントコードに自動的に変換します。また、Amplify Studioでは、開発者が生成されたコンポーネントをアプリのバックエンドデータに視覚的に接続することができます。 これまでAmplify Admin UIが持っていたバックエンドの設定と管理機能(「データ」、「認証」、「ストレージ」など)は、今後Amplify Studioの一部となり、統一されたインターフェイスを提供することで、開発者がフルスタックのアプリをより高速に構築できるようになります。

Read More

Amplifyで構築したバックエンドをCDKで出力して既存のデプロイパイプラインで使用する新機能「エクスポート」のご紹介

この記事は、Export Amplify backends to CDK and use with existing deployment pipelines を翻訳したものです。 AWS Amplifyは、Amplify CLIで生成されたバックエンドをAWS Cloud Development Kit (CDK)スタックとしてエクスポートし、既存のCDKデプロイメント・パイプラインに組み込む機能を発表しました。この新機能により、フロントエンド開発者はアプリのバックエンドを迅速に構築し、リリースの準備毎に、DevOpsチームと連携し本番環境にデプロイすることができます。

Read More

AWS CDKまたはCloudFormationを使用し、カスタムAWSリソースでAmplifyバックエンドを拡張する新機能「カスタム」のご紹介

この記事は、Extend Amplify backend with custom AWS resources using AWS CDK or CloudFormation を翻訳したものです。 AWS AmplifyでAWS Cloud Development Kit(CDK)またはAWS CloudFormationを使用し、Amplifyが作成したバックエンドに175以上のAWSサービスを追加する新しいコマンドamplify add customが発表されました。カスタムリソースを追加する新しい機能により、開発者は1つのコマンドでAmplifyに組み込み済みのユースケース以外にリソースを追加できます。

Read More
CDKでAmplifyで生成されたバックエンドリソースをカスタマイズする

Amplifyで生成されたバックエンドリソースをCDKでカスタマイズする新機能 「オーバーライド」のご紹介

この記事は、Override Amplify-generated backend resources using CDKを翻訳したものです。 AWS Amplifyは、開発者がAmplifyで生成されたAWS IAM、Amazon Cognito、Amazon S3、およびAmazon DynamoDBのリソース構成を上書きし、アプリの要件を最適に満たす機能を発表しました。 開発者はAmplifyが提供する標準のリソースを使用してバックエンドを簡単に構成できますが、この新しい “オーバーライド” 機能を用いることでさらに細かいリソースの設定をカスタマイズできます。

Read More

小売業におけるアダプティブ分析: 顧客の行動とエンゲージメントに影響を与える

小売業界において、日常業務におけるデータの重要性に異論のある方はいないでしょう。バッチレポートから意思決定支援、ビジネスインテリジェンスシステムまで、小売の意思決定における運用データの進化は非常に多岐にわたります。今日、アダプティブ分析プラットフォームは、小売業者が次のことができるよう、業界のイノベーションを推進しています。 ビジネスにおける重要なシグナルを検出します。 これらのシグナルの現在の意味と将来の予測を導き出します。 データドリブンな顧客、製品、マーケティング戦略で対応します。 しかし、アダプティブ分析プラットフォームを構築するためには、小売業の経営者が直面する多くの戦略的課題があります。例えば、急速に変化する買い物客の影響や行動のトリガー、人口動態の変化、COVID-19 などの世代別市場レベルの影響、主要な経済圏の景気低迷といった課題や、お客様対応とオペレーション業務を効果的に行うために、予測に基づいた洞察が求められる小売業の職種が一層増えていることなどが挙げられます。

Read More

Amazon Neptuneを活用した薬剤検索ツールのプロトタイピング

昨今、ビジネスニーズの多様化に伴い、社内外でのアプリケーションのニーズも複雑化しており、従来の構成では要件やパフォーマンスを満たせない場合もあります。このようなニーズの多様化に伴い、データベースもユースケースに基づいて選択する必要があります。AWSでは、Purpose-build databaseを用意しており、ユースケース別にデータベースタイプを選択できます。IQVIAサービシーズ ジャパン株式会社(Research & Development Solutions, Clinical Operations, Site Management Support, Centralized Monitoring)と実施したプロトタイピングでは、薬剤検索アプリケーションの特性から、対象データをグラフデータとして保存することで、アプリケーションニーズと高パフォーマンスを期待できると考え、Amazon Neptuneをデータベースとして採用しました。今回は、グラフデータベースであるAmazon Neptune を活用したプロトタイピングをご紹介致します。

Read More
build-a-live-streaming-chat-application-using-amazon-ivs-and-amazon-chime-sdk

Amazon IVSとAmazon Chime SDKでライブストリーミングチャットアプリケーションを作る方法

低遅延のライブストリーミングの構築やチャット機能の実装は、インタラクティブな体験を求めるお客様からの共通の要望です。例えば、UGC(ユーザー生成コンテンツ)を使ったライブ配信アプリを構築したいと考えているお客様は、ユーザー間の交流を深めるためにチャットを求めています。ライブコマースサービスでは、販売者はライブストリーミング中の製品チャットの問い合わせに対応する必要があり、教育分野では、教師が仮想教室でQ&Aを通じて学生と交流したいと思うかもしれません。 Amazon Chime SDKにAmazon Interactive Video Service (Amazon IVS)を統合することで、お客様は、フルマネージドで低遅延の、チャットを組み込んだインタラクティブなライブ放送イベントを構築することができます。 Amazon IVSは、低遅延でインタラクティブなライブストリーミング体験を迅速に構築するのに役立ちます。Twitchの技術をベースにしたAmazon IVSチャンネルは、完全に管理された低遅延のライブストリームであり、時間指定のメタデータAPIを使用して視聴者の体験を向上させます。 Amazon Chime SDKは、ライブストリーミング用に強化されたチャット体験の構築をサポートします。メッセージング機能であるAmazon Chime SDK for messagingのリリース以来、お客様は非同期、スケーラブル、永続的、インタラクティブなチャット体験やチャット機能を従量課金で構築できるようになりました。

Read More

AWS中国リージョンでAWSサービスを活用して構築されたスマートホームソリューションと家電製品との接続

この記事は、Connecting home appliances with a smart home solution built on AWS in the AWS China Region を翻訳したものです。 本ブログでは、AWSサービスを活用した家電メーカーのスマートホームソリューション構築および維持する方法を紹介していきます。これらのソリューションは、接続された製品の付加価値を提供するプラットフォームであると同時に、ユーザーが製品を利用するためのアプリケーションでもあります。中国で家電製品を製造して世界中で販売しているお客様の実際のユースケースとなります。本ブログではエンドツーエンドソリューションの概要のリファレンスアーキテクチャについて紹介し、AWS IoTと他のAWSサービスをどのように連携したかのコアユースケースについて説明します。本ブログにより、スマート家電を利用する家族と情報共有するためにどのようにセキュアに構築したか、およびAWS中国リージョンで大規模な家電製品のフリートを安全に管理する方法を学習できます。本ブログには Python コードスニペットが含まれているので、デバイスからスマートホーム IoT プラットフォームにデータを送信し、デバイスからユーザー向けのモバイルアプリケーションや Web アプリケーションへのマルチメディアファイルを安全に共有するソリューションをトライできます。

Read More

AWS AmplifyでのフルスタックアプリケーションのCI/CDパイプラインの構築

この記事は、Complete guide to full-stack CI/CD workflows with AWS Amplifyを翻訳したものです。 AWS Amplify は、1) 条件付きバックエンドデプロイ、2) ビルド時のaws-exports.js の自動生成、3) 異なるAmplify アプリケーション間でのバックエンドの共有といった3つの新しい機能をAmplify のCI/CD ワークフローに追加しました。これらの機能を使用することで、より柔軟にフルスタックアプリケーションをデプロイすることが可能です。

Read More