Amazon Web Services ブログ

Category: Front-End Web & Mobile

AWS AmplifyでのフルスタックアプリケーションのCI/CDパイプラインの構築

この記事は、Complete guide to full-stack CI/CD workflows with AWS Amplifyを翻訳したものです。 AWS Amplify は、1) 条件付きバックエンドデプロイ、2) ビルド時のaws-exports.js の自動生成、3) 異なるAmplify アプリケーション間でのバックエンドの共有といった3つの新しい機能をAmplify のCI/CD ワークフローに追加しました。これらの機能を使用することで、より柔軟にフルスタックアプリケーションをデプロイすることが可能です。

Read More

愛媛県庁は、AWS上で”官民共創デジタルプラットフォーム”「エールラボえひめ」を運用

今回のブログでは、 AWSジャパン・パブリックセクターより、2021年8月5日に開催された月例の “AWS公共パートナー向けセミナー“ 『AWSを活用した官民共創デジタルプラットフォーム「エールラボえひめ」の紹介』の模様をお届けします。愛媛県庁様をはじめとする4名の登壇者それぞれの観点を語っていただくことで、取り組みを立体的に理解いただけるカスタマー事例となっております。  ご不明の点、「Contact Us」までお問合せください。また、今後開催される公共部門パートナー向けイベントにご登録いただく場合には、 aws-jp-pubsec-partner [@] amazon.comまでご相談ください。

Read More

Amazon EventBridge を用いたアウトオブバンドの AWS AppSync リアルタイムサブスクリプションの簡素化

この記事は、AWS のプリンシパルスペシャリストソリューションアーキテクト、Josh Kahn によって書かれました。 リアルタイムの最新のデータは、多くのカテゴリのアプリケーションにとって有益です。スポーツスコアから株価、配信アプリなど多くのものまで、モバイルとデスクトップの両方で魅力的なフロントエンドアプリケーションを構築するには、リアルタイムデータが不可欠です。これらのタイプのアプリケーションのモダンアーキテクチャでは、クライアントがサーバーからプッシュされた更新をサブスクライブできるようにする、長時間の双方向接続を使用します。

Read More

AWS AppSync が大阪リージョンでご利用いただける用になりました

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、シニアエバンジェリストの亀田です。 AWS AppSync が大阪リージョンでご利用いただけるようになりましたのでお知らせいたします。 AWS AppSync GraphQLは、APIのクエリ言語であり、既存のデータでこれらのクエリを実行するためのランタイムのことをいいます。クライアント側で必要なデータの構造を定義することが可能で、サーバーから同じ構造のデータが返されるため、必要以上に大きなデータが返されるのを防ぐことができクエリの効率をよくすることができます。REST の代わりに、データを複数のデータソースから取得するリクエストを 1 つの API 呼び出しで構成することが可能で、RESTやその他のWebサービスと比較して、効率的、堅牢、フレキシブルなアプローチを実現することができます。

Read More

Amazon NeptuneとAWS Amplifyを利用したグラフアプリケーション開発

グラフデータベースの活用が様々な領域で進んでいます。例えば、公共領域では法人情報検索ツール、ヘルスケア領域では薬物間相互作用のチェック、マーケティング領域ではカスタマーインサイト分析などで利用されています。 リレーションシップと大量に接続されたデータセットと連携するアプリケーション開発において、リレーショナルデータベースで実装するのは困難です。しかし、フルマネージドなグラフデータベースであるAmazon Neptuneはリレーションシップの格納とナビゲートを目的として構築されたデータベースで、ナレッジグラフ、IDグラフや不正検出といった代表的なグラフアプリケーションを構築することができます。最近では、ナレッジグラフを利用したチャットボットアプリケーションのサンプルをAWS CloudFormation templateとしてリリースしました。 AWS Amplifyはウェブアプリケーション開発するデベロッパー向けのサービスで、グラフアプリケーションの機能をウェブアプリケーションに容易に組み込むことができます。 AWS AppSync はGraphQL APIを簡単に実装することが可能で、例えば、データへのアクセスレイヤーを提供し、AWS Lambdaを利用してNeptuneに接続するフレキシブルなバックエンド実装が可能です。 本ブログでは、AWS Amplifyで作成したアプリケーションからNeptuneの接続する方法をご紹介します。

Read More
Amplify Meetup #03 サムネイル

【開催報告&全資料まとめ&録画公開】Amplify Meetup #03

こんにちは!アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 スタートアップソリューションアーキテクトのじゃが(@jagimogmog)です。 本記事では4月2日に開催しました、「Amplify Meetup #03」の資料まとめと録画を掲載します。Amplify Meetupは4ヶ月ごとの開催のため、今回をもって約一年継続できた形となります。今までご参加・ご登壇いただいた皆さま、誠にありがとうございました!引き続きAmplifyでの開発・ナレッジシェアを一緒に楽しめましたら幸いです。

Read More

Amazon Location サービスが新機能 (ルーティングと衛星画像) を備えて一般提供開始

2020 年 12 月に、Amazon Location Service がプレビュー形式で利用可能になりました。このサービスでは、ロケーションベースの機能を使用して、ウェブやモバイルのアプリケーションを構築できます。本日、ルーティングと衛星画像の 2 つの新機能と共に、Amazon Location の一般提供が開始されました。 私は 15 年以上にわたりフルスタック開発者を務め、ロケーションベースのアプリケーションの作成を複数回担当しました。ロケーションプロバイダーと連携したときに直面した最大の課題は、アプリケーションを既存のアプリケーションバックエンドとフロントエンドに統合し、ロケーションプロバイダーと共有するデータを安全に保つことでした。

Read More

小売業界での Amazon Interactive Video Service と Amazon Personalize 活用のハウツーガイド

ライブストリーミングの人気はますます高まっており、オンラインでのお客様とのやり取りの新たな機会を拡げています。魅力的なコンテンツを提供するライブストリーミングにより、お客様のオンラインショッピングへの流れを促進し、購買体験をオンラインエンゲージメントの1つに加えることができます。また、オンラインストアが提供するパーソナライズされたレコメンデーションによって適切な商品を適切なタイミングでおすすめすることで、お客様のエンゲージメントとコンバージョンを最大化することができます。 このブログでは、ライブストリーミングとパーソナライゼーションを構成して e コマースサイトに展開する方法の詳細をご紹介します。

Read More
broadcast monitoring

AWSの機械学習を活用したライブ・放送ビデオモニタリングの自動化

放送およびオーバーザトップ(OTT)ライブストリームのサービスプロバイダーは、大量コンテンツの品質チェックを行う必要があります。品質チェックの範囲は、低レベルの信号エラーからコンテンツ自体のエラーなど高レベルの問題にまで至ります。従来のライブメディア解析ソフトウェアは、ETSI TR 101 290 プライオリティチェック1および2など、信号レベルでの品質チェックに重点を置いています。番組内容、字幕、音声言語の検証など、より高レベルな品質チェックは、放送ストリームで問題がないか人間のオペレーターによって常にモニタリングが行われています。放送ビデオストリームの数が増加するにつれて、追加のチャンネルや番組をサポートするために、手動のモニタリング作業をスケールすることは困難であり、コストもかかります。

Read More

Modern Apps Live – サーバーレスやコンテナなどに関する 5 月のセッション

Modern Apps Live は、モダンアプリケーション開発に関して 5 月に Twitch でライブストリーミング配信されるイベントシリーズです。 セッションのトピックには、サーバーレス、コンテナ、モバイルおよびフロントエンドの開発などが含まれます。 あまり馴染みのない方のために、モダンアプリケーションの特徴を以下に紹介します。 数百万のユーザーに迅速に拡張できます。 グローバルな可用性があります。 膨大なデータを管理します (エクサバイト単位)。 応答はミリ秒単位です。 このようなアプリケーションは、マイクロサービスアーキテクチャ、サーバーレス運用モデル、およびアジャイル開発者プロセスを組み合わせて構築されます。モダンアプリケーションでは、イノベーションの加速に加えて、リスク、市場投入までの時間、TCO (総所有コスト) の削減を実現することができます。 Modern Apps Live は、4 つの仮想イベントで構成されるシリーズです。 Container Day x Kubecon (5 月 4 日) Serverless Live (5 月 19 日) Mobile and Front-end Live (5 月 25 日) Container Day x DockerCon (5 月 26 日) 開始したばかりの方にとっても、クラウドの経験が豊富な方にとっても、これらのセッションは、モダンアプリケーションの構築と設計を検討している開発者、ソリューションアーキテクト、または IT および […]

Read More