Amazon Web Services ブログ

Category: Front-End Web & Mobile

【開催報告 & オンデマンド配信とQ&A公開】AWS Summit Online 2022 Developer Zone「最小限のコーディングでフルスタックアプリ開発を!Amplify Studioを活用したアプリ開発Live」

皆さま、こんにちは! ソリューションアーキテクトの渡邉です。 先日(2022/5/25, 26)開催された AWS Summit Online 2022 の Developer Zone にて、「最小限のコーディングでフルスタックアプリ開発を!Amplify Studioを活用したアプリ開発Live」というセッションをお届けしました。 セッションの動画は 2022/6/30 まで、こちらからオンデマンド配信でご視聴いただけます。(サインインが必要です。)

Read More

AWS Amplify Studioで独自のコードを実装

この記事は Write Your Own Code with AWS Amplify Studio を翻訳したものです。 AWS Amplify Studio により、開発者は Figma デザインから容易に React コンポーネントを生成することができます。そして、開発者向けに構築されているため、コードは最も重要な部分の 1 つです。この投稿では、Amplify Studio で生成されたコンポーネントと組み合わせて独自のコードを作成する方法について説明します。 Amplify Studioを初めて使用する場合は、まずこのチュートリアルを読んでください!

Read More

グローバルサプライチェーンにおける通関リスクの管理

前回のブログ「動的なサプライチェーンプラットフォームを構築する方法: 入門書」では、企業が AWS を利用してグローバルサプライチェーンにおける市場イベントをプロアクティブに管理する方法について説明しました。今回は、 AWS の人工知能・機械学習 (AI/ML) クラウドサービスを利用して、企業が同じグローバルサプライチェーンの中でどのように通関リスクを管理することができるかに焦点を当てます。

Read More

Amazon Location Service を利用した Amplify Geo で iOS アプリに地図を追加

この記事は、Add Maps to your iOS App using Amplify Geo, powered by Amazon Location Service を翻訳したものです。 この記事のオリジナルは、AWS Amplify のソフトウェア開発エンジニアである Ian Saultz によって書かれました。 2022 年 4 月 5 日にリリースされた AWS Amplify Geo for iOS により、開発者はカスタマイズ可能なアノテーション付き地図や位置検索を iOS アプリケーションに迅速かつ容易に追加できるようになりました。位置情報 API は Amazon Location Service によって提供され、マップレンダリングは人気のあるオープンソースのマップライブラリである MapLibre から提供されます。本ブログでは、Amplify Geo の機能を紹介するために、シンプルなアプリケーションを構築します。

Read More

AWS Week in Review – 2022 年 5 月 16 日

AWS Week in Review はシリーズとして、毎週 AWS からの興味深いニュースやお知らせをダイジェストでお伝えします! 私は、直近 5 週間出張しており、欧州で開催された多くの AWS Summit に出席しました。たくさんの人と直接お話しさせていただけたことは貴重な体験となりました。Serverless Developer Advocate は、多くの AWS Summit に参加しており、Serverlesspresso ブースを設けています。ブースが設けられているイベントにご参加の際には、私の同僚たちに「こんにちは 👋」とお声がけいただければ幸いです。サーバーレス関連の質問をしながら、コーヒーをお楽しみください。今後のすべての AWS Summit は、この記事の最後にあるイベントセクションでご確認いただけます。 2022 年 5 月 9 日週のリリース: 先週のリリースのうち、私の目に留まったリリースをいくつか以下にご紹介します。

Read More

AWS Amplify Studio 一般提供開始のお知らせ

Amplify Studio は、ウェブおよびモバイルアプリケーションのフロントエンドとバックエンドの開発を簡素化するビジュアルインターフェイスです。AWS re: Invent 2021 でプレビューとしてリリースされましたが、2022 年 4 月 21 日(米国時間)、一般提供 (GA) が開始されたことをお知らせします。Amplify Studio の主要な機能は、設計者とフロントエンドデベロッパーによる設計タスクと開発タスクでコラボレーションを可能にする Figma との統合です。設計の変更に応じて同期を維持するためにデベロッパーが行う必要があるのは、新しいコンポーネント設計を Figma から Amplify Studio のアプリケーションに取り込むことだけです。GA バージョンの Amplify Studio には、UI イベントハンドラーのサポート、コンポーネントのテーマ設定、コードから生成されたコンポーネントを拡張およびカスタマイズする方法の改善を始めとする多くの新機能も含まれています。

Read More

ジオフェンスと Amazon Location Service による旅のパワーアップ

この記事は、Powering Travel through Geofences and Amazon Location Service を翻訳したものです。 Amazon Location Service は、アプリケーションに高品質な地図をプラグインし、位置情報機能を追加するためのコスト効率の良い方法を提供します。このサービスにより、お客様は、可視化、ジオコーディング、ナビゲーション・ルートの提供、およびジオフェンスの作成が可能になります。 ジオフェンスは、AOI(Area of Interest)として知られ、既存またはカスタム定義された空間を表すポリゴン境界であり、ユーザーは他のデータポイントとの空間的交差に基づく分析やプッシュ通知を実行することが可能です。

Read More

外部ユーザが安全かつ直接的に Amazon S3 へファイルをアップロードできるようにする方法

このブログは 2022 年 3 月 24 日に Anderson Hiraoka (Solutions Architect) と、Rafael Koike (Principal Solutions Architect) によって執筆された内容を日本語化した物です。原文はこちらを参照して下さい。 企業では、ファイルや画像などのデジタル資産をリポジトリに保存することが求められることが多くあります。多くの場合、これらのファイルのソースは、社内システムに接続されていないパートナーまたは個人であり、ファイルをアップロードするためには、企業の認証が必要となります。お客様は従来、ファイルのアップロードを処理するためにサーバーを使用していましたが、大量のネットワーク I/O とコンピューティングリソースが使用される可能性があります。さらに、アプリケーションの規模が大きくなるにつれて、ファイルアップロードのパフォーマンスを維持することが非常に困難になる場合があります。これらの要件を満たすために、企業はデジタル資産を保存および配布するためのコストと、時間のかかるインフラストラクチャを維持することが多く、代替セットアップに比べて安全性が低く、コストが高くなる可能性があります。

Read More

AWS Amplify 入門ハンズオンを公開しました! – AWS Hands-on for Beginners Update

こんにちは!テクニカルソリューションアーキテクトの瀬高(@stktky)です。最近は気温の低い日が続き、布団が恋しく寝起きが悪くなるような日が多いのですが、起きる際にアラームではなくスマートウォッチの振動機能を試したところ、相性が良かったのかスムーズに起きられることが判明しました。加えて周囲の人を起こさなくて済む、睡眠データも取れる、ということでこのあたりに課題感のある方、ぜひお試しください。 さて、AWS Hands-on for Beginners シリーズの新コンテンツとして、 AWS Amplify 入門ハンズオンを追加しました。このハンズオンでは、 AWS を用いたアプリケーション開発を加速させるサービスである、 AWS Amplify を通して Amazon DynamoDB や AWS AppSync 、Amazon Cognito などを利用した、ログイン機能付き ToDo アプリケーションを構築するハンズオンとなっています。 本記事ではこのハンズオンのご紹介に加えて、ハンズオンの最後にある Next Step にてご案内させていただいている AWS Amplify のコミュニティについても触れていければと思います。ハンズオンによる AWS Amplify の理解に加えて、 AWS Amplify の魅力が少しでも伝われば幸いです。

Read More

AWS Amplify は、より機能が豊富で、柔軟性と拡張性に優れた、新しい GraphQL Transformer v2 を発表しました

この記事は AWS Amplify announces the new GraphQL Transformer v2. More feature-rich, flexible, and extensible. を翻訳したものです。 2021 年 11 月 23 日、AWS Amplify は GraphQL Transformer v2 を発表しました。これにより、開発者は最小限のクラウド知識で、より豊富な機能、柔軟性、拡張性を備えた、GraphQL ベースのアプリのバックエンドを開発可能です。 AWS Amplify CLI は、フロントエンド開発者がクラウドでアプリのバックエンドを作成するのに役立つコマンドラインツールチェーンです。 Transformer を使用することで、開発者は GraphQL のスキーマ定義言語でバックエンドデータモデルを構成でき、Amplify CLI は基盤となるクラウドインフラストラクチャに基づいてスキーマが完全に機能する GraphQL API となるように自動的に変換します。

Read More