Amazon Web Services ブログ

Category: Front-End Web & Mobile

AWS Amplify Admin UIのご紹介

新機能 – AWS Amplify Admin UI: アプリケーションのバックエンド開発を支援し、クラウドの経験を必要としない管理ツール

この記事は、New AWS Amplify Admin UI Helps You Develop App Backends, No Cloud Experience Requiredを翻訳したものです。 2018年にAWS Amplifyをリリースしてから、ウェブのフロントエンドとモバイルアプリケーションの開発者の開発とクラウド環境へのデプロイを支援してきました。時代の最先端を行き、顧客にイノベーションを提供するためにもプロダクトは機能を素早く届ける必要があります。しかし、クラウド、AWSの基本的な操作に慣れていない場合は、開発者・非開発者に関わらず学習やトレーニングが必要となります。この学習コストは、設計や実装、意思判断などプロセス全体の速度の低下を招きます。 本日、AWS AmplifyはチームメンバーがAWSアカウントを必要とせずにAWSの利用を可能とする新機能Admin UIをリリースしました(AWSアカウントは、最初のデプロイでのみ必要となります)。 Admin UIは、データベーステーブルのモデリング、認可認証機能の追加、アプリケーションのコンテンツ・管理者・管理者グループの管理を行うシンプルで強力なツールを提供します。また、アプリケーションのユーザーや、ユーザーによって作成されたコンテンツの管理を行う機能も提供します。Admin UIは、バックエンドやインフラストラクチャではなくデータモデルに焦点を当てています。全てのバックエンドのリソースは、チームのリポジトリで管理可能なInfrastructure as Code(IaC)のテンプレートを生成します。また、このリソースはAWS Amplifyの継続的デプロイのワークフローと統合されており、異なる環境(environment)ごとに管理が可能となっています。 新機能: AWS Amplify Admin UIを使った例のご紹介 あなたは、地元にあるレストランのウェブサイトを開発しているフロントエンド開発者であると想像してみてください。レストランのオーナーは、日替わりメニューを掲載できるようなウェブサイトで、毎日ウェブサイト上のコンテンツを簡単に更新したいと考えています。 この要求を満たすシステムの実装方法は多くあります。例えば、サーバーを構築し、CMSをインストールし、レストランのオーナーが日替わりメニューの更新を行うための機能を実装することができます。しかし、この要求を満たすためだけにサーバーを構築するのは、過剰に設備投資を行うことになります。他の実装方法として、サーバーレスのサービスを使用して自分でCMSを構築することもできますが、開発が複雑になり、より多くの時間が開発をするのに必要となります。 AWS Amplifyの新機能Admin UIを活用することで、既存のAWSのマネージドサービスを活用しながらバックエンドを素早く構築することができます。また、アプリケーションのユーザーとコンテンツの管理を行う機能も提供します。 Admin UIを利用するために、最初にAWS Console内のAWS Amplifyの管理画面にてアプリケーションのバックエンド(backend)を作成してください。これにより、AWS Amplifyはstagingと呼ばれるバックエンドの環境(environment)を作成します。バックエンドの作成が完了したら、早速Admin UIを開いてみましょう。AWSの利用経験がなく、AWSアカウントを持っていない開発者を招待したい場合は、この段階でAdmin UIへのアクセス権限を付与することができます。今回の例では、あなた一人で全ての開発を行う想定とし、管理者の追加は行わないこととします。 Admin UIでは、アプリケーションの開発者がバックエンドを構成するために必要な開発ツールと、コンテンツの管理者がアプリケーションのコンテンツを管理するための機能が含まれています。 Admin UIのサイドバー(下記の画像参照)にて、アプリケーションの設定を行うための様々なオプションを確認することができます。 レストランのウェブサイト構築を行う最初のステップとして、日替わりメニューのためのデータモデルを作成してみましょう。次の3ステップを実行してみましょう Dataタブに移動 Menuという名前でデータモデルを作成 必要なデータ項目を追加して保存とデプロイ データモデルを保存とデプロイを行うと、メニュー項目を保存するAmazon DynamoDBのテーブルやGraphQLのAPIを提供するAWS AppSyncなどのリソースがAWS上に自動で作成されます。 デプロイの完了には数分程度かかります。 モデルがデプロイされたら、次にウェブサイトのフロントエンドを構築してみましょう。今回は、AWS […]

Read More

【開催報告 & 資料公開】「SaaS+サーバーレス/EventBridge」セミナー

10 月 28 日に、「SaaS+サーバーレス/EventBridge」で開発迅速化、運用作業削減 〜ビジネスにアジリティーをもたらす「SaaS + サーバーレス」〜 と題したセミナーを開催し、6社の SaaS パートナー様にご登壇いただきました。登壇いただいたパートナー様の SaaS アプリケーションはすべて Amazon EventBridge に対応いただいています。 EventBridge は、サービスとサービスの間をつなぐためのバスとして機能し、様々なアプリケーションや AWS サービスと連携できます。EventBridge に対応いただいているSaaS アプリケーションは、簡単かつセキュアに、イベントソースとして AWS のサーバーレスサービス群と連携させることができます。 本セミナーでは、各社の SaaS のご紹介とともに、EventBridge に対応することで SaaS パートナーとして何が良いのか、SaaS を利用されるお客様にとってどんなメリットがあるのか、といったポイントでご説明いただきました。アンケート結果でも、SaaS との連携手法として EventBridge という選択肢があることを知る機会になった、とか、なかなか聞けないパートナー様目線での EventBridge の効能がわかってよかったなどのご意見がありました。 本記事では、改めて、ご登壇いただいたパートナー様のセッション動画および公開資料をご紹介します。EventBridge ってなんぞや? という方は、AWS セッションとしてご説明した「サーバーレスを取り巻く状況と EventBridge の概要」や Game Server Services 丹羽様のセッション資料/動画を先にご覧いただくことをお勧めします。その上で、各 SaaS パートナー様のセッション内容をご覧いただくと、SaaS + EventBridge で何ができるのかをご理解いただけるかと思います。また、次の BlackBelt 資料も参考になるでしょう。 EventBridge に関連した Black Belt […]

Read More

【11/26開催】AWS Autotech Forum 2020 Online #2

はじめに みなさんこんにちは、ソリューションアーキテクトの福嶋です。 この度 2020 年 11 月 26 日(木)13:00 – 17:30 に「 AWS Autotech Forum 2020 Online #2 」を開催します!AWS では 2018 年・2019 年と自動車業界向けクラウドテクノロジーカンファレンス「 AWS Autotech Forum 」を実施してまいりました。 2020 年は夏と冬の 2 回開催に拡大しており、夏は AWS ソリューションアーキテクトから、自動車業界に関連した AWS のテクノロジーを中心にお伝えしました。今回は実際に AWS を活用いただいているお客様の事例を中心にセッションを構成しています。また、 #2 ではエンジニアのみなさまを対象に別日程で「 Autotech Forum Hands-on Day 」としてハンズオンをご提供します。 本投稿では、 #2 でお届けする6つのセッションの見どころをご紹介し、 2020 年 8 月 7 日に実施された「 AWS Autotech […]

Read More

サーバーレス LAMP スタック – Part 6: MVC からサーバーレスマイクロサービスへ

本投稿は AWS サーバーレス アプリケーションのシニアデベロッパーアドボケートである Benjamin Smith による寄稿です。 本シリーズの他のパートは以下のリンクからアクセスできます。また、関連するサンプルコードはこちらの GitHub リポジトリにあります。 パート1:サーバーレス LAMP スタックの紹介 パート2:リレーショナルデータベース パート3:Webサーバーの置き換え パート4:サーバーレス Laravel アプリの構築 パート5:CDK コンストラクトライブラリ この投稿では、マイクロサービスを使用してサーバーレス PHP アプリケーションを構築する方法をご理解いただけます。これまでご紹介してきた MVC フレームワークを利用した単一の Lambda 関数によるスケーラブルな Web ホスティングから、分離されたマイクロサービスモデルに移行する方法を示します。なお、このブログ投稿に付随するコード例は、この GitHub リポジトリにあります。 MVC アーキテクチャパターン 従来の LAMP スタックでは、多くの場合、Model-View-Controller(MVC)アーキテクチャを使って実装しています。これは、アプリケーションロジックをモデル、ビュー、およびコントローラの3つの部分に分離して実装する、確立された手法です。 モデル:この部分はアプリケーションのデータを管理する役割を果たします。その役割は、データベースから生データを取得したり、コントローラからユーザー入力を受け取ることです。 ビュー:このコンポーネントは表示に焦点を当てています。モデルから受け取ったデータをユーザーに提示します。ユーザーからの応答が認識され、コントローラコンポーネントに送信されます。 コントローラ:この部分はアプリケーションロジックを担当します。ユーザー入力に応答し、データモデルオブジェクトに対して相互作用を実行します。 データ、ロジック、およびプレゼンテーション層を分離するという MVC の原則により、1つの層での変更が他の層に与える影響を最小限に抑えることが可能です。これにより、開発プロセスがスピードアップし、レイアウトの更新、ビジネスルールの変更、および新機能の追加が容易になります。コンポーネント化によって、再利用とリファクタリングの適用性があがり、同時/並行開発がしやすくなります。 サーバーレス LAMP スタック サーバーレス LAMP スタックアーキテクチャについては、この投稿で説明しています。そこでは Webアプリケーションが 2つのコンポーネントに分割されています。アプリケーションにおける MVC フレームワークの役割をはたす単一の AWS Lambda 関数と、各応答を同期的に返す […]

Read More

サーバーレス LAMP スタック – Part 5: CDK コンストラクトライブラリ

本投稿は AWS サーバーレス アプリケーションのシニアデベロッパーアドボケートである Benjamin Smith による寄稿です。 本シリーズの他のパートは以下のリンクからアクセスできます。また、関連するサンプルコードはこちらの GitHub リポジトリにあります。 パート1:サーバーレス LAMP スタックの紹介 パート2:リレーショナルデータベース パート3:Webサーバーの置き換え パート4:サーバーレス Laravel アプリの構築 パート6:MVC からサーバーレスマイクロサービスへ この投稿では、サーバーレス LAMP スタック用の新しい CDK コンストラクトライブラリが、開発者によるサーバーレス PHP アプリケーションの構築にどのように役立つかを学びます。 AWSクラウド開発キット(AWS CDK)は、クラウドアプリケーションリソースをコードで定義するためのオープンソースソフトウェア開発フレームワークです。開発者は、TypeScript、Python、C#、Javaなどの使い慣れたプログラミング言語でインフラストラクチャを定義できます。開発者は、インターフェイス、ジェネリクス、継承、メソッドアクセス修飾子など、言語が提供する機能を利用できます。AWS Construct ライブラリは、CDK アプリケーションで AWS リソースを定義するための API を公開するモジュールの広範なセットを提供します。 「サーバーレス LAMP スタック」ブログシリーズでは、ベストプラクティス、コード例、多くのサーバーレスコンセプトの詳細を紹介し、これらが PHP アプリケーションにどのように適用されるかを示しています。また、PHP 開発者のインスピレーションを刺激するのに役立つ、コミュニティからの貴重な貢献に焦点を当てています。 このサーバーレス LAMP スタックの各コンポーネントについては、一連のブログ記事で詳しく説明しています。 パート1:サーバーレス LAMP スタックの紹介 パート2:リレーショナルデータベース パート3:Webサーバーの置き換え パート4:サーバーレス Laravel アプリの構築 サーバーレス LAMP […]

Read More

サーバーレス LAMP スタック – Part 4: サーバーレス Laravel アプリの構築

本投稿は AWS サーバーレス アプリケーションのシニアデベロッパーアドボケートである Benjamin Smith による寄稿です。 本シリーズの他のパートは以下のリンクからアクセスできます。また、関連するサンプルコードはこちらの GitHub リポジトリにあります。 パート1:サーバーレス LAMP スタックの紹介 パート2:リレーショナルデータベース パート3:Webサーバーの置き換え パート5:CDK コンストラクトライブラリ パート6:MVC からサーバーレスマイクロサービスへ この投稿では、サーバーレスアプローチで Laravel アプリケーションをデプロイする方法を学びます。 これは「サーバーレス LAMP スタック」シリーズの4番目の投稿になります。過去の投稿はこちらです。 パート1:サーバーレス LAMP スタックの紹介 パート2:リレーショナルデータベース パート3:Webサーバーの置き換え Laravel は PHP 用のオープンソースの Web アプリケーションフレームワークです。フレームワークを使用すると、開発者は一般的なコンポーネントとモジュールを再利用することで、より速く構築できます。また、開発標準に準拠することにより、長期的なメンテナンスにも役立ちます。ただし、従来の LAMP スタックを使用して PHP フレームワークをスケーリングする場合は、まだ課題があります。サーバーレスアプローチを使用してフレームワークをデプロイすると、これらの課題の解決に役立ちます。 Laravel アプリケーションのサーバーレスインフラストラクチャへの展開を簡素化する方法は数多くあります。ここで紹介する方法では、AWSサーバーレスアプリケーションモデル(AWS SAM)テンプレートを使用しています。これによって、Laravel アプリケーションが単一の Lambda 関数にデプロイされます。この関数は、Bref FPM カスタムランタイムレイヤーを使用して PHP を実行します。AWS SAMテンプレートは、「サーバーレス LAMP スタック – パート3: […]

Read More

ヘルスケア・ライフサイエンスチーム プロトタイピング: AWS Amplifyを利用したモバイルアプリ開発

ヘルスケア・ライフサイエンス ソリューション部では、お客様の課題に対してAWSの技術支援やアーキテクティングを実施しておりますが、支援の一つとしてプロトタイピングを提供しています。今回は、塩野義製薬株式会社(データサイエンス室、デジタルインテリジェンス部)、シオノギデジタルサイエンス株式会社と行った、モバイルアプリ開発のプロトタイピングを報告致します。プロトタイピングでのクイックな開発を実現するにあたり、共同でリアルタイムにコーディング可能な統合開発環境(IDE)であるAWS Cloud9と、フロントエンドの実装から、認証、AI、データ登録・参照、Amazon S3に蓄積したログの分析といったバックエンド実装までをAWS Amplifyを利用することで2日間でアプリ開発を行いました。

Read More

サーバーレス LAMP スタック – Part 3: Webサーバーの置き換え

本投稿は AWS サーバーレス アプリケーションのシニアデベロッパーアドボケートである Benjamin Smith による寄稿です。 本シリーズの他のパートは以下のリンクからアクセスできます。また、関連するサンプルコードはこちらの GitHub リポジトリにあります。 パート1:サーバーレス LAMP スタックの紹介 パート2:リレーショナルデータベース パート4:サーバーレス Laravel アプリの構築 パート5:CDK コンストラクトライブラリ パート6:MVC からサーバーレスマイクロサービスへ この投稿では、Web サーバーを使用せずにサーバーレス PHP アプリケーションを構築する方法を学びます。 この投稿の後半で、bref および Serverless Visually Explained の作成者である Matthieu Napoli が FastCGI Process Manager の実装を Lambda 関数内で使うことでそれを可能にする方法を説明しています。Bref は、PHP 用のオープンソースのランタイム Lambda レイヤーです。 また、プライベート Amazon S3 バケットから静的アセットを安全に提供およびキャッシュするように Amazon CloudFront を構成する方法を示します。動的リクエストは、その後 Amazon API Gateway にルーティングされ、単一の […]

Read More

サーバーレス LAMP スタック – Part 2: リレーショナルデータベース

本投稿は AWS サーバーレス アプリケーションのシニアデベロッパーアドボケートである Benjamin Smith による寄稿です。 本シリーズの他のパートは以下のリンクからアクセスできます。また、関連するサンプルコードはこちらの GitHub リポジトリにあります。 パート1:サーバーレス LAMP スタックの紹介 パート3:Webサーバーの置き換え パート4:サーバーレス Laravel アプリの構築 パート5:CDK コンストラクトライブラリ パート6:MVC からサーバーレスマイクロサービスへ この投稿では、サーバーレスアプリケーションで Amazon Aurora MySQLリレーショナルデータベースを使用する方法を学びます。Amazon RDS Proxy を使用してデータベースへの接続をプールおよび共有する方法と、構成を選択する方法を示します。この投稿のコード例は PHP で記述されており、この GitHubリポジトリにあります。なお、この概念自体は、AWS Lambda でサポートされている他のランタイム言語にも適用できますので、PHP に限定しない内容としてお読みいただけます。 サーバーレス LAMP スタック このサーバーレス LAMP スタックアーキテクチャについては、この記事で説明しています。このアーキテクチャでは、PHP Lambda 関数を使用して、Amazon Aurora MySQL データベースの読み取りと書き込みを行います。 Amazon Aurora は、MySQL および PostgreSQL データベースに高いパフォーマンスと可用性を提供します。基盤となるストレージは、最大64 テビバイト(TiB)まで需要に応じて自動的に拡張されます。 Amazon Aurora DB […]

Read More

新しいサーバーレス LAMP スタック – Part 1: 概要紹介

本投稿は AWS サーバーレス アプリケーションのシニアデベロッパーアドボケートである Benjamin Smith による寄稿です。 本シリーズの他のパートは以下のリンクからアクセスできます。また、関連するサンプルコードはこちらの GitHub リポジトリにあります。 パート2:リレーショナルデータベース パート3:Webサーバーの置き換え パート4:サーバーレス Laravel アプリの構築 パート5:CDK コンストラクトライブラリ パート6:MVC からサーバーレスマイクロサービスへ これは、PHP 開発者向けの投稿シリーズの第一弾です。このシリーズでは、PHP でサーバーレステクノロジーを使用する方法を説明します。サーバーレスアプリケーションを構築するために利用できるツール、フレームワーク、戦略や、なぜ今始めるべきかについて説明します。 今後の投稿では、Laravel や Symfony などの PHP フレームワークとともに構築された Web アプリケーションに AWS Lambdaを使用する方法を示します。Lambda を Web ホスティング機能の代替として使用することから、分離されたイベント駆動型のアプローチに移行する方法を示します。最小限のスコープの複数の Lambda 関数を他のサーバーレスサービスと組み合わせて、パフォーマンスの高いスケーラブルなマイクロサービスを作成する方法について説明します。 まずは、カスタムランタイム API を使用して Lambda で PHP を使用する方法を学びます。サンプルコードについては、この GitHubリポジトリにアクセスしてください。 サーバーレスLAMPスタック 従来の PHP アプリケーションの課題 スケーラビリティは、従来の LAMP スタックの伝統的な課題です。スケーラブルなアプリケーションとは、非常に多様なレベルのトラフィックを処理できるアプリケーションです。PHP アプリケーションは、多くの場合、必要に応じて Web サーバーを追加することにより、水平方向にスケーリングされます。これは、リクエストをさまざまな […]

Read More