Amazon Web Services ブログ

Category: Infrastructure & Automation

JenkinsとAWS CodeBuildおよびAWS CodeDeployとの連携によるCI/CDパイプラインの構築

この記事は、オープンソースの自動化サーバーである Jenkins を用いて、AWS CodeBuild のビルド成果物を AWS CodeDeploy でデプロイし、機能的なCI/CDパイプラインを構築する方法を説明します。適切な設定を行うことで、GitHubリポジトリにプッシュされたソースコードの変更を元にCI/CDパイプラインが起動され、自動的にCodeBuildに送られ、その出力がCodeDeployによってデプロイされることを実現できます。

Read More

独自の AWS データベースを使って最新のアプリケーションを構築する

万能のモノリシックデータベースの時代は終わりました。Amazon.com の CTO 兼副社長である Werner Vogels が述べたように、「1 つのデータベースで複数の異なるユースケースのニーズを満たすことはほとんどありません」。 以前は、ウェブアプリケーションは LAMP スタック (Linux、Apache、MySQL、および PHP) を使用して構築されていました。そこでは、1 つのデータベースが数多くのさまざまなエクスペリエンスに使われていました。対照的に、Expedia、Airbnb や Capital One といったお客様の今日のウェブアプリケーションが使用しているのは、単一のデータベースではありません。いくつかの異なるタイプのデータベースを使用しています。 確かに、今日の開発者は多数の独自のデータベースを使って高度に分散されたアプリケーションを構築しています。ある意味では、(複雑なアプリケーションをより小さな部分に分割することで) 開発者は最善を尽くしています。それにより、正しい仕事のために正しいツールを選ぶことが可能になります。 このブログ記事では、AWS の独自のデータベースと、それらを使用してお客様のために豊かなエクスペリエンスを創出する方法について説明します。また、これらのデータベースがアプリケーションのさまざまなエクスペリエンスを強化するための詳細な事例を紹介し、数分で自分でアプリケーションをスピンアップするために必要なツールを提供します。 AWS のお客様から、特定のパフォーマンスとビジネスニーズを備えた、スケーラブルかつ高性能で機能的なアプリケーションを構築したいという声をいただいています。ここ数年で、当社はグラフデータベース用の Amazon Neptune、完全マネージド型で商用グレードのリレーショナルデータベース用の Amazon Aurora のような新しいサービス、さらに Amazon Aurora Serverless など、絶えず改善されている機能セットを導入することで、お客様のニーズに応えてきました。AWS re:Invent 2018 において、AWS は独自のデータベースのファミリーに次のいくつかの追加機能を追加することを発表しました。 独自の元帳データベースである Amazon Quantum Ledger Database (QLDB)。 モノのインターネット (IoT) および運用アプリケーション用の時系列データベースサービスである Amazon Timestream。 消費したリソースに対してのみ料金を支払うことができる請求オプション、Amazon DynamoDB オンデマンドキャパシティモード。 複数の AWS リージョンにまたがりながら、通常 […]

Read More