Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon CloudWatch

InfosysEquinoxで小売業向けのマイクロサービスアーキテクチャを構築する方法

eコマースはより重要になってきている 2021年4月のこちらのForbesの記事によると、世界のeコマースの売上高は4.2兆ドルに達すると予想され、英国、日本、米国の消費者調査では、オンラインショッピングが食料品の買い物方法として、ますます多くの消費者から好まれつつあることが示されました。この記事では食料品の買い物に言及しているだけですが、消費者は他の製品にもおいてもeコマースを好むようになっていると考えて間違いありません。 主にCOVID-19の大流行による、消費者行動の劇的な変化により、多くの小売業者はデジタルコマースに重点を置くようになりました。 しかしながら、多くの小売業者は、単純にモノリシックなeコマースWebサイトを設置しているだけです。 さらに、消費者が小売業者と関わることが可能なデジタルタッチポイントは今日多くあります。加えて、買い物客の期待は音声、店舗、Web、ソーシャルメディア、その他チャネルに渡る一貫したオムニチャネルでのユーザー体験です。したがって、小売業者はモノリシックなWebサイトでは、eコマースビジネスを素早く拡大できません。 これを念頭に置いて、柔軟なマイクロサービスを利用するモダンなeコマースプラットフォームを作成するための重要な要素と、小売業者がモノリシックなウェブサイトからマイクロサービスアーキテクチャに移行するにあたり、AWS Retail Competency Partner である Infosys Equinox がどのようにサポートできるかについて説明します。

Read More

AWS Week in Review – 2022 年 5 月 9 日

AWS Week in Review はシリーズとして、毎週 AWS からの興味深いニュースやお知らせをダイジェストでお伝えします! 新たな 1 週間が始まりましたね。こちらでは、過去 7 日間で最も重要な AWS ニュースをまとめました。今週は CloudFront Functions が 1 周年を迎えます。この最初の 1 年間でお客様が構築したものを目にするのが待ちきれません。 2022 年 5 月 2 日週のリリース: 先週のリリースのうち、私が注目したいくつかのリリースを以下に記載しました。

Read More

Amazon EC2 および AWS Fargate 上の Windows コンテナにアクセスするための Amazon ECS Exec のご紹介

この記事は、Introducing Amazon ECS Exec to access your Windows containers on Amazon EC2 and AWS Fargate を翻訳したものです。 本投稿は、Software Engineer の Harsh Rawat により寄稿されました。 2022 年 4 月 4 日 (米国時間)、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)、AWS Fargate または Amazon ECS Anywhere 上で Windows コンテナを実行する Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) をご利用の方向けに、Amazon ECS Exec 機能の提供を開始します。この機能により、Amazon EC2 上で動作しているコンテナ内でコマンドを実行したり、Shell を取得したりできます。この記事では、必要なインフラストラクチャをセットアップする手順を説明し、Amazon EC2 […]

Read More

Amazon GameLift と Amazon CloudWatch で実現するゲームサーバーのオブザーバビリティ

本投稿は、”Game Server Observability with Amazon GameLift and Amazon CloudWatch” を翻訳したものです。 ゲームサーバーを実行して、プレイヤー向けにセッションベースのゲームをグローバルにホストする場合、それらのゲームサーバープロセス内で何が起きているかを可能な限り可視化することが重要です。これには、メトリクスとログをリアルタイムで収集し、このデータに関する洞察を得て問題を調査し、パフォーマンス改善の機会を見つける機能が含まれます。

Read More

AWS Single Sign-On を使用して Amazon CloudWatch ダッシュボードを共有する

この記事は、Share your Amazon CloudWatch Dashboards with anyone using AWS Single Sign-On  (記事公開日: 2021 年 11 月 18 日) を翻訳したものです。 Amazon CloudWatch は、お客様が監視・運用データをログ、メトリクス、アラーム、イベントの形で収集することで、ワークロードの可視化や通知を容易に行うことができるサービスです。従来、運用状況データへのアクセスは、テクニカルサポートスタッフしか見ることができず、その結果、運用状況は多くのビジネスパーソンにとって不透明なものとなっていました。しかし、CloudWatch のデータへのアクセスをクラウドやオンプレミス環境のテクニカルサポートスタッフ以外の人々にも拡大することで、実用的で貴重なビジネスインサイトを得ることができます。

Read More

Amazon OpenSearch Service における JVMMemoryPressure メトリックの変更について

本記事は Amazon Web Services, Technical Writer である Liz Snyder、Senior Principal Solutions Architect である Jon Handler によって投稿されたものです。 Amazon OpenSearch Service は、OpenSearch およびレガシー Elasticsearch クラスタのセキュリティ確保、デプロイ、スケールアップ運用を容易にするマネージドサービスです。 Amazon OpenSearch Service のサービスソフトウェアリリース R20220323 では、JVMMemoryPressure メトリックの動作が変更されました。このメトリックは、Young プールと Old プールを含む全体的なヒープ使用量を報告するようになりました。Graviton ベースのデータノード (C6、R6、および M6 インスタンス) を使用している場合、または Auto-Tune を有効にしてガベージコレクションアルゴリズムを G1GC に切り替えている場合、この変更により OpenSearch の Java ヒープに関する問題の検出および対応能力が向上します。

Read More

SAP HANA データベースのオブザーバビリティを Amazon CloudWatch Application Insights でセットアップする

はじめに SAPアプリケーションはミッションクリティカルなビジネスプロセスを稼働させているため、お客様はSAP HANAデータベースに影響を与える問題を迅速に特定し、解決できることを望んでいます。しかし、SAPワークロードには独特の要件や消費パターンがあり、HANA固有の知見を得ることは難解なことがあります。さらに問題が分かったとしても、根本原因を見つけることが難しい場合があります。 2019年以降、AWSのお客様はAmazon CloudWatch Application Insightsを使用して、Microsoft SQL Serverデータベースと.NETベースのアプリケーションのこれらと同じ課題を解決してきました。2021年11月にCloudWatch Application InsightsがSAP HANAデータベースのオブザーバビリティをサポートするようになったことを発表しました。これにより、AWSのネイティブサービスを使用して、HANAデータベースの健全性をこれまで以上に簡単に把握することができるようになります。

Read More
Fluent Bit 内部のログ処理パイプライン。インプットが最初にあり、続いてパーサーステージ、フィルターステージ、バッファステージがあります。最後に、ログはアウトプットにルーティングされます。ストリームプロセッサーは、ログがアウトプットに到達する直前にログをフォークし、クエリの結果をインプットステージに送り返すことができます。

Fluent チュートリアル – アプリケーションのログを複数のストリームに分割する

この記事は Splitting an application’s logs into multiple streams: a Fluent tutorial (記事公開日: 2019 年 11 月 20 日) を翻訳したものです。 ログの重要性はすべてのログで同じではありません。リアルタイム分析が必要なログもあれば、必要に応じて分析できるように長期保存する必要があるログもあります。このチュートリアルでは、単一のアプリケーションのログストリームを、個別に分析、フィルタリング、および送信できる複数のストリームに「フォーク」できる 3 つの異なる方法を紹介します。その過程で、Fluentd、Fluent Bit、fluent-logger-golang、およびこのユースケース用に私が作成した新しいプロジェクトなど、いくつかのオープンソースプロジェクトについて学習します。

Read More
EKS Fargate にデプロイされた ADOT コレクターインスタンスのパイプラインコンポーネント

AWS Distro for OpenTelemetry を使用した CloudWatch Container Insights の EKS Fargate サポートのご紹介

この記事は Introducing Amazon CloudWatch Container Insights for Amazon EKS Fargate using AWS Distro for OpenTelemetry (記事公開日: 2022 年 2 月 17 日) を翻訳したものです。 イントロダクション Amazon CloudWatch Container Insights は、お客様がコンテナ化されたアプリケーションやマイクロサービスからメトリクスやログを収集、集約、要約するのに役立ちます。メトリクスデータは、埋め込みメトリクスフォーマット (Embedded Metric Format, EMF) を使用したパフォーマンスログイベントとして収集されます。これらのパフォーマンスログイベントは、構造化された JSON スキーマを使用しており、カーディナリティの高いデータを大規模に取り込んで保存することが可能です。このデータから、CloudWatch はクラスター、ノード、Pod、タスク、および Service の各レベルで集約されたメトリクスを CloudWatch メトリクスとして作成します。Container Insights が収集したメトリクスは、CloudWatch の自動ダッシュボードで利用できます。

Read More
Blog(yowat)

Amazon CloudWatch Metric Streams、AWS Cost and Usage Reports、Amazon Athena を使用した AWS でのコスト最適化

Amazon CloudWatch Metric Streams を使用して、設定した宛先に Amazon CloudWatch メトリクスのほぼリアルタイムなストリームを作成できます。Metric Streams は Amazon Kinesis Data Firehose を使用して、CloudWatch メトリクスを一般的なサードパーティーサービスプロバイダーの HTTP エンドポイントに送信することを容易にします。最新の情報を含んだ CloudWatch メトリクスから継続的でスケーラブルなストリームを作成することで、正確でタイムリーなメトリクスデータを必要とするダッシュボード、アラーム、その他ツールを強化することができます。

Read More