Amazon Web Services ブログ

Category: Identity

プログラムからのアクセス利用時に AWS アカウントを保護するためのガイドライン

AWS を利用する際に最も重要なこととして、AWS リソースのセキュリティの確保があります。誰にリソースにアクセスさせるのか、注意深くコントロールする必要があります。これは、AWS ユーザーがプログラムを使ったアクセスをしている場合にも同様です。プログラムからのアクセスは、自社で作成したアプリケーションもしくはサードパーティーのツールから AWS リソースにアクションすることを実現します。AWS サービス側でアクセスリクエストを認可させるためにアクセスキー ID とシークレットアクセスキーを使ってリクエストに署名することが可能です。このようにプログラムによるアクセスは非常にパワフルなため、アクセスキー ID とシークレットアクセスキーを保護するためにベスト・プラクティスを活用することが重要です。これは不意のアクセスあるいは悪意のあるアクテビティビティからアカウントを保護するために重要です。この投稿では、いくつかの基本的なガイドラインを提示し、アカウントを保護する方法を示します。また、プログラムからの AWS リソースへのアクセスを行う際に利用出来るいくつかの方法を提示します。 ルートアカウントを保護する AWS のルートアカウント –  AWS にサインナップするときに最初に作られるアカウント – は全ての AWS のリソースに無制限でアクセス出来ます。ルートアカウントには権限による制御が効きません。したがって、AWS はルートアカウントに対してアクセスキーを作成しないように常におすすめしています。アクセスキーを与えると利用者がアカウント全体を廃止するような強力な権限を得てしまいます。ルートアカウントにアクセスキーを作成するかわりに、利用者は個別の AWS Identity and Access Management(IAM)ユーザーを作成して利用することができます。さらに、最小権限の考え方に従い、それぞれの IAM ユーザーに対してタスクを実行するのに必要な権限のみを許可します。複数の IAM ユーザーの権限を簡単に管理するために、同じ権限を持つユーザーを IAM グループにまとめる方法も使えます。 ルートアカウントは常に多要素認証(MFA)で保護するべきです。このセキュリティに関する追加の保護は許可されていないログインからアカウントを保護することに役立ちます。多要素認証とは、認証に複数の要素を使うことで、パスワードのような知識認証要素と、MFA デバイスのような所有物認証要素を同時に使うことです。 AWS はバーチャルとハードウェアの 両方のMFA 用のデバイス、さらに U2F セキュリティキーを多要素認証用としてサポートしています。 AWS アカウントに対するアクセスを許可するときの考え方 ユーザーに AWS マネジメントコンソールやコマンドラインインターフェース(CLI)にアクセスを許可するには2つの選択肢があります。1つ目は、IAM サービスによって管理されるユーザー名とパスワードでログインする ID を作ることです。もう1つは、IDフェデレーションを利用して、既に企業の中に存在する認証情報を使って AWS コンソールや CLI にログインさせることです。それぞれのアプローチには異なるユースケースがあります。フェデレーションは、既に集中管理されたディレクトリがあるか、現在の制約である5000人以上の IAM […]

Read More