Amazon Web Services ブログ

Category: Regions

開設に向けて準備中 – インドのハイデラバードの AWS リージョン

当社では、今年初めに南アフリカとイタリアに AWS リージョンを立ち上げ、現在、インドネシア、日本、スペイン、およびスイスの各リージョンの立ち上げに取り組んでいます。 インドの 2 番目の AWS リージョン 当社は、2016 年 6 月にアジアパシフィック (ムンバイ) リージョンを立ち上げました。これにより、企業、公的機関、スタートアップ、および中小企業が、最先端のパブリッククラウドインフラストラクチャにアクセスできるようになりました。お客様の急速な成長をサポートし、より多くの選択肢、柔軟性、より多くのアベイラビリティーゾーン間でワークロードをレプリケートする機能、およびさらに高い可用性を実現するために、2019 年 5 月にはリージョンを拡張して 3 番目のアベイラビリティーゾーンを含むようになりました。 本日は、アジアパシフィック (ハイデラバード) リージョンのオープン準備に入りましたことをお知らせいたします。2022 年半ばには、3 つのアベイラビリティーゾーンを備えてオープン予定です。これは、インドで 2 番目のリージョン、アジアで 11 番目のリージョンとなり、オーストラリア、インド、中華圏、日本、韓国、およびシンガポールといった既存の各リージョンに次ぐリージョンとなります (詳細については、AWS グローバルインフラストラクチャページをご覧ください)。AWS ではすでに、世界中の 24 のリージョンで 77 のアベイラビリティーゾーンが活用されています。本日の発表により、グローバルリージョン (稼働中および準備中) の合計数は 29 に増えることになりました。 アジアパシフィック (ハイデラバード) リージョンは、テランガーナ州に配置されます。テランガーナ州の首都であり、かつ、同州の最大の都市であるハイデラバードは、すでに IT プロフェッショナルや起業家にとって重要な人材ハブとなっています。 ムンバイの既存のリージョンとハイデラバード向けに計画された新しいリージョンに加えて、インドには現在、ハイデラバードに 4 つ、ニューデリーに 4 つ、バンガロールに 3 つ、ムンバイに 3 つ、チェンナイに 2 つ、コルカタに […]

Read More

AWS アジアパシフィック (ソウル) リージョンで 4 番目のアベイラビリティーゾーンが新しくオープン

ピュー研究所によると、韓国はインターネットの普及率が 96% で、世界で最もインターネットが利用されている国であるとみなされています。AWS は、高い顧客需要を満たすために、2016 年にアジアパシフィック (ソウル) リージョンを立ち上げ、2019 年 5 月に 3 番目のアベイラビリティーゾーン (AZ) をもってリージョンを拡大しました。現在、AWS には韓国のスタートアップから大企業まで、何千ものアクティブなお客様がいます。 本日より、アジアパシフィック (ソウル) リージョンに 4 番目の AZ が加わり、増大し続ける韓国の顧客基盤からの大きな要望に対するサポートが可能となりました。この 4 番目の AZ は、アジアパシフィック (ソウル) リージョンでスケーラブルかつフォールトトレラントで可用性の高いアプリケーションを設計するためのより高い柔軟性をお客様に提供します。 これでソウルは、米国東部 (バージニア北部)、米国西部 (オレゴン)、およびアジアパシフィック (東京) に続き、4 つ以上の AZ を持つ 4 番目のリージョンとなりました。AWS リージョンにある AZ は 1 つまたは複数の個別のデータセンターで構成されています。各データセンターには冗長性のある電源、ネットワーキング、および接続性を備え、別々の設備に収容されています。 これで、AWS マネジメントコンソール、コマンドラインインターフェイス (CLI)、および SDK を介して、ソウルリージョンの 4 番目の AZ を選択できます。 この前例のない時代において、このリージョンのお客様にサービスを提供するために、新しい AZ を導入できることを嬉しく思います。韓国の同僚の協力を得て、以下にさまざまな業界の例を示します。 […]

Read More

新規オープン – AWS 欧州 (ミラノ) リージョン

 今日は、待ちに待った新しい AWS リージョンがイタリアで利用可能になったことをお知らせしたいと思います! 欧州 (ミラノ) リージョンは欧州 6 番目の AWS リージョンで、信頼性に優れた方法で複数のデータセンターにアプリケーションを分散させるため (たとえば、Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) インスタンスに異なる AZ を使用するよう Amazon Virtual Private Cloud のサブネットを設定するなど) に使用できる 3 つのアベイラビリティーゾーン (AZ) で構成されています。 各 AZ は、AWS のインフラストラクチャの完全に隔離されたパーティションで、1 つ、または複数のデータセンターが含まれます。 AZ は分離された個別の地理的地域に設置されており、単一のイベントがリージョンの可用性に影響するリスクを大幅に減らすために十分な距離が置かれていますが、迅速なフェイルオーバーおよび同期レプリケーションを必要とするビジネス継続性には十分な近さです。これは、単一のデータセンターで実現できるものよりも、可用性、耐障害性、およびスケーラビリティに優れた本番アプリケーションを運用する能力を提供します。Amazon Simple Storage Service (S3)、AWS Lambda、および Amazon DynamoDB などの完全マネージド型サービスは、自動的にデータとアプリケーションを複数の AZ にレプリケートします。 ミラノの AWS リージョンは、イタリアのエンドユーザーへのサービス提供を目的とするお客様に低レイテンシーを提供すると共に、オーストリア、ギリシャ、およびブルガリアなどの他の国々からのお客様へのサービス提供時にも、その他の既存 AWS リージョンより優れたレイテンシーを提供します。その成果は、エンドユーザーのラストマイルネットワークにおける接続の品質、キャパシティー、および距離に応じて異なる場合があります。 政府、ヘルスケア、および金融サービスで業務を行うお客様など、データレジデンシーの要件および規制があるイタリアのお客様にとっては、国内インフラストラクチャも同じく重要です。 イタリアの AWS 現在 AWS […]

Read More

新規オープン – AWS アフリカ (ケープタウン) リージョン

Jeff が 2018 年にお約束したアフリカの AWS リージョンが開設されました。正式な名称はアフリカ (ケープタウン) で、API 名は af-south-1 です。今日からこの新リージョンを使用して、南アフリカでワークロードをデプロイし、データを保存できるようになります。 この新リージョンが加わったことで、すべての組織がアフリカ中のエンドユーザーに低レイテンシーのサービスを提供し、アフリカに拠点を置くより多くの組織が、AWS クラウドのパフォーマンス、セキュリティ、柔軟性、信頼性、使いやすさなどのメリットを利用できるようになります。この開始に伴い、すべての規模の組織で実験と革新をより迅速に実行できるようになります。 AWS リージョンは最高レベルのセキュリティ、コンプライアンス、データ保護をご提供します。この新リージョンを使用することで、データ所在地の要件がある現地のお客様、個人情報保護法 (POPIA: Protection of Personal Information Act) への準拠を予定されているお客様は、自社データの完全な所有権を維持し、お客様ご自身がデータの移動を選択しない限り、データが移動されることはないという保証に基づいて、南アフリカでコンテンツを格納できるようになります。 アフリカ (ケープタウン) は 23 箇所目の AWS リージョンで、アフリカでは初のリージョンとなります。3 つのアベイラビリティーゾーンで構成され、Global AWS Infrastructure ではアベイラビリティーゾーン (AZ) が合計 73 箇所になります。 インスタンスとサービス この 3 つのアベイラビリティーゾーンを持つリージョンで実行されるアプリケーションは、C5d、D2、I3、M5、M5d、R5、R5d、および T3 のインスタンスを使用でき、次の各種 AWS サービスを利用できます。Amazon API Gateway、Amazon Aurora (MySQL と PostgreSQL の両方)、Amazon CloudWatch、Amazon CloudWatch Logs、CloudWatch […]

Read More

新規開設 – AWS カナダ (中部) リージョンで 3 番目のアベイラビリティーゾーン

 EC2 インスタンスを開始するとき、または S3 バケットにデータを保存するとき、AWS リージョンが何であるかをあまり気にかけない向きもあります。現在、世界中に 22 か所あるリージョンはグローバルマップでは点のように見えますが、アプリケーションを実行し、高可用性とフォールトトレランスを備えたデータを格納できるように設計されています。実際、各リージョンは複数のデータセンターで構成されており、地理的にはアベイラビリティーゾーン (AZ) と呼ばれる場所に分けられています。 カナダのお客様をサポートするために、本日 AWS カナダ (中部) リージョンに 3 番目の AZ を追加したことをお知らせいたします。 この 3 番目の AZ は、スケーラブルかつフォールトトレラントで可用性の高いアプリケーションを設計する柔軟性をお客様に提供し、カナダでの AWS のサービスを強化します。 3 年前の 2016 年 12 月にカナダ (中部) リージョンをオープンしました。この 3 番目の AZ を導入することで、利用可能なサービスの数が 3 倍以上になります。 各 AZ は異なる地理的な場所にあり、リージョンの可用性に影響を与える単一のイベントのリスクを大幅に低減するのに十分な距離を取りながら、迅速なフェイルオーバーと同期レプリケーションを必要とするビジネスの継続性に影響するアプリケーションにとっては十分に近い所に位置しています。たとえば、カナダ (中部) リージョンはケベック州のモントリオールエリアにあり、次の新しい AZ は、カナダ本土の一番近い AZ から直線距離にして 45 km/28 マイル以上離れています。 リージョンと AZ を配置する場所は、レイテンシーや距離だけでなく、リスクプロファイルも考慮して慎重に考え抜かれています。リスクプロファイルを低く保つために、場所を選定する前に、洪水やその他の環境要因に関連する何十年分ものデータを調べます。モントリオールは、電力網を破壊し、1,000 を超える送電鉄塔を破壊した大規模な猛吹雪によって […]

Read More