Amazon Web Services ブログ

Category: *Post Types

「クラウド活用による脱炭素化社会の実現」に関するホワイトペーパーが発表されました

2021年4月19日、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、ホワイトペーパー「クラウド活用による脱炭素化社会の実現」を発表しました。このホワイトペーパーの執筆に関し、AWSも全面的に協力しています。今回のブログでは、AWSジャパン公共政策部より、このホワイトペーパーの概要と、AWSを含めたAmazonでのサステイナビリティに関する取組をご紹介いたします。

Read More

基調講演 Liveblog【前編】27の各国事例で語り尽くす – AWSパブリックセクター サミット 2021

登壇したマックスとテレサ 今回のブログでは、 AWSジャパン・パブリックセクターより、今年のAWS公共部門サミット・オンラインの基調講演(キーノート)を担当したマックス・ピーターソン(vice president of international public sector at AWS )とテレサ・カールソン(vice president of worldwide public sector and industries)によるキーノートの模様を、速報のLiveblog形式でお届けします。今からでもご登録をいただければ、基調講演とブレイクアウト・セッションの全てがオンデマンド視聴可能です。  

Read More

【SAP Fioriのパフォーマンス向上】Amazon CloudFrontとAWS Global Acceleratorの活用

はじめに グローバルに事業を展開するSAPのお客様は、全従業員がいつでも、どのデバイスからでも、どこからでもSAPアプリケーションにアクセスできるようにしたいと考えています。アクセスするサービスを24時間利用できるような、いつでもアクセス可能にすることは実は非常に簡単です。あらゆるデバイスからのアクセスは、SAPUI5の機能を備えたSAP Fioriの重要な特徴です。しかし、どこからでもアクセスできるというのは複雑な問題で、お客様は組織のセキュリティポリシー、パフォーマンス要件、拠点からの既存のネットワーク接続(その帯域幅やレイテンシーの特性を含む)、ユーザーのモビリティなど、様々な点を考慮する必要があります。 このブログでは、お客様がAWS上でSAPワークロードを実行しており、専用のネットワーク接続に多額の投資をすることなくSAPアプリケーションへの直接アクセスを提供することに興味を持っているというシナリオを考えてみます。

Read More

Amazon SageMaker ノートブックと AWS Service Catalog を使用して、セルフサービスで安全なデータサイエンスを実現する

Sanjay Garje と Vebhhav (Veb) Singh の共著あらゆる規模の企業が AWS クラウドに移行しています。エンタープライズチームのリーダーシップから、コストを抑えながら Amazon SageMaker に簡単にアクセスできる方法を模索しているという話を耳にします。これにより、データサイエンスを使った実験を促進し、新しいビジネスチャンスを開拓して現状を打破しています。このブログ記事では、Amazon SageMaker、AWS Service Catalog、および AWS Key Management Service (KMS) を使用してセルフサービスの安全なデータサイエンスを簡単に使えるようにする方法を紹介します。 このブログ記事では、AWS Service Catalog が事前設定された AWS KMS キーを使用して、複雑で不要な詳細をデータサイエンティストに公開することなく、ノートブックインスタンスにアタッチされている機械学習 (ML) ストレージボリュームで保存されているデータを暗号化する方法を説明します。ML ストレージボリュームの暗号化は、一元化されたセキュリティチームやインフラストラクチャチームが事前設定および調整した AWS Service Catalog 製品で行われます。Amazon SageMaker ノートブックインスタンス、トレーニングジョブ、またはエンドポイントを作成するときに、AWS KMS キー ID を指定できます。そのキーが、アタッチされた ML ストレージボリュームを暗号化します。トレーニングジョブ用の出力 Amazon S3 バケットを指定できます。トレーニングジョブも、AWS KMS で管理されるキーで暗号化されます。モデルのアーティファクトをその出力 Amazon S3 バケットに格納するための KMS キー ID を渡すことができます。 […]

Read More

Amazon CodeGuru Reviewer のアップデート: 最大 90% 値下げとなる新しい予測可能な料金モデル、Python サポートが一般利用可能に

Amazon CodeGuru は、機械学習と自動化された推論を活用した推奨事項により、コードレビューの自動化とコード品質の向上を支援します。 CodeGuru Reviewer を使用すると、検出しにくい潜在的な欠陥やバグを検出し、 CodeGuru Profiler によってライブデータに基づいてアプリケーションのパフォーマンスを微調整することができます。このサービスは 2020 年 6 月から一般公開されています。CodeGuru の使用開始方法については、こちらをご覧ください。 ここ数か月で多くのお客様と協力しながら、 セキュリティ検出器、プレビューでの Python サポート、メモリプロファイリングを導入し、お客様がコード品質を向上させ、デベロッパーの時間を節約するのを支援しています。また、料金設定や対象言語の範囲など、さまざまな分野に関するご意見もいただきました。こうしたフィードバックに対応し、より簡単に組織内で大規模に Amazon CodeGuru を採用できるようにしました。 本日、CodeGuru Reviewer の 2 つの主要なアップデートを発表いたします。 リポジトリのサイズに基づいて月額料金を低く固定し、最大 90% の値下げとなる、まったく新しい、見積もることが簡単な料金モデルになっています。 Python サポートが一般利用可能 (GA)となりました。推奨範囲が広く、Python 検出器に関連する 4 つの更新が行われています。 CodeGuru Reviewer の新しい予測可能な料金 CodeGuru Reviewer を使用すると、GitHub、GitHub Enterprise、AWS CodeCommit、Bitbucket に保存されているリポジトリのフルスキャンを実行できます。また、プルリクエストを送信するたびに、 CodeGuru Reviewer は新しいコードレビューを開始し、コメントの形式で推奨事項と改善を提案します。 以前の料金体系は、1 か月あたりの分析コード行数 (LoC) に基づいており、100 LoC あたり 0.75 USD […]

Read More
How to: Build an engaging feed app with React and Amazon IVS

ReactとAmazon IVSを使用して魅力的な動画フィードアプリを構築する方法

はじめに ライブ動画配信は人々を魅了するコンテンツとしての新しいスタンダードになりましたが、動画の専門知識を持たない開発者はいざ配信を開始する際にしばしば苦労していると聞きます。ライブ動画の取り込み、処理、パッケージング、配信、再生を、優れたユーザーエクスペリエンスで管理することは大変な作業です。 Amazon Interactive Video Service (Amazon IVS)は視聴者の場所に関わらず、低レイテンシーのライブ動画を配信する際の複雑な技術的課題に対応できるよう設計されています。Amazon IVSを使用すると人々を魅了するようなインタラクティブな動画エクスペリエンスを作り出すことに集中できます。

Read More
Cloud Video Editing

【Edit in the Cloud】AWSで編集環境を構築する方法 ~Cloud Video Editing テンプレート~

Edit in the Cloudシリーズの第1回目では、AWS上で様々な編集シナリオの想定モデルを実現するための基礎知識を説明しました。今回はいよいよGitHubのサンプルをデプロイする段階に入ります。このステップ バイステップガイドでは、AWS上で編集ホスト、ストレージをデプロイし、接続する方法を詳しく説明します。このテンプレートによりユーザーはAmazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) 上に編集環境を構築することができます。加えて、Amazon FSx for Windows ファイルサーバーはEC2インスタンスからストレージとして利用し、メディアアセットの共有リポジトリとして活用することができます。また、このテンプレートには、Teradici for Federated Loginと連携したAWS Directory Servicesが含まれており、シームレスな編集体験を可能にしています。では早速テンプレートを利用して環境を構築していきましょう。まずご自身のAWSアカウントを利用して、AWSマネジメントコンソールにログインしたら次のAWS CloudFormationデプロイメントテンプレートを使用します。本テンプレートは現在、US-East-1とUS-West-2で提供しています。

Read More

AWS公共部門サミット2021:3つの”予告”

今回のブログでは、 AWSジャパン・パブリックセクターより、今年のAWS公共部門サミット・オンラインの基調講演(キーノート)を担当するMax Peterson(the vice president of international public sector at Amazon Web Services )によるブログ投稿の翻訳をお届けします(【登録はこちら】)。ご登録をいただければ、後日のオンデマンド視聴も可能です。 ──レコーディングを終えたMaxは、世界各国で加速する公共部門でのクラウド活用のトレンドを、どのように見ているのでしょうか?

Read More

AWS Control Tower アクションの追跡、およびワークフローの自動トリガーへのライフサイクルイベントの使用

現在、新規アカウントの作成やプロビジョニングに、AWS Control Towerをご利用になっているお客様が多く見受けられます。こういったお客様は、環境の作成に、AWS のネイティブなソリューションの使用をご希望されます。それが明文化された AWS のベストプラクティスに則っていることをご存知だからです。お客様は、作成したアカウントのスケーリングを行う際に、アカウントをさらに強化できる Control Tower の追加的な機能を利用することもできます。今回の記事では、ライフサイクルイベントの使用方法をご紹介していきます。これは、Control Tower’s Account Factory を使用して新しいアカウントを作成するなどのアクションが完了したことを追跡できるようにする、Control Tower における機能の 1 つです。今回は、このライフサイクルイベントで、自動化したワークフローをトリガーする方法についても、合わせてご紹介します。この記事では、次のようなサービスを使用しています。 AWS Control Tower AWS Service Catalog AWS CloudTrail Amazon CloudWatch Events Amazon SNS 背景 AWS Control Tower では、Well-Architected なマルチアカウントの AWS 環境構築のために、AWS Organizations、AWS IAM、AWS Config、AWS CloudTrail、および AWS Service Catalog などの AWS のサービスを複数使用します。これにより、組織単位 (OU) の中のアカウントでガードレールを有効化するなどのアクションを Control Tower が実行する際には、多くのプロセスが実行され、各サービスに対しては膨大な数の API 呼び出しが送られることになります。 […]

Read More

AWS CDKでクラウドアプリケーションを開発するためのベストプラクティス

この記事では、AWS Cloud Development Kit (AWS CDK) を中心とした、大規模なチームで複雑なクラウドアプリケーションの開発を組織化するための戦略について説明します。AWS CDK では、開発者や管理者は、TypeScript、Python、Java、C#などの使い慣れたプログラミング言語を使ってクラウドアプリケーションを定義することができます。アプリケーションは、Stage、Stack、Constructに整理されており、ランタイムロジック (AWS Lambda コードやコンテナ化されたサービスなど) と、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケット、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) データベース、ネットワークなどのインフラストラクチャコンポーネントの両方において、モジュール化された設計手法を可能にしています。 この記事では、AWS CDKの基本的なコンセプトに関する簡単なチュートリアルではなく、より実践的な内容について説明します。ローカルでコードを書きテストする方法や、本番環境や様々なステージングアカウントにデプロイする方法、そしてチームのアプリを整理して、より大きな組織で活用する方法について説明します。 AWS CDKを初めてご利用になる方は、AWS CDK Intro Workshop から始めることを強くお勧めします。この記事では、いくつかの高度なトピックを扱っていますが、基礎を把握しておくと良いでしょう。詳細については、AWS CDKリファレンスドキュメントとGitHub リポジトリにある aws-cdk-examples  のサンプルコードを参照してください。 CDKの哲学 前回の記事では、AWS CDKの歴史とモチベーションについて説明しました。AWS CDKを設計するにあたり、私たちはお客様や社内のチームのニーズを詳しく調査し、複雑なアプリケーションのデプロイや継続的なメンテナンスの際に発生する一般的な障害パターンを分析しました。例えば、本番環境でアプリケーションの設定ファイルを編集すると、テスト環境では見られなかったエラーが発生する、などです。AWS CDKは、アプリケーション全体をコードで定義し、ソースリポジトリへのプッシュによってのみデプロイされたアプリケーションへの変更をするというモデルを可能にしています。 組織では、インフラストラクチャを作成するチーム、ソフトウェア開発を行うチーム、設定とデプロイを行う運用チームなど、一つのアプリケーションを別々の役割で担当する複数のチームが存在する場合があります。あるいは “two-pizza-team” のような小さなチームであっても、アプリケーションは次の図のように、インフラストラクチャーとコードが別々のリポジトリで管理されていて、デプロイがすべて独立したCI/CDシステムで管理されている事があります。 AWS CDKを使用すると、これらすべてを一つにまとめて、単一のリポジトリに格納された単一のアプリケーションを作成することができます。このアプリケーションでは、VPC、S3バケット、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)インスタンス、セキュリティグループなどの基本的なコンポーネントを定義します。また Typescript で書かれた Lambda関数のコードや、Java […]

Read More