Amazon Web Services ブログ

Category: *Post Types

compositing-videos-from-media-capture-pipelines-with-amazon-chime-sdk

Amazon Chime SDKを使ってMedia Capture Pipelineからビデオを合成する

2021年7月にAWSは、Chime SDKのミーティング中に生成されるビデオ、オーディオ、およびその他のデータをS3バケットにキャプチャする方法として、Chime SDK Media Capture Pipelineを発表しました。続いて新機能が最近リリースされ、キャプチャ方法をカスタマイズできるようになりました。この機能には、参加者の個々のビデオを個別にキャプチャするオプションがあります。キャプチャしたデータに機械学習分析 (AWS Rekognition、Amazon Comprehend) を適用でき、柔軟性が向上する一方、単一のアウトプットファイルを作成するには追加の合成が必要になります。 このブログ記事では、Media Capture Pipelineから生成された個々のビデオを単一のビデオファイルに合成する数多くの方法のうちの1つについてご紹介します。この方法は、1)リモートコーチングや遠隔学習で、ミーティング出席者のビデオが横並びに配置されている場合や、2)スクリーン共有を使うカスタマーサービスで、共有スクリーンがメインビデオとなり、個人が画面脇に小さなタイルとして表示される場合などのユースケースに役立ちます。

Read More

AWS Direct Connect でのアクティブ/パッシブ BGP 接続の構築

この記事は Creating active/passive BGP connections over AWS Direct Connect を翻訳したものです。 お客様のデータセンターを AWS に接続する方法はたくさんあります。本記事では AWS Direct Connect (DX) を用いてネットワークを構築する際に、お客様からよくご質問いただく、オンプレミスと AWS との間で Direct Connect 経由のアクティブ/パッシブ Border Gateway Protocol (BGP) 接続を構築する方法について解説します。

Read More

Amazon ChimeSDK と Amazon IVS で RubyKaigi を数日で構築するには

本投稿は、Cookpad のシニアソフトウェアエンジニアで、RubyKaigi オーガナイザーでもある Sorah Fukamori 氏による寄稿です。本稿での意見は第三者によるものであり、この記事の内容及び正確さについて AWS は責任を負いません。 RubyKaigi は日本で開催されている、プログラミング言語 Ruby に関する世界最大級の国際カンファレンスです。長引く COVID-19 の影響で、私たちはオフラインでの開催を諦め、オンラインでの開催を決定しました。2020 年、RubyKaigi Takeout 2020 と称し無料で広く使われているオンラインビデオサイトを使用して初のバーチャルカンファレンスを開催しました。そして、 2 回目のバーチャルカンファレンスとなる今年の RubyKaigi Takeout 2021 では、私たちのニーズにあったバーチャルカンファレンスソリューションを構築し、有料で開催することを決定しました。

Read More

セキュアトンネリングを利用して、ウェブブラウザからIoTデバイスに接続する方法

この記事は How to remote access devices from a web browser using secure tunneling の日本語訳です。 IoT デバイスへのアクセスを保護し、セキュリティを確保するためには、ファイアウォールを使用するのが一般的な方法です。しかし、すべての受信トラフィックをブロックするファイアウォールの背後にあるリモート環境に配置されたデバイスにアクセスし、管理することは困難です。デバイスのトラブルシューティングを行うには、現地に技術者を派遣してデバイスに接続する必要があります。これでは、デバイス管理の複雑さとコストが増大します。 セキュアトンネリングは、 AWS IoT Device Management の機能で AWS IoT が管理する安全な接続を介して、お客様がリモートデバイスにアクセスする仕組みを提供します。 Secure Tunneling は、既存のインバウンドファイアウォールルールの更新を必要としないため、リモート環境のファイアウォールルールが提供するセキュリティレベルを同じに保つことができます。

Read More

Amazon Lookout for Metrics とゲーム分析パイプラインを使用してゲームの異常を検出する

この記事は、Detect anomalies in games with Amazon Lookout for Metrics and the Game Analytics Pipeline Solution を翻訳したものです。 ゲーム分析は、開発サイクル全体を通じてゲーム開発者を支援する強力なツールになります。ゲームデータから得られるインサイトは、プレーヤーにとってより魅力的でパーソナライズされたエクスペリエンスを作成し、ゲームの収益化をより効率的なものにするのに役立ちます。また、不正調査、パフォーマンスの監視、エラー報告にも役立ちます。

Read More

コスト管理 ブログシリーズ #1: “善意”に頼らず、”メカニズム”でコスト管理を行う

今回のブログでは、 AWSジャパン・パブリックセクターより、「コスト管理の手法」について紹介します。ご不明の点、「Contact Us」までお問合せください。(以下、英文の投稿「Cost Control Blog Series #1: Good intentions don’t work, but cost control mechanisms do!」の翻訳となります。)

Read More

ベンダーロックインを解きほぐしていくために。AWSからホワイトペーパーを発行。

今回のブログでは「ベンダーロックイン」についてどう考えれば良いか、どのように影響を回避することができるのか────AWSの知見をまとめたホワイトペーパーの概要を紹介します。 ご不明の点、「Contact Us」までお問合せください。(以下、グローバル・チームが執筆したホワイトペーパーの要旨紹介となります。)

Read More

はじめてAWS DMSを検討する際に読んでいただきたいこと

こんにちは。 プロフェッショナルサービス本部の小田です。本資料ははじめてAWS Database Migration Service (AWS DMS)をお使いいただく方に基本的なポイントを理解していただくための記事になります。 はじめに データベース(DB)を移行する、もしくはDB間でデータを連携する際に、AWS DMSを検討いただくことが増えてきました。AWS DMSはマネージドサービスの良さをもつ、柔軟なデータ連携が可能なサービスですが、気をつけるべき点も存在します。本記事では、ファイル移行とデータ移行を比較することでDBのデータ移行のイメージを持っていただき、その後、注意点やTipsを紹介します。

Read More
Blog

Amazon Athena を使用して AWS Cost and Usage Report をクエリする

AWS Cost and Usage Report には、お客様のコストと使用状況に関する包括的な情報が含まれています。Amazon Athena を使って AWS Cost and Usage Report のデータソースに問い合わせることで、迅速に価値を引き出すことができます。

Read More

AWS AppConfig 機能フラグ(プレビュー)のご紹介

最新の DevOps プラクティスでは、開発チームは顧客からのフィードバックに基づいてアプリケーション開発を継続的かつ短時間で繰り返す必要があります。これらの反復では主に、アプリケーションへの新機能の導入、または制限の引き上げやフォールトトレランスの向上などの運用上のイベントに対処するためのアプリケーションのチューニングを行います。 機能フラグは機能トグルとも呼ばれ、開発者や DevOps プロフェッショナルがアプリケーションコード内の機能をすばやく有効または無効にするために広く使用されています。一般的な使用例の 1 つは、アプリケーションの新機能の起動を簡素化することです。開発者は、アプリケーションコードを事前にデプロイし、エンドユーザーが機能にアクセスできないように機能フラグの後ろに隠すことができます。機能を公開する時期になると、開発者は機能フラグを有効にして、ユーザーがその機能を使用できるようになります。もう 1 つのユースケースは、DevOps のプロフェッショナルが、アプリケーションで運用イベントが発生したときに詳細ログをオンにし、運用イベントが終了したらログをオフにする運用フラグを有効にすることです。

Read More