Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon Simple Email Service (SES)

Amazon SES 東京リージョン対応のお知らせ

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、アドボケイトの亀田です。 Amazon SESが東京リージョンでご利用いただけるようになりましたので、お知らせいたします。SESは、デジタルマーケティング担当者やアプリケーション開発者がマーケティング、通知、トランザクションに関するEメールを送信できるように設計された、クラウドベースのEメール送信サービスで、2011年1月にリリースされています。 AWSが提供するSMTPインターフェースやAWS SDKを用いて、既存アプリケーションへの統合をサポートし、従量課金型でメールを送信できます。また毎月62,000通のメールを無料で配信することができます。 2015年9月には、メール送信に加えて、メール受信機能がリリースされ、DNSのTXTレコードを設定することでメールを受信しAmazon S3へ保存したりAWS Lambda関数を起動したりすることでお使いの問い合わせ処理を行うアプリケーションとの統合も可能になりました。 さらに2016年3月には、カスタムFROMドメイン設定(SPFやDKIM)に対応し、メール送信時にFROMをAWS所有のamazonses.comドメインではなく、皆さんがお持ちのドメインを設定することが可能となりより使いやすくなっています。 バウンス、苦情、グローバルサプレッションリスト SESを用いてメール配信を行う際には、発生するエラーの種類や迷惑メールとして扱われるケース、そしてメールが届かない原因などについてご理解いただき、エラーに対する処理を適宜行う必要があります。ここでは主なものを纏めます。 バウンス – バウンスにはソフトバウンスとハードバウンスの2種類があります。 ソフトバウンス – 一時的な E メール配信の障害。たとえば、メールボックスがいっぱいである、接続が多すぎる (スロットリングとも呼ばれる)、または接続がタイムアウトになった場合です。Amazon SES は、ソフトバウンスを何回か再試行します。それでも E メールを配信できない場合、Amazon SES は再試行を停止します。 ハードバウンス – 永続的な E メール配信の障害。たとえば、メールボックスが存在しない場合です。Amazon SES は、DNS ルックアップの失敗を除いて、ハードバウンスを再試行しません。ハードバウンスの原因となっている E メールアドレスに対して配信の試行を繰り返さないことを強くお勧めします。 苦情 – 多くの E メールクライアントプログラムには、メッセージをスパムフォルダに移動して E メールプロバイダーに転送するためのボタン ([Mark as Spam (スパムとしてマーク)] など) が用意されています。また、ほとんどの E メールプロバイダーでは、ユーザーが不要な E メールメッセージを転送して E […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Simple Email Service (SES) 資料及び QA 公開

先日 (2019/5/21) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon Simple Email Service (SES)」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20190521 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Simple Email Service (Amazon SES) from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. 一般的に、SPF、DKIMやそれらに基づいたDMARC準拠を実施すれば、メールのセキュリティ対策としては十分なのでしょうか。 A. 大事なのは相手先メールサービスも関係しているいうことです。どれがいいのか?これで十分なのか? ではなく、やれることは全てやっておいた方がより安定する可能性があるということです。 SPF, DKIM, DMARC だけに限りません。 Q. SESのバウンス例はバウンス処理をする為にあの構成を組まないといけないということですか? A. あくまでバウンス処理の構成例となります。必ずそのような構成にしなければならないわけではありません。お客様がバウンス処理を実装する際のお役に立てればと思います。 Q. SES での受信メールにLambdaをアクションさせています。大量mailを受信したとき、S3への書き込みやLambdaのスロットリングエラーが発生した時は、何のErrorで確認できますか ? また、Error リトライはどうなりますか ? A. CloudWatch […]

Read More