Amazon Web Services ブログ

Category: Kinesis Data Streams

Amazon Kinesis Data Analytics Studio の概要 – SQL、Python、または Scala を使用してストリーミングデータをすばやく操作する

タイムリーなインサイトを得て、ビジネスとアプリケーションから受け取った新しい情報に迅速に対応するための最善の方法は、ストリーミングデータを分析することです。これは通常、レコード単位または変動する時間枠で連続的かつ増分的に処理する必要があるデータのことで、相関、集計、フィルタリング、サンプリングなどのさまざまな分析に使用できます。 ストリーミングデータの分析を容易にするために、Amazon Kinesis Data Analytics Studio を紹介します。 まず、Amazon Kinesis コンソールから Kinesis データストリームを選択し、1 回クリックするだけで、Apache Zeppelin と Apache Flink を搭載した Kinesis Data Analytics Studio ノートブックを起動し、ストリーム内のデータをインタラクティブに分析できるようになりました。同様に、Amazon Managed Streaming for Apache Kafka コンソールでクラスターを選択してノートブックを起動し、Apache Kafka ストリーム内のデータを分析することができます。また、Kinesis Data Analytics Studio コンソールからノートブックを起動して、カスタムソースに接続することもできます。 ノートブックでは、ストリーミングデータを操作し、SQLクエリと Python または Scala プログラムを使用して数秒で結果を得ることができます。結果に満足したら、数回クリックするだけで、コードを本番稼働用ストリーム処理アプリケーションにプロモートして、追加の開発作業なしで確実かつ大規模に実行することができます。 新しいプロジェクトの場合は、Kinesis Data Analytics for SQL アプリケーションではなく、新しい Kinesis Data Analytics Studio を使用することをお勧めします。Kinesis Data Analytics Studio は、使いやすさと高度な分析機能を兼ね備えており、洗練されたストリーム処理アプリケーションを数分で構築できます。では、実際にどのように機能するか見てみましょう。 […]

Read More

Amazon CloudFront ログを使用したリアルタイムダッシュボードの作成

Amazon CloudFront は AWS グローバルネットワークを使用して、静的および動的なウェブコンテンツを低レイテンシかつ高速で安全に配信するコンテンツ配信ネットワーク (CDN) です。 この度 CloudFront でリアルタイムに利用可能な、デリバリーログを配信する機能が発表されました。このリアルタイムログには、CloudFront が受け取った全てのリクエストに関する詳細情報が含まれます。詳細な情報をリアルタイムで確認することで、運用イベントに迅速に対応できるようになります。 リアルタイムログでは、収集する情報とその配信先をカスタマイズできます。リアルタイムログは Amazon Kinesis Data Streams と統合されており、Amazon Kinesis Data Firehose を使用して一般的な HTTP エンドポイントにログを配信できます。 Amazon Kinesis Data Firehose では Amazon S3、Amazon Redshift、Amazon Elasticsearch Service (Amazon ES)、および Datadog、New Relic、Splunk などのサービスプロバイダにログを配信できます。このログを使用して、リアルタイムダッシュボードの作成、アラートの設定、異常の調査や運用イベントへの迅速な対応を行うことができます。追跡できる一般的なデータポイントとしては、異なる地理的リージョンからのビューアーリクエスト数や、レイテンシが高いユニークビューアー数などがあります。

Read More