Amazon Web Services ブログ

Category: Mobile Services

[New] Amazon Cognito 向け User Pools

Amazon Cognito を使うことでバックエンドコードを書いたり、インフラストラクチャの管理をする必要なくモバイルや Web アプリに簡単に認証やユーザ管理とデータ同期を簡単に追加できます。ユーザごとの設定やアプリケーションの状態データをバックエンドコードを書いたり、インフラストラクチャの管理をする必要なく AWS Cloud に保存することが簡単になります。昨年、AWS CloudTrail サポートやログインプロバイダとして Twitter および Digits の使用、Cognito におけるイベントに応答するAWS Lambda function の実行機能、そして Amazon Kinesis へのユーザアイデンティティデータのストリーミングといったいくつかのパワフルな新機能を Cognito に追加しました。 User Pools モバイルと Web アプリに簡単にユーザサインアップとサインインを追加するのに Amazon Cognito を利用できるようになりました。User Pool の機能を用いて、数億ユーザまでスケールし、フルマネージドなので構築したり、セキュアにしたりアプリに対する認証をスケールしたりするのに関連する重労働について心配することなく独自のユーザディレクトリを作成できます。この機能は email による確認、電話番号による確認や多要素認証といった拡張されたセキュリティ機能も提供します。アプリ開発者として、みなさんはこういった目的のために、Federated Identity Pools と呼ぶようになった Cognito の機能を利用して、Amazon、Facebook、Google、Twitter もしくは Digits といった外部のアイデンティティプロバイダを利用するというオプションを既に持っていました。User Pool を使うことで Web とモバイルの SaaS アプリ、ゲームなどといった面でサインアップとサインインに詳細なコントロールが可能になります。あらゆるスケール(潜在的には数十や数億のユーザ)でディレクトリサービスを構築し稼働させることは簡単ではなく、ユーザ名、パスワード、email アドレスやその他のセンシティブな情報のかけらを管理するときに追加されるセキュリティの重荷とともに全くもって付加価値を生まない重労働です。User Pool を使う場合、独自のディレクトリサービスを構築し、稼働させる必要はありません。 アカウントごとの複数のUser Pool 自分の […]

Read More