Amazon Web Services ブログ

Category: Front-End Web & Mobile

AWS AppSyncキャッシングとAmazon DynamoDBトランザクションのサポートによりGraphQL APIのパフォーマンスと一貫性が更に向上します

AWS AppSyncはGraphQLのマネージドサービスで、単一または複数のデータソースのデータに安全にアクセスしたり、操作したり、結合するための柔軟なAPIを作成でき、アプリケーション開発をシンプルにすることができます。多くの場合、異なったデータソースは異なったユースケースに合わせて最適化され、データが配信されるスピードも異なっていることでしょう。その基になるGraphQLスキーマで定義されているデータフィールドもかなり多様です。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS AppSync 資料及び QA 公開

先日 (2019/8/22) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS AppSync」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20190821 AWS Black Belt Online Seminar AWS AppSync from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. AWS AppSyncのSubscriptionでは、Mutationの取りこぼしはないのでしょうか?例えば、「購読中に、Mutationの頻度が高い場合に、いくつかのMutationの結果が返らない」等です。あるいは、Lambdaのように、最低1回の受信(複数回受信することもある)ということはないのでしょうか? A. 基本的に設定されたSubscriptionは取りこぼし無く実行されます。但しAppSyncの制限事項としてGraphQL API ごとのスロットルレート、サブスクリプションの最大ペイロードサイズ等がありますのでその点はご注意ください。 Q.(少し調べれば出てくるかもしれませんが)実際に手を動かしてAppSyncの機能に触れられるチュートリアル的なものはありますか? A. AppSyncのチュートリアルに関しましてはこちらからご確認ください。 — 今後の AWS Webinar | イベントスケジュール 直近で以下を予定しています。各詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております。 【AWS Innovate Online Conference】 AWS Innovate は、AWS クラウドを活用してビジネス革新を目指しているすべての IT リーダー及び IT プロフェッショナルを対象とした、最新のクラウド情報をお届けするためのオンラインカンファレンスです。この期間で、AWS初心者の方はAWSを始めるための準備を、AWS既存ユーザーの方は情報のアップデートにお役立ていただければと思います。 […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon API Gateway 資料及び QA 公開

先日 (2019/5/14) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon API Gateway」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20190514 AWS Black Belt Online Seminar Amazon API Gateway from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. API GatewayかLambdaのどちらかの採用を検討するにはどのようにしたらいいでしょうか (とくにコスト面で) A. Web APIとして公開する場合は、AWS Lambdaの手前にAmazon API Gatewayを配置することによって疎結合化がなされ、実装を隠蔽化できるという利点があります。 ただシンプルにAWS SDK等を利用し直接Lambdaを呼び出したいケースであれば、必要な権限を呼び出し元のアプリケーションに付与した上でLambdaのみを利用する構成もご検討頂けます。 (例:呼び出し元がAmazon Elastic Compute Cloud (EC2) であればそのIAMロール、呼び出し元がブラウザやモバイルアプリであれば、Amazon CognitoのIDプールを利用したAWS Credentialsを利用)。 また、Lambda関数をバックエンドとしてHTTPリクエストを受け付ける他の方法としては、Elastic Load Balancing (ELB) の一種である Application Load […]

Read More

AWS について学ぶ – 11 月の AWS オンラインテックトーク

 AWS オンラインテックトークは、様々な技術レベルで幅広いトピックをカバーするライブでのオンラインプレゼンテーションです。 今月は、AWS のサービスとソリューションについて学びましょう。ご質問があれば、オンラインで専門家がお答えします。 今月の特集! テックトークをチェック: Virtual Hands-On Workshop: Amazon Elasticsearch Service – Analyze Your CloudTrail Logs、AWS re:Invent: Know Before You Go、AWS Office Hours: Amazon GuardDuty Tips and Tricks いますぐ登録を! 注意 – すべてのセッションは無料で、太平洋時間です。 今月のテックトーク: AR/VR 2018 年 11 月 13 日 | 午前 11:00 ~ 12:00 (太平洋時間) – How to Create a Chatbot Using Amazon […]

Read More

AWS DevDay Tokyo 2018 Severless&Mobile トラック資料公開

2018年10月29日から11月2日まで行われた AWS DevDay Tokyo 2018の中で、Serverless&MobileのトラックオーナーをしておりましたSAの小梁川です。本投稿では2018/10/31に開催しましたServerless&Mobileトラックの内容をご紹介いたします。 イベント開催においては、お忙しい中に資料作成、登壇を頂いた ZOZOテクノロジーズ 柴田様、クックパッド 渡辺様に御礼申し上げます。また、会場に起こした頂いた、ストリーミング視聴をいただけた皆様へ、イベントご参加への御礼を申し上げます。 資料をゆっくり読みたい、参加できなかったが資料が見たいとの声を頂いておりましたので、本投稿にてServerless&Mobileセッションの資料をご紹介させていただきます。

Read More

AWS AppSyncの紹介 – リアルタイムおよびオフライン機能を備えたデータ駆動型アプリケーションの構築

現在、モバイルデバイスや便利なアプリケーションは私達の生活にとって欠かせないものになっています。モバイルデバイスへの依存が高まるにつれ、私たちの注目を集めて何百万ものアプリケーションが爆発的に増加しています。これはモバイルデベロッパーにとって、高品質かつリアルタイムなユーザーが求めるアプリケーションを構築する必要があることを意味します。これにより、モバイルアプリケーションは、ユーザー間でのデータ同期、オフラインサポート、データディスカバリーなどの機能が実装されていることが必須になってきています。いくつかの記事、(InfoQ、DZone、モバイル開発ブログAlleviateTech)によると前述の機能を提供するうえで重要な要素の1つはクラウド型モバイルアプリケーションと言われています。 モバイルデータの同期やデータストレージなどに関しては特にこれが言えるようです。 このような背景から、クラウド上のデータ集約サービスを使って革新的なモバイルアプリケーションを開発するための新サービスを発表するのに最適なタイミングだと考え、AWS AppSync を紹介します。AWS AppSync は、フルマネージドなサーバーレスGraphQL サービスで、リアルタイムデータクエリ、同期、通信、およびオフラインプログラミングの機能を提供します。使い慣れていない人たちのために、GraphQL 仕様に関する情報を簡単に紹介しましょう。

Read More

AWS Mobile Hub で JavaScript 開発を改善する

はじめに JavaScript エコシステムが成長していくなかで、私達はモバイルおよびハイブリットアプリを構築するお客様を支援する取り組みを続けています。本日、 AWS Mobile Hub に Hosting and Streaming 機能をリリースしました。この機能は、Amazon S3 と Amazon CloudFront を使用するモバイル Web サイトのテスト及びプロダクション環境へのデプロイを自動化します。また、標準設定ファイルと SDK を使用する際の設定ワークフローを簡略化します。 この新しい機能によって、 JavaScript 開発者は事前設定された AWS アーキテクチャを起動したり、 Mobile Hub プロジェクトをビルドできます。また、集中管理された設定と事前ダウンロードされた SDK を使用して、ワンクリックでグローバル Web サイトを作成できます。

Read More

AWS Lambda と Amazon API Gateway で Express アプリケーションを実行

Express は Node.js のウェブフレームワークです。これを使用すると、「サーバーレス」ウェブサイトやウェブアプリケーション、API を簡単にデプロイできます。サーバーレス環境では、大方またはすべてのバックエンドロジックがステートレスのオンデマンドで実行します (詳細情報については Mike Roberts によるブログ「Serverless Architectures」をご覧ください)。今月初旬に公開したブログ (「API Gateway の更新 – API 開発を簡素化する新機能」) で紹介した新しい Amazon API Gateway 機能と AWS Lambda を併せて使用した場合、既存の Express アプリケーションをサーバーレスで実行することができます。API Gateway を使用すると API を中心に開発者のエコシステム構築を可能にする使用量プランなど追加機能を利用したり、キャッシュにより応答性と費用対効果に優れたアプリケーション構築を行うこともできます。 AWS は aws-serverless-express パッケージを提供することで Express アプリケーションから Lambda や API Gateway への移行をお手伝いしています。このパッケージには実例が含まれています、ぜひご活用ください。 Express コードとアプリケーションを API Gateway と Lambda に移行する場合に利用できる 2 つのリソースをご紹介します。 「Running Express Apps in AWS […]

Read More

API Gateway のアップデート – API 開発を簡素化する新機能

Amazon API Gateway で、堅牢でスケーラブルなアプリケーションバックエンドの構築と実行を簡単に素早く最近追加された使用プランで、API に関与するパートナー開発者のエコシステムを作成することができます。では、いくつかの用語を確認しながら始めましょう。 エンドポイント – HTTP リクエストに応答する URL (API Gateway によって提供される) です。これらのリクエストは、GET、PUT、POST などの HTTP メソッドを使用します。 リソース – エンドポイント内にある名前の付いたエンティティで、階層パスと呼ばれます。 動作 – 特定のリソース上で、HTTP リクエストに対応してコードが HTTP メソッドを使用して実行するアクションです。 統合 – エンドポイント、リソース、および HTTP メソッドと実際のアクションとの間でやり取りされる API Gateway マッピングです。 現在、API Gateway が提供する統合モデルを拡張して、新しい API エンドポイントの構築と既存のアプリケーションの移植を容易にするための複数の新しい機能をサポートしています。 greedy パス変数 – 一般的なパス ( /store/ など) に分類されるリクエストのグループのパスと動作を個別に指定する代わりに、パスへのすべてのリクエストを傍受してそれらを同じ機能にルーティングする、「greedy」ルートを指定できるようになりました。たとえば、単一の greedy パス (/store/{proxy+}) は、 /store/list-products, /store/add-product、および /store/delete-product) に対するリクエストを傍受します。 […]

Read More

Amazon API Gatewayのための利用プラン

昨年、開発者がモバイル、web、エンタープライズそしてIoTアプリケーション向けバックエンドWebサービスを構築できるようにするため、Amazon API Gateway を紹介しました(Amazon API Gateway – Build and Run Scalable Application Backend to learn more を参照)。そのときから、AWSの顧客は AWS Lambda、Amazon Elastic Compute Cloud (EC2)、そしてAWSの外で稼働するサーバ上で実行されるAPIの実装を行ってきました。多くの場合、我々の顧客は彼らのAPIの上でアプリケーションを開発するパートナー開発者のエコシステムを作ることを計画しています。API Gateway を利用することで、我々の顧客は彼らの顧客それぞれにAPIキーを作成することが可能です。 これらのキーはAPIの各ユーザを特定し、キーの所有者がアクセス可能なサービスのセットとサービスのステージ(テスト、ベータそして本番といった環境)をAPI開発者がコントロールすることが可能です。APIはしばしばビジネス価値の代わりとして提供されるため、我々の顧客はAPIを構築し、それらへのアクセスを規制し、使用量に基づいて課金することによって、それらを収益化したいと我々に教えてくれました。 新しい利用プラン このユースケースをサポートするため、API GatewayのUsage Planをご紹介します。この新機能により、開発者はAPIを構築、収益化することと、彼らの周りでエコシステムを作ることが可能になります。異なるレベルのアクセス(Bronze、Silver、Gold)、異なるカテゴリのユーザ(学生、個人、プロフェッショナルもしくはエンタープライズ)などに対して利用プランを作成することができます。プランは名前が付けられ、APIに対するアクセスの以下の面をコントロールします。 スロットリング – リクエストレート全体(平均秒間リクエスト)とバーストキャパシティ クオータ – 一日あたり、週あたり、もしくは月あたりに可能なリクエストの数 API / ステージ – アクセス可能なAPIとAPIのステージ 仮に利用プランを使うことを選択するならば、あなたのAPIそれぞれがプランと紐付けられなければなりません。幸い、API Gatewayはデフォルトプランを作成し、それらにAPIを紐付けることができます。あなたがやろうとすることを確認するだけです。 デフォルトプランはスロットリングもクオータもありませんし、APIの挙動を変更しません。 利用プランの作成 Let’s step through the process of creating a Usage Plan.  利用プランの作成プロセスを一つずつ見ていきましょう。API Gatewayのコンソールを開き、Usage Plans、に移動しCreateをクリックしてください。 名前、説明を入力し、それからスロットリングとクオータのオプションを必要に応じて設定します。 […]

Read More