Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon Pinpoint

AWSを活用して”選挙”を「再定義」する──「有権者教育」「情報へのアクセス・セキュリティ・拡張性」「不在者投票」

 先の見通せない不確実な時代であっても、選挙や政治に携わる関係者は、セキュアで拡張性があり、費用対効果の高い方法で──すなわちクラウドを活用し── 有権者にダイナミックに進化し続けるサービスを提供することに尽力しています。 AWSと AWS パートナーネットワーク (APN) の提供するクラウドベースのテクノロジーは、選挙管理を行う行政機関、選挙献金を扱う団体、そして投票へのエンゲージメントを高める活動を行うNPOのそれぞれが、1)選挙関連の情報共有や、2)アプリやサービス、インフラのセキュリティ向上、3)スケーラビリティの確保、4)不在者投票に特化したワークフロー管理のソリューション────に容易にアクセスできるよう、支援しています。 有権者教育と、必要な情報へのアクセス 選挙管理を行う行政機関は、直観的なオムニチャネルによる認知度向上とアウトリーチの取り組みにより、投票日・投票場所・投票方法の変更など、投票者に常に最新情報を迅速に伝達する必要があります。 AWS とそのパートナーは、こうしたミッションを担う組織・機関を支援しています。 例えば、以下の手法で、有権者が容易にアクセス可能な最新の選挙情報を提供いたします。 Alexa 対応のデバイスやスキル (Alexa アプリを搭載したスマートフォンなど) による、州や郡レベルの選挙情報へのアクセス: ニューハンプシャー州が Alexa スキルを どのように展開して、今年100 周年を迎え、当時は米国”初”であった大統領”予備選挙”と 11 月に行われる本選挙に備えているかをご覧くさい。同様に、ウェストバージニア州務長官が独自の Alexa スキルを活用して、「有権者教育」と必要情報へのアクセシビリティを劇的にモダナイズした方法についても、ご確認ください。 質問に回答してくれる「チャットボット」:投票者は自然言語による質問をしたり、関連性の高い回答を迅速に得ることができます。たとえば、有権者は「投票の登録をするにはどうすればいいですか?」、「どうすれば世論調査作業員になれますか?」、「不在者投票はできますか?」、「選挙の結果はどうなっていますか?」などの質問をすることができます。 Amazon Pinpointを使用して、マルチ・チャネル通信により不在者投票・国外投票者向けのメッセージを自動化して配信します。E メール・SMS テキストメッセージ・ボイスメッセージなどの多様な配信チャネルを活用します。最新のメッセージを迅速に送信し、強力なアナリティクス機能を使用して、有権者へのアウトリーチ・キャンペーンを監視および改善し続けることができます。 Amazon Connect を使用して瞬時にスケーラブルなクラウドベースの「コールセンター」を構築し、通話での情報収集を希望する有権者とのコミュニケーションを合理化することで、リソースの所有コストを低減した上でもなお、優れたサービスを実現することができます。 “セキュリティ”と”拡張性”の、高度な両立 連邦選挙委員会などの選挙を所掌する行政機関は、オンラインでの有権者登録、オンラインでの”不在者投票”のリクエスト、開票日当日の速報レポートの作成、選挙に関する情報を集約したe-bookの発行など、機密性の高いワークロードに対する予測不可能な”脅威”や”負荷要求”に絶えず対処していく必要があります。こうしたワークロードを、ロードアイランド州政府・州務省は AWS パートナーである KNOWiNK社を介して管理・運用しています。同様に、インディアナ州政府の州長官オフィスも AWS パートナーである FireEye社と協力し、2020年~2022 年の各種選挙を対象として40カ月間の契約を結び、インディアナ州が選挙に関わる技術インフラを潜在的な脅威から保護できるように支援しています。 AWS および APN パートナーは、以下のように多様な手法を用いて、選挙を所管する行政組織を支援しています。 AWS Well Architected フレームワークを使用して、アプリケーションやインフラストラクチャのセキュリティ・信頼性・スケーラビリティを評価および改善することで、リスクが発生する”前”に脅威を軽減または低減することができます。 AWS Control Tower、および Amazon Guard Duty […]

Read More

Amazon Pinpoint 東京リージョン対応のおしらせ

皆さん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、 シニアアドボケイトの亀田です。 Amazon Pinpointが東京リージョンに対応しましたのでお知らせいたします。 Amazon Pinpoint Amazon Pinpoint は柔軟でスケーラブルな、マーケティングコミュニケーションサービスです。E メール、SMS、プッシュ通知、音声などのチャネルを介してインバウンド、アウトバウンド双方でカスタマーとつながることができます。 従来AWSでは、通知を行うメッセージングサービスとしてAmazon Simple Notification Service (SNS)を提供していました。Amazon Pinpointでは、例えば、キャンペーンの対象となる顧客を細分化し、内容に合わせてメッセージをパーソナライズして配信を行うなど、カスタマーのセグメンテーションを踏まえたコミュニケーションを実現でき、 1 日あたり何十億ものメッセージを送るところまで拡張します。 顧客リストに基づいて対象となる顧客を細分化し、モバイルアプリケーションやウェブアプリケーションのデータからセグメントを作成し、カスタマーを引き込むようメッセージの内容をパーソナライズします。AWSが提供しているパーソナライズなレコメンドを構築可能なAIサービスであるAmazon Personalize との連携を行うことでカスタマー毎の推奨を作成し、通知を行うことを実現できます。 マーケティングのキャンペーンと連動させ、メッセージ配信結果から、閲覧数やクリック数などのキャンペーンデータまで、コミュニケーションの効果を理解できるようメトリクスを活用します。結果に沿って顧客リストをさらに更新し、次のキャンペーンで役に立ちそうなデータを適用し、さまざまな送信先に対するキャンペーンメトリクス等分析結果を確認することができるようになります。 また、購入の確認やワンタイムパスワード、発送通知など、トリガーベースの顧客連絡事項を直接送信する機能に加えて、SMS を使って、カスタマーからメッセージの返信を受信することも可能となり、双方向のコミュニケーションを実現できます。 Available Today Amazon Pinpointは今日から東京リージョンでご利用いただけます。PinpointはE メール、SMS、プッシュ通知、音声でのカスタマーコミュニケーションを実現しますが、今回のリリースでは音声は東京リージョンに対応していませんのでご注意ください。 利用における必要なリソースはこちらをご覧ください。 – シニアアドボケイト 亀田  

Read More