Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon Elastic Container Service

Amazon ECS/EKS関連の日本語ハンズオンのご案内 2021年10月版

みなさん、こんにちは。ソリューションアーキテクト、コンテナスペシャリストの荒木です。 今日は、「Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS、ECS) のハンズオン資料はありませんか?」というリクエストにお答えしてご案内します。あわせて、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS、EKS) についてもご案内します。 様々な業種のお客様とAWSの利用についてお話しさせてもらう機会がありますが、利用する技術をどのように身につけるのかがしばしば話題になります。もちろんコンテナコンピューティング(以下コンテナ)についてもご相談をいただくことがありますが、コンテナ技術はまだまだ発展の途中にあり、歴史的に確立されたラーニングパスがありません。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] CON207 Auto Scaling in ECS, CON307 ECS Capacity Providers

AWS Black Belt オンラインセミナー「Amazon ECS Deep Dive」と題しまして、「CON207 Auto Scaling in ECS」と「CON307 ECS Capacity Providers」の 2 つのセッションを公開します。 視聴は YouTube から、資料閲覧は SlideShare から可能です。 CON207 Auto Scaling in ECS YouTube / SlideShare CON307 ECS Capacity Providers YouTube / SlideShare CON207 Auto Scaling in ECS CON307 ECS Capacity Providers CON207 では、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) における Auto Scaling […]

Read More
AWS Black Belt Containers437

[AWS Black Belt Online Seminar] CON437 AWS Graviton2 でマルチアーキテクチャのデリバリーパイプラインを作成する

AWS Black Belt オンラインセミナー「CON437 AWS Graviton2 でマルチアーキテクチャのデリバリーパイプラインを作成する」を公開します。 視聴は YouTube から、資料閲覧は SlideShare から可能です。 本セッションでは、AWS の コンテナサービスを活用し、AWS Graviton2 など ARM アーキテクチャの環境にコンテナアプリケーションをデリバリーするための技術的なポイントを解説しています。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] CON248 トレーシング入門 コンテナ上でアプリケーションを動かすために 資料公開

AWS Black Belt オンラインセミナー「CON248 トレーシング入門 コンテナ上でアプリケーションを動かすために」を公開します。 視聴は YouTube から、資料閲覧は SlideShare から可能です。 今回扱うのは、AWS X-Ray および Amazon CloudWatch ServiceLens の利用法です。これをコンテナ向けのトレーシングの必要性とあわせて説明します。 AWS X-Ray を使用している場合、デフォルトで CloudWatch コンソールで CloudWatch ServiceLens にアクセスできます。 AWS X-Ray をまだご使用でない場合は、X-Ray SDK を使用して、アプリケーションで AWS X-Ray を有効にすることにより開始できます。

Read More

小売企業におけるヘッドレスコマースの実現方法

販売システムをモダナイズしたいと考えている小売企業であれば豊富なテクノロジーを利用できます。すでに最新のテクノロジーインフラストラクチャに移行しているお客様であれば、メンテナンスコスト削減やビジネスの俊敏性の向上、顧客体験の向上といったメリットを享受しているでしょう。CIO は、既存システムをリファクタリングして機能領域を徐々に移行するか、サードパーティベンダーの最新ソリューションを利用してモダンなソリューションに素早く切り替えていくか、選択することができます。いずれのパスであれ、基盤となるテクノロジーと、テクノロジーがより高いビジネス成果の達成にどのように役立っているのかを理解することが重要です。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] CON303 Amazon Elastic Container Service − EC2 / Fargate Spot ことはじめ

AWS Black Belt オンラインセミナー「CON303 Amazon Elastic Container Service − EC2 / Fargate Spot ことはじめ」を公開します。 視聴は YouTube から、資料閲覧は SlideShare にてご覧いただけます。 本セッションでは、Amazon Elastic Computing Cloud(EC2) の空きキャパシティを活用してオンデマンド料金に比べ最大 90% の割引料金でご利用いただける EC2 スポットインスタンス、そして通常の Fargate 料金の最大 70% 割引でご利用いただける Fargate Spot を Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) と組み合わせて活用していくことをご検討中のエンジニアの方に向けて、スポットリソースの特徴や注意点を短い動画やスライドでご紹介いたします。また、スポットリソースを組み合わせる上で関連する、 Amazon ECS のキャパシティやスケーリングを管理するための重要な概念である Amazon ECS Cluster Auto Scaling / Capacity Providers についても紹介しています。 EC2 […]

Read More
Deployment architecture for scaling ECS services with Application Auto Scaling

CloudWatch と Prometheus のカスタムメトリクスに基づく Amazon ECS サービスのオートスケーリング

この記事は Autoscaling Amazon ECS services based on custom CloudWatch and Prometheus metrics (記事公開日: 2021 年 2 月 26 日) を翻訳したものです。 イントロダクション クラウドネイティブアプリケーションにとって、水平方向のスケーラビリティは非常に重要な要素です。Amazon ECS にデプロイされたマイクロサービスは、Application Auto Scaling サービスを利用して、観測されたメトリクスデータに基づいて自動的にスケーリングします。Amazon ECS は、サービスに属するタスクが消費する CPU とメモリのリソースに基づいてサービスの使用率を測定し、このデータを ECSServiceAverageCPUUtilization と ECSServiceAverageMemoryUtilization という名前の CloudWatch メトリクスとして送信します。Application Auto Scaling は、これらの事前定義されたメトリクスをスケーリングポリシーと組み合わせて使用し、サービスのタスク数をメトリクスに応じてスケールすることができます。しかしながら、サービスの平均的な CPU とメモリの使用量だけでは、いつ、どの程度までスケーリングアクションを実行すべきかの信頼できる指標とはならないユースケースがいくつかあります。受信した HTTP リクエストの数、キュー/トピックから取得したメッセージの数、実行したデータベーストランザクションの数など、アプリケーションの他の側面を追跡するカスタムメトリクスが、スケーリングアクションのトリガーとしてより適している場合があります。 Application Auto Scaling は、事前定義されたメトリクスだけでなく選択した CloudWatch カスタムメトリクスに基づいてサービスをスケーリングすることもサポートしています。お客様は、プログラミング言語やプラットフォームに適した AWS SDK のいずれかを使用して、アプリケーションから CloudWatchに カスタムメトリクスデータを送信することができます。加えて、2020 […]

Read More
AWS Webinar - Cloud Optimization for Containers

【開催報告】「 クラウド最適化コンテナ編 ~コンテナ x Graviton2 x スポットインスタンスによるコスト最適化~」セミナー

EC2スポットインスタンススペシャリスト ソリューションアーキテクトの滝口です。2021年8月26日にオンラインで開催された「クラウド最適化コンテナ編 ~コンテナ x Graviton2 x スポットインスタンスによるコスト最適化~」セミナーでは、150名近くの聴衆の方々にご参加いただき、AWSからの技術解説、またAmazon ECSとAmazon EKSそれぞれをお使いの2社のお客様による、Amazon EC2スポットインスタンスを使いこなすための具体的な活用方法をご紹介いただきました。 本記事では、お客様のご登壇資料を含む当日資料をご紹介し、また参加者の皆様からいただいた当日のQ&Aの一部をご紹介します。

Read More

AWS App Mesh を使用した Amazon ECS でのカナリアデプロイパイプラインの作成

この記事は Create a pipeline with canary deployments for Amazon ECS using AWS App Mesh を翻訳したものです。 この記事では Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) で実行されるアプリケーションのカナリアデプロイ戦略を、AWS App Meshと組み合わせて実装する方法を説明します。ALB の加重ターゲットグループを使用した AWS CodeDeploy でのカナリアデプロイを行う場合はこちらの記事を参照してください。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] CON201 ECS 入門 資料公開

AWS Black Belt オンラインセミナー「CON201 ECS 入門」を公開します。視聴は YouTube から、資料閲覧は SlideShare から可能です。 本セッションでは、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) について、Amazon ECS や AWS におけるコンテナ実行環境に興味がある、Docker やコンテナの概念を多少ご存じの方に向けて、Amazon ECS の特徴を短い動画やスライドでご紹介いたします。Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) をコンテナの実行環境 (データプレーン) として利用する場合の動作の概念や、Amazon ECS におけるリソース表現といった基本的な内容をご紹介いたします。 なお、本セッションと合わせて「CON202 ECS での Fargate 入門」も公開しております。是非、こちらも合わせてご覧ください。また、コンテナの基本的な概念については「CON141 コンテナ入門」でご紹介しておりますので、こちらもご覧いただくことをおすすめいたします。 今回の YouTube は AWS Black Belt オンライン AWS コンテナサービスシリーズの YouTube の再生リストにも追加しております。 また、AWS Black Belt Online […]

Read More