Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon Elastic Container Service

AWS Fargate 東京リージョン サービス開始のお知らせ

みなさん、こんにちわ。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。   AWS Summit Tokyo 2018の基調講演にてアナウンスしました、AWS Fargate の東京リージョン対応ですが、サービスが開始されましたのでお知らせいたします。 AWS Fargate は Amazon Elastic Container Service (ECS)の1モードとして動作しますので、マネージメントコンソールから「Elastic Container Service」を選択し、「クラスターの作成」をクリックすると、クラスターテンプレートとしてAWS Fargate を選択できるようになっています。 AWS Fargate は従来の ECS と異なり、サーバーやクラスターを管理することなくコンテナを実行できるという特徴を持っています。これによりコンテナを実行するために仮想マシンのクラスターをプロビジョニングしたり、設定やスケールの管理を行うことなく、アプリケーション開発に注力いただくことができます。   現在AWS Fargate はECSでサポートされていますが、Amazon EKS 対応も2018年中に予定されていますので、また続報をお伝えしたいと思います。 ドキュメント や FAQ も日本語化されていますので、合わせて確認してみてください。 – プロダクトマーケティング エバンジェリスト 亀田  

Read More

Amazon ECSとKubernetesの統合サービスディスカバリー

本日(訳注:2018年5月31日)から、Amazon Elastic Container Service(Amazon ECS)およびKubernetesによって管理されるサービスの統合サービスディスカバリーを活用することができます。私たちは最近、Amazon Route 53 Auto Naming(オートネーミング)APIを使用してサービス名のレジストリを作成および管理することにより、コンテナ化されたサービスの発見と相互接続を容易にするECSサービスディスカバリーを導入しました。サービス名は、一連のDNSレコードセットに自動的にマップされます。これにより、コード内でサービスを名前(backend.example.comなど)で参照可能となり、実行時にサービスのエンドポイントを名前で解決するためのDNSクエリを記述することができます。 私たちは、Kubernetesユーザーにもオートネーミング APIが活用できるようにするため、オートネーミング APIをKubernetesもサポートするように拡張しました。この統合によって、オートネーミング APIによって管理されるサービスレジストリにKubernetesのサービスとイングレスを自動的に複製できるようになりました。 Kubernetesクラスタの外部にあるクライアントから、フレンドリーなサービス名を使用してこれらのサービスエンドポイントを簡単に解決できます。この統合を可能にするために、私たちはKubernetesインキュベータープロジェクトであるExternal DNSにコントリビュートしました。 これにより、Amazon ECSで実行されるサービスから、Route 53へのシンプルなDNSクエリを作成することで、Kubernetesで動作するサービスを発見して接続することができます。

Read More