Amazon Web Services ブログ

Category: AWS SDK for .NET*

AWSと.NET Core 2.0

昨日、.NET Core 2.0がリリースされ(訳注:このブログ記事の原文は2017/8/15に発行されています)、AWSでは .NET Coreプラットフォームに追加された新機能と完成度にとても興奮しています。今後数か月以内に、AWSサービスをアップデートして、.NET Core 2.0のファーストクラスのサポートを提供します。 2つの簡単な方法ですぐにAWS上で.NET Core 2.0を使い始めることができます。   AWS Elastic Beanstalkの利用 Elastic Beanstalkを使用すると、Webアプリケーションを簡単に展開できます。現在、.NET Frameworkおよび.NET Core 1.1がサポートされています。 Elastic Beanstalkプラットフォームは、すぐに.NET Core 2.0をサポートするように更新されるでしょう。 それまではデプロイメントパッケージをカスタマイズして、デプロイ中のインスタンスに.NET Core 2.0をインストールするようにBeanstalkに指示することができます。 ASP.NET CoreアプリケーションがBeanstalkにデプロイされると、AWS-windows-deployment-manifest.jsonというJSONマニフェストがツールキットによって作成され、Beanstalkにアプリケーションのデプロイ方法を指示します。 以前のブログ記事では、このマニフェストのカスタマイズ方法について説明しました。 この機能を使用して、デプロイ前にPowerShellスクリプトを実行して.NET Core 2.0をインストールすることができます。 最初のステップとして、ASP.NET Core 2.0プロジェクトにaws-windows-deployment-manifest.jsonというファイルを追加します。 aws-windows-deployment-manifest.jsonのプロパティウィンドウで、[Copy to Output Directory]フィールドを必ず[Copy Always]に設定してください。 このファイルは、通常、ツールキットによって生成されますが、ツールキットがファイルがすでに存在することが判明した場合は、代わりにデプロイメントウィザードで指定された設定で既存のファイルを変更します。   次に、下の内容をコピーしてaws-windows-deployment-manifest.jsonに貼り付けます。 これはASP.NET Coreアプリケーションをデプロイし、デプロイの前に./Scripts/installnetcore20.ps1 PowerShellスクリプトを実行することを示しています。   { “manifestVersion”: 1, “deployments”: { “aspNetCoreWeb”: [ { […]

Read More