Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Distro for OpenTelemetry

カスタムリソースで指定された構成設定に基づく、ADOT Collector のライフサイクル

AWS Distro for OpenTelemetry の Amazon EKS アドオンを使用したメトリクスとトレースの収集

この記事は Metrics and traces collection using Amazon EKS add-ons for AWS Distro for OpenTelemetry (記事公開日: 2022 年 4 月 22 日) を翻訳したものです。 イントロダクション Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) は、Kubernetes のコントロールプレーンを管理するという負担の大きい作業を、ユーザーからオフロードするマネージドサービスです。これにより、ユーザーはデータプレーン上のアプリケーションワークロードを管理するために必要なツールを、柔軟にインストールできます。しかし、多くのお客様は、クラスターのいわゆる Day-2 オペレーションに不可欠なこれらのツールのいくつかを、AWS が管理することを望んでいます。これには、Amazon VPC CNI のようなクラスターネットワーキング用のツールや、ワークロードを監視するためのツールが含まれます。こうした運用ソフトウェアのライフサイクル管理を提供するために、2020 年 12 月に EKS アドオンが導入されました (日本語翻訳)。アドオンは EKS クラスターにおいて運用機能を提供するソフトウェアであり、ユーザーがプロダクショングレードのクラスターを安定して安全に運用することを容易にします。

Read More

Amazon DevOps Guru による Amazon EKS クラスターのコンテナ異常監視の自動化

この記事は Automate Container Anomaly Monitoring of Amazon Elastic Kubernetes Service Clusters with Amazon DevOps Guru (記事公開日: 2021 年 12 月 15 日) を翻訳したものです。 コンテナ中心の環境でのオブザーバビリティは、抽象化やサポートするインフラストラクチャーの数が増えているため、運用者にとって新たな課題となっています。多くの場合、組織は数百のクラスターと数千のサービス / タスク / Pod を同時に実行できます。この記事では、運用者の機能を簡素化し、拡張するのに役立つ Amazon DevOps Guru の新機能を紹介します。

Read More
AWS Container Insights Receiver architecture diagram

Amazon EKS の Container Insights は AWS Distro for OpenTelemetry Collector をサポートします

この記事は Container Insights for Amazon EKS Support AWS Distro for OpenTelemetry Collector (記事公開日: 2021 年 9 月 17 日) を翻訳したものです。 CloudWatch Container Insights は、コンテナ化されたアプリケーションやマイクロサービスからメトリクスを収集、集約、要約します。メトリクスは、埋め込みメトリクスフォーマット (EMF) を使用してログイベントとして収集されます。これにより、大規模に、高カーディナリティのデータを取り込み、指定された CloudWatch ロググループに保存することが可能です。Amazon CloudWatch は、それらの埋め込まれたメトリクスを使用して、受信した EMF データから CloudWatch の集約されたメトリクスを作成し、CloudWatch の自動ダッシュボードに表示します。 AWS Distro for OpenTelemetry (ADOT) Collector v0.11.0 が、Amazon EKS の Container Insights で利用できるようになりました。今回のサポートでは、EKS のさまざまなコンポーネントの CPU、メモリ、ディスク、ネットワークなど多くのリソースのインフラストラクチャメトリクスを収集する AWS Container Insights Receiver という […]

Read More

AWS Distro for OpenTelemetry の新機能 – トレースのサポートが一般的に利用可能に

昨年の re:Invent の前、AWS でサポートされている OpenTelemetry プロジェクトの安全なディストリビューションである AWS Distro for OpenTelemetry のパブリックプレビューをご紹介しました。OpenTelemetry は、アプリケーションの動作とパフォーマンスをよりよく理解するために、テレメトリデータをインストルメント化、生成、収集、およびエクスポートするためのツール、API、および SDK を提供します。2021 年 9 月 22 日、アップストリームの OpenTelemetry は、そのコンポーネントのトレース安定性マイルストーンを発表しました。2021 年 9 月 23 日、トレースのサポートが AWS Distro for OpenTelemetry で一般的に利用可能になったことをお知らせします。

Read More
Pre-built dashboard in console

Amazon ECS と Amazon EKS での AWS Distro for Open Telemetry と CloudWatch Container Insights の Prometheus サポートのご紹介

この記事は Introducing CloudWatch Container Insights Prometheus Support with AWS Distro for OpenTelemetry on Amazon ECS and Amazon EKS (記事公開日: 2021 年 8 月 24 日) を翻訳したものです。 CloudWatch Container Insights を使用して、コンテナ化されたアプリケーションやマイクロサービスを監視、トラブルシューティング、アラームすることができます。Amazon CloudWatch は、CPU、メモリ、ディスク、ネットワークデータなどのコンピュート使用率情報を収集、集約、要約します。また、コンテナの再起動失敗などの診断情報を提供することで、問題を切り分け、迅速に解決するのにも役立ちます。Container Insights は、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) 、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) 、AWS Fargate、スタンドアロンの Kubernetes などの、コンテナ管理サービスからのインサイトを提供します。 AWS は、Cloud Native Computing Foundation (CNCF) […]

Read More

AWS Distro for OpenTelemetry Collector を使用したクロスアカウントの Amazon ECS メトリクス収集

この記事は、Using AWS Distro for OpenTelemetry Collector for cross-account metrics collection on Amazon ECS を翻訳したものです。 2020 年 11 月、AWS は AWS Distro for OpenTelemetry (ADOT) による OpenTelemetry のサポートを発表しました。これは AWS がサポートする Cloud Native Computing Foundation (CNCF) OpenTelemetry プロジェクトのセキュアかつプロダクションレディなディストリビューションです。ADOT を使用すると、相関性のあるアプリケーションメトリクスやトレースを Amazon Managed Service for Prometheus (AMP) やパートナーの監視ソリューションなど複数の AWS ソリューションに送信し、計測できます。 多くのお客様はアプリケーションを別々の AWS アカウントや別々の AWS リージョンで実行しつつ、アプリケーションの可観測性を一箇所で管理したいと考えています。以前の記事では、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon […]

Read More