Amazon Web Services ブログ

Category: Serverless

Amazon CloudFront & Lambda@Edge で画像をリサイズする

多くの画像に対してリサイズを行ったり、新しいデザインレイアウトにウォーターマークを付与したり、ブラウザのサポートのためにフォーマットの最適化を行ったことはありませんか? 画像毎に事前処理を行う必要なく、必要に応じてその場ですぐに画像を自動生成できないかとおもったことはありませんか? Lambda@Edge はそれらを可能にし、ユーザーの利便性を向上させ、帯域使用量を削減します。

Read More

提供開始– AWS Serverless Application Repository

昨年、私は AWS Serverless Application Repository の準備をするように申し上げ、その内容について少し説明いたしました。このリポジトリは、できるだけ容易にサーバーレスアプリケーションとコンポーネントを AWS 上で検索、設定、デプロイできるように設計されています。また、AWS パートナー、エンタプライズ顧客、独立した開発者がそれぞれのサーバーレス作成を共有するための、理想的な場所でもあります。 提供開始 公開プレビューでの好感を得た後、AWS Serverless Application Repository は、一般公開され、今すぐ使い始めることができます。 消費者として、皆様はマシン学習、画像処理、IoT、および汎用作業を完璧に補完するサーバレスアプリケーションとコンポーネントの益々盛んなエコシステムを活用できるようになります。それらをそのまま設定し、消費するか、別に取り出して、機能を追加し、プルリクエストを作成者に送信することもできます。 発行者として、容易に Serverless Application Repository で寄稿を発行することができます。名前と説明を入力し、いくつかのラベルを選択して検索しやすくして、メニューから適切なオープンソースライセンスを選択し、README を提供して、ユーザーがすぐに使い始めることができるようにするだけです。次に、既存のソースコードレポにリンクを入力し、SAM テンプレートを選択して、セマンティックバージョンを指定します。 両方の操作を見てみましょう… サーバーレスアプリケーションを消費する Serverless Application Repository は、Lambda コンソールからアクセスできます。既存のアプリケーションを順を追ってみていくか、次のような検索を開始することができます。 「todo」の検索では、いくつかの興味深い結果が返されます。 詳細を確認するには、アプリケーションをクリックするだけです。 すでにアプリケーションの知識がある場合は、アプリケーションを設定し、それをすぐにデプロイできます。 各セクションを展開して、詳細を見ることができます。アクセス権限セクションは、使用する IAM ポリシーを示します。 また、テンプレートセクションは、アプリケーションをデプロイするために使用される SAM テンプレートを表示します。 テンプレートを調べて、テンプレートがデプロイされるときに作成される AWS リソースについて確認できます。また、テンプレートを自分独自のアプリケーションを作成し発行するための準備するための学習リソースとして使用することもできます。 ライセンスセクションは、アプリケーションのライセンスを表示します。 todo を展開するために、アプリケーションを指定し、[Deploy (デプロイ)] をクリックします。 デプロイは直ちに開始され、1 分以内に完了します (アプリケーションのデプロイ時間は、作成されるリソースの数と種類に応じて異なります)。 Lambda コンソールでデプロイされたアプリケーションすべてを確認できます。 現在は、SAM テンプレートで API […]

Read More

AWS サーバーレスアプリケーションのリポジトリの準備を整えてください

サーバーレスアプリケーションは、私が想像していたよりも早く主流になりました。毎日毎秒、数えきれないほどの AWS Lambda 関数が必要に応じて誕生し、重要なビジネス機能を処理して完了しています。ユーザーの皆様からは、このモデルの柔軟性、スケーラビリティ、コスト効率に優れた点において良い評価を頂いています。 当社は、AWS のすべてのお客様がサーバーレスな未来に向かって前進していただきたいと考えています。Lambda の発表後、当社はサーバーレスアプリケーションモデル (SAM) に従って、サーバーレスアプリケーションを AWS にデプロイおよび管理するプロセスをさらに簡略化しました。また、ウェブアプリ、モバイルバックエンド、イメージ認識と処理、リアルタイムのファイル処理、IoT、MapReduce、リアルタイムのストリーム処理、およびチャットボットのイメージモデレーション用に、サーバーレスリファレンスアーキテクチャも公開しました。 今日は、次の一歩についてお話したいと思います。当社は、AWS のお客様によるサーバーレスアプリの発見とデプロイを可能な限り簡単にしたいと考えています。また、Lambda、SAM、サーバーレスアプリのオープンソースコミュニティを強化し、誰もが共有、参加して利点を得られる余地を作りたいと考えています。 AWS サーバーレスアプリケーションのレポジトリ 近日中に公開予定である AWS サーバーレスアプリケーションのレポジトリを少しだけご紹介します。サーバーレスアプリのプロデューサーとコンシューマー向けに設計されたこの AWS コンソールコンポーネントは、公開、検出、およびデプロイをサポートします。 プロデューサー (開発者、ISV、SaaS プロバイダ、AWS パートナー) は、レポジトリへの公開を簡単に行うことができます。アプリは SAM 形式である必要があり、SPDX ライセンス ID が付属し、グローバルな共有 (すべての AWS のお客様) またはプライベートな共有 (個人とチーム用のアクセスコントロール) のオプションがあります。ソースコードとその他のアプリケーションコンポーネントは、GitHub またはその他のソースコードレポジトリに保存し、参照により含めることができます。この場合も共有のコントロールが可能です。 お客様からの提出をお待ちしております。これは、他社 (Datadog、Here、Splunk、SignalFx) が作成中のレポジトリに加わります。 発行者向け 既に SAM を使用してサーバーレスアプリを構築している場合、提出の受け付け準備が間もなく整います。簡単に復習すると、SAM では、API アクションによってトリガーされ、S3 にアップロードされる Amazon API Gateway API、Amazon DynamoDB テーブル、および AWS Lambda […]

Read More

AWS Serverless Application Repository が登場します

私が想像していた以上に早くサーバレスアプリケーションはメインストリームになりました。毎日毎秒、数え切れないほどの AWS Lambda ファンクションが起動され、ビジネスクリティカルな処理を実行しています。ユーザの皆さんは その柔軟性、安定性、コスト効率の良さを好きだと言ってくれます。 私たちはすべてのAWSのお客様がサーバレスな未来へ向かえるようにしたいと考えています。AWS Lambdaのサービス提供開始後、サーバレスアプリケーションのデプロイおよび管理プロセスを簡素化するため Serverless Application Model (SAM) を提供しました。さらにサーバレスのリファレンスアーキテクチャを公開しました。現在、Web アプリケーション、モバイルバックエンド、画像認識&処理、リアルタイムファイル処理、IoTバックエンド、MapReduce、リアルタイムストリーミング処理、そしてチャットボット向けの画像加工 を公開しています。 2017年11月30日、私たちは次のステップをお伝えします。AWS コンソールからサーバレスアプリケーションを可能な限り容易に探し、見つけ、デプロイできるようにします。加えて Lambda、SAM、サーバレスアプリケーションに関するオープンソースコミュニティをサポートするため、誰もが共有し、参加し、メリットを得られる場を提供します。

Read More

AWS AppSyncの紹介 – リアルタイムおよびオフライン機能を備えたデータ駆動型アプリケーションの構築

現在、モバイルデバイスや便利なアプリケーションは私達の生活にとって欠かせないものになっています。モバイルデバイスへの依存が高まるにつれ、私たちの注目を集めて何百万ものアプリケーションが爆発的に増加しています。これはモバイルデベロッパーにとって、高品質かつリアルタイムなユーザーが求めるアプリケーションを構築する必要があることを意味します。これにより、モバイルアプリケーションは、ユーザー間でのデータ同期、オフラインサポート、データディスカバリーなどの機能が実装されていることが必須になってきています。いくつかの記事、(InfoQ、DZone、モバイル開発ブログAlleviateTech)によると前述の機能を提供するうえで重要な要素の1つはクラウド型モバイルアプリケーションと言われています。 モバイルデータの同期やデータストレージなどに関しては特にこれが言えるようです。 このような背景から、クラウド上のデータ集約サービスを使って革新的なモバイルアプリケーションを開発するための新サービスを発表するのに最適なタイミングだと考え、AWS AppSync を紹介します。AWS AppSync は、フルマネージドなサーバーレスGraphQL サービスで、リアルタイムデータクエリ、同期、通信、およびオフラインプログラミングの機能を提供します。使い慣れていない人たちのために、GraphQL 仕様に関する情報を簡単に紹介しましょう。

Read More

見逃していませんか? 最近公開された AWS サービスの概要

目を疑うほどの数のリリースやクラウドの最新技術が開発されています。今回のブログでは、この夏から秋の終わりまでにリリースされた優れたサービスや機能の近況報告の概要を紹介します。 今回ご紹介するサービスと機能: RDS MySQL と Amazon Aurora で行うデータベースユーザー認証の AWS IAM Amazon SES 評価ダッシュボード Amazon SES オープンおよびクリックのトラッキングメトリクス ソリューションビルダーチームによるサーバーレスイメージハンドラ ソリューションビルダーチームによる AWS Ops Automator では、詳しい内容を見てみましょう。 RDS MySQL と Amazon Aurora で行うデータベースユーザー認証の AWS IAM AWS IAM を使用して、Amazon RDS データベースインスタンスやクラスターへのアクセスを管理したいと思ったことはありませんか?なんと、それを実現できるようになりました。Amazon RDS はユーザーが IAM を使用して MySQL や Amazon Aurora DB の Amazon RDS へのデータベースアクセスを管理できるようにする機能をリリースしました。 このサービス機能の良い所は、使用開始が実に簡単なことです。IAM を使用してデータベースユーザー認証を有効にするには、DB インスタンスまたはクラスターの作成、変更、復元を行う際に [Enable IAM DB Authentication] […]

Read More

AWS SAM Local(ベータ版) – サーバーレスアプリケーションをローカルに構築してテストする

今回、新ツール、SAM Local のベータ版がリリースされました。これにより、簡単にサーバーレスアプリケーションをローカルに構築してテストできるようになります。この記事では、SAM Local を使用し、クイックアプリケーションの構築、デバッグ、デプロイを実行します。これにより、エンドポイントに curl コマンドを使用してタブやスペースで投票できるようになります。AWS は サーバーレスアプリケーションモデル(SAM)を昨年導入しました。これにより、デベロッパーはサーバーレスアプリケーションをより簡単にデプロイできるようになっています。SAM の基本にまだなじみがない場合は、私の同僚である Orr が SAM の使用方法について書いた素晴らしい記事を参照してください。5 分ほどで読めます。基本的に、SAM は AWS CloudFormation 上に構築された強力なオープンソース仕様で、サーバーレスインフラストラクチャをコードとして簡単に保持できるようにすることを目的としています。また、可愛いマスコットもついてきます。 SAM Localでは、SAM の優れた点をすべてローカルマシンで利用できます。 以下を使って、AWS Lambda 関数をローカルに開発してテストすることができます。 sam local Docker Amazon Simple Storage Service(S3)、Amazon DynamoDB、Amazon Kinesis、Amazon Simple Notification Service(SNS)など、既知のイベントソースからの関数の呼び出しをシミュレートできます。 SAM テンプレートからローカルな Amazon API Gateway を開始し、ホットリロードで関数を素早く繰り返すことができます。 SAM テンプレートを素早く検証し、さらに、その検証を linters や IDE で統合できます。 Lambda 関数についてインタラクティブなデバッグサポートを利用できます。 SAM Local のインストール方法はいくつかありますが、NPM を使用するのが一番簡単です。 […]

Read More

サーバレス JavaScript アプリケーションで SAML: Part I

このブログ記事は AWS の Richard Threlkeld, Gene Ting, Stefano Buliani によって AWS Compute Blog に投稿された「SAML for Your Serverless JavaScript Application: Part I」の翻訳記事です。 このブログ記事に掲載したコードや SAM テンプレートの全体は samljs-serverless-sample GitHub レポジトリにあります。手動でリソースを作成する事もできますが、GitHub レポジトリにある SAM テンプレートを使ってリソースを作成することを強くお勧めします。 SAML 認証連携を実現したくありませんか? AWS プラットフォームで使うことができる一時的なセキュリティ認証情報の発行を、短期間の SAML アサーションを交換で実現できます。 エンタープライズ Web アプリケーションを構築する時は、認証や認可が一貫して行われ業界のベストプラクティスに沿っている事が必須事項です。AWS では、ユーザに一意のIDを作成し、AWS のサービスにアクセスできる短期間の認証情報を使えるようにできる Amazon Cognito と呼ぶサービスを構築しました。これらの認証情報は、IAM ポリシーに基づくロールと関連付けて、異なるリソースへのアクセスを許可や拒否する事ができます。 この記事では、Amazon Cognito で SAML プロバイダと認証連携を行う異なる方式を紹介していきます。応用すると、異なるタイプの認証プロバイダ (IdP) と連携させることができます。Facebook、Twitterやその他のサードパーティのソーシャルメディアを IdP にする事もできます。Amazon Cognito […]

Read More