Amazon Web Services ブログ

Category: AWS WAF

すぐに使用できるマネージドルールがAWS WAFで利用可能に

現在利用可能となりました、AWS WAFマネージドルールにより、WebアプリケーションやAPIをインターネットの脅威から簡単に保護することができます。Alert Logic、Fortinet、Imperva、Trend Micro、TrustWaveなど、業界をリードするセキュリティ専門家がAWS Marketplaceで提供する事前設定済みのルールグループから選択します。ルールは新しい脅威が出現すると自動的に更新され、OWASP Top 10リスクの軽減、悪いボットからの防御、最新のCVEに対する仮想パッチの適用などに対応します。その他にもWordPressやDrupalなどのコンテンツ管理システムを含む、アプリケーションプラットフォームを保護するための、特定領域に特化したマネージドルールグループもあります。各ルールグループは、提供元のユニークな専門知識が入った製品で、使った分だけの手頃な価格でご利用頂けます。 AWSのマネージドルールは、セキュリティルールの作成やサーバーの管理などに費やす時間を短縮するのに役立ちます。 AWS WAFのマネージドルールは、長期契約や高価なプロフェッショナルサービス契約なしで利用できます。AWS MarketplaceまたはAWS WAF管理コンソールからAWS WAF用のマネージドルールを購入し、数回クリックするだけで展開できます。 AWS WAFのマネージドルールの詳細については、AWS Marketplaceをご覧ください。

Read More

AWS WAF 用のレートベースのルールでウェブサイトとサービスを保護

AWS WAF (ウェブアプリケーションファイアウォール) は、悪質または不正なリクエストに関与する様々なタイプのアプリケーションレイヤー攻撃からアプリケーションを保護するために利用できます。このサービスについて説明したブログ (「新しい AWS WAF について (New – AWS WAF)」でもお見せしましたが、クロスサイトスクリプティング、IP アドレス、SQL インジェクション、サイズ、コンテンツ制約に見合うルールを定義できます。 受信リクエストがルールと一致すると、アクションが呼び出されます。アクションは許可やブロックを実行したり、単にマッチ数をカウントすることができます。既存のルールモデルはパワフルかつ様々な種類の攻撃を検出し対応することができます。ただし、特定の IP アドレスから送られた有効なリクエストが大量に送信されただけのケースでは、攻撃として対応することはできません。こうしたリクエストはウェブレイヤーの DDoS 攻撃や総当たりのログインの試行、もしくはパートナー統合で不具合があった場合の可能性があります。 新しいレートベースのルール 本日、WAF にレートベースのルールを追加しました。これにより、ブラックリストへの IP アドレスの追加または削除を管理できるようになり、例外や特別なケースに対応できる柔軟性も提供します。IP アドレスをブラックリストに追加 – 設定済みのしきい値を超える速度でリクエスト数を送信した IP アドレスをブラックリストに追加することができます。IP Address のトラッキング– どの IP アドレスがブラックリストに追加されているか見ることができます。IP Address の削除 – ブラックリストに追加された IP アドレスは、設定済みのしきい値を超える速度でリクエストを送信しないようになれば自動的にリストから削除されます。IP Address の例外 – 特定の IP アドレスをブラックリストの対象外として設定することができます。その場合はレートベースのルール内にある IP アドレスのホワイトリストを使用してください。たとえば、自分のサイトに信頼できるパートナーが高速でアクセスできるように許可したい場合もあるでしょう。モニタリングおよびアラーム発行 – 各ルールに発行した CloudWatch メトリクスでモニタリングしたりアラーム発行をすることができます。新しいレートベースのルールと WAF の条件を組み合わせて高度なレート制限戦略を取り入れることもできます。たとえば、レートベースのルールやログインページと一致する WAF […]

Read More

IPv6 サポートの更新 – CloudFront、WAF、S3 Transfer Acceleration

先日のブログ「Amazon S3 で IPv6 をサポート」の続報として、今回は 、Amazon S3 Transfer Acceleration、 と 50 か所以上に渡るすべての CloudFront エッジロケーションでも IPv6 サポートが利用可能になったことをお知らせします。AWS では、すべての自律システムネットワーク (ASN) で IPv6 を有効にするための段階的な移行プロセスを本日より開始し、今後数週間に渡りすべてのネットワークで拡張する予定です。 CloudFront IPv6 のサポート 各 ディストリビューションごとに IPv6 サポートを有効にすることができます。IPv6 を使用して CloudFront エッジロケーションに接続する閲覧者とネットワークは自動的に IPv6 でコンテンツを取得します。IPv4 を使用して接続する場合は以前のように機能します。オリジンサーバーへの接続には IPv4 を使用します。 新たに作成したディストリビューションでは自動的に IPv6 が有効になります。既存のディストリビューションを変更するには [Enable IPv6] を有効にします。これはコンソールまたは CloudFront API から設定できます。 この新機能の重要事項については次をご覧ください。 エイリアスレコード – ディストリビューションで IPv6 サポートを有効にすると、ディストリビューションの DNS エントリは AAAA レコードを含むものに更新されます。 […]

Read More