Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon Lex

Amazon Connect

Amazon ConnectとAmazon Lexの連携により洗練された会話体験を実現

本記事は、Brian Yost、Anubhav MishraによるCreating a sophisticated conversational experience using Amazon Lex in Australian Englishを翻訳したものをベースに、日本語対応のための編集を行ったものです。 コンタクトセンターにおいて、ユーザーが担当窓口を番号で選択する典型的なIVRは、ユーザーの問い合わせが多岐に渡る場合に選択肢や階層が多くなり、顧客体験を低下させてしまう事があります。真に魅力的な会話体験を実現するためには、ユーザーの意図を正確に理解する高品質な音声認識と、自然言語理解が必要です。 Amazon Lexは、音声やテキストを使ってあらゆるアプリケーションに会話型インターフェースを構築するためのサービスです。Amazon Lexが日本語に対応したことより、ユーザーが発する日本語を正確に理解し、堅牢でローカライズされた会話体験を提供することができます。また、Amazon Pollyが自然に聞こえるように合成した日本語音声でユーザーに応答し、完全にローカライズされた会話体験を提供することができます。 この記事では、日本語をサポートするチャットボットを構築し、Amazon Connectの問い合わせフローに組み込むことによって、コンタクトセンターのユーザーに優れた体験を提供する方法を紹介します。

Read More

Amazon Lex が日本語に対応。東京リージョンでお使いいただけます

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、シニアエバンジェリストの亀田です。 Amazon Lex が日本語に対応し、東京リージョンでお使いいただけますのでお知らせいたします。 Amazon Lex Amazon Lex はチャットボット向けの会話型 AIを提供するサービスで、Alexaと同じテクノロジーを利用した会話インターフェースの構築が可能となります。 音声をテキストに変換するためのディープラーニングを利用した自動音声認識(ASR)と、テキストの意図を認識する自然言語理解(NLU)機能が提供されているため、文字チャットだけではなく、音声入力により、リアルな会話の相互作用を備えたアプリケーションの構築が簡単に行えます。音声には、Amazon Pollyが用いられ、自然な日本語でユーザーに応答し、また発音のカスタマイズ等も可能です。 2021年4月2日現在、日本語の他に、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語に対応しています。 Lex には皆さんの開発をより簡便化させるために、いくつかのテンプレートがあらかじめ備わっています。ここでは、旅行予約を行うテンプレートをみてみます。 Intents, Utterances, Slots, Prompts, Fulfillment という用語がでています。これらはそれぞれ以下の目的で用いられます。 Intents : 花の注文やホテルの予約など、ユーザーが達成したい目標です。ボットには少なくとも1つのインテントが必要となります。デフォルトでは、すべてのボットに単一の組み込みインテントであるフォールバックインテントが含まれています。このインテントは、Lexが他のインテントを認識しない場合に使用されます。たとえば、ユーザーがホテルの予約インテントに「花を注文したい」と言うと、フォールバックインテントがトリガーされます。ここに新規のインテントを追加し会話インターフェースを作りこんでいくことになります。 Utterances: ユーザーがインテントをトリガーするために使用すると予想される10個以上のフレーズを提供する必要があります。例えば、ホテルを予約したい場合、「旅行」から会話を始めるユーザーもいれば、「ホテル予約」と指示を出すユーザーもいます。なるべく多くのフレーズを設定することで、ユーザーの意図を取り組みやすいインターフェースを作ることができます。Lexは、これらのフレーズから一般化して、ユーザーがインテントをトリガーしたいことを認識します。 Slots: 上記utterancesの中にも含まれるケースがある、Lexの会話ボットが実現したい具体的な内容です。例えば、ホテルの予約ボットであれば、「場所」、「日付」、「宿泊日数」、「部屋の種類」などです。Lexはこれらの情報を取得するために、ユーザーとの会話を行う、と言い換えることができます。 Prompts: Prompts は上記Slotsと連携して、Lexが発話してユーザーに質問を行う会話です。上記の例でいうと「Location」というSlotsに対して、Lexは「どちらの都市に滞在しますか?」とユーザーに話しかけます。 Fulfillment:Slotsで設定された必要な情報が集まった時点で、Lexか行う処理を定義します。以下の例であれば、ホテルの予約を行うために、空き部屋や価格照会、予約行為を行うAWS Lambda関数を起動します。 Lexにはその他より良い音声ないしはチャットインターフェースを実現させるための機能が備わっています。 例えば、「Sentiment analysis」の機能は、ユーザーの会話やチャットに入力された文字列に対して、感情分析を行います。ユーザーがNegativeな入力を多くしている場合、会話インターフェースをより洗練させるヒントがそこから得られるかもしれません。現在日本語音声は女性であれば「Mizuki」、男性であれば「Takumi」という2つのエンジンが備わっています。ユーザーが途中で気が変わり会話をやめた場合、処理を終了させるタイムアウトのコントロールなども可能です。 以下のようにマネージメントコンソールで現在開発中の会話インターフェース試すこともできます。チャットだけではなく、ブラウザ経由で音声をマイクから拾い、音声によるテストも可能です。 作成されたBotはマネージメントコンソール右上から、「Publish」ボタンをおすと、公開されます。 フロントエンドへの実行は以下のドキュメントに詳細が記載されています。 https://docs.aws.amazon.com/lex/latest/dg/examples.html 例えば、AWS Amplifyへ組み込む場合、以下のような内容を記載し設定します。以下の例では、Amazon Cognitoを用いて認証を行い、その後LexのBotを呼び出しています。LexのBotはARNではなく、aliasで呼び出しています。 import Amplify from ‘aws-amplify’; Amplify.configure({ Auth: { identityPoolId: ‘ap-northeast-1:xxx-xxx-xxx-xxx-xxx’, […]

Read More

Amplify JavaScript が新たに Vue 3 をサポート

この記事は、Amplify JavaScript releases support for Vue 3を翻訳したものです。 本日より、Amplify JavaScript は現在対応しているVue.jsバージョン2に加え、新たにVue.jsバージョン3へ対応します。オープンソースの Amplify Librariesは、あらゆるカテゴリのクラウドを使ったオペレーションに対し、ユースケース中心の、独自のスタイルを持った、宣言型で使いやすいインターフェイスを提供し、モバイル開発者やウェブ開発者がバックエンドと簡単にやり取りできるようにしています。これらのライブラリは AWS クラウド技術に支えられており、プラグイン可能なモデルのため、他のプロバイダを利用するよう拡張することもできます。ライブラリは、Amplify CLI を使用して作成された新規バックエンドおよび既存バックエンドリソースの両方で使用可能です。Amplify UI コンポーネントは、複数のフレームワーク向け UI コンポーネント内にクラウド接続部分のワークフローをカプセル化したオープンソースの UI ツールキットです。 このチュートリアルでは、以下を実行します。 このチュートリアルのベースとして新しい Vue 3 アプリを作成 Amplify の Interactions カテゴリの基本設定をセットアップ チャットボットコンポーネントを作成して Vue 3 アプリケーションに追加 前提条件 このチュートリアルを開始する前に、 Amplify ドキュメントの ウェブサイトにアクセスし、Prerequisites (前提条件) セクションに従ってください。前提条件を完了後、このチュートリアルを実行するための準備が整います。 AWS プロファイルを設定するときは、リージョンが Amazon Lex をサポートしていることを確認してください。サポートされているリージョンは、 こちらで確認できます。 新しい Vue アプリの作成 まず、 @vue/cliを使用して新しい Vue アプリケーションを作成し、起動します。このCLIツールを使うことで、現在のベストプラクティスを適用して自動で Vue アプリケーションを作成します。次に、Amplify を追加し、新しいプロジェクトを初期化します。以下の手順で、このプロセスを説明します。 新しい […]

Read More

Amazon Lex の強化されたコンソールエクスペリエンスと新しい V2 API

本日、 Amazon Lex チームは、会話体験の構築、デプロイ、管理を容易にする新しいコンソールエクスペリエンスをリリースしました。新しいコンソールに加えて、継続的なストリーミング機能を含む新しい V2 API も導入されています。これらの改善により、新しいオーディエンスにリーチし、より自然な会話を行うことが可能になるとともに、迅速な開発と反復を促進することができます。 新しい Lex コンソールと V2 API では、主に 3 つのメリットにフォーカスしたボットの構築と管理が容易になります。まず、ボットに新しい言語を随時追加し、設計、テスト、デプロイのライフサイクルを通じてすべての言語を単一のリソースとして管理できます。新しいコンソールエクスペリエンスでは、さまざまな言語間をすばやく移動し、会話の比較や絞り込みを行うことができます。このブログ記事の後半では、英語のボットにフランス語を簡単に追加した方法を説明します。 次に、V2 API ではバージョン管理が簡素化されます。新しい Lex コンソールと V2 API は、ボットインテントとスロットタイプの範囲が特定の言語に設定されるシンプルな情報アーキテクチャを提供します。バージョン管理はボットレベルで実行されるので、インテントやスロットタイプなどのリソースのバージョンを個別に管理する必要はありません。ボット内のすべてのリソース (言語、インテント、スロットタイプ) は、ボットのバージョン作成の一部としてアーカイブされます。この新しい作業方法により、ボットの管理が容易になります。 最後に、ビルダー生産性ツールと機能が追加されたことにより、ボット設計プロセスの柔軟性と制御性が向上します。設定のスクリプト、テスト、調整を行う時にさまざまなボット要素を開発し、部分的に完了した作業を保存できるようになりました。これにより、ボットの開発が非常に柔軟になります。例えば、削除されたスロットタイプを参照するスロットを保存できます。部分的に完了した作業を保存することに加えて、構成内をすばやく確実に移動できます。新しい [Conversation flow] (会話フロー) 機能では、さまざまなインテントとスロットタイプを移動しながら方向を維持できます。 強化されたコンソールと API に加えて、新しいストリーミング会話 API も提供されています。自然な会話には、一時停止や中断が伴います。例えば、請求の支払いを行うときにクレジットカードの詳細に関する質問に答えようとする顧客は、必要な情報を探すために会話を一時停止したり、回線を保留するように求めることがあります。ストリーミング会話 API を使用すると、ボットの設定時に会話を一時停止し、中断を直接処理できます。全体として、会話の設計と実装が簡素化され、管理が容易になります。ボットビルダーは、仮想コンタクトセンターエージェントまたはスマートアシスタントの会話機能をすばやく強化できます。 次に、新しいボットを作成して、Lex の新しいコンソールとストリーミング API 機能の一部によってボット構築エクスペリエンスがどのように向上するかを紹介しましょう。 ボットの構築 新しい V2 Lex コンソールで [Create bot] (ボットを作成) をクリックして作業を開始します。 [Start with an example] を選択し、[MakeAppointment] […]

Read More

Amazon ConnectとSalesforce Service Cloudによる自動化されたAIエクスペリエンスの構築

昨年我々 は Salesforce のAmazon Connect CTIアダプタの最初のリリースを発表しました。我々 は、多くの企業のお客様が革新的な顧客体験を提供するこのインテグレーションを活用するのを見てきました。お客様からのフィードバックに基づいて、以下の追加機能を備えた CTI アダプタのバージョン 2(訳注)もすでにリリースされています: 訳注)本日時点で最新のCTIアダプタのバージョンは3.1です。 Salesforce 画面ポップアップの機能追加:Caller IDに加え、Amazon Connectの問い合わせフローで設定したコンタクト属性に基づいてポップアップさせる機能をサポート。 Salesforce オムニチャネルのサポート:Amazon Connectの音声チャネルをSalesforceチャット、電子メール、SMS チャネルと連携させることが可能に。 ロギングと録音のサポート:自動的にAmazon Connectの通話をログに記録し、Salesforce の通話記録に表示します。 Lambdaによるデータ活用:事前に構築済みのLambdaファンクションを使うことによってSalesforceの顧客データをカスタマーエクスペリエンスの向上のために活用することが出来ます。 SSO/SAML サポート:シームレスなシングル サインオンをAmazon Connectと Salesforce で有効に出来ます。 Aamzon Connectをはじめてセットアップする場合は、こちらのgetting started guideをご覧ください。また、CTIアダプタインストールガイド ではSalesforce AppExchangeのCTIアダプタの設定方法についてご案内しております。本ブログでは、作成済みのAamzon Connectインスタンスに対して設定済みのCTIアダプタがSalesforceインスタンスにセットアップされていることを前提にしております。また、Amazon Lex ボットのセットアップについての一定の知識も前提にしております。 CRMエージェントルーティングによる自動化されたAIエクスペリエンスの構築 あなたは小規模な再生可能エネルギー関連企業におけるコンタクトセンターの責任者だとしましょう。そのコンタクトセンターでは、エージェントはセールスについてとサービスについての両方の問い合わせを受けることとします。両方の問い合わせを受けるため、エージェントは顧客が問い合わせをしている理由を知る必要があり、また、ケースや連絡先情報のようなキーとなる情報がスクリーンにポップアップする必要があります。 Amazon Connectインスタンスでは、Amazon Lex ボットを活用したシンプルな問い合わせフローを設定します。この問い合わせフローは、顧客が問い合わせをしている理由、つまりインテントとしてAmazon Lexに定義するもの、が何かを尋ねるためのものです。顧客の言葉に応じて、Amazon Lexはその言葉を定義済みのインテントの一つにマッチさせます。セールスについての問い合わせか、サービスについての問い合わせかが確定したら、ケース番号を尋ねてそれをスロットに格納します。ボットがデータを収集したら、Amazon Connectはそれをその顧客の既知の何らかの情報とともにスクリーンにポップアップし、エージェントに伝えます。 初めのステップは二つのAmazon Lexボットの作成です:GetCustomerCallReasonとGetCaseNumberです。GetCustomerCallReasonは二つのインテントを持っています:SalesCallとSupportCallです。いずれのインテントについても、それぞれの問い合わせの理由についての発話をこれらのインテントにあてはめたいと思うでしょう。以下のスクリーンショットはそれぞれのインテントについての作り方を示すものです。 SalesCall インテント   SupportCall インテント これらのボットとインテントの名前は問い合わせフローの中で参照しますので、上の図と同じ名前で作成するようにしましょう。つぎに、Amazon LexボットGetCustomerCallReasonを作成し、発行します。ここで、prodというエイリアスを使用しました。 […]

Read More

Amazon Lex を組み合わせた Amazon Connect でダイヤルボタンの数字選択と発話入力を使う

あなたは公共の場所に座っていて、電話でカスタマーサポートに問い合わせる必要があるとします。あなたは移動中で、予約の確認か変更をしたい、もしくは口座の残高照会をする必要があるかもしれません。そしてあなたはアカウントのパスワードをリセットする必要があります。なぜならあなたはいつも電話ではなくタブレットから自身のアカウントにアクセスしているためです。私たちはみなそうしてきました。 そこで、あなたはカスタマーサポートに電話をかけます。しかし、あなたが公共の場所にいて機密の個人情報を入力したいとき、それを声に出すことは安全ではないかもしれません。あなたのまわりの誰もがあなたが話すことを聞こえるからです。もし、あなたがまわりの騒音の中で話そうとするときは特にそうです。 さて、あなたが喜ぶために、カスタマーサポートがあなたの個人情報をダイヤルボタンを使って数字入力できるようにすることを想像してみてください。あなたは何も言う必要はありません。 Amazon Lex のチャットボットを組み合わせた Amazon Connect は、問い合わせフローを使用した場合に顧客がキーパッドを押した数字を入力としてキャプチャーできます。Amazon Lex はキーパッドで押された数字をプッシュ信号 (DTMF) として解釈します。Lex はあなたが発話を話すときと同じ方法で、その入力に基づいてインテントと一致させます。これにより、顧客がコンタクトセンターと対話する柔軟性が向上します。これはまた、風邪のためか前の歯医者の予約によるためのどちらでも、話すことが難しい誰にとってもより容易になります。 お客様は、キーパッドに個人情報やアカウント番号などの機密情報を入力する方法を選択できるようになり、Amazon Lex の背後にある自然言語理解エンジンを使用して Amazon Connect を通じて Amazon Lex ボットと会話できるようになりました。 このブログポストでは、Amazon Connect の問い合わせフローの中で使うための Amazon Lex のボットを作成する方法を説明します。あなたも、リアルタイムで私のバージョンを試すことができます。 概要 このソリューションは以下のタスクを含みます。 Amazon Lex のボットを作成する ― 名前を指定し、ボットのその他設定を選択する ボットを構成する―ボットがどのように動くかを定義するために設定を更新する。これは以下のステップを含みます。 インテントを作成する ― インテントとは、口座残高の取得など、お客様が実行したいアクションです。ボットは1つ以上のインテントを持つことができます。 スロットを追加する ― スロットは、顧客が意図を満たすために提供しなければならないデータを定義します。 インテントを構成する ― 入力に基づいて、顧客の意図に一致する発話とスロットのコレクションを選択し、次に何が起こるかを決定します。 ボットのエラーハンドリングを構成する ― 呼び出し元の発話が理解できない場合など、ボットがエラーを処理する方法を設定します。 ボットをビルド、テストする ― ボットが意図したとおりに動くか確認します。 ボットを公開し、エイリアスを作成する ― ボットを公開し、対話を可能にします。 […]

Read More

【開催報告】Digital Advertising Japan Seminar 2018 – Machine Learning 事例祭り –

こんにちは。AWS ソリューションアーキテクトの八木達也 ( @ygtxxxx ) です。 7月23日に、「Digital Advertising Japan Seminar 2018 – Machine Learning 事例祭り –」を開催いたしました。 AWSジャパン主催でデジタル広告業界の方向けのイベントを開催するのは2年ぶりでしたが、定員60人のところ55名の方にお集まりいただき、盛況となりました。             このイベントは「Digital Advertising、AdTech 領域における Machine Learningの実践知」を「互いに学び合う」ことができる場を作ることを目標としていたため、AWSメンバーによるプレゼンテーションだけではなく、お客様プレゼンテーションを中心としたAGENDAを構成しました。機会学習という領域における、テクノロジー視点でのお取組み、組織育成視点でのお取組み、それぞれの視点で最先端な活動をなさる方々よりご登壇を頂きました。 まずは主催者の唐木/八木よりオープニングセッションを行いました。 唐木より全体の説明を行い、八木より「Machine Learning for Digital Advertising」というタイトルでプレゼンテーションを行いました。 Machine Learning for Digital Advertising from Amazon Web Services Japan 次に、アナリティクス スペシャリスト ソリューションアーキテクトの志村より「AWS ML Services Update」というタイトルでプレゼンテーションを行いました。 AWS ML Update from Amazon […]

Read More

AWS 機械学習ソリューションについて学べる新しいデジタルトレーニング

こんにちわ。 アマゾン ウェブ サービス ジャパン、プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。   今年の1月に、AWSがご提供している機械学習関連サービスの、無料のトレーニングコースについてご案内しました。このコースはクラウドのスキルを磨いたり Machine Learning (ML)を学びやすくするために提供しており、「ディープラーニングの概要 (Introduction to Deep Learning)」や「Amazon SageMaker の概要 (Introduction to Amazon SageMaker)」といった新しいコースが含まれています。   こちらの日本語版がリリースされましたので、みなさんにご案内いたします。 オンデマンドウェビナー一覧 以下のコースが日本語字幕付きで提供を開始しています。動画視聴がポップアップブロックで開始されない場合は、ブラウザのポップアップブロックを設定してください。 https://www.aws.training にて登録後、各トレーニングをご利用いただけます。 Introduction to AWS Machine Learning Services (Japanese) (日本語字幕版) Introduction to Deep Learning (Japanese) (日本語字幕版) Introduction to AWS Greengrass (Japanese) (日本語字幕版) Introduction to Artificial Intelligence (Japanese) (日本語字幕版) Introduction to […]

Read More

チャットボットにウェブ UI をデプロイする

お客様は、Amazon Lex をお使いになり非常に優れたチャットボットを構築しました。Amazon Lex コンソールをご使用になりチャットボットをテストしました。これでチャットボットを皆様のウェブサイトにデプロイ出来るようになります。 お客様が独自のボットユーザーインターフェース (UI) を構築することは可能ですが、荷が重いと感じられるかもしれません。様々なデバイスとブラウザに対するサポート、承認、音声録音などを扱う必要があります。以前に既に実行されているはずだと考え、上手く再使用できるソリューションが見つかるかもしれません。 Amazon Lex チャットボット UI チャットボット UI と呼ばれる Amazon Lex ウェブ UI のサンプルは、 Amazon Lex チヤットボットにフル機能のウェブクライアントを提供する関連する重要部分にすでに対応しています。この機能を迅速に活用して時間を最小限に抑えることで、お使いになられているチャットボットを搭載したアプリケーションの価値を見出すことができます。 フルページのチヤットボット UIとして稼働させることができます。: あるいは、チャットボットウィジェットとしてサイトに組み込むこともできます。: チャットボット UI は、以下の機能をサポートしています。: フルスクリーンまたは組み込み可能なウィジェットモードを備えた、モバイルに対応する UI 音声とテキストを完全にサポートし、二者間をシームレスに切り替えることができる 自動消音検出、トランスクリプション、オーディオの録音および再生、Amazon Lex レスポンスの再生を中断する機能などの音声機能 テキストと音声の両方をサポートするレスポンスカード ホスティングサイトからチャットボット UI とプログラムを介して対話する機能 複数のデプロイメントのオプション デプロイメントと統合のオプション チャットボット UI のデプロイメントと統合には4つのオプションがあります。 AWS CloudFormation の使用 AWS Mobile Hub の使用 事前に構築されている配布ライブラリの使用 事前にパッケージ化された Vue コンポーネントの使用 […]

Read More

Microsoft Excel を使った Amazon Lex チャットボットの構築

この記事は、AWS コミュニティヒーローの Cyrus Wong によるゲスト投稿です。 ここ香港にある私たちの学院 (IVE) では、教育、研究、およびヘルスケアにおいて Amazon Lex での実験を開始しました。当学院には、IVE の英語教師、IVE の保育、高齢者およびコミュニティサービス学科のセラピストなど、Amazon Lex コンソールで自然言語での対話ボットを作成する技術的ノウハウを持たない従業員が多数存在します。私たちは、非技術系ユーザーのための Amazon Lex チャットボットを構築する試験的なプロジェクトをいくつか完了しました。非技術系ユーザーは Excel スプレッドシートにそれぞれの質問を記入し、その後開発者が Amazon Lex コンソールにユーザーの質問をコピーしました。しかし、ユーザーがチャットボットで何かを変更したい場合、開発者はいつもこれと同じコピーアンドペーストプロセスを行わなければなりませんでした。 そこで私たちは、「チャットボットの構築に Excel を直接使ってコピーアンドペーストの繰り返し作業をやめたらどうだろう?」と考えました。 当学院の従業員は全員 Microsoft Excel の使用方法を知っているため、私たちは最小限のプログラミングスキルでチャットボットを作成するために Excel を使用できる「ExcelLexBot」というプロジェクトを立ち上げることにしました。 ExcelLexBot は、事前定義されたフォーマットの Excel ファイル (xlsx) を Amazon Lex チャットボットに変換するサーバーレスアプリケーションです。私たちが作り上げた ExcelLexBot は様々な方法で使用することができ、その全てが迅速に、最小限の開発スキルで構築できるように設計されています。私のような教師は、ExcelLexBot を使ってインタラクティブなチャットに似たテストや課題を作成することができます。生徒は、最後の学年末プロジェクトにチャットボットの機能性を追加するためにこれを使用しますが、これも迅速に行うことができます。クラウドおよびデータセンター管理の副学士課程に属する 80 人の生徒たちが 1 時間内で 80 のチャットボットを作成しました。 この記事では、ExcelLexBot の仕組みと、それをデプロイして使用する方法について説明します。 Amazon Lex のコンセプト […]

Read More