Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon Lex

AWS チャットボットチャレンジを開催 – Amazon Lex と AWS Lambda を使用した対話式でインテリジェントなチャットボットを作成

AWS 2017 サンフランシスコサミットのリリース内容やお知らせを細かくチェックしていたユーザーなら Amazon Lex サービスの一般提供が開始し、今すぐご利用いただけるようになったことをすでにご存知かもしれません。Amazon Lex は、開発者が音声やテキストを使用するアプリケーションで対話式のインターフェイス構築を可能にするフルマネージド型の AI サービスです。Lex は Amazon Alexa を使用する Amazon Echo のようなデバイスと同じディープラーニングを使用しています。Amazon Lex のリリースにより、開発者は独自のアプリケーションで違和感のないユーザーエクスペリエンスやリアルな会話のやり取りを構築できます。Amazon Lex は Slack、Facebook Messenger、Twilio SMS に対応しています。こうした人気のチャットサービスを使用し、ユーザーの音声やテキストのチャットボットを簡単に発行することができます。Amazon Lex サービスを試し、独自のアプリケーションに優れた機能を追加するには、今が絶好のチャンスです。 さて、いよいよお知らせです。 この度 AWS チャットボットチャレンジを開催することになりました! AWS チャットボットチャレンジは、問題を解決したり今後のユーザーに向けた付加価値を追加する、他に例のないユニークなチャットボットを構築するチャンスです。AWS チャットボットチャレンジはアマゾン ウェブ サービスと Slack の協力により実現しました。 チャレンジ このチャレンジに参加する開発者は、Amazon Lex を使用して自然な対話式のチャットボットを構築し、バックエンドでロジックプロセスやデータプロセスを実行するために AWS Lambda と Lex の統合を利用することになります。対象となるボットは新しいものでも既存のものでも構いませんが、既存のボットの場合はこのチャレンジのエントリー期間中に Amazon Lex と AWS Lambda を使用できるように更新する必要があります。 ソリューション構築時の制限は、あなたの想像力のみです。それでは、以下にボット作成やデプロイにおける創作力をサポートするアドバイスをいくつかご紹介します。チャットボットをよりユニークにするためのアドバイスについては次をご覧ください。 Slack、Facebook […]

Read More

Pollexy – Amazon Polly と Raspberry Pi で構築した特別なニーズをサポートする音声アシスタント

4 月は Autism Awareness month (自閉症啓発月間) です。米国では 68 人中に 1 人の子供が自閉症スペクトラム障害 (ASD) と診断されています (2014 年 CDC 調査)。 今回のブログでは AWS のシニア DevOps クラウドアーキテクトの Troy Larson が、息子の Calvin をサポートするために取り組んでいるプロジェクトについて紹介します。これまでにも、AWS がどのようにしてこれほどたくさんの様々なアイデアを出し合えるのか聞かれたことがあります。場合によっては、とても個人的な理由で大切な誰かの役に立ちたいという願いからアイデアが浮かぶこともあるのですが、この Pollexy はまさにその例です。まずは Pollexy に関する記事を読んでから、こちらの動画をご覧ください。 -Ana 背景 私はここ何年もの間、自閉症で会話の少ない 16 歳のティーンエイジャーの親であるコンピュータプログラマーとして、どうにかテクノロジーを使ってより安全で幸せかつ快適な暮らしをつくることができないかと常に模索していました。このプロジェクトのチャレンジとなる根源は、人との交流におけるすべての基本、つまりコミュニケーションです。息子の Calvin は口頭による指示には反応しますが、責任を持って発言することができません。彼のこれまでの人生において、私達が会話をしたことは一度もないのです。自分の部屋で一人で遊んでいることはできても、すべてのタスクや一連のタスクをこなすには、他の誰かが口頭で彼に促す必要があります。我が家には他にも子供がおり、家庭内で担当するその他の役割もありますから、Calvin にかかりっきりになることで家庭内の雰囲気に負の影響が出てしまうことも否めません。 事の発端 去年開催された re:Invent で Amazon Polly と のことを初めて耳にしてから、すぐにこうした技術を活用してどのように息子をサポートできるか考え始めました。息子は人による口頭指示に対しては問題なく対応することができますが、デジタル音声を理解することはできるのだろうか? という疑問がありました。そこで、ある土曜日に Raspberry Pi を息子の部屋に設定し、ドアを閉め、息子に気付かれないように家族と一緒に様子をうかがってみることにしました。Raspberry Pi に接続し、聞き慣れた西海岸の発音による Joanna […]

Read More