Amazon Web Services ブログ

Category: Developer Tools

Experimental construct librariesがAWS CDK v2で利用可能になりました

AWS CDK v2の実験的な(experimental)APIは、既存の安定した(stable)APIとは別のパッケージとして提供されるようになりました。 AWS Cloud Development Kit (AWS CDK)は、使い慣れたプログラミング言語を使ってクラウドアプリケーションのリソースをモデル化し、プロビジョニングするためのオープンソースのソフトウェア開発フレームワークです。AWS CDKを使用すると、インフラストラクチャをコードとして定義し、AWS CloudFormationを通じてプロビジョニングできます。AWS CDKは、クラウドリソースに対して実績のあるデフォルト値を設定したハイレベルなコンポーネントを提供しているため、専門家でなくてもクラウドアプリケーションを構築できます。また、組織の要件を組み込んだ独自のカスタムコンポーネントを構成して共有できるため、チームが新しいプロジェクトを迅速に開始するのに役立ちます。

Read More

あらゆる言語でのCDKアプリケーションのテスト

AWS Cloud Development Kit (AWS CDK)は、使い慣れたプログラミング言語でクラウドアプリケーションのリソースを定義するためのオープンソースソフトウェア開発フレームワークです。AWS CDKはインフラストラクチャをプログラミング言語で定義できるため、アプリケーションのコードと同様に、インフラストラクチャのコードに対しても自動化されたユニットテストを記述することができます。テストは効果的なDevOpsの実践のために重要な要素であり、インフラストラクチャのコードをテストすることで、AWSクラウドで期待通りのリソースを確実に作成することができ、リグレッションが発生するのを防ぐことができるなどのメリットがあります。 今日、私はAWS CDK用のassertions モジュールを発表できることを嬉しく思います。これはCloudFormationテンプレートを中心に、CDKアプリケーションに対してユニットテストを書くのに役立つように設計されたAPIのセットです。 すべての言語をサポート 以前のAWS Blogの記事では、JavaScriptとTypeScriptでのみ利用可能なassertモジュールを使ってテストを書く方法を説明しました。assertモジュールと同様に、新しいCDK assertionsモジュールは、CDKアプリによって生成(synthesize)されたCloudFormationテンプレートを正確に検証するためのAPIセットを提供します。さらに、新しいassertionsモジュールは、CDKがサポートするすべての言語に対応しています。

Read More

AWS CDKまたはCloudFormationを使用し、カスタムAWSリソースでAmplifyバックエンドを拡張する新機能「カスタム」のご紹介

この記事は、Extend Amplify backend with custom AWS resources using AWS CDK or CloudFormation を翻訳したものです。 AWS AmplifyでAWS Cloud Development Kit(CDK)またはAWS CloudFormationを使用し、Amplifyが作成したバックエンドに175以上のAWSサービスを追加する新しいコマンドamplify add customが発表されました。カスタムリソースを追加する新しい機能により、開発者は1つのコマンドでAmplifyに組み込み済みのユースケース以外にリソースを追加できます。

Read More

【開催報告】CloudNative Days Tokyo 2021 Co-Located ハンズオンイベント

AWS Japan ソリューションアーキテクトの堀内です。 先日 11/2(火) に CloudNative Days Tokyo 2021 (以降、CNDT2021)の Co-Located ハンズオンイベント にて、 “Security for Developers – DevSecOps on AWS” と “Amazon EKS Observability Workshop” の2つのハンズオンイベントを開催いたしました。

Read More
CDKでAmplifyで生成されたバックエンドリソースをカスタマイズする

Amplifyで生成されたバックエンドリソースをCDKでカスタマイズする新機能 「オーバーライド」のご紹介

この記事は、Override Amplify-generated backend resources using CDKを翻訳したものです。 AWS Amplifyは、開発者がAmplifyで生成されたAWS IAM、Amazon Cognito、Amazon S3、およびAmazon DynamoDBのリソース構成を上書きし、アプリの要件を最適に満たす機能を発表しました。 開発者はAmplifyが提供する標準のリソースを使用してバックエンドを簡単に構成できますが、この新しい “オーバーライド” 機能を用いることでさらに細かいリソースの設定をカスタマイズできます。

Read More

AWS CDK Pipelines を利用した SaaS の並列かつ動的なデプロイ

こちらの記事は「Parallel and dynamic SaaS deployments with AWS CDK Pipelines」を翻訳したものです。 Software as a Service(SaaS)は、従量課金制の価格モデル、スケーラビリティ、可用性などのメリットをもたらすビジネスモデルで、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)の間でますます人気を集めています。 SaaS サービスは、多数のアーキテクチャモデルを使用して構築できます。アーキテクチャを共有しないサイロモデルでは、各テナントごとに専用のリソースを提供します。サイロモデルでの展開は、テナント間のコンピューティングリソースとデータを分離し、ノイジーネイバー問題を排除するのにも役立ちます。一方、プールモデルには、コンピューティングリソースとキャパシティをより効率的に利用できるため、メンテナンスのオーバーヘッドの削減、管理と運用の簡素化、コスト削減の機会など、いくつかのメリットがあります。ブリッジモデルは、サイロモデルとプールモデルの両方が共存して使用されるハイブリッドなモデルです。システムの一部はサイロモデルとして、別の一部はプールモデルとして構築することができます。

Read More
thumnail

AWS X-Ray と AWS Application Cost Profilerを使用して共有 AWS インフラストラクチャのテナントコストを追跡する

こちらのブログ記事では、AWS Application Cost Profiler をご紹介しました。この新サービスでは、マルチテナントのアプリケーションを実行しているお客様が、テナント間で共有されている AWS リソースの詳細なコスト内訳を取得することができます。AWS Application Cost Profiler は、お客様、特に SaaS ISV に、各顧客またはテナントのインフラストラクチャコストを関連付けて報告する標準的なメカニズムを提供します。この詳細なテナントベースのコスト表示により、ISV は製品の利用プランベースまたは使用量ベースの価格設定による市場投入戦略を策定し、マルチテナントアーキテクチャモデルのコストを効果的に管理できます。また、マルチテナント型のアプリケーションを運用している企業は、このデータを活用して、チャージバック目的の正確なコスト配分モデルを定義することができます。 Application Cost Profiler では、アプリケーションの所有者は、テナントの使用量メタデータを生成し、Application Cost Profiler の入力として使用できるように、アプリケーションを計測する必要があります。以前、Amazon CloudWatch Logs を利用するサンプルアプリケーションのインストルメンテーションをご紹介しました。この例では、テナント情報が Amazon CloudWatch Logsの出力に追加され、スケジュールされた AWS Lambda 関数がログ出力を時間ごとに処理して、AWS Application Cost Profiler によって使用されるテナント使用量のメタデータを生成します。次の例では、AWS X-Ray のトレースサマリを使用して、テナントの使用量メタデータを生成し、AWS Application Cost Profiler と統合します。

Read More

AWS DevOps Monitoring Dashboard ソリューションを使用して CI/CD メトリクスのキャプチャと分析を自動化する方法

この記事は 2021年4月14日に Solutions Builder and Data Analytics SME の Aijun Peng と Technical Program Manager の Rakshana Balakrishnan により投稿された How to automate capture and analysis of CI/CD metrics using AWS DevOps Monitoring Dashboard solution を翻訳したものです。 世界中の企業が、ソフトウェア・デリバリー・プロセスの生産性を向上させるために、DevOps ツールに投資しています。お客様からは、継続的インテグレーション/継続的デリバリ (CI/CD) パイプラインのパフォーマンスや運用に関するメトリクスを収集して、DevOps の自動化から得られる価値を定量化し、ソフトウェアデリバリーの効率化を行える箇所を特定したい、という声が寄せられています。しかし、お客様の中には、適切なメトリクスを特定し、CI/CD パイプラインのさまざまなコンポーネントからメトリクスを集約することは、複雑で時間のかかるものであるため、困難であると感じている方もいらっしゃいます。 この記事では、AWS DevOps Monitoring Dashboard ソリューションを使うことで、DevOps メトリクスを収集して可視化するためのセットアッププロセスを自動化し、時間と労力を節約する方法を紹介します。このソリューションは、あらゆる規模の組織がソフトウェア・デリバリー・プロセスにおける主要な運用指標を収集、分析、可視化することを容易にするリファレンス実装です。

Read More

AWS環境にセキュアなベースラインを提供するテンプレート「Baseline Environment on AWS」のご紹介

みなさんこんにちは。ソリューションアーキテクトの大村です。 このブログでは、私たちAWS Japanのソリューションアーキテクトが AWS Samples に公開している 「Baseline Environment on AWS(BLEA)」について詳しくご紹介します。 これはAWSのセキュリティのベストプラクティスを実装した環境を、迅速に実現するためのテンプレートです。 セキュリティサービスだけでなく、よく利用されるアプリケーションの実装サンプルも含んでいます。これによって基本的なセキュリティを実現した状態をスタート地点としてシステム構築を開始できます。このテンプレートは単一のアカウントでも、また AWS Control Tower によるマルチアカウント環境でも同じように利用可能です。 テンプレートは AWS Cloud Development Kit (CDK) で実装されており、お客様の利用用途に合わせた拡張を少ないコード量で容易に行えるようデザインされています。広く CDKを 利用していただくため、平易なコードで、解説コメントを多くする方針で開発しており、CDK の学習用途としても使えるようにしています。

Read More

AWS SDK for Java 2.xにおけるGraalVM Native Imageのサポート

この記事は2021年2月23日に公開された GraalVM Native Image Support in the AWS SDK for Java 2.x を翻訳したものです。 AWS SDK for Java 2.x (バージョン 2.16.1 以降) で GraalVM Native Imageのコンパイルが標準でサポートされるようになったことをお知らせします。

Read More