Amazon Web Services ブログ

Category: Developer Tools

AWS 開発者用ツールのまとめ – CodeCommit、CodePipeline、CodeDeploy に追加した最近の機能強化

AWS 開発者用ツールは現代の DevOps を実施する上で役立ちます。概要については次をご覧ください (詳しくは「ソースコード管理やデプロイに使用できる新しい AWS ツール」を参照)。 は完全マネージド型のソースコード管理サービスです。既存の Git ツールやワークフローを引き続き使用しながら、安全でスケーラビリティに優れたプライベート Git リポジトリをホストするために同サービスを使用できます (詳細は「Introduction to AWS CodeCommit」のビデオをご覧ください)。 は インスタンスやオンプレミスサーバーでコードのデプロイを自動化します。デプロイの間にダウンタイムを回避しながら、すばやくアプリケーションを更新することができます (詳細は「Introduction to AWS CodeDeploy」のビデオをご覧ください)。 はリリースプロセスの効率化や自動化に使用することができる継続的配信サービスです。リポジトリ (CodeCommit または Git) でチェックインを行うと、ビルド、テスト、デプロイなどの操作が開始します (概要については「Introducing AWS CodePipeline」をご覧ください)。このビルドは CodeDeploy、、 のいずれかを使用して EC2 インスタンスまたはオンプレミスサーバーでデプロイすることができます。 こうしたサービスと既存のビルドやテストツールを組み合わせて使用することで、CodePipeline がまとめるエンドツーエンドソフトウェアのリリースパイプラインを作成することができます。 AWS は今年 Code* 製品に多数の機能強化を追加しました。今回は時期的にもそうした機能の概要をご説明するのにちょうど良い時期だろうと思い、このブログを公開することにしました。こうした機能強化の多くは開発者用ツールと AWS の他の部分を連携できるようにするので、今後もデプロイのプロセスを調整していくことが可能になります。 CodeCommit の機能強化 [codecommit_u] の新機能: リポジトリトリガー コードブラウジング コミット履歴 コミットの可視化 Elastic Beanstalk の統合 リポジトリトリガー – […]

Read More

AWS CodePipeline で、失敗したアクションのリトライが可能に

AWS CodePipeline で、アクション失敗後のリトライが出来るようになりました。以前は、手動でパイプライン全体をリスタートするか、失敗したアクションをリトライするために、パイプラインの Source Stage へ新たな変更をコミットする必要がありました。 CodePipeline 内でアクションがうまく完了しなかった場合、そのアクションは失敗し、パイプラインが停止し、パイプラインを通じた更新を止めてしまいます。本日から、パイプライン全体をリスタートする必要なく、失敗したアクションをリトライできます。 本機能はマネジメントコンソール、 AWS CLI, AWS SDK, API を使用して、利用可能です。リトライ機能の詳細は こちらをご覧下さい。 CodePipelineに関する詳細: 製品ページ ドキュメント 連携プロダクト 翻訳は江川が担当しました。原文はこちら。

Read More

AWS CodePipeline に OpeWorks とのインテグレーション機能が追加されました

AWS Pipeline のソフトウェア リリース パイプライン内で AWS OpsWorks をデプロイメント プロバイダとしてモデル化できるようになりました。更新されたアプリケーション コードのリリースと OpsWorks 内で実行されるアプリケーションとインスタンスのための Chef クックブックのリリースが自動化できます。 AWS OpsWorks は Chef を利用してアプリケーションのすべての形式とサイズに対する構成と運用を支援する構成管理サービスです。これによってアプリケーションのアーキテクチャ及びパッケージのインストール、ソフトウェアの構成、ストレージのようなリソースを含む個々のコンポーネントの仕様を定義することができます。 この機能は、CodePipeline コンソール、AWS CLI、または AWS SDKとAPI によって使い始めることができます。デプロイメント プロバイダとして OpsWorks を利用するパイプラインを作成する方法を学ぶには、こちらを参照してください。   CodePipeline のより詳細な情報は下記をご参照ください:   製品ページ ドキュメント 製品インテグレーション   (日本語訳はSA 福井 厚が担当しました。原文は以下にあります) https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2016/06/aws-codepipeline-adds-integration-with-aws-opsworks/

Read More

AWS CodePipeline が AWS CodeCommit との連携をサポートしました

AWS CodePipeline 内でモデル化されたソフトウェア リリース パイプラインのソース プロバイダとして AWS CodeCommit を選択できるようになりました。パイプラインのソース ステージで CodeCommit リポジトリとブランチを選択できます。 CodeCommit はフル マネージドなソース管理サービスで、企業がセキュアで高いスケーラビリティのプライベート Git リポジトリをホストすることを容易にします。CodeCommit は、独自のソース管理システムを運用する必要性やインフラストラクチャのスケーリングについて心配を不要にします。CodeCommit はソースコードからバイナリまであらゆる物のセキュアなストアとして利用することが可能で、既にお使いの Gitツールとともにシームレスに動作します。 この機能は CodePipeline コンソール、AWS CLIまたは AWS SDKを通じて利用を開始することができます。CodeCommit をソース プロバイダにしたシンプルな Pipeline の作成を学ぶには、こちらをご参照ください   CodePipeline のより詳細な情報は: 製品ページ ドキュメント プロダクト連携 日本語訳はSA 福井 厚が担当しました。原文はこちらです。 https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2016/04/aws-codepipeline-adds-integration-with-aws-codecommit/

Read More

【新機能】AWS CodeCommit の通知

AWS CodeCommit は、セキュアで高度にスケーラブルなプライベート Git リポジトリを容易にホストできるフルマネージドなソース管理サービスです。今回リポジトリ トリガーを追加することで CodeCommit はさらに有用なサービスになりました。これらのトリガーを利用することで、既にあるユニット テストやデプロイメント ツールをソースコード管理ワークフローに統合することができます。トリガーは効率的でスケーラブルなので、変更をポーリングするように構築されたモデルよりもより広範囲に適用可能です。継続的インテグレーションや継続的デリバリをベースとした開発方法論に向かって進むために、これらのトリガーが有用であることがお分かり頂けると思います。   通知に関するすべて CodeCommit のリポジトリごとに10個までのトリガーを作成することができます。トリガーはコードのプッシュ、ブランチ/タグの作成、ブランチ/タグの削除を含むリポジトリのアクションに対する応答として起動されます。トリガーはリポジトリの特定のブランチやすべてのブランチに対してセットできます。 トリガーによって Amazon Simple Notification Service (SNS) トピックの送信や AWS Lambda ファンクションの起動が可能です。また個々のトリガーはカスタム データで拡張することが可能で、そのデータによって特定のトリガーを同じイベントで実行される他のトリガーと区別することができます。リポジトリ イベントを email や SNS によって購買するためにトリガーを利用することができます。SNS から SQS へ書き込み、キューを通じて CI/CD のツールにジョブを上げたり、お使いのツールが提供する webhook に対して SNS を使ってアクティベートしたりできます。どのようなケースでも、CodeCommit リポジトリの変更によって指定したアクションがトリガーされます。また Lambda ファンクションを利用してビルド、シンタックスのチェック、コードの複雑度メトリックスの捕捉、開発者の生産性の測定(もちろん少ないほうがいいですね)などをトリガーできます。私の同僚もこの記事の最後にあるような、いくつかの珍しいアイデアを思いつきました! トリガーは AWS マネジメント コンソール、AWS コマンドライン インターフェース(CLI)、または CodeCommit API を通じて作成、表示、管理することができます。ここではコンソールを使います。左側のナビゲージョン列に Triggers の項目が追加されています: Create Trigger をクリックして開始します。単一のイベント(または複数のイベント)を選択し、単一のブランチ(または複数のブランチ)を選択し、通知の発行や Lambda ファンクションの起動に必要な詳細を入力します: 対象となるイベントとブランチを選択しました: […]

Read More