Amazon Web Services ブログ

Category: AWS License Manager

AWS License Managerを使って、ライセンスソフトウェアを自動検出する方法

ソフトウェアライセンス管理には、コンプライアンスの維持や期限切れの管理、そしてベンダーによる監査への対応といった課題が伴います。ソフトウェアライセンスのインベントリを最新化し、監査の準備が整っていることを確認するには、長時間の手作業が必要です。またクラウド環境では仮想サーバをすぐに増やせるため、ライセンスの管理に気を付けなければいけません。 AWS License Manager は、マイクロソフト、Oracle、IBM、SAP など、さまざまなソフトウェアベンダーのライセンスを管理するためのワンストップソリューションです。このサービスをお使い頂くことで、 AWS およびオンプレミス環境全体でライセンスの使用状況を一元的に追跡できます。re:Invent 2019 では、License Manager の新機能を発表しました。これにより、お客様は既存の環境において新規のライセンス持ち込み (BYOL) ソフトウェアを自動的に検出できるようになりました。 以前は、ライセンス管理者は手作業による検索などを行い、サーバーとインスタンスにインストールされている新しいライセンスを調べる必要がありました。確かにこの方法でも新しいライセンスを一元的に検出することができますが、お客様からはこれらの作業負荷を削減をしたいというご要望を頂いていました。 今回ご紹介する機能で、お客様は独自のライセンスルールを使って、追跡するリソースを指定頂けるようになります。作成したルールに基づいてLicense Managerは、条件にマッチするライセンスを自動的に検出し、レポートします。また管理者は、ライセンスルール違反の通知を受信することもできます。 前提条件  AWS Organizations アカウントをLicense Managerにリンクして、クロスアカウントのインベントリ検索を有効にします。詳細については、AWS License Manager の設定を参照してください。  追跡するすべてのインスタンスに AWS Systems Manager エージェントがインストールされ、最新化されていることを確認します。また、インスタンスがSystems Managerインベントリで管理されていることを確認します。最新バージョンの Systems Manager エージェントを実行することで、サポートされているすべてのインベントリタイプのメタデータを確実に収集できます。ステートマネージャーを使用してSystems Managerエージェントを更新する方法の詳細については、「Systems Managerエージェントを自動的に更新する」を参照してください。    Amazon EC2 インスタンス、あるいはAWSアカウントに関連付けられたオンプレミスサーバーに Systems Manager エージェントをインストールすることで、マネージドインスタンスにします。マネージドインスタンスは、Systems Manager 用に設定されたAmazon EC2 インスタンス、またオンプレミス環境内のサーバー、仮想マシン(VM)です。オンプレミスのサーバーを追跡する場合は、マネージドインスタンスであることを確認します。 オプション 1: ライセンス構成内からの自動検出の設定 a. ライセンス構成を作成する EC2インスタンスとオンプレミスサーバーへのSystems Manager エージェントセットアップが完了し、SSM […]

Read More

AWS License Managerをつかってライセンス使用数を管理する方法

AWS License Manager を使うことで、ソフトウェアライセンスを効率的にクラウドに持ち込むことができます。AWSでサードパーティのライセンスを使ったアプリケーションを構築したり、オンプレミスのワークロードをAWSに移行したりする際、BYOL(bring-your-own-license)を用いてコストを節約可能です。これはすでにお持ちのソフトウェアライセンスをクラウドリソースとして再利用することによって実現されます。今回は、AWS License Manager を使用して、一元的にこれらのライセンス使用数を管理する方法についてご説明します。

Read More