Amazon Web Services ブログ

Category: Graviton

新機能 – AWS Graviton3 プロセッサを搭載した Amazon EC2 C7g インスタンス

昨年の re:Invent 以降にプレビューで利用可能だった最新の AWS Graviton3 プロセッサを搭載した Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) C7g インスタンスが、すべてのお客様にご利用いただけるようになりました。 C7g という名前を分解してみましょう。「C」インスタンスファミリーは、コンピューティングを多用するワークロード向けに設計されています。これは、このインスタンスファミリーの第 7 世代です。そして「g」は、AWS によって設計されたシリコンである AWS Graviton に基づいていることを意味します。これらのインスタンスは、最新世代の AWS Graviton である Graviton3 プロセッサを搭載した最初のインスタンスです。

Read More

AWS Graviton2 プロセッサと NVIDIA T4G Tensor Core GPU を搭載した Amazon EC2 G5g インスタンス

AWS Graviton2 プロセッサは、Amazon EC2 で最高の料金パフォーマンスを実現するために AWS によってカスタム設計されています。数千ものお客様が、Graviton2 ベースのインスタンスを利用して、さまざまなワークロードで大幅な料金パフォーマンスの改善を実現しています。 2021 年 11 月 29 日(米国時間)、Graviton2 の料金パフォーマンス上のメリットを、グラフィックスアプリケーションや機械学習推論などの GPU ベースのワークロードにまで拡張する Amazon EC2 G5g インスタンスの一般提供の開始を発表しました。G5g インスタンスは、Graviton2 プロセッサに加えて NVIDIA T4G Tensor Core GPU を備えており、最大 25 Gbps のネットワーク帯域幅と 19 Gbps の EBS 帯域幅で、Android ゲームストリーミング向けに最高の料金パフォーマンスを提供します。 これらのインスタンスでは、x86 ベースの GPU インスタンスと比較して、Android ゲームストリーミングのストリームごとの 1 時間あたりのコストを最大 30% 低く抑えることができます。費用対効果の高い推論を求めていて、CPU パフォーマンスの影響を大きく受ける機械学習モデルを持ち、NVIDIA の AI ライブラリを活用する機械学習デベロッパーにも G5g インスタンスは最適です。 G5g インスタンスは、以下に示すように […]

Read More

AWS Graviton2 プロセッサを搭載した、新しいストレージ最適化 Amazon EC2 インスタンス (Im4gn および Is4gen)

EC2 ストレージ最適化インスタンスは、高いディスク I/O パフォーマンスと十分なストレージを提供するように設計されています。当社のお客様は、高性能のリアルタイムデータベース、分散ファイルシステム、データウェアハウス、key-value ストアなどをホストするために使用しています。長年にわたり、HS1 (2012)、D2 (2015)、I2 (2013)、I3 (2017)、i3en (2019)、D3/D3en (2020) など、複数世代のストレージ最適化インスタンスをリリースしてきました。 これらすべてのローンチを振り返ると、世代を重ねるごとにお客様の多様な (そして増え続ける) ニーズにさらに適するように、増え続けるオプションのセットを提供し続けてきたのは興味深いです。HS1 インスタンスは 1 つのサイズで、D2 と I2 は 4 つ、I3 は 6 つ、I3en は 8 つのサイズで利用可能でした。これらのインスタンスにより、お客様は現在のニーズに最適なサイズを自由に選択できるようになったのと同時に、ニーズが変化した場合にスケールアップまたはスケールダウンする余地も得られます。 Im4gn および Is4gen 2021 年 11 月 30 日(米国時間)、Graviton2 プロセッサを搭載した、ストレージ最適化インスタンスの 2 つの最新ファミリーである Im4Gn と Is4gen を発表しました。

Read More

プレビューに参加しましょう — AWS Graviton3 プロセッサを搭載した Amazon EC2 C7g インスタンス

AWS が設計した第 1 世代の Graviton プロセッサは 2018 年末に発表され、1 年後には第 2 世代の Graviton2 が発表されました。現在、AWS のお客様は、メモリを大量に消費するワークロード用に設計された新しい X2GD インスタンスを含む、12 種類の Graviton2 搭載インスタンスを使用しています。すべての Graviton プロセッサには、各 vCPU 専用のコアとキャッシュに加え、AWS Nitro System によるセキュリティ機能が追加されています。Graviton2 プロセッサには、常時オンのメモリ暗号化のサポートが追加されています。 現在準備中の C7g これからリリースされる C7g インスタンスについてお話しします。

Read More

AWS Fargate の AWS Graviton2 のサポートを発表 – サーバーレスコンテナのコストパフォーマンスが最大 40% 向上

AWS Graviton2 プロセッサは、64 ビットの Arm Neoverse コアを使用して AWS がカスタムビルドし、Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)で実行されるクラウドワークロードに最高のコストパフォーマンスを提供します。幅広いワークロードに対して、同等の x86 ベースのインスタンスと比べて、最大 40% 優れたコストパフォーマンスを提供します。Intuit、SmugMug、Snap、F1、Honeycomb.io などの多くの消費者は、Graviton2 ベースのインスタンスを使用してワークロードを実行し、Amazon EC2 でのワークロードのコストパフォーマンスを向上させ、コストパフォーマンスを向上させています。

Read More

AWS Graviton EC2 インスタンスで動作するUnreal Engine 4 専用サーバーを作成する

Epic Games は Fortnite を含む世界最大級のゲームを複数持つインタラクティブエンターテインメントの大手企業です。彼らはUnreal Engineも開発しており、これは世界をリードするオープンで高度なリアルタイム3D制作ツールです。絶えず進化しており、世界をリードするゲームを強化するだけでなく、業界のクリエイターに最先端のコンテンツ、インタラクティブエクスペリエンス、没入型の仮想世界を提供する自由とコントロールを提供します。 あらゆる形態・規模のデベロッパーが素晴らしいゲームを構築、実行、成長させるのを支援する為、Epic Games と AWS は協力して Unreal Engine に対する AWS Graviton2 インスタンス のサポートを強化しました。AWS Graviton プロセッサは、64 ビットの Arm Neoverse コアを使用して AWS によってカスタムビルドされ、Amazon EC2 で実行されるクラウドワークロードに最良の料金とパフォーマンスを提供します。AWS Graviton2 のサポートにより、Unreal Engine のクリエイターは同等の現行世代の x86 ベースのインスタンスと比べて最大 40% 優れた料金パフォーマンスを活用できます。

Read More

【開催報告】「 Amazon EC2 大活用 ~ 最新ラインナップ、コストパフォーマンス最適化、先進顧客事例などご紹介~」セミナー

ソリューションアーキテクトの松尾です。2021年10月14日に「Amazon EC2 大活用 ~ 最新ラインナップ、コストパフォーマンス最適化、先進顧客事例などご紹介~」をオンライン開催しました。当日は200名超のお客様にご参加いただき、Amazon EC2の歴史、Amazon EC2最新情報、機械学習用インスタンスについて、AWSから発表し、さらに、Graviton2インスタンスご利用事例、Inf1インスタンスご利用事例を、2社のお客様からご発表いただきました。 本記事では、発表内容の概要と、発表資料のご紹介に加え、当日のQ&Aについても記載します。

Read More

AWS Graviton2 プロセッサを搭載した AWS Lambda 関数 – Arm で関数を実行し、最大 34% 優れた料金パフォーマンスを実現

多くのお客様 (Formula One、Honeycomb、Intuit、SmugMug、Snap Inc. など) は、ARM ベースの AWS Graviton2 プロセッサをワークロードに使用して、優れた料金パフォーマンスを享受しています。2021 年 9 月 29 日から、AWS Lambda 関数でも同じ利点を享受できるようになります。x86 または Arm/Graviton2 プロセッサ上で実行するように新規および既存の関数を設定できるようになりました。 この選択により、2 つの方法でコストを節約できます。まず、Graviton2 アーキテクチャにより、関数がより効率的に実行されます。第二に、実行する時間に対する支払いが少なくなります。実際、Graviton2 を搭載した Lambda 関数は、20% 低いコストで最大 19% 優れたパフォーマンスを実現するように設計されています。 Lambda では、お客様の関数のリクエスト数とミリ秒単位の時間 (コードの実行に要した時間) に基づいて課金されます。Arm/Graviton2 アーキテクチャを使用する関数の場合、時間料金は x86 の現在の料金よりも 20% 低くなります。同じ 20% の削減は、プロビジョニングされた同時実行を使用する関数の時間料金にも適用されます。

Read More
AWS Black Belt Containers437

[AWS Black Belt Online Seminar] CON437 AWS Graviton2 でマルチアーキテクチャのデリバリーパイプラインを作成する

AWS Black Belt オンラインセミナー「CON437 AWS Graviton2 でマルチアーキテクチャのデリバリーパイプラインを作成する」を公開します。 視聴は YouTube から、資料閲覧は SlideShare から可能です。 本セッションでは、AWS の コンテナサービスを活用し、AWS Graviton2 など ARM アーキテクチャの環境にコンテナアプリケーションをデリバリーするための技術的なポイントを解説しています。

Read More
AWS Webinar - Cloud Optimization for Containers

【開催報告】「 クラウド最適化コンテナ編 ~コンテナ x Graviton2 x スポットインスタンスによるコスト最適化~」セミナー

EC2スポットインスタンススペシャリスト ソリューションアーキテクトの滝口です。2021年8月26日にオンラインで開催された「クラウド最適化コンテナ編 ~コンテナ x Graviton2 x スポットインスタンスによるコスト最適化~」セミナーでは、150名近くの聴衆の方々にご参加いただき、AWSからの技術解説、またAmazon ECSとAmazon EKSそれぞれをお使いの2社のお客様による、Amazon EC2スポットインスタンスを使いこなすための具体的な活用方法をご紹介いただきました。 本記事では、お客様のご登壇資料を含む当日資料をご紹介し、また参加者の皆様からいただいた当日のQ&Aの一部をご紹介します。

Read More