Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Outposts

re: Invent 2020 — 12月1日 (火曜日) の事前発表

先ほど、Andy Jassy から AWS の今後のローンチに関するヒントをもらいました。それらの準備が整ったときにはもっと沢山のことをお話したいのですが、それまでお待ちいただけるように、先行発表された内容を要約したいと思います。 小型化された AWS Outposts のフォームファクター – スペースに限りがあり、低レイテンシーのコンピューティングキャパシティにアクセスする必要がある支社、工場、小売店、医療クリニック、病院、およびセルサイトなどのロケーションに最適な新しい 2 つの AWS Outposts サイズが導入されます。1U (ラックユニット) Outposts サーバーには AWS Graviton 2 プロセッサーが搭載され、2U Outposts サーバーには Intel® プロセッサーが搭載されます。どちらのサイズも EC2、ECS、および EKS のワークロードをローカルで実行でき、プロビジョニングと管理はすべて AWS が行います (自動化されたパッチ適用と更新を含む)。 Amazon ECS Anywhere – 近々、Amazon Elastic Container Service (ECS) を独自のデータセンターで実行することが可能になり、オンプレミスとクラウドの両方で稼働する単一のコンテナオーケストレータを選択して標準化することができるようになります。同じ ECS API にアクセスでき、ECS リソースは、すべて同じクラスター管理、ワークロードスケジューリング、およびモニタリングツールとユーティリティを使用して管理できます。Amazon ECS Anywhere は、既存のオンプレミスのワークロードをコンテナ化し、ローカルで実行してから、それらを AWS クラウドに接続することも容易にします。 Amazon EKS Anywhere […]

Read More

Outposts で Amazon S3 が利用可能に

AWS Outposts をご利用のお客様は、Amazon Simple Storage Service (S3) API を使用して、通常の AWS リージョンにてデータにアクセスまたはデータを使用するのと同じ方法で、データを格納および取得できるようになりました。これで、S3 API、または SDK を直接もしくは経由して既に使用している多くのツール、アプリ、スクリプト、またはユーティリティを、Outposts にローカルで格納するように設定できます。 AWS Outposts は、整合性のあるハイブリッド体験を提供する完全マネージド型のサービスです。AWS を使って、データセンターまたはコロケーション施設に Outpost をインストールします。これらの Outposts はクラウドと同様に、AWS が管理、モニタリング、更新を行います。AWS Outposts を使用して、Amazon Elastic Compute Cloud (EC2)、Amazon Elastic Block Store (EBS)、Amazon Relational Database Service (RDS) のようなローカル環境でサービスを実行します。オンプレミスシステム、ローカルデータ処理、またはローカルデータストレージへ、低いレイテンシーでアクセスする必要があるワークロードに最適です。 Outposts は AWS リージョンに接続します。AWS リージョンの Amazon S3 にもアクセスできます。この新しい機能により、S3 API を使用して AWS Outposts のハードウェアにデータを格納し、ローカルで処理できます。Outposts で S3 を使ってオンプレミスのアプリケーションに近いデータを維持することで、要求の厳しいパフォーマンスのニーズを満たすことができます。AWS […]

Read More