Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Data Exchange

AWS Marketplace と AWS Data Exchangeが日本のベンダーをサポートしました

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、シニアアドボケイトの亀田です。 AWS Marketplace と AWS Data Exchangeが日本のベンダーをサポートしましたのでお知らせいたします。 日本に拠点を置く独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、データプロバイダー、およびコンサルティングパートナーは、AWSMarketplaceおよびAWSDataExchangeで取引ができるようになりました。これに、日本の数十万のアクティブなAWSのお客様が利用できるソフトウェアとデータの提供範囲が広がります。 AWS Marketplaceは、8,000件以上の商品リストで構成される厳選されたデジタルカタログであり、50カテゴリーあるサードパーティ製ソフトウェアの検索、テスト、導入、管理を容易に行えます。本サービスは世界中の24のAWSリージョンで展開されており、そこでお客様はソフトウェア製品を一元的に検索・比較でき、AWSのコンソールパネルへのログインからわずか数分で、事前構成済みのソフトウェアを迅速に起動できます。 AWS Data Exchange では、お客様はクラウド内のサードパーティデータを簡単に検索、サブスクリプション、使用ができるようになります。認定データプロバイダーには、次のような業界をリードする企業が含まれます。ロイターは、年間 220 万件を超える独自のニュース記事のデータを複数の言語で収集しています。Change Healthcare は、ヘルスケア事業で年間 140 億以上の取引件数と年間 1 兆 USD の売上を持つ企業です。 Dun& Bradstreet は、3 億 3 千万件以上のグローバルな業務記録のデータベースを管理しています。Foursquare は、2 億 2000 万人の固有の消費者から位置データを取得し、それらのデータには 6,000 万か所を超えるグローバルな商業施設が含まれています。データプロバイダーの場合、AWS Data Exchange で、データストレージ、配信、請求、資格付与のためのインフラストラクチャを構築および管理する必要性を排除でき、クラウドに移行中の数百万人におよぶ AWS のお客様に簡単にアクセスできます。 お客様は、AWSMarketplaceおよびAWSDataExchangeで日本に拠点を置くソフトウェアおよびデータプロバイダーから直接ライセンスなどを購入できるようになりました。 AWS Marketplaceのコンサルティングパートナープライベートオファー(CPPO)を使用して、ローカルおよび地域のコンサルティングパートナーを通じてソフトウェアを調達することもできます。 ソフトウェアやデータプロバイダーのメリット この拡張により、日本のISVとデータプロバイダーは、世界中の数十万のAWSMarketplaceバイヤーとAWSDataExchangeサブスクライバーにリーチできるようになりました。これは、グローバルビジネスの成長にも役立ちます。 インサイトテクノロジー、アプトポッド、テックビューロホールディングスなどのISVのソフトウェアがAWSMarketplaceにリストされるようになりました。また、日経、 QUICK、および JMDCのデータ製品がAWS DataExchangeにリストされるようになりました。 日本のISVは、AMIやSaaSなどの複数のソフトウェア展開モデルを顧客と取引することができます。 ISVは、柔軟なサブスクリプションから複数年契約まで、さまざまな契約モデルを提供することもできます。データプロバイダーは、サブスクライバーに簡素化されたデータアクセスと管理を提供し、AWS Data […]

Read More

AWS Data Exchange を使用してデータ製品を動的に公開し、更新する

あらゆるサイズの組織において、データがビジネスの方法を大変革しています。会社はますます、サードパーティのデータを、社内のデータを補完し、顧客に価値を提供できるようにするために使用するようになっています。サードパーティのデータは、様々なユースケースで使用されています。その中には、顧客のためのアプリケーションの構築、事業の運営とマーケティング活動を改善するためのワークロードの分析、機械学習(ML)のテクニックに基づく予測モデルの構築が含まれます。 しかし、データが会社の事業の中心になったにもかかわらず、データプロバイダーがサブスクライバーにデータを提供する方法は何年も変わっていません。データプロバイダーの側からすると、提供物としてのデータと、エンタイトルメントの管理機構を構築するために、代わり映えのしないヘビーリフティングに時間と労力を費やして、顧客にサービスを提供してきたわけです。多くのデータプロバイダーは、従来式の販売方法と配信チャネルに依存しており、多くの場合、自社のデータに関心を持っている多くの見込み客にアクセスすることはできないでいます。そのため、データ製品をニーズに適合させることは遅れています。 AWS Data Exchange の世界に入ってください。 AWS Data Exchange を使用すると、クラウド内のデータを簡単に交換できます。顧客は数分で、金融サービス、ヘルスケア、ライフサイエンス、消費者および小売などの業界の 80 を超える認定データプロバイダーからの数百のデータ製品を見つけて購読できます。購読の後、顧客はデータセットをダウンロードすること、またはAmazon S3 にコピーして、AWS の様々な分析と機械学習サービスを使用しての分析することができます。AWS Data Exchange を使えば、データプロバイダーは、セキュアで透明、そして信頼できるチャネルを通して幾百万の AWS の顧客に接触する機会が得られます。AWS Data Exchange はまた、データの配信、ライセンス、または課金のインフラストラクチャを構築する必要をなくすので、既存の顧客サブスクリプションをより効率的に、そしてより低コストで提供できるようにする点でも助けになります。 多くのデータプロバイダーは、定期的に更新されるデータ製品を公開しています。たとえば、株式価格のデータプロバイダーは毎日の終値を公開したいと思うでしょうし、天気予報のデータプロバイダーは、予報を毎週更新したいと思うでしょう。この記事では、AWS Data Exchange で製品の公開と更新を動的に行う方法について、手順を追って説明します。まず、新しい製品を公開して、サブスクライバーが利用できるようにします。これは AWS Data Exchange コンソールを使用して数分間で行えます。それから、Lambda 関数を使用して、基本となるデータセットに新しいリビジョンを公開することにより、製品を自動的に更新するワークフローも知ることができます。 前提条件 開始する前に、次の前提条件を満たしてください。 AWS Data Exchange の登録プロバイダーとなる必要があります。資格があり、登録プロバイダーだけが、AWS Data Exchange でデータ製品を公開できます。資格があるプロバイダーは、米国または EU の成員国に本拠を置く有効な法人の下で AWS Marketplace の利用条件に合意し、有効な銀行および課税当局の身分証明書を提出し、AWS Data Exchange のビジネスオペレーションチームによって資格を認定される必要があります。詳細については、Providing Data Products on AWS Data Exchange(AWS […]

Read More