Category: AWS Server Migration Service*


AWS Server Migration Service – クラウドへのサーバー移行が簡単に!

これはAhmed Omranのゲストポストです。 AhmedはAWSのMigration Solutions Architectです。

大規模構成におけるオンプレミスサーバーの移行は、自動化、スケジューリング、少ない帯域幅の消費や移行時間の短縮を調整することなしに行うことはできません。

この記事では、AWS Server Migration Service(AWS SMS)を使用して、オンプレミスのワークロードをAWSに効率的に移行する方法を段階的に説明します。

AWS Server Migration Serviceとは何ですか?

2016年10月、エンドツーエンドのサーバー移行プロセスを簡素化する目的でAWS SMS を紹介しました。 AWS SMS は現在、仮想アプライアンスを使用したエージェントレスサービスとしてのオンプレミス仮想マシン(VMs)の移行をサポートしています。 AWS SMSには、次の主要な利点があります:

  • ライブサーバーボリュームのAWSへのレプリケーションを順次自動化することにより、カットオーバー時のサーバーダウンタイムを削減します。
  • 費用対効果の高い方法で大規模サーバーの移行を行います。
  • 広く使用されている多くのオペレーティングシステムをサポートします。
  • 使いやすいUIを使用して、サーバー移行の進捗状況を管理および追跡します。

AWS SMSは、VMware 環境からAWSへの大規模マイグレーションを計画している場合に重要な考慮事項となる、ダウンタイム、エージェントレスツール、順次レプリケーション、およびカットオーバー前のアプリケーションテストなどに対する理想的なソリューションです。

AWS SMSは、サーバーの移行に使用する無料のサービスです。 Amazon EBS スナップショットAmazon S3など、移行プロセス中に使用されたストレージリソースにのみ支払います。

現在、米国東部(米国バージニア州)、米国西部(オレゴン州)、米国東部(オハイオ州)、EU(アイルランド)、アジア太平洋(シドニー)、アジア太平洋(東京)、アジア太平洋(ソウル) 、アジア太平洋地域(ムンバイ)でサービスが利用可能です。

どのように機能するのですか?

AWS SMS を使用してワークロードを移行する手順を説明する前に、移行プロセス自体とAWS SMS がどのように処理するかについて詳しく説明します。

移行プロセスは、次の図に示すように、4つの段階に分かれています。

AWS SMS 移行プロセスの概要

AWS SMS の最終出力はAmazon Machine Image(AMI)です。移行プロセスは、ジョブが終了されるまで(あなたが消去するか、または90日後に自動的に終了するまで)、各レプリケーションの実行ごとにAMIを生成します。

移行段階は、調整された複製頻度で反復されます。各レプリケーションの実行間隔の最短時間は12時間で、最大時間は24時間です。この反復サイクルの有効期間は90日です。その後、レプリケーションジョブは終了します。

移行するVMのグループを選択できます。 SMS は、アカウントごとに最大50の同時VM移行をサポートします。

AWS SMS はどのように使用しますか?

AWS SMSには、移行プロセスのワークフローを調整するコネクターが必要です。このコネクターは、vCenter にデプロイされます。

SMS コネクタを展開する前に、環境がAWSのSMS要件を満たし、正しいファイアウォール設定をしていることを確認してください。 DHCP、DNS、HTTPS、ICMP、およびNTPサービスのステートフルな送信接続を許可するようにファイアウォールを再設定できないと、展開に失敗する可能性があります。

また、AWS SMS のドキュメントに記載されているように、AWS SMS 用の適切なポリシーと権限を持つvCenterサービスアカウントとIAMユーザーを作成する必要があります。

Server Migration Connector仮想アプライアンスを展開する

Server Migration Connectorは、VMware 環境へデプロイするためにOVA形式で提供されている、事前設定されたFreeBSD仮想マシンです。 AWS からConnector の最新バージョンをダウンロードできます。

Server Migration Connector をダウンロードしたら、デプロイのための十分な権限を持つvCenterにログインします。

インベントリからvCenterのコンテキスト(右クリック)メニューを開き、OVF テンプレートの展開を選択します。

 

ソースの選択ページで、ソースOVFテンプレートが存在する場所を指定し、次へを選択します。

確認の詳細 ページで、OVF テンプレートに関する情報を確認し、 次へを選択します。

アプライアンスは、シンプロビジョニングの場合は5.9 GB、シックプロビジョニングの場合は299.0 GBのサイズ容量でデプロイされます。実稼働環境では、シックプロビジョニングを推奨します。

名前とフォルダの選択ページで、アプライアンス名と配置場所を指定します。

リソースの選択ページで、OVF テンプレートを展開したいクラスタ、ホスト、vAPP、またはリソースプールを選択します。

ストレージの選択ページで、仮想ディスク形式からThick Provisioned Lazy Zeroedを選択し、OVF テンプレートをデプロイする必要があるデータストアを選択します。

セットアップネットワークページでネットワークマッピングを設定するために、 宛先 ドロップダウンメニューからネットワークを選択し、 次へ をクリックします。

準備完了ページで、すべての構成設定を確認し、展開後に電源をオンにして、完了を選択します。

コネクターを構成する前に、Server Migration ConnectorがvCenterとESXiホストのFQDNを解決できることを確認してください。

ネットワーク設定の再設定が必要な場合、コネクタアプライアンスコンソールにログインし、Advanced Network Configurationガイドに従います。

コネクターの構成

WebブラウザーでIPアドレスを指定し、Connector VM にアクセスし、セットアップ・ウィザードを開きます。

今すぐ開始を選択します。

 

使用許諾契約書を確認し、条件に同意する場合はチェックボックスを選択し、次へを選択します。

コネクターのパスワードを作成します。

ネットワーク情報 ページで、ネットワーク情報を確認し、 次へ を選択します。

ログを自動的にアップロードし、AWS Server Migration Serviceの自動アップグレードに参加するかどうかを確認して決定します。

AWS Regionについては、リストから希望のリージョンを選択します。

AWS 資格情報には、前提条件のステップで作成したIAMユーザーのIAMアクセスキー秘密鍵キー入力します。

vCenter Service Accountには、vCenter のホスト名、ユーザー名、およびパスワードを入力します。

vCenter 証明書を受け入れたら、登録を完了し、コネクター構成ダッシュボードを表示します。

コネクター ページで、登録したコネクターが表示されていることを確認します。

コネクターページは4つのセクションに分かれています:

  • AWS Server Migration Service セクションには、AWSアクセスキー、シークレットアクセスキー、およびvCenterログインなど、編集可能な設定が用意されています。
  • General Healthセクションには、ヘルスチェックと接続ステータスが表示されます。
  • アクション セクションでは、SMS 管理者パスワードを変更し、コネクターの登録を解除できます。常に最新のアップデートを適用する場合は、自動アップグレードアクションを有効にします。
  • サポートセクションでは、ログをダウンロードしたり、問題を報告したり、ドキュメントを確認したりすることができます。

これで、サーバーインベントリをインポートして、移行イベントを編成して自動化する準備が整いました。

サーバーカタログをインポートする

コネクターがインストールされ、正しく登録されたら、AWS SMS コンソールにアクセスし、コネクター、サーバーカタログのインポートを選択して、サーバーの完全なリストを収集します。サーバーカタログが完全に取り込まれ、表に表示されるまでには時間がかかることがあります。

注:サーバーカタログはいつでも再インポートまたはクリアできます。

移行ジョブを作成する

移行ジョブを開始する前に、データストアに一時スナップショットのための十分な領域があることを確認し、選択したVMにISOが接続されていないことを確認します。

AWS SMS コンソールで、 レプリケーションジョブレプリケーションジョブの作成を選択し、ウィザードに従います。

テーブルから複製するサーバーを選択し、次へを選択します。

レプリケーションジョブから作成されるAMIのライセンスタイプを選択します。 LinuxサーバーはBring Your Own License(BYOL)のみを使用でき、WindowsサーバーはAWS提供のライセンスまたはBYOLを使用できます。完了したら、次へを選択します。

レプリケーションジョブ設定を構成し、次へをクリックします。レプリケーションの実行をすぐに開始させることも、後の日時から、現在の時刻から最大30日後に開始するようにスケジュールすることもできます。

Replicate server every ドロップダウンリストから目的のオプションを選択して複製頻度を選択できます。複製の最小頻度は12時間で、最大は24時間です。つまり、選択したサーバーのポイントインタイムレプリカを最小でも12時間ごとに作成できます。

設定を確認します。設定が正しい場合は、作成を選択します。表示されていない場合は、前へを選択して適切なページに戻り、設定を変更します。

AWS SMSコンソールの レプリケーションジョブ ページで、すべてのレプリケーションジョブを表示できます。 1つのレプリケーションジョブを選択すると、 ジョブの詳細パネルにレプリケーションジョブの詳細が表示されます。

前のスクリーンショットからわかるように、移行が開始され、VMDK がAmazon S3にアップロードされる第2段階にあります。

vCenter 画面から移行タスクのステータスを確認すると、開始されたスナップショットとOVFテンプレートが転送用にエクスポートされたことがわかります。

転送後、移行プロセスは第3段階になり、VMDK をAmazon Elastic Block Store(Amazon EBS)のスナップショットに変換します。

変換が完了すると、移行プロセスは最終ステージになり、この複製実行のポイントインタイムコピーのAMIを作成します。

AWS SMS コンソールのレプリケーションジョブ、実行履歴タブから、各レプリケーション実行で使用可能なすべてのAMIを表示できます。

実際のカットオーバーの前にテストする

オンプレミスアプリケーションを廃止する前に、アプリケーションをテストする機会があります。レプリケーション頻度に応じて、多数のポイントインタイムレプリカをテストしてから、差分の最後のレプリケーションジョブをスケジュールできます。

インスタンスを起動するには、前の手順で示したように実行履歴を開き、レプリケーションジョブを選択して、テストしたいインスタンスの起動を選択します。ウィザードに従って、インスタンスの種類の選択、インスタンスの構成、ストレージの追加、インスタンスのタグ付け、およびセキュリティグループの構成を行います。

実際のカットオーバー

テストを完了して実際のカットオーバーを実行することを決定したら、すべてのIOPを休止し、増分レプリケーションジョブを開始してから、AMIを起動します。 AWS SMS は増分レプリケーションを使用するため、以前のレプリケーション実行からの変更に応じて、カットオーバー時間は最小限になります。

レプリケーションジョブの削除

移行が正常に完了し、移行されたVMが正しく構成されて実行されたら、レプリケーションジョブを削除してオンプレミスデータセンターからAWSへのレプリケーションを停止できます。 AWS SMS コンソールの レプリケーションジョブページで、ジョブを選択し、アクションレプリケーションジョブの削除を選択します。

まとめ

この記事では、AWS Server Migration Serviceのメリットと機能について説明しました。また、SMS Connectorのインストールと構成の方法を説明し、稼働中のワークロードをオンプレミスデータセンターからAWSに移行するための移行プロセスの4つの段階について、ダウンタイムを最小限に抑える方法を説明しました。また、実際のカットオーバーの前に複数のポイントインタイムレプリカをテストする機能についても説明しました。

このブログ記事に関するコメントがある場合は、この記事のコメントセクションに投稿してください。あなたからの便りを楽しみにしています。

AWS Service Migration Serviceを開始する方法の詳細については、当社のWebサイトをご覧ください。

(翻訳は諸岡が担当しました。原文はこちら)

 

新発表 – AWS Server Migration Service

私は、我々の顧客の多くが直面している状況を強調するために、歴史的な写真を使用するのが好きです。お客様はデータ移行のために長期のメンテナンス期間を取ることができずに、ITインフラ基盤をAWSクラウドへ移行する必要があります。何故ならこれらのアプリケーションはミッションクリティカルであり、負荷の高いデータ処理指向であり、ギガバイト又はテラバイト級のデータを単に移動するためにシステム停止をすることは実用的ではないからです。airplane

新サービス

本日、私はAWS Server Migration Serviceについてお話したいと思います。

このサービスは、既存の仮想化されたアプリケーションをAmazon EC2に移行するプロセスを簡素化、合理化します。図に示された使用例のIT機器をサポートするために、長期のメンテナンス期間を必要とすることなく、ライブ仮想マシン(VMs)をクラウドへ順次レプリケーションすることができます。あなたは既存のサーバー群の順次移行を自動化、スケジュール設定、トラッキングができ、数十、数百に及ぶボリュームの大規模移行のプロセスや実行を簡略化することができます。

system

あなたは、AWS Management Console、AWSコマンドラインインターフェイス(CLI)、移行APIから、レプリケーションのプロセスを完全にコントロールすることができます。移行のためWindowsまたはLinuxサーバーを選択した後、あなたのアプリケーション利用パターンとネットワーク帯域を最小化するのに最もふさわしいレプリケーション頻度を選択することができます。舞台裏では、AWS Server Migration Serviceは、サーバー群をクラウドへレプリケートし、新たなAmazon Machine Image(AMI)を作成します。あなたは、コンソールから各レプリケーションジョブのステータスを追跡することができます。各増分同期は新規AMIを生成し、あなたの実際のカットオーバーに先立って移行されたサーバー群のテストが可能です。

Server Migration Serviceの使用の流れ

あなたは、実際の移行プロセスを開始する前に、AWS Server Migration Service Connectorをダウンロードし、設定しておく必要があります。Connectorは既存の仮想化環境内で稼働しますがマイグレーション自体はエージェントレス型で稼働するため、エージェントを各サーバーに導入する際のトラブルを低減します。あなたが大規模な組織、および/または複数の仮想環境を持っている場合は、コネクタの複数のコピーを展開することができます。コネクタは、既存の環境内からアクセスできるウェブUIを持っています。あなたが使用許諾契約をクリックした後、あなたは、パスワードを作成し、ローカルネットワークの設定を構成し、その他幾つかの設定を行います。 次に、SMS、S3、及びSNSのAPIにアクセスできるように、AWSアカウントまたはIAMユーザーCredentialを持ったConnectorを準備する必要があります。 もしあなたがIAMユーザーを使用する場合は、適切なIAMロールを作成する必要があります。(ユーザガイドにサンプルが含まれています)

Connectorが起動・稼働している間、AWS管理コンソールにログインし、Server Migration Serviceを操作し、そのサービスに登録されているすべてのConnectorの一覧が参照できます。各Connectorからサーバーカタログをインポートすることができ、サーバーのインベントリ情報を調べることができます。

1

それからレプリケーションする幾つかのサーバーを選択し、「Create replication jobs」をクリックします。次にサーバーのライセンスタイプ(オンデマンドまたはBYOL)を選択します。

2

それによって、あなたはすぐにレプリケーションを開始するか、将来の日時に開始するかを選択することができます。また、レプリケーション間隔を選択することもできます。

3

あなたが設定の確認、承認をした後、ダッシュボードでレプリケーションのジョブをすべて参照することができます。

4

独立したジョブを実行することも可能です。

5

それぞれの順次実行の後、作成されたAMIが表示されます。

6

「Launch instance」をクリックし、EC2インスタンスタイプを選択、そして移行サーバーの受け入れテストの実施となります。

 

今すぐ利用可能

AWS Server Migration Serviceは、米国東部(バージニア北部)、欧州(アイルランド)、およびアジアパシフィック(シドニー)の地域で利用可能になり、本日から利用可能です。サービスの利用は無料ですが、レプリケーション・プロセス中に使用したS3ストレージ、およびマイグレーションが完了した際に作成されるEBSからスナップショットの使用料がかかります。

-Jeff; (翻訳は諸岡が担当しました。原文はこちら)