Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Schema Conversion Tool

大規模なデータウェアハウスをダウンタイムなしで IBM Netezza から Amazon Redshift に移行する方法

最近、EMEA 地域の大企業がオンプレミスの IBM Netezza データウェアハウスの Amazon Redshift への移行を決定しました。データのボリューム (非圧縮容量 270 TB、および 27,000 個を超えるテーブル)、このデータを活用する相互接続されたシステムの数 (4,500 個を超えるビジネスプロセス)、かつダウンタイムなしという要件を考えると、このプロジェクトが困難であれどもやりがいがあるものなることは明らかでした。この会社は、データウェアハウスがデプロイされているデータセンターを 1 年以内に廃止することを計画していたので、時間的な制約もありました。 データウェアハウスは会社の中核を成す部分であり、あらゆる部門のユーザーが業務を遂行するために必要なデータを収集し、日報を生成することを可能にします。ほんの数年間で、クラスターにアクセスする事業部門はほぼ 3 倍に増加し、ユーザー数は当初の 5 倍となり、クラスターが設計された 1 日あたりのクエリ数 50 倍分のクエリが実行されるようになりました。レガシーデータウェアハウスは、これ以上これらの部門のビジネスニーズに対応できなくなり、毎晩の ETL プロセスの実行がその時間制限を超え、ライブクエリに時間がかかりすぎる原因となっていました。 この会社は、データセンターの廃止時期が近づいていたこともあり、ビジネスユーザー間における全般的な不満から移行の計画に踏み切り、IT 部門が新しいアーキテクチャの定義とプロジェクトの実施を担当することになりました。 アマゾン ウェブ サービス (AWS) の迅速かつスケーラブルな OLAP データウェアハウスであり、データウェアハウスとデータレイク全体における全データの分析をシンプル化してコスト効率性を高める Amazon Redshift は、この会社の問題を解決するために申し分ありませんでした。Amazon Redshift は今後の成長のための完全な伸縮性、および需要が高いピーク時を補うための同時実行スケーリングなどの機能を提供するだけでなく、簡単に統合できる分析サービスの完全なエコシステムも提供します。 この記事では、このお客様が綿密に計画された移行プロセスに従い、AWS Schema Conversion Tool (SCT) と Amazon Redshift のベストプラクティスを活用することによって、ダウンタイムなしで IBM Netezza から Amazon […]

Read More