Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon S3 Glacier

2021 メディア業界のお客様向け AWS 勉強会 第四回「メディア系 AWS 活用事例紹介 ~ 放送・配信 ~」

2021/07/21 にメディア業界のお客様向けにAWS勉強会を開催いたしました。第四回ではこれからクラウド・コンピューティング、 AWS の利用を検討される皆様へ、放送・配信の領域にフォーカスした事例をご紹介しています。資料のダウンロードおよび動画の視聴は下記のリンクからご利用頂けますので、合わせてご確認ください。 資料のダウンロード及び動画の視聴リンク それではここから当日のセッションの内容について簡単にご紹介させていただきます。

Read More
Fuji TV Unified MAM

【お客様事例】株式会社フジテレビジョン 総合コンテンツ管理システムの構築

株式会社フジテレビジョン様では、2019年度の送出マスター設備更新に合わせて、番組素材を一元的に管理する「総合コンテンツ管理システム」を開発・導入されました。これは、従来放送局の送出マスター設備のサブシステムとして構築していた「番組バンク」と呼ばれるシステムとは大きく異なります。クラウドを活用することで、社内設備を最小限にしたシンプルなシステムとなっています。このシステムでは、放送用番組素材だけではなくインターネット動画配信や番組販売用の番組素材も扱い、アーカイブシステムも包括しています。 2020年12 月に開催されたAWS re:Invent 2020では、フジテレビジョン様に「総合コンテンツ管理システム」の導入経緯と効果、今後の展望についてご登壇いただきました。本ブログでは、こちらのセッションをご紹介させていただきます。

Read More

Amazon S3 の 15 年目の記念日 – 5,475 日が経ち 100 兆のオブジェクトを扱うようになった今が出発点です

私は15 年前の今日、Amazon Simple Storage Service (S3) について発表するブログ記事を公開しました。その記事では、これがデベロッパーをターゲットとし、API 経由でアクセスできるサービスであることを明言しながら、いくつかの主要な機能の概要についてと、料金情報についてを説明しました。その投稿をお読みになったデベロッパーの手で、S3 API を使用してオブジェクトを格納および取得するコードを記述していただけるようになり、後は歴史が物語るとおりです。 現在その S3 が、100 兆以上 (1014、つまり 100,000,000,000,000) のオブジェクトを保存しているという事実を語るのも嬉しい限りで、リクエスト数は、毎秒最大で数千万件に達しています。この数は、世界の人工で換算して 1 人につき約 13,000 のオブジェクトがあることを意味します。または、宇宙に散らばる (2021 estimateにると) 約 2 兆個の銀河でみると、その 1 つずつに、約 50 個のオブジェクトの割り当てとなります。 スタートはシンプル その立ち上げ段階を振り返って見ると、当社がそこで行った意思決定は、後に正当性がが証明されるものだったと言えます。デベロッパーが S3 を数分で理解し、簡単に使い始られるようにしたのです。 当社で最初に取り組んだのは単純な概念モデルでした。それは、保持できるオブジェクト数に制限がなく、それぞれが文字列キーによる一意の名前で識別されるバケットのモデルでした。初期の API も同様にシンプルでした。バケットの作成、すべてのバケットの一覧表示、オブジェクトの配置、オブジェクトの取得、アクセス制御リストの定義などがその機能です。このシンプルさは、一方通行のドアを避けるのにも役立ち、お客様からのフィードバックに応じて S3 を進化させる多くの余地を残しました。この時点で決定したことは、今でも変更されていません。発表の日に書かれたコードは今日でもうまく機能します。 多くの異なる料金モデルについて議論した後 (逆方向の働きかけについては時間を割きました)、当社はコストフォローモデルを選択しました。Colin と Bill の考えはこうです。 コストフォローモデルでは、S3 を使用するデベロッパーの目的が何であれ、彼らは自身の要件に合った方法でそれを使用し、コストを最小限に抑えるように努めます。そして当然、当社もそれに協力します。このシステムにはあそびは存在せず、また価格を設定するために平均的なお客様を想定して、S3 がどのように使用されるかを見積もる必要もありません。 このコストフォローモデルを踏まえながら、当社では、S3 の GB あたりの月間の価格を何度も削減してきました。また、まれにしか参照しないデータを格納するコストをさらに節約するため (S3 Glacier と S3 […]

Read More

S3 Select と Glacier Select – オブジェクトのサブセットを取得

Amazon Simple Storage Service (S3) は、各業界のマーケットリーダーが使用する数百万のアプリケーションのデータを保存しています。セキュアで耐久性のある非常に低コストのアーカイブストレージとして、これらの多くのお客様は Amazon Glacier も使用しています。S3 では、望むだけの数のオブジェクトを格納することができますし、個々のオブジェクトは最大5テラバイトとすることができます。オブジェクトストレージのデータは、通常1エンティティ全体としてアクセスされます。そのことは、例えば 5GB のオブジェクトに対してなんらかの要求をすれば、5GB 全てのデータ取得を行うことを意味します。これはオブジェクトストレージとしては自然なことです。 2017年11月29日、このパラダイムに挑戦すべく、S3とGlacierに2つの新機能を発表します。シンプルなSQL文を利用して、それらのオブジェクトから必要なバイトだけを引き出すことを可能としました。この機能により、S3やGlacierのオブジェクトにアクセスするすべてのアプリケーションが強化されます。 S3 Select プレビューとして発表された S3 Select により、アプリケーションはシンプルなSQL文を用いて、オブジェクトからデータの一部分のみを取り出すことができます。アプリケーションが必要とするデータのみを取得するので、大幅なパフォーマンス向上が達成でき、400%ほどの改善が見込めることもあります。

Read More

AWS ストレージの更新 – S3 と Glacier の値下げ + Glacier に追加された取得オプション

2006 年に、S3 のサービスを画期的な従量課金制 (月額 15 セント/GB の初期料金) で開始しました。以降、これまでの間に GB あたりの料金を 80% 値下げし、すべての AWS リージョンで S3 を開始しました。元の汎用モデルにはユーザー主導型の機能として、ウェブサイトのホスティング、VPC の統合、IPv6 のサポートなどが追加され、さらに S3 の低頻度アクセスなどの新しいストレージオプションも追加されました。AWS の多くのお客様は、法的、コンプライアンス、その他の目的で重要なデータをアーカイブしますが、このようなデータは滅多に参照することがないため、2012 年に Glacier を発表しました。そして、ライフサイクルのルールを使用して S3、S3 の低頻度アクセス、Glacier の間でデータを転送する機能を提供しました。ここでは、2 つのビッグニュースを紹介します。まず、S3 の標準ストレージと Glacier ストレージの料金が値下げになります。さらに、Glacier に新しい取得オプションが追加されます。 S3 と Glacier の値下げ AWS を長くご利用いただいているお客様はご存じだと思いますが、AWS では絶えずコスト削減に取り組んでおり、その結果を AWS の値下げという形でお客様に還元しています。S3 の標準ストレージの GB あたりの料金は、ほとんどの AWS リージョンで 2016 年 12 月 1 日より値下げになります。12 月の使用量に対する請求には、自動的に値下げ後の新料金が反映されます。標準ストレージの新料金は以下のとおりです。 リージョン 0〜50 […]

Read More

新たに HIPAA に対応の AWS Snowball

最近では、かかりつけの医師、歯科医、病院、その他のヘルスケアプロバイダーなどが多くのツールやテクノロジーを使用して機密性の高いデジタルデータを大量に生成しています。その他にも大量に生成されているデータには、ゲノム配列や数々のアクティビティ、フィットネストラッカーなどがあります。このように大量に押し寄せるデータから有益な情報を得たいと多くの人々が考えていますが、それと同時にこの種の情報が安全に保護された状態で保存され、責任ある方法で処理されることを望んでいます。米国では HIPAA (医療保険の携行性と責任に関する法律) がヘルスケアデータの保護を統制しています。多くの AWS ユーザーは、機密性の高いヘルスケアデータをクラウドに保存し処理できることを望んでいます。そこで AWS では HIPAA を対象とする複数の AWS サービスを提供することにしました。つまり、こうしたサービスを利用して保護医療情報 (PHI) を処理したり、HIPAA 対応のアプリケーションを構築することができます (Cleveland Clinic、Orion Health、Eliza、Philips、その他 AWS ユーザーの使用事例については HIPAA in the Cloud をご覧ください)。去年ご紹介した AWS Snowball について簡単にご説明します。これは AWS が所有するストレージアプライアンスで、大量のデータ (通常 10 テラバイト以上) を 1 回限りまたは定期的に AWS に移動するために使用する機能です。AWS Management Console から Snowball をリクエストし、届き次第ネットワークに接続してデータを Snowball にコピーします。その後、AWS に送り戻せばこちらでそのデータをお客様が選択された AWS ストレージサービスにコピーします。Snowball はユーザーが指定し管理するキーを使用してデータを暗号化します。そして本日、AWS は Amazon DynamoDB、Amazon Elastic Compute Cloud […]

Read More