Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon CodeGuru

Amazon CodeGuru の新機能 – Python サポート、Security Detector、および Memory Profiling

Amazon CodeGuru は、コードの品質を向上させるデベロッパーツールであり、次の 2 つの主要コンポーネントで構成されています。 CodeGuru Reviewer は、プログラム分析と機械学習を使用して、コード内で見つけにくい潜在的な欠陥を検出し、改善のための提案を提供します。 CodeGuru Profiler は、ライブアプリケーションからランタイムパフォーマンスデータを収集し、アプリケーションのパフォーマンスを微調整するのに役立つ視覚化と推奨事項を提供します。 本日は、3 つの新機能を発表いたします。 CodeGuru Reviewer および CodeGuru Profiler 用の Python のサポート (プレビュー) – CodeGuru を使用して Python で記述されたアプリケーションを改善できるようになりました。このリリース以前には、CodeGuru Reviewer は Java コードを分析でき、CodeGuru Profiler は Java 仮想マシン (JVM) で実行されるアプリケーションをサポートしていました。 CodeGuru Reviewer 用の Security Detector – CodeGuru Reviewer 用の新しい検出機能セットで、セキュリティの脆弱性を特定し、Java コード内のセキュリティのベストプラクティスをチェックします。 CodeGuru Profiler 用の Memory Profiling – 時間の経過に伴うオブジェクトタイプごとのメモリ保持の新しいビジュアライゼーションです。これにより、メモリリークを検出し、アプリケーションによるメモリの使用を最適化することが容易になります。 これらの機能をもっと詳しく見てみましょう。 […]

Read More

新登場 – アプリケーションのエラーと修正の特定に役立つ Amazon DevOps Guru

本日、完全マネージド型運用サービスの Amazon DevOps Guru を発表します。Amazon DevOps Guru は、運用上の問題を自動的に検出して修正を推奨することで、デベロッパーやオペレーターがアプリケーションの可用性を容易に向上させることができるようにするサービスです。DevOps Guru は、Amazon.com とアマゾン ウェブ サービス (AWS) の長年にわたるオペレーショナルエクセレンスを習得した機械学習を適用し、アプリケーションメトリクス、ログ、イベントなどのデータを自動的に収集および分析し、通常の運用パターンから逸脱した動作を特定します。 動作が運用上の問題またはリスクとして特定されると、DevOps Guru はデベロッパーとオペレーターに問題の詳細を通知し、問題の範囲と原因の可能性を迅速に把握できるようにします。DevOps Guru では問題を解決するためのインテリジェントな推奨事項が提供されるため、解決までにかかる時間を節約できます。DevOps Guru では、ハードウェアやソフトウェアをデプロイする必要はなく、分析されたデータに対してのみ課金されます。前払いコストやコミットメントは発生しません。 分散された/複雑なアーキテクチャとオペレーショナルエクセレンス アプリケーションの分散化と複雑化が進むにつれ、オペレーターはアプリケーションの可用性を維持し、運用上の問題の検出、デバッグ、および解決に費やす時間と労力を削減するために、より自動化されたプラクティスを必要とします。例えば、設定ミス、不均衡なコンテナクラスター、またはリソースの枯渇などによるアプリケーションのダウンタイムは、企業にとって大きな収益損失につながる可能性があります。 多くの場合、企業は、メトリクス、ログ記録、トレース、イベントなどの複数のモニタリングツールをデプロイおよび管理し、それらをさまざまな場所に保存して分析するといった、デベロッパーの作業にかかる時間に投資する必要があります。また、デベロッパーやオペレーターは、ロードバランサーでのエラーのスパイクやアプリケーションのリクエストレートの異常な低下などの問題を警告するために、カスタムアラームの開発と保守に時間を費やしています。問題が発生すると、オペレーターは同じ問題に関連する複数のアラートを受け取り、アラートを組み合わせて、すぐに対応しなければならないアラートに優先順位を付けます。 DevOps Guru の仕組み DevOps Guru の機械学習モデルは、過去 20 年にわたって、AWS の専門知識を活用して世界最大の電子商取引ビジネス向けに高可用性アプリケーションを実行しています。DevOps Guru は、運用上の問題を自動的に検出し、考えられる原因を詳述し、修復アクションを推奨します。DevOps Guru は、Amazon CloudWatch、AWS Config、AWS CloudTrail、AWS CloudFormation、AWS X-Ray をサポートする複数のソースにまたがるデータを統合することにより、運用データを検索および可視化する単一のコンソールエクスペリエンスをお客様に提供し、複数のツールを使用する必要がなくなります。 DevOps Guru の開始方法 DevOps Guru のアクティブ化は簡単で、AWS マネジメントコンソールにアクセスして [Enable (有効)] をクリックだけです。DevOps Guru […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon CodeGuru 資料及び QA 公開

先日 (2020/08/04) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon CodeGuru」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200804 AWS Black Belt Online Seminar Amazon CodeGuru from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. P27 において、AWS CodeCommit でリポジトリを作成する時に CodeGuru Reviewer を有効化することもできれば、後から有効化もできるとのことですが、有効化された時点以降のものしか反映されないのでしょうか? A. はい、既存リポジトリにて CodeGuru Reviewer を有効化した場合、Pull Request ベースのコードレビューに関しましては有効化された以降の Pull Request 内の差分のみをレビューする形となっております。なお、BlackBelt Online Seminar を実施した翌日に、Full Repository Scan の機能が公開となりました。次のご質問で詳しく紹介します。 Q. CodeGuru Reviewer についてですが、新規変更点だけでなく、既存のコードの検査をしてみたいのですが、Pull Request […]

Read More