Amazon Web Services ブログ

Category: Thought Leadership

im-a-mature-cloud-adopter-now-what

クラウド利用には成熟しています。次は何を?

多くの企業はすでに、クラウドの利用経験が豊富です。 彼らはワークロードのかなりの部分を移行し、必要なクラウドスキルを学び、積極的なセキュリティ体制を確立し、少なくとも初期の実行可能な運用モデルを開発しました。 次は何ですか? クラウドの価値を最大化するために、その基盤上にどのように構築しますか? ここにいくつかの提案があります。

Read More

VMware Cloud Disaster Recovery (VCDR) と NetApp CVO を活用したディザスタリカバリの要求への対応

AWS で VMware Cloud Global Account Specialist SA Lead を務める David Piet PhD と Sr. Solutions Architect を務める Dhaval Shah による記事です。 多くの組織は、アップグレードが必要となった老朽化したインフラストラクチャ、コロケーション設備リースの更新、または DR 戦略を必要とするアプリケーション範囲の拡大など、さまざまな理由でディザスタリカバリ (DR) 戦略を再検討しなければならない段階に達しています。 組織は主要なニーズに合わせてクラウドにマイグレーションすることのメリットを評価していますが、DR サイトのアップグレードへの追加投資が急に必要になると、IT 予算にさらに負担がかかり、新しいビジネスチャンスへの取り組みが遅くなってしまう可能性があります。 Fortune 500 企業のとある AWS のお客様は、リースの期限切れとインフラストラクチャの老朽化により、新しい DR ソリューションを模索していました。また、コストを削減し、メンテナンスと運用管理を削減する方法も調査していました。本番ワークロードは VMware vSphere ハイパーバイザー上で実行されており、NetApp Filer も利用していました。 この投稿では、上述のお客様と同様に、 VMware Cloud Disaster Recovery (VCDR) ソリューションおよびさまざまな AWS サービスを活用して、最小限のアプリケーション変更で DR サイトを AWS 上にマイグレーションする手法についてご紹介します。

Read More

MLaaS (Machine Learning as a Service) のためのマルチテナント機械学習構築環境を Amazon SageMaker Pipelines で実装する

近年、自社で保有するデータだけでなく、外部や第三者のデータを使って機械学習(ML)モデルを構築する企業が増えています。そして学習させたモデルを外部の顧客に提供することで収益源とするビジネスモデルを構築することができます。

この記事では、Amazon SageMaker Pipelinesが、Machine Learning as a Service (MLaaS) / Software as a Service (SaaS) アプリケーションにおけるデータの前処理、そして機械学習モデルの構築、訓練、チューニング、登録にどのように役立つかを紹介します。特にテナント分離とコスト配分に焦点を当て、テナント固有のMLモデルを構築するためのベストプラクティスを紹介します。

Read More

Amazon FSx for NetApp ONTAP を使ったデータキャッシング

このブログは 2022 年 2 月 15 日に Eran Brown (Semiconductor specialist solutions architect) と Jens Dickmeis (Cloud Architect Manager) によって執筆された内容を日本語化した物です。原文はこちらを参照して下さい。 ネットワーク・アタッチド・ストレージ(NAS)に長距離でアクセスすると、待ち時間が発生し、ビジネス・プロセスへの影響、エンジニアの仕事の遅延、コスト増の原因となる可能性があります。多くの場合、データセットのごく一部にしかアクセスする必要がないため、データをローカルにキャッシュすることで、データセット全体を複製する必要が無くなるので、こうした課題を解決することができます。これは、オンプレミスとクラウド(クラウドバーストなど)を含む複数の場所にコンピュートリソースが配置されている場合や、追加のコンピュートリソースにアクセスするために複数の AWS Availability Zone(AZ)または複数のリージョンにまたがる場合に特に有用となります。

Read More

Breaking the Bias(偏見を打ち砕こう) – AWS Developer Relations で働く女性たち

2022 年 3 月 8 日(米国時間)の国際女性デーにちなんで Rashmi Nambiar に執筆を依頼しました。この投稿において、Rashmi は、AWS Developer Relations チームのメンバー数人と、テクノロジー業界における女性としての仕事と経験について語り合いました。 – AWS News Blog チーム

Read More

Amazon S3 Glacier ストレージクラスへのログの圧縮とアーカイブ

このブログは 2022 年 3 月 7 日に Ilir Iljazi (senior cloud solutions architect) によって執筆された内容を日本語化した物です。原文はこちらを参照して下さい。 分散アーキテクチャでは、アプリケーションログを保存する必要がある場合が多く、AWS のお客様では、Amazon S3 バケットを介して保存されることがよくあります。ログには、ランタイムトランザクション、error / failure のステータス、またはアプリケーションのメトリクスや統計に関する情報が含まれている場合があります。これらのログは、後にビジネスインテリジェンスで使用され、有用な洞察を提供し、ダッシュボード、分析、およびレポートを生成するために使用されます。アプリケーションによっては、ログファイルは信頼できる唯一の情報源として機能し、ガバナンスや監査目的には不可欠です。そのため、高い可用性と耐久性を保証して、ログを永続的に保存する必要があります。多くのお客様は、ログを様々な形式で Amazon S3 に直接書き込むことを選択しますが、Amazon Kinesis などの AWS サービスを介してログをストリームすることを好むお客様もいます。 このブログ記事では、Amazon S3 Glacier ストレージクラスに何百万ものログファイルをアーカイブする際の、コストに関する考慮事項を説明します。Amazon S3 Glacier ストレージクラス(Amazon S3 Glacier Instant Retrieval、Amazon S3 Glacier Flexible Retrieval、Amazon S3 Glacier Deep Archive)は、データアーカイブと長期バックアップ用の、セキュアで耐久性があり、非常に低コストの Amazon S3 クラウドストレージクラスです。Amazon S3 Glacier ストレージクラスにオブジェクトを移行するために、Amazon S3 は […]

Read More

クラウド人材: Buildするか、Buyするか?

今回のブログでは、「人材を組織内部で育成するか、それとも外部から新規に採用するか」──この課題への1つの考え方をご紹介します。ご不明の点、「Contact Us」までお問合せください。(以下、”Talent: Build vs. Buy”と題された英文 Blog の翻訳となります。)

Read More

VMware Cloud on AWS上の仮想マシンでのFSx for NetApp ONTAP利用

AWS で Partner Solutions Architect を務める Kiran Reid と Partner Solutions Architect を務める Karthik Coimbatore Varadaraj による記事です。 Amazon FSx for NetApp ONTAP と VMware Cloud on AWS は本番環境のワークロードを、お客様の可用性およびパフォーマンス要件を満たしつつコストを最適化できる形で適切なストレージに配置するための強力かつシンプルな方法を提供します。 VMware Cloud on AWS 上で仮想マシンを稼働させているお客様は特有のストレージ要件を持っており、クラウドネイティブなアプリケーションを容易にビルド、テスト、実行できるようスケーラブルでハイパフォーマンスかつ機能性の高いファイルストレージソリューションを必要としています。 この記事では VMware Cloud on AWS 上で稼働する仮想マシン (VM) に提供されるストレージの選択肢の一つとして Amazon FSx for NetApp ONTAP をどのように利用できるかについて解説していきます。またこのストレージ領域へ VM がアクセスするために取りうるいくつかの異なる接続オプションについても論じます。 もし異なるストレージ要件を持つ複数のVMワークロードがある場合には、利用可能なストレージオプションとそれらを最も効果的に利用するにはどうすれば良いかを様々なシナリオにおいて理解することが重要です。 Amazon FSx for NetApp ONTAP […]

Read More

Pegasystems 社による Amazon API Gateway における WebSocket のマルチテナントレート制限の管理方法

この記事は Steven Warwick, Solutions Architect – AWS と Josue Lima, Director of Software Engineering – Pega による共著を翻訳したものです。 Pegasystems は、オートメーション、エンゲージメント、ローコード開発を通じて、最も複雑なビジネス課題を単純化する AWS パートナーです。 Pega Digital Messaging Service によって、カスタマーサービスアプリケーションは、Apple Messages for Business、Facebook、SMS、WhatsApp、Twitter、Web チャットなどのデジタルチャネルを介して、シンプルで一貫した形式でメッセージを送受信することができます。各顧客はシステムのテナントとみなされ、一意の識別子で定義された複数のセッションを作成でき、また各セッションは複数の接続を作成できます。

Read More

流通小売・消費財業界でエシカルな商取引への道筋を導く7つの技術

エシカルな商取引とテクノロジーは、企業が生き残っていくために不可欠なものです。流通小売と消費財業界では、企業がステークホルダーに約束するということは、ただそれを期待されているという以上の意味を持っています。もしうまくやり遂げることができたら、競争的な優位性をもたらします。テクノロジーを使いこなすことで、ただ単に生き残るのか、繁栄していくのかという大きな違いを生むのです。そして、よい行いをすることに注力するとき、テクノロジーがその初動を加速します。では、テクノロジーがどのように小売や消費財の事業者の皆様を未来に導くことができるかをご紹介する前に、エシカルな商取引 (ethical commerce) について定義しましょう。

Read More