Amazon Web Services ブログ

Amazon Lightsail、東京リージョンにて提供開始

こんにちは、ソリューションアーキテクトの塚田です。
お待たせしました。現在開催中のAWS Summit Tokyo 2017 キーノートにてアマゾンウェブサービスジャパン株式会社社長の長崎からアナウンスがあったとおり、Amazon Lightsail が東京リージョンにやってきました!


インスタンスの作成時に、リージョンとアベイラビリティゾーンで東京(ap-northeast-1)を選択することができます。


Tokyo, Zone A (ap-northeast-1a)を選んでインスタンスの作成をすすめると…

東京リージョンにLightsailのサーバが立ちました!

また、東京リージョンでも料金は変わらず、月額$5〜のプランが利用可能になっています。

色々とはかどりますね。

 

リージョンごとに管理できるLightsailのリソース

 

Lightsailでは、インスタンス以外にも次のリソースをリージョンごとに管理できるようになっています。

VPCピアリング

SSHキーペア

Static IP

 実際に触ってみていただければわかると思いますが、リージョンの選択が増えてもLightsailのシンプルさは失われていません。相変わらず、わかりやすく使いやすいコンソールになっています。

 

シンプルで低額、定額なVPSサービス(東京でも$5/月〜)

 

Amazon Lightsailを改めて簡単に紹介すると、2016年12月のAWS re:Inventで発表されたVPSサービスです。

数回のクリックで、好きなOSか、好きな開発環境やアプリケーションがインストールされたサーバを数十秒で起動できる、月額$5からの使いやすいVPSです。($5プランでも1TBのデータ転送量やSSDストレージなどが利用可能なのも魅力ですね。)
起動直後から、ブラウザ上でSSHによってサーバにログインすることもでき、すぐに作業が開始できます。

 

WordPress、Nginx、Node.js など、使いやすいインスタンスイメージ

 

例えばサービスサイトはAmazon EC2とElastic Load Balancingで構築しつつWordPressでブログページやオウンドメディアをホストしたり、新サービスのプロトタイプをサクッと立ち上げたり、ちょっとした検証用にNginxを立てたり、Redmineを立てて社内ツールとして使ったり… Amazon Lightsailは、現実的な多くの需要を満たすことができます。

また、Amazon CloudFrontをLightsailの前に配置したり、VPC Peeringをワンクリックで有効にして他のAWSリソースと組み合わせたりすることで、スケーラビリティを手に入れることも簡単です。その他にも詳しい機能や便利な使い方については AWS Black Belt Online Seminar 2017 Amazon Lightsail の資料をご覧ください。

 

気軽に触って遊んでみましょう!

 

Amazon Lightsailは、今すぐ東京リージョンでお使いいただけます。
Lightsailコンソールでお待ちしております。