Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Command Line Interface

CDK

CDK Pipelines: AWS CDK アプリケーションの継続的デリバリ

AWS Cloud Development Kit(AWS CDK)は、使い慣れたプログラミング言語でクラウドインフラストラクチャを定義し、AWS CloudFormation を通じてプロビジョニングするためのオープンソースのソフトウェア開発フレームワークです。AWS CDK は、次の 3 つの主要なコンポーネントで構成されています。 再利用可能なインフラストラクチャ・コンポーネントをモデリングするためのコアフレームワーク CDK アプリケーションをデプロイするための CLI AWS Construct Library(クラウドリソースを抽象化し、実績のあるデフォルト値をカプセル化する高レベルのコンポーネントのセット) CDK を使用すると、cdk deploy を実行するだけで、ワークステーションから AWS クラウドにアプリケーションを簡単にデプロイできます。これは、初期開発およびテストを行う場合に最適ですが、本番ワークロードをデプロイするためには、より信頼性の高い自動化されたパイプラインを使用する必要があります。 CDKアプリケーションを継続的にデプロイするために、お好みのCI/CDシステムを利用することが可能ですが、より簡単で、かつすぐに利用可能な方法をお客様はご要望でした。これはCDKの中核的な理念に適合します。つまりクラウドアプリケーションの開発を可能な限り簡素化して、お客様が関心のある部分に集中することです。 CDK Pipelines の開発者プレビューリリースをお知らせします。CDK Pipelines は、AWS CodePipeline によって CDK アプリケーションの継続的なデプロイパイプラインを簡単にセットアップできる高レベルのコンストラクトライブラリです。この投稿では、CDK Pipelines を使用して、AWS Lambda と連携した Amazon API Gateway エンドポイントを 2 つの異なるアカウントにデプロイする方法について説明します。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Command Line Interface 資料及び QA 公開

先日 (2019/07/24) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS Command Line Interface」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 ※31分56秒以降に表示されているスライド「複数プロファイルの設定、実行方法(1/5)」の下部の図に表記の誤りがありましたので以下に訂正いたします。 正: dev → 開発環境、prod → 商用環境 20190724 AWS Black Belt Online Seminar AWS Command Line Interface from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. 閉域環境からの AWS CLI を実行したい場合は、実行したいコマンドの AWS サービス毎にエンドポイントを作成しておく必要がありますか? エンドポイント作成に対応していないサービスは閉域環境からの実行はできないということでしょうか? A. はい、サービス毎に必要です。もし現在ご利用のリージョンでVPCエンドポイントが対応していなければ、別リージョンに対してVPC Peeringを張っていただければ、AWS内のネットワークに閉じたままご利用いただけます。なお、別リージョンにあるVPC EndpointのDNSの名前解決ができるようにRoute 53のプライベートホストゾーンもあわせてご検討ください。 Q. –profile オプションによる実行環境の切り替えはEC2にIAMロールを設定する場合には利用できないのでしょうか? A. 利用可能です。EC2のロールとは別に、.aws/credential、.aws/configに認証情報、プロファイルの設定をした上でご利用ください。 Q. […]

Read More