Amazon Web Services ブログ

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Command Line Interface 資料及び QA 公開

先日 (2019/07/24) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS Command Line Interface」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。

※31分56秒以降に表示されているスライド「複数プロファイルの設定、実行方法(1/5)」の下部の図に表記の誤りがありましたので以下に訂正いたします。
正: dev → 開発環境、prod → 商用環境

AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます)

Q. 閉域環境からの AWS CLI を実行したい場合は、実行したいコマンドの AWS サービス毎にエンドポイントを作成しておく必要がありますか? エンドポイント作成に対応していないサービスは閉域環境からの実行はできないということでしょうか?
A. はい、サービス毎に必要です。もし現在ご利用のリージョンでVPCエンドポイントが対応していなければ、別リージョンに対してVPC Peeringを張っていただければ、AWS内のネットワークに閉じたままご利用いただけます。なお、別リージョンにあるVPC EndpointのDNSの名前解決ができるようにRoute 53のプライベートホストゾーンもあわせてご検討ください。

Q. --profile オプションによる実行環境の切り替えはEC2にIAMロールを設定する場合には利用できないのでしょうか?
A. 利用可能です。EC2のロールとは別に、.aws/credential、.aws/configに認証情報、プロファイルの設定をした上でご利用ください。

Q. AWS CLI した場合、どのような料金が発生するのでしょうか? (各APIごとの料金が発生? 履歴参照があったが、その場合には API 実行料金は発生しない?)
A. AWS CLI自体の料金は発生しませんが、各サービスごとに料金がかかります。詳細はこちらを参照してください。

Q. AWS CLI のバージョンアップ ( v2 含めて ) により、過去のバージョンで実行できたコマンドと互換性がなくなる場合があるのか? ある場合には、どこの資料を参照することでその情報を知ることができるのか?
A. AWS CLIはAWSのAPIに追従しており、通常互換性のない変更は行われませんが、完全なる互換性を保証しているわけではありません。そのため、事前にテストすることをお勧めいたします。また、v2はv1と互換性はありません。どのような変更がされたかは、こちらのAWS CLIのGitHubのリポジトリを参照することで確認可能です。

Q. CloudWatchの結果を操作することはできますか? (ERRORという文字列をFilterして、ダウンロードするなど)
A. CloudWatchの結果も、--queryオプションを組み合わせれば操作可能です。例えば、AWS LambdaのAmazon CloudWatchログに出力されたERRORメッセージを検索するようなシチュエーションで、次のようなコマンドでERRORの文字列を検索できます。

aws logs get-log-events --log-group-name “AWS Lambdaのロググループ名” --log-stream-name “Amazon CloudWatchのログストリーム名” --output text --query “events[*].message” | grep ERROR

Q. 2020/1/1にPython2系のサポート終了のお話がありましたが、AWS CLIも2020/1/1からPython2系で使用できなくなってしまうのでしょうか?
A. 現時点でそのようなアナウンスはございません。もしPython 2をご利用中であれば、2020年1月1日以降Python 2のメンテナンスがされなくなるため、Python 3のご利用を推奨します。

今後の AWS Webinar | イベントスケジュール

直近で以下を予定しています。各詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております。

【経験者向け】Amazon SageMaker Ground Truth 体験ハンズオン
Amazon SageMaker Ground Truth は、機械学習を利用してデータを分類するために必要不可欠な、データラベリングの作業を効率化するサービスです。
本セミナーでは、Amazon SageMaker Ground Truth の概要を紹介し、ラベリングジョブを作成して、ジョブを実行するまでの流れをハンズオン形式で体験していただきます。
2019 年 8 月 20 日 (火) | 15:00 – 16:30 申込先 ≫

【AWS認定】試験準備 オンラインセミナー
「AWS認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト」は AWS のテクノロジーを使用して安全で堅牢なアプリケーションを構築し、デプロイするための知識を持っていることを証明する認定資格です。
本ワークショップでは、試験問題を解く際のポイントや理解を深めるためのドキュメントを出題分野ごとにを解説します。

2019 年 8 月 9 日 (金) | 9:00 – 12:30 申込先 ≫
2019 年 8 月 23 日 (金) | 15:00 – 18:30 申込先 ≫

【サービス別に詳細を知りたい方向け】AWS Black Belt Online Seminar
AWS Black Belt Online Seminar 8月分申込先 ≫

実践的 Serverless セキュリティプラクティス | 2019 年 8 月 13 日 (火) | 12:00 – 13:00
AWS Serverless Application Model | 2019 年 8 月 14 日 (水) | 18:00 – 19:00
Serverless モニタリング | 2019 年 8 月 20 日 (火) | 12:00 – 13:00
AWS AppSync | 2019 年 8 月 21 日 (水) | 18:00 – 19:00
Amazon Aurora with PostgreSQL Compatibility | 2019 年 8 月 28 日 (水) | 18:00 – 19:00