Amazon Web Services ブログ

Category: AWS CodeCommit

New – AWS CodeStarの紹介 – AWS上のアプリケーションをすばやく開発、構築、デプロイする

それほど遠く無い昔、今日多くのソフトウェア チームがアプリケーション開発で直面している、リリース期限までにソフトウェア プロジェクトを完成させ変化に対応するというような開発チームに私は所属していました。そこには新しいプロジェクト環境のセットアップ、チームメンバーのコラボレーション、各開発ビルドのコード変更、構成、ライブラリの継続的な追跡を行う日常的なタスクなどの課題がありました。 今日、企業がイノベーションと市場投入をより迅速に行うためには、開発チームがソフトウェアの作成、構築、展開をより簡単かつ効率的に行うことが不可欠になっています。   残念なことに、多くの組織は、より機敏で動的なソフトウェア開発プロセスを追求する上で、いくつかの重要な課題に直面しています。 ほとんどの新しいソフトウェア プロジェクトが直面する最初の課題は、開発者がコーディングを開始する前に完了しなければならない長いセットアップ プロセスです。 このプロセスには、IDEのセットアップ、適切なコード リポジトリへのアクセスの取得、および/またはビルド、テスト、および運用に必要なインフラストラクチャの識別が含まれます。   コラボレーションは、ほとんどの開発チームが直面しうる別の課題です。 プロジェクトのすべてのメンバーに安全な環境を提供するために、チームはさまざまなチームの役割とニーズに応じて別々のプロジェクトとツールを頻繁に設定する必要があります。 さらに、すべてのステークホルダーに、課題の更新、開発の進展、およびソフトウェアの問題の報告に関する情報を提供することは、時間がかかる可能性があります。   最後に、ほとんどの企業では、継続的インテグレーションと継続的デリバリに関するベストプラクティスを採用することで、ソフトウェア開発のスピードを高め、市場投入までの時間を短縮したいと考えています。 これらのアジャイル開発戦略を適用するには、企業が方法論についてチームを教育し、これらの新しいプロセスのためのリソースを設定するための時間を費やす必要があります。   AWS CodeStar:プレゼンテーション   開発チームがソフトウェアを構築する上での課題を緩和し、アプリケーションやソリューションをリリースするペースを向上させるために、AWS CodeStarを紹介します。   AWS CodeStarは、開発プロジェクト全体の設定を簡素化することにより、AWS上でアプリケーションの開発、構築、および展開を容易にするために設計されたクラウドサービスです。 AWS CodeStarには、ソフトウェア プロジェクトのコーディング、ビルド、テスト、デプロイ、および実行のためのプロジェクトとリソースのプロビジョニングを可能にする一般的な開発プラットフォーム用のプロジェクト テンプレートが含まれています。   AWS CodeStarサービスの主な利点は次の通りです: Amazon EC2、AWS Elastic Beanstalk、またはAWS Lambda用のテンプレートを使用して、5つの異なるプログラミング言語を使用して新しいプロジェクトを簡単に作成できます。 JavaScript、Java、Python、Ruby、およびPHPをサポートします。 テンプレートを選択すると、サービスはプロジェクトとアプリケーションに必要な基盤となるAWSサービスをプロビジョニングします。 ソフトウェアチーム全体に対するアクセスおよびセキュリティ ポリシー管理の統一されたエクスペリエンスを提供します。プロジェクトは、適切なIAMコントロール ポリシーで自動的に構成され、安全なアプリケーション環境を確保します。 コードのコミット、ビルドの結果、デプロイメント アクティビティなど、さまざまなアクティビティを追跡するための事前設定されたプロジェクト管理ダッシュボード。 素早い立ち上げと実行に役立つ実行可能なサンプルコードは、Visual Studio、Eclipse、またはGitをサポートする任意のコード エディタなどのお好きなIDEで使用できます。 AWS CodeCommit、AWS CodeBuild、AWS CodePipeline、およびAWS CodeDeployを使用して、自動的に構成された各プロジェクトの継続的なデリバリ パイプライン。 […]

Read More

AWS 開発者用ツールのまとめ – CodeCommit、CodePipeline、CodeDeploy に追加した最近の機能強化

AWS 開発者用ツールは現代の DevOps を実施する上で役立ちます。概要については次をご覧ください (詳しくは「ソースコード管理やデプロイに使用できる新しい AWS ツール」を参照)。 AWS CodeCommit は完全マネージド型のソースコード管理サービスです。既存の Git ツールやワークフローを引き続き使用しながら、安全でスケーラビリティに優れたプライベート Git リポジトリをホストするために同サービスを使用できます (詳細は「Introduction to AWS CodeCommit」のビデオをご覧ください)。 AWS CodeDeploy は Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) インスタンスやオンプレミスサーバーでコードのデプロイを自動化します。デプロイの間にダウンタイムを回避しながら、すばやくアプリケーションを更新することができます (詳細は「Introduction to AWS CodeDeploy」のビデオをご覧ください)。 AWS CodePipeline はリリースプロセスの効率化や自動化に使用することができる継続的配信サービスです。リポジトリ (CodeCommit または Git) でチェックインを行うと、ビルド、テスト、デプロイなどの操作が開始します (概要については「Introducing AWS CodePipeline」をご覧ください)。このビルドは CodeDeploy、AWS Elastic Beanstalk、AWS OpsWorks のいずれかを使用して EC2 インスタンスまたはオンプレミスサーバーでデプロイすることができます。 こうしたサービスと既存のビルドやテストツールを組み合わせて使用することで、CodePipeline がまとめるエンドツーエンドソフトウェアのリリースパイプラインを作成することができます。 AWS は今年 Code* 製品に多数の機能強化を追加しました。今回は時期的にもそうした機能の概要をご説明するのにちょうど良い時期だろうと思い、このブログを公開することにしました。こうした機能強化の多くは開発者用ツールと AWS […]

Read More

【新機能】AWS CodeCommit の通知

AWS CodeCommit は、セキュアで高度にスケーラブルなプライベート Git リポジトリを容易にホストできるフルマネージドなソース管理サービスです。今回リポジトリ トリガーを追加することで CodeCommit はさらに有用なサービスになりました。これらのトリガーを利用することで、既にあるユニット テストやデプロイメント ツールをソースコード管理ワークフローに統合することができます。トリガーは効率的でスケーラブルなので、変更をポーリングするように構築されたモデルよりもより広範囲に適用可能です。継続的インテグレーションや継続的デリバリをベースとした開発方法論に向かって進むために、これらのトリガーが有用であることがお分かり頂けると思います。   通知に関するすべて CodeCommit のリポジトリごとに10個までのトリガーを作成することができます。トリガーはコードのプッシュ、ブランチ/タグの作成、ブランチ/タグの削除を含むリポジトリのアクションに対する応答として起動されます。トリガーはリポジトリの特定のブランチやすべてのブランチに対してセットできます。 トリガーによって Amazon Simple Notification Service (SNS) トピックの送信や AWS Lambda ファンクションの起動が可能です。また個々のトリガーはカスタム データで拡張することが可能で、そのデータによって特定のトリガーを同じイベントで実行される他のトリガーと区別することができます。リポジトリ イベントを email や SNS によって購買するためにトリガーを利用することができます。SNS から SQS へ書き込み、キューを通じて CI/CD のツールにジョブを上げたり、お使いのツールが提供する webhook に対して SNS を使ってアクティベートしたりできます。どのようなケースでも、CodeCommit リポジトリの変更によって指定したアクションがトリガーされます。また Lambda ファンクションを利用してビルド、シンタックスのチェック、コードの複雑度メトリックスの捕捉、開発者の生産性の測定(もちろん少ないほうがいいですね)などをトリガーできます。私の同僚もこの記事の最後にあるような、いくつかの珍しいアイデアを思いつきました! トリガーは AWS マネジメント コンソール、AWS コマンドライン インターフェース(CLI)、または CodeCommit API を通じて作成、表示、管理することができます。ここではコンソールを使います。左側のナビゲージョン列に Triggers の項目が追加されています: Create Trigger をクリックして開始します。単一のイベント(または複数のイベント)を選択し、単一のブランチ(または複数のブランチ)を選択し、通知の発行や Lambda ファンクションの起動に必要な詳細を入力します: 対象となるイベントとブランチを選択しました: […]

Read More