Amazon Web Services ブログ

Category: Media & Entertainment

Amazon CloudFront キャッシュポリシーとオリジンリクエストポリシーを発表

Amazon CloudFront の新しいキャッシュポリシーとオリジンリクエストポリシーにより、CloudFront がリクエストデータを使用して、キャッシュキーとキャッシュミス時にオリジンに転送されるリクエストの両方に影響を与える方法をより詳細に制御できます。これにより CloudFront が実行するキャッシュの制御と効率を向上させながら、さらに柔軟性が高まります。これらの設定はすでに部分的には存在していましたが、キャッシュキーの設定はオリジン転送の設定から独立することになります。以前は転送されたデータのほとんどはキャッシュキーを自動的に変更していました。このポリシーにより、ほとんどのリクエスト要素をキャッシュキーに影響を与えることなくオリジンに転送できるようになります。ヘッダー、Cookie、およびクエリ文字列パラメータの任意の組み合わせを設定して、キャッシュキーとして考慮するよう含めたり、除外したり、必要に応じて転送したりできます。 基本的な設定の柔軟性の向上に加えて、これらのオプションは “ポリシー” を使用して設定されるようになりました。ポリシーでは、同様の設定の組み合わせを任意の数のディストリビューションに適用できます。これによりセットアップ時間が短縮され、複雑さが軽減されてチームは全体の設定にわたって一貫性を管理できます。

Read More

Amazon Interactive Video Service – アプリとウェブサイトへのライブ動画の追加

今日は、アプリとウェブサイトにライブ動画を直接追加できる新しい Amazon Interactive Video Service をご紹介できるのをとても嬉しく思っています。皆さんが私と同じような考えを持っているならば、AWS チームがインタラクティブで低レイテンシーのライブ動画のアプリケーションへの統合をいかにシンプルにしたかに驚かされるでしょう。 このサービスは、Amazon Interactive Video Service (IVS) コンソールまたは API のどちらかを使用してチャネルを作成することを可能にします。作成後、標準的なストリーミングソフトウェアを使って動画をこのチャネルにストリーミングします。世界中のあらゆる視聴者にライブ動画を提供するために必要となる作業は、すべてサービスが実行します。サービスには、ウェブ、iOS、または Android プロジェクトへのライブ動画の統合を容易にするプレーヤー SDK が含まれています。 私はこのサービスの機能がこれだけだったとしても感動していたと思いますが、チームはもうひと頑張りして、このサービスをユニークなものとする 2 つの主要機能を追加しました。 1 つ目は、動画が低レイテンシーであることです。これは、動画をブロードキャストしてから視聴者の画面に表示されるまでの時間が 2~3 秒まで短縮できることを意味します。このサービスはインタラクティブなリアルタイムアプリケーションの構築を支援することを目的としているため、低レイテンシーは必要不可欠です。これは、遅延を最低限に抑えることによってのみ可能になります。 2 つ目は、ライブ配信の決定的な瞬間にイベントを発生させることができるように、チームが動画と共に時間指定メタデータを送信する機能を追加したことです。たとえば、ライブ投票が開始されたことを伝えるイベントを送信することが可能で、アプリケーションはそれに応答し、ライブ動画と並行して視聴者が投票できるようにします。 これら 2 つの機能の組み合わせは、ユーザーが独自のウェブサイトとアプリケーションで視聴者とより価値のある関係を生み出すエクスペリエンスを構築できることを意味します。たとえば、製品ローンチのライブ配信を行っている場合、追加の製品情報を同期させて、動画に新しい製品が表示されると同時にその情報が表示されるようにすることができます。「今すぐ購入」ボタンを表示させて、視聴者がライブ配信で見ている製品をその場で購入できるようにすることも可能です。 この数か月間、私は Twitch.tv でライブクイズを配信しているのですが、このサービスの登場で、さらにパーソナライズされた統合バージョンをウェブサイトで直接構築できるのではないかと考えるようになりました。では、Amazon IVS コンソールに移動し、チャネルを作成することでこのようなウェブサイトやアプリケーションを作成する方法をご紹介しましょう。 Amazon IVS コンソールの最初の画面に [チャネルの作成] というボタンが表示されるので、これをクリックしてチャネルの作成を開始します。 チャネルに名前を付けてデフォルト設定 (フル HD で動画を配信し、低レイテンシーが必要) を選択します。それから、画面最後の [チャネルの作成] ボタンをクリックします。 数秒後、[チャネルが正常に作成されました。] というメッセージを受け取ります。画面には、動画の配信に使用するコンピューターまたはデバイスの設定方法を説明する [開始する] セクションがあります。 ストリーム設定情報も同じ画面にあります。取り込みサーバーとストリームキーは、サービスへの動画の送信を開始するために必要となる 2 つの情報です。 […]

Read More

未来を見据えたテレビ歴史の保存とアーカイブ

Team Coco が AWS と Iron Mountain を使用して、Conan O’Brien の 2725 件のエピソードライブラリを備えたレイトナイトからハイライトを永続的に保存、トランスコード、表示、クリップ、および公開して、何百万人もの Conan ファンに公開した方法。 古い英詩があります。古いもの、新しいもの、人から借りたもの、青いものなど、花嫁が身に付けると幸せになるといわれるものを持参する限り、新たなことに取り組むときに幸運を掴めるというものです。 ほとんどの人は、結婚を申し込むほどの重要な日に古くからの知恵を使うようにしています。しかし、Team Coco では、これをまったく別の種類の提案に使用することにしました。私たちの上司は、伝説的な深夜テレビの司会者である Conan O’Brien が率いるチームから来ました。そして、彼は私たちが大胆な計画に乗り出すことを要求しました。 彼が担当した NBC ショーの 2725 件のエピソードをデジタル化する エピソードを将来性のあるデジタル形式で永続的に保存する すべてのエピソードを表示およびカタログ化するシステムを実装する ロックされて何年も保管庫の劣化テープに保管されていたお気に入りの瞬間にファンがアクセスできる画期的なサービスを提供する そして、1993 年 9 月の最初のショーから 25 周年目までに出版を始めることを目標としていたので、すぐに作業を始める必要があります。上司を落胆させたくはありません。 Team Coco では、新しい挑戦に対して肯定的に反応したいのは山々ですが、このような一生に一度の機会に直面することはありませんでした。この種のタスクを処理するための最良の方法に関するロードマップを提供する類似プロジェクトから単純な類似点を見つけることは困難でした。Team Coco の小規模チームが従来のオンプレミス手段を使用して、デジタル化、保存、トランスコーディング、およびカタログ化の範囲と規模を処理することは不可能でした。しかし、私たちの厳しい生産スケジュールによって悪化しました。これにより、AWS クラウドという、目標を達成するためのワークフローを構築する唯一の実行可能な方法が残りました。このブログ記事では、Team Coco が AWS を使用して、Conan O’Brien の 2725 件のエピソードライブラリを備えたレイトナイトのハイライトを永続的に保存、トランスコード、表示、クリップして、何百万人もの Conan ファンに公開した方法について説明します。 古いものと借りたもの: テープ保管庫、ビデオテープマスター、輸送、デジタル化 プロジェクトの前は、利用可能な最高品質のクリップはファンのアップロードによるものでした。 テープをデジタル化するプロセスの簡単な概要は次のとおりです。 […]

Read More

ご利用のポストプロダクションアプリケーションをAWS仮想デスクトップ インフラストラクチャにデプロイするために

今や仮想化は、クリエイティブな専門家が在宅勤務で仕事をする上で必要な環境となりました。本ブログでは、AWSクラウド上でポストプロダクションアプリケーションを実行する場合に重要な考慮事項を説明します。 お客様から「編集ソフトウェアをAWSで実行できるか」というお問い合わせが頻繁にあります。これらの問い合わせから使用パターンを、典型的なユースケースまたはユーザー想定モデルと呼ばれる形式で説明できます。最も一般的な想定モデルには、ニュース/スポーツ、クリエイティブ、プロモ―ションがあります。想定モデルを識別する目的は、一般的なユースケースの周囲に十分な柔軟性を提供して、ロングフォームおよびショートフォームのプロダクション、コンフォーム編集、マニュアルの品質管理など、さまざまな追加のユースケースに簡単に適用できるようにすることです。想定モデルには、ストレージ、ネットワーク帯域幅、ディスクI / O、CPU、メモリの点で異なる要求があります。もちろん、クラウドでは、カラーグレーディング、カラーフィデリティ(色再現)、マルチチャンネル オーディオ サポートなど、いくつかのワークフローで課題がまだあります。しかし、仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)プロトコルが進化して、10ビットカラーやより多くのオーディオチャネルなどの機能をサポートするようになると、これらのワークフローを実現することができます。AWSは、将来の機能改善に対応できるように柔軟性を考慮してテンプレートを設計しました。 クリエイティブプロフェッショナル向けクラウドベースワークフローにおける重要な考慮事項 ネットワーク遅延を最小化するとワークステーションのインタラクティブ性が上がり、物理的にAWSリージョンに近いほどユーザーエクスペリエンスが向上することはこの領域では特に重要です。さらに、ロサンゼルスなどの場所には専用の AWS Local Zonesがあり、AWSのコンピューティング、ストレージ、データベース、その他の選択されたサービスを大規模な人口、産業、ITセンターの近くに配置することでレイテンシーを削減します。最後に、制作施設、スタジオ、クリエイティブオフィスで運用する場合、AWS Direct Connect 専用帯域を強化するだけでなく、パブリックインターネットパスを抽象化するセキュリティの層を追加します。デプロイメントの場所またはリージョンを選択する場合、目標レイテンシーが約30ミリ秒以下であれば、最適なエクスペリエンスが提供されます。レイテンシーが長くなると、ジョグ/シャトル操作などの周辺機器のインタラクティブ性、または一般的な再生やGUIアクティビティに遅れが生じる可能性があります。 AWSの利点 クリエイティブワークフローをAWSに移行するには多くの利点があります。その1つは、容量に厳密な計画を立てることなく、需要に基づいてシステムを拡張できることです。コンピューティング、ストレージ、ネットワーキング、その他のAWSサービスはすべて従量課金制ですので、ストレージを拡張したり、多数のワークステーションを調達するために多額の設備投資を計画する必要がなくなります。ワークステーションのアップグレード、パッチ適用、およびイメージングも簡単で、AWS System Mangerを介して自動化できます。インフラストラクチャを一元的に配置して保護できるため、全ユーザーにコンテンツを転送するという、時間とコストのかかるモデルではなく、リソースとアセットのシングルプールを使用して、クリエイティブユーザーがコラボレーションできます。さらに、AWSは現在、グローバルな分散型なワークフローの運用を実現するため、23の地理的リージョン内の73のアベイラビリティーゾーンにまたがっており、これによってインフラストラクチャをローカルで確保している人材の近くに配置できます。例として、動的インフラストラクチャとAWSテクノロジーを採用すると、ワールドカップサッカーなどのライブイベントで、リモート編集やハイライト制作が可能になります。これらの利点を活用してクリエイティブワークフローを最適化すると、コストが削減され、セキュリティとストレージの要件が一元化、時間のかかるデータと人員の移動が排除され、クリエイティブワークフローの市場投入までの時間が短縮されます。 セキュリティ AWSは、ワークステーションとコンテンツへのアクセスを安全に制御、監視、監査するためのきめ細かなアクセスを提供します。AWSのセキュリティは最優先事項であり、AWS Artifactを通じてインフラストラクチャとコンテンツを保護するための多くのリソースを見つけることができます、コンプライアンス関連情報の中心的なリソースであり、AWSマネジメントコンソールから利用できます。Artifactは、アセット管理やクラウドレンダリングなどのユースケースを中心に、AWSで安全でエンドツーエンドの本番環境対応システムを構築する方法を示す詳細な導入ガイドを提供します。より詳細な観点から見ると、監査可能性と追跡可能性はクラウドベースの編集ワークフローを構築する際に考慮すべき重要な要素です。AWSでは、仮想編集ステーションの管理のセキュリティ負担を軽減するサービスを提供しています。AWS CloudTrail、Amazon GuardDuty、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)サーバーアクセスログなどのサービスを使用して、インフラストラクチャを完全に監査できます。さらに、AWS Security Hubサービス全体のセキュリティ状況の包括的かつ集約されたビューを提供します。高価値なアセットとコンテンツに関しては、Amazon Elastic Block Store(Amazon EBS)やAmazon S3などのサービス全体で、保管時および転送時に暗号化を提供できます。AWS Key Management Service (KMS)を使用すれば、顧客管理とサービス管理の両方のコンテンツ暗号化とキー管理できます。 最後に、そして最も重要なこととして、編集ステーションの表示プロトコルは適切なレベルのセキュリティを採用する必要があります。 TeradiciのPCoIPディスプレイプロトコルは、FIPS 140-2レベルで常時オンのAES256暗号化を提供し、クライアントにストリーミングするデータを安全に保ちます。さらに高いレベルのセキュリティが必要な場合は、低遅延用に最適化されたソリューションといった、AWSまたはパートナーのさまざまなVPNソリューションでディスプレイプロトコルを保護できます。 AWS G4 GPUとTeradiciのPCoIPプロトコルおよびAmazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)上のクラウドアクセスソフトウェアを使用することで、デスクトップを自宅またはオフィスにストリーミングできます。TeradiciのPCoIPプロトコルには、Mac、Windows、およびLinuxシステムのゼロまたはシンクライアント(ハードウェア専用アプライアンス、HP、10ZiGおよびその他のパートナーから入手可能)またはソフトウェアクライアントで実行するオプションがあり、クリエイティブユーザーは、選択したローカルオペレーティングシステムに関係なく同じ編集エクスペリエンスを楽しむことができます。VDIワークステーションとプロトコルの将来を見据えた進化と同様に、AWSには、最適化されたビットレートと4K/UHDをサポートする「PCoIP Ultra」という、Teradiciの新しい拡張プロトコルに適応できるソリューションテンプレートがあります。 マルチモニター編集ワークフローでは、より強力なマルチGPU G4ファミリーインスタンスで最大4台のモニターを使用でき、個別のプレビュー、タイムライン、およびアセット管理モニターを使用して、オンプレミスとほぼ同じエクスペリエンスを提供します。Teradiciは、USBパススルー経由でWacomタブレットなどの一般的なUSB HIDベースの周辺機器もサポートしています。互換性のあるデバイスをローカルに接続するだけで、リモートワークステーションですぐに使用できます。これとその他の一般的なTeradiciのデプロイおよび操作関連の質問の詳細については、コンテンツ作成用AWSワークステーションガイドを参照してください。 アーキテクチャ アーキテクチャについて考えるときは、ワークフローを考慮することが重要です。メディア アセット マネージメント ソリューションの中には、クラウドでこのワークフローをサポートし、Adobe […]

Read More

Amazon Kinesis Video Streams ハンズオンを公開 – カメラデバイスからの動画の収集、ストリーミング再生、分析方法を学ぶことができます

こんにちは、IoT Specialist ソリューションアーキテクトの三平です。この記事では、Amazon Kinesis Video Streams ハンズオンをご紹介します。 Amazon Kinesis Video Streams は、分析、機械学習 (ML)、再生、およびその他の処理のために、接続されたデバイスから AWS へ動画を簡単かつ安全にストリーミングできるマネージドサービスです。数百万のデバイスからの動画をセキュアに取り込み、時系列でインデックスして保存、再生や分析のために容易に取り出すためのインフラストラクチャを、自動的にプロビジョンして、伸縮自在にスケールします。 このハンズオンでは Amazon Kinesis Video Streams を用いた PoC などを容易に行っていただけるよう、カメラデバイス (Raspberry Pi) からクラウドへ動画を収集・保存し、ライブやオンデマンドでストリーミング再生したり、動画ファイルとしてダウンロードしたり、Amazon Rekognition Video と組み合わせてライブ顔認識やニアリアルタイムでの分析などを行ったりする方法を、実際に手を動かしながら3〜4時間で学ぶことができます。

Read More

新しい – AWS Elemental Link – がライブビデオをイベントのためにクラウドに配信 & ストリーミング

動画は、非常に多くのオンライン体験の中心となっています。発信元や作成者に関係なく、今日の視聴者は、高解像度かつ放送品質の視聴体験を期待しています。 洗練された環境であれば、専用ハードウェアと関連 A/V チームは、これらの期待に応える動画を記録、エンコード、ストリーミング、または保存できます。しかし、コストと運用の複雑さにより、同様の体験を提供することができないチームもありました。教室、地元のスポーツイベント、企業イベント、小規模なパフォーマンススペースには、確実に動画をクラウドに配信して処理、保存、オンデマンド配信、およびライブストリーミングするために必要なハードウェアとソフトウェアをインストール、設定、実行するために必要な予算や専門知識がありません。 AWS Elemental Link の紹介 本日は、AWS Elemental Link について説明します。この新しいデバイスは、ライブ動画のソースを AWS Elemental MediaLive に接続します。デバイスは小さく (約 32 立方インチ)、重量は 1 ポンド未満です。電力の消費量はわずかで、騒音もありません。995 USD ですぐに購入できます。 これらのデバイスは、AWS マネジメントコンソールから注文して、お届け場所には使用予定の場所を指定できます。デバイスは事前に設定された状態で届くため、必要なのは、電源、動画、およびインターネットへの接続だけです。使用時に特別な専門知識を必要とせずに、コンソールから任意の数の Link デバイスを監視および管理できます。 Link デバイスは、動画のソースに接続すると、組み込みの 3G-SDI または HDMI コネクターに到達したすべての動画、オーディオ、メタデータストリームを AWS Elemental MediaLive に送信し、利用可能な帯域幅に適応する自動ハンズフリーチューニングを行います。動画がクラウドに格納されると、AWS Elemental Media Services のフルラインナップを使用して、動画を処理、保存、配信、収益化できます。 AWS Elemental Link の注文 開始するには、AWS Elemental Link コンソールにアクセスし、[注文を開始] をクリックします。 利用規約を理解したことを表明し、[注文を続行する] をクリックして続行します。 注文の入力を開始します。最初に、連絡先情報と任意の注文名を入力します。 次に、個別の注文明細を入力し、それぞれの後に [新しい注文明細を追加] […]

Read More

【登壇報告】Virtual NAB 2020セミナー

毎年 4 月に開催される 全米放送協会 NAB (National Association of Broadcasters) が主催する世界最大の放送機器展 NAB Show ですが、今年は COVID-19 感染拡大の影響を鑑み Las Vegas での開催は中止、いくつかのデジタルイベントを実施することになりました。AWS は NAB Show で公開する準備を進めていた内容を下記のオンラインセミナーで紹介させていただきました。 4/21 (火)に US では AWS 主催のイベント「AWS NAB News & Update」を開催しました。 動画は こちら 資料は こちら です。 日本でも 4/22 (水)に伊藤忠ケーブルシステム様のバーチャルイベント「Virtual NAB 2020 セミナー」において、「NAB 出展概要とテクノロジーハイライト」というタイトルで、ソリューションアーキテクトの小林が登壇させていただきました。それらの内容について Blog で報告させていただきます。 Virtual NAB 当日の資料は こちら です アジェンダ: 1. AWS はメディアのための場所 […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Elemental MediaConvert 資料及び QA 公開

先日 (2020/03/31) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS Elemental MediaConvert」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200331 AWS Black Belt Online Seminar AWS Elemental MediaConvert from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. トランスコードにおいて Amazon Elastic Transcoder との使い分けというか立ち位置はどう捉えたらいいでしょうか?Elemental のチェーンを利用するか、単体でトランスコードするかでしょうか? A. Elastic Transcoder の機能は一部(※)を除き、MediaConvert でもサポートしています。機能追加も MediaConvert 中心ですので、新規もしくは既存でも下記以外のケースでは MediaConvert の利用をご検討ください。 ※現時点で Elastic Transcoder でのみ利用可能な機能: WebM (VP8, VP9) での出力(MediaConvert への入力は可能) アニメーションGIFの出力 FLAC、Vorbis、WAV […]

Read More

株式会社フジテレビジョン、ワールドカップバレー 2019 の配信において AWS を利用した超低遅延配信を実現

『 超低遅延配信は放送番組の視聴をより楽しくするマルチスクリーンでの利用や UGC におけるユーザ体験の向上を通し、インターネット配信に大きな変化をもたらすでしょう。』と株式会社フジテレビジョン(フジテレビ) 技術局 技術開発部 副部長 伊藤氏は述べます。 そして以下のように続きます。『 今回の ワールドカップバレー 2019( FIVB2019 ) では数万人が同時に視聴できる環境をわずか 3~4 週間で組み上げ本番に臨みました。我々は手軽に素早く超低遅延配信環境を実現できるようになりました。また、従量課金で利用でき、配信時における煩雑な運用から解放された事を非常に嬉しく思います。我々は既にそのユースケースを拡大しています。』 超低遅延配信はスポーツ Live 、TV と連動した配信、配信者/ユーザとのインタラクティブなやりとりを必要とする配信など様々なシーンで求められています。ただし超低遅延配信の実現には CMAF-UltraLowLAtency(ULL) 、WebRTC 、LL-HLS 、セグメント秒数を切り詰めた HLS/MPEG-DASH など様々なアプローチがありますが、超低遅延配信に対応したエンコーダ/インフラ/プレイヤーの準備が必要であり、大規模配信への対応の容易さ、到達できる遅延秒数も様々でした。 フジテレビは CMAF-ULL を用いて地上デジタル放送と同程度の約2~3秒という遅延量で FIVB2019 の配信を実現させました。それは地上デジタル放送の放送映像をさらに楽しんで頂くためのマルチスクリーンとして配信され、TV では試合のコート全体が映し出されている間、手元のスマートフォンではエース選手やフォーカスされた選手にクローズアップされるといったユーザ体験を向上させる取り組みでした。目的はユーザ体験を向上させ、これまでよりも更に試合の運び、選手の動きに注目し、放送番組にのめり込んでもらう事でした。 低遅延配信を実現した仕組みを以下の図に記します。 試合会場からの映像信号はフジテレビ局舎に伝送され、地上デジタル放送用設備と超低遅延配信用エンコーダである Videon社のEdgeCaster4K に分配して入力されます EdgeCaster4K では入力された映像信号を CMAF-ULL の HLS/DASH に処理します。1つの fMP4 ファイルの構造は 8 秒セグメント、200msec の Chunk です EdgeCaster4K からは専用線である AWS DirectConnect を通りオリジンサーバとなる […]

Read More

【開催報告】メディア企業様向けクラウド活用最新事例紹介・シーズン Ⅳ

メディア業界向けAWS セミナーシリーズ 第四弾 |Inter BEE 2019 / AWS re:Invent 2019 ReCap |& 最新メディア管理ユースケースをご紹介 12月18日 AWS 目黒オフィスにて、映像メディアに関わる事業者様および企業様を対象とした、クラウド活用最新事例紹介イベントを開催しました。 4半期毎に開催しているセミナーの最終回として、今回は 11 月中旬の Inter BEE 2019 と 12月上旬の AWS re:Invent 2019 の内容についての振り返りと、AWS パートナーとエンドユーザ様から最新のユースケースとして、メディアアーカイブやアセット管理についての事例を中心に発表いただきました。

Read More