Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon Simple Storage Services (S3)

automatically-compare-two-videos-to-find-common-content

2つのビデオを自動的に比較し共通のコンテンツを探し出す

2つのビデオを比較し、共通している点、異なっている点を特定することはさまざまに役立ちます。2つのビデオソースの間で共通のコンテンツを探し出すことは、次のような多くの興味深いアプリケーションへと可能性を広げます。 自身のコンテンツの、サードパーティビデオによる不正使用を調査する 1組(2つ)のビデオストリームについて、コマーシャルが異なる場合でも確実に同じ番組が流れていることを確認 2つのビデオを比較して、どれくらい共通のコンテンツが存在するかを調べる

Read More

いかにして、Ryanair社は、S3 Object Lambda を使って COVID-19 ウオレット をリリースしたか?

ヨーロッパ最大の航空会社グループであるRyanair Holdings plcは、Buzz社、Lauda社、Malta Air社、Ryanair社の親会社です。80以上の拠点から毎日2,500便以上のフライトで、Covid-19以前では、1億4,900万人のゲストを輸送していました。グループ内では、37か国、225以上の目的地を450機で結びます。更に210機のボーイング737 を発注しました。これは、今後5年間でRyanairグループの運賃の値下げ及び運輸量を2億人に成長させることに繋がります。Ryanair社には、16,000人を超える高度なスキルを持つ航空専門家のチームがあり、ヨーロッパでNo.1の定時運航と、業界をリードする35年の安全基準を提供しています。Ryanair社は、ヨーロッパで最も環境に配慮した最もクリーンな航空会社グループであり、Ryanair社に乗り換えている顧客は、他のヨーロッパの4大主要航空会社と比較してCO2排出量を最大50%削減できます。 2021年3月10日、Ryanair社は、新しいCOVID-19 Travel ウォレットを開始しました。これはモバイルアプリケーションから入手できます。Ryanair社のお客様は、Covid-19 Travel ウォレットを使用して、PCRテストの陰性結果、Covidワクチン接種証明書、およびEU旅行に必要になるその他のCovid関連の文書をアップロードできます。顧客がアップロードしたドキュメントは、AmazonS3 に安全に保存されます。 1つのポイントで、すべてのCovid-19関連の文書を保存し、搭乗券に関連付けることができます。また、空港内を移動中にハードコピーを紛失した場合でも安心です。この新機能には、搭乗券内にあり、スタッフが、ゲートで、デジタル版またはハードコピーのドキュメントを確認することが出来ます。

Read More

2021 メディア業界のお客様向け AWS 勉強会 第四回「メディア系 AWS 活用事例紹介 ~ 放送・配信 ~」

2021/07/21 にメディア業界のお客様向けにAWS勉強会を開催いたしました。第四回ではこれからクラウド・コンピューティング、 AWS の利用を検討される皆様へ、放送・配信の領域にフォーカスした事例をご紹介しています。資料のダウンロードおよび動画の視聴は下記のリンクからご利用頂けますので、合わせてご確認ください。 資料のダウンロード及び動画の視聴リンク それではここから当日のセッションの内容について簡単にご紹介させていただきます。

Read More

消費財企業と物流ベンダーがAWSデータレイクで車両管理を最適化する方法

この一連のブログのパート1 「消費財企業と物流ベンダーにとって車両管理データレイクが必要な理由」では、消費財企業と物流ベンダーが輸送と車両管理のためにデータレイクを必要とする理由を説明しました。 簡単に要約すると、データレイクは輸送と車両のデータを保存、管理、分析し、車両のメンテナンス、ドライバーの安全、配送ルート、小売業者や顧客の満足度を最適化し、コストと CO2 排出量を削減する理想的な方法です。 このフォローアップブログでは、さまざまなデータタイプとフォーマットにわたって、スケーラブルに簡単にデータを分析し、輸送車両を最適化できる AWS データレイクのアーキテクチャを説明します。

Read More
jpmne-quickly-create-a-live-streaming-channel-with-aws-elemental-medialive-workflow-wizard

ライブストリーミングチャンネルをAWS Elemental MediaLive Workflow Wizardで素早く作成する

モバイルの視聴者やウェブサイトに向けて様々な用途でビデオをストリーミングする必要性が高まっています。AWS Elemental MediaLiveは、自動化されたWorkflow Wizardを提供し、数回クリックするだけでライブストリーミングのワークフローを作成することができます。これにより、教育関係者、マーケティング担当者、社内広報チームなどが、ビデオストリーミング技術に関する深い知識がなくても、簡単に大規模なビデオコンテンツを共有できるようになります。

Read More
Solution architecture

Amazon S3 Object Lambda を使用してコンテンツを動的に翻訳する

この投稿はシニアソリューションアーキテクト、Sandeep Mohantyによって書かれました。 最近発表された Amazon S3 Object Lambda は、S3 バケット内のデータを動的に変換することで多くの可能性を生み出します。S3 Object Lambda を他の AWS サーバーレスサービスと共に使用して、S3 に保存されているコンテンツをさまざまなクリエイティブな方法で変換できます。1 つの例は、Amazon Translate で S3 Object Lambda を使用して、オンデマンドで S3 バケットのコンテンツを翻訳して提供することです。

Read More
using-amazon-ivs-and-mediaconvert-in-a-post-processing-workflow

Amazon IVSとMediaConvertでのポストプロセスワークフロー

Amazon Interactive Video Service(Amazon IVS)ではAmazon Simple Storage Service(Amazon S3)にライブストリームを録画できるようになりました。これにより、過去のライブストリームをAmazon S3に保存し、後で再利用することができます。これをAWS Elemental MediaConvert HLSインジェストと組み合わせることで、入力クリッピング、スティッチング、SCTE-35挿入、画像オーバーレイなどの放送グレードの機能を使用して、再生ストリームのリブランディング、収益化、再パッケージ化を行うことができます。 この記事ではAmazon IVS の自動録画と MediaConvert へのインジェストを自動化するためのワークフローの作成方法を紹介します。Amazon IVS アセットの最初と最後にリーダーとバンパーを縫い付け、MediaConvert を使ってアセットに画像(バグと呼ばれることもあります)をオーバーレイします。MediaConvert を使用して、ABR(Automated Adaptive Bitrate) DASH 出力と SD プロキシ MP4 ファイルを作成します。

Read More
FireLens の内部構造を示す図。

詳解 FireLens – Amazon ECS タスクで高度なログルーティングを実現する機能を深く知る

この記事は Under the hood: FireLens for Amazon ECS Task (記事公開日: 2019 年 11 月 18 日) を翻訳したものです。 2019 年 11 月、Amazon ECS は FireLens によるカスタムログルーティングのサポートを発表しました。FireLens によって、人気の高いオープンソースのロギングプロジェクトである Fluentd や Fluent Bit を簡単に使用することができ、さまざまな AWS サービスやパートナーの宛先にログを送信することができます。 この記事では、私たちがなぜ、どのようにして FireLens を作ったのか、詳しく説明します。また、私が FireLens を使用した結果を共有し、FireLens を設定するための推奨事項を紹介します。この記事では、FireLens、Fluent Bit や Fluentd について深く掘り下げます。Fluentd や Fluent Bit に馴染みのない方は、読み進める前に、Fluentd や Fluent Bit と FireLens のドキュメントをよく理解しておくことをお勧めします。

Read More
Amazon Chime SDK Smart Video Sending Demo

Amazon Chime SDK ”スマートビデオ送信”デモの紹介

Amazon Chime SDKは開発者が自分のウェブやモバイルアプリケーションにオーディオ、ビデオ、スクリーン共有機能を素早く追加するために使用できるリアルタイムコミュニケーションコンポーネントを提供します。このブログ記事ではオープンソースのAmazon Chime SDK ”スマートビデオ送信”デモを紹介します。このデモでは最大250の会議プラットフォームの参加プールから最大16のビデオタイルを動的に表示する方法を紹介します。”スマートビデオ送信”は開発者が会議中に送信するビデオに優先順位をつける簡単な方法です。 会議に参加している参加者は自分のビデオをオンにしてプレビューすることができます。一方、バックエンドコンポーネントは、事前に割り当てられたアルゴリズム、または設定可能な役割ベースのロジックを使用して、会議で送信および共有される最大16の出席者のビデオストリームを選択します。開発者はアクティブな発言者や最近の発言者など、共有されるビデオストリームを自動的に決定するロジックを構築したり、会議中のビデオストリームの制御や選択をファシリテーターなどの役割に割り当てることができます。このソリューションにより、すべてのミーティングプラットフォームが、それぞれのクライアントでビデオタイルを共有できるようになります。また、サーバー側のカスタムロジックで、実際に会議でストリームされるビデオを選択することもできます。このデモではバックエンドのロジックは参加者の参加順に基づいており、新しい参加者が優先的にビデオをストリーミングするようになっています。このロジックはアーキテクチャ図に描かれているAWS Lambda関数に格納されています。

Read More
Fuji TV Unified MAM

【お客様事例】株式会社フジテレビジョン 総合コンテンツ管理システムの構築

株式会社フジテレビジョン様では、2019年度の送出マスター設備更新に合わせて、番組素材を一元的に管理する「総合コンテンツ管理システム」を開発・導入されました。これは、従来放送局の送出マスター設備のサブシステムとして構築していた「番組バンク」と呼ばれるシステムとは大きく異なります。クラウドを活用することで、社内設備を最小限にしたシンプルなシステムとなっています。このシステムでは、放送用番組素材だけではなくインターネット動画配信や番組販売用の番組素材も扱い、アーカイブシステムも包括しています。 2020年12 月に開催されたAWS re:Invent 2020では、フジテレビジョン様に「総合コンテンツ管理システム」の導入経緯と効果、今後の展望についてご登壇いただきました。本ブログでは、こちらのセッションをご紹介させていただきます。

Read More