Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon Simple Storage Service (S3)

外部ユーザが安全かつ直接的に Amazon S3 へファイルをアップロードできるようにする方法

このブログは 2022 年 3 月 24 日に Anderson Hiraoka (Solutions Architect) と、Rafael Koike (Principal Solutions Architect) によって執筆された内容を日本語化した物です。原文はこちらを参照して下さい。 企業では、ファイルや画像などのデジタル資産をリポジトリに保存することが求められることが多くあります。多くの場合、これらのファイルのソースは、社内システムに接続されていないパートナーまたは個人であり、ファイルをアップロードするためには、企業の認証が必要となります。お客様は従来、ファイルのアップロードを処理するためにサーバーを使用していましたが、大量のネットワーク I/O とコンピューティングリソースが使用される可能性があります。さらに、アプリケーションの規模が大きくなるにつれて、ファイルアップロードのパフォーマンスを維持することが非常に困難になる場合があります。これらの要件を満たすために、企業はデジタル資産を保存および配布するためのコストと、時間のかかるインフラストラクチャを維持することが多く、代替セットアップに比べて安全性が低く、コストが高くなる可能性があります。

Read More
クイックサービスレストラン店舗の1ヶ月間の主要指標をまとめたもの。配達と非配達(店内とドライブスルー)のすべて注文を時間、注文、配達パートナー、場所などによってセグメント化されたハイレベルなKPIで表示。ドリルダウンにより、全店舗または1店舗のみの可変属性表示が可能。

フードデリバリーの普及により、レストランのデータインサイトに対するニーズが高まっている

これはカスタムデータ、アナリティクス、クラウドソリューションを専門とするAWS Select Tier Consulting PartnerであるWavicleからの指摘である。 “外食は楽しい” 数十年前の懐かしいキャッチフレーズを覚えている人も、そうでない人もいるかもしれません。21 世紀の現代では、このキャッチフレーズに続く言葉があります。”イートインは楽しい”です。自宅でも、オフィスでも、キャンパスでも、あるいはその間のどこかで、ますます多くの人が、オンラインやモバイルアプリで利用できる無数のフードデリバリーの選択肢を活用し、イートインを選ぶようになっているのです。

Read More

AWS Pi Day 2022 にようこそ

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) の提供を開始したのは、16 年前の今日でした。 昔、私の話をお聞きいただいた方々には、大きく考え、大きく夢見てほしいとよく語っていたものです。 振り返ってみると、S3 のリリースがまさにその実現を可能とするものであり、今日まで続くイノベーションの波の始まりであったと言っても過言ではないと思います。 より大きく、より多くの場で活用できるようになり、より高い費用対効果を実現 Amazon S3 をご利用のお客様は、信頼性と耐久性に優れ、かつ、ニーズに合わせてスケールできるオブジェクトストレージを利用できること、そして、時間の経過とともにコスト効率が向上することを期待しています。当社は、これらのニーズを含め、多くのニーズを満たしてきました。これは、次の新しい指標によって証明されています。

Read More

Amazon S3 Glacier ストレージクラスへのログの圧縮とアーカイブ

このブログは 2022 年 3 月 7 日に Ilir Iljazi (senior cloud solutions architect) によって執筆された内容を日本語化した物です。原文はこちらを参照して下さい。 分散アーキテクチャでは、アプリケーションログを保存する必要がある場合が多く、AWS のお客様では、Amazon S3 バケットを介して保存されることがよくあります。ログには、ランタイムトランザクション、error / failure のステータス、またはアプリケーションのメトリクスや統計に関する情報が含まれている場合があります。これらのログは、後にビジネスインテリジェンスで使用され、有用な洞察を提供し、ダッシュボード、分析、およびレポートを生成するために使用されます。アプリケーションによっては、ログファイルは信頼できる唯一の情報源として機能し、ガバナンスや監査目的には不可欠です。そのため、高い可用性と耐久性を保証して、ログを永続的に保存する必要があります。多くのお客様は、ログを様々な形式で Amazon S3 に直接書き込むことを選択しますが、Amazon Kinesis などの AWS サービスを介してログをストリームすることを好むお客様もいます。 このブログ記事では、Amazon S3 Glacier ストレージクラスに何百万ものログファイルをアーカイブする際の、コストに関する考慮事項を説明します。Amazon S3 Glacier ストレージクラス(Amazon S3 Glacier Instant Retrieval、Amazon S3 Glacier Flexible Retrieval、Amazon S3 Glacier Deep Archive)は、データアーカイブと長期バックアップ用の、セキュアで耐久性があり、非常に低コストの Amazon S3 クラウドストレージクラスです。Amazon S3 Glacier ストレージクラスにオブジェクトを移行するために、Amazon S3 は […]

Read More

AWS Systems Manager カスタムインベントリを使ったマネージドノード上の Log4j ファイル検索

※このブログは、2022年1月31日に公開された Use AWS Systems Manager custom Inventory to locate Log4j files on managed nodes を翻訳したものです。原⽂はこちらを参照して下さい。 このブログでは、最近公開された Log4j の脆弱性の対応に役立つガイダンスを紹介します。具体的には、AWS Systems Manager の機能の一つである Inventory を使用して、Linux 及び Windows Server の Amazon Elastic Compute Cloud(EC2) インスタンスとハイブリッドマネージドノードから Log4j JAR ファイルを見つける方法をご紹介していきます。ハイブリッドマネージドノードには、他のクラウド環境の VM を含む AWS Systems Manager 用に設定されたオンプレミスサーバー、エッジデバイス、仮想マシン (VM) が含まれます。

Read More

Media & Entertainment 向け re: Invent 2021 / InterBEE 2021 / Siggraph Asia 2021 Recap セミナー 開催報告

はじめに 2022 年 2 月 3 日に Media & Entertainment (M&E) 業界のお客様を主な対象として、昨年開催された AWS re:Invent 2021、InterBEE 2021、Siggraph Asia 2021 の Recap イベントを実施しました。 昨年 2021 年 11 月 29 日(月) 〜 12 月 3 日(金)にわたって開催された re:Invent では、M&E 業界に対する AWS のさまざまな取り組みや世界中のお客様の最新事例が紹介されるとともに、数多くの AWS 新サービス、新機能も発表されました。 国内では、11 月の Inter BEE 2021 で、お客様に最新事例を発表いただきました。東京開催となった 12 月の Siggraph Asia 2021 では、コンテンツ制作ソリューションについてのキーノートスピーチセッションも実施されました。 今回開催された re:Cap イベントでは、これら […]

Read More

新機能 – Amazon S3 向け、追加のチェックサムアルゴリズム

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) は、オブジェクトおよびオブジェクトに関連付けられたメタデータのために 99.999999999% (イレブンナイン) の耐久性を提供するように設計されています。S3 は PUT した内容を正確に格納し、GET 時に格納された内容を正確に返すので、安心してご利用いただけます。オブジェクトが適切にやり取りされるように、S3 はチェックサムを使用します。チェックサムは基本的にデジタルフィンガープリントの一種です。

Read More

AWS is How: GE リニューアブルエナジーが風力発電の生産量を増加

本投稿は Don McDonnell と Scot Wlodarczak による記事 AWS is How: GE Renewable Energy Increases Wind Energy Production を翻訳したものです。 歴史家は、風力を使って機械に電力を供給するという私たちの慣習を、1世紀のアレクサンドリアにまでさかのぼります。それ以来、風車はトウモロコシや小麦粉の粉砕から水の汲み上げまで、世界中の人々が仕事を成し遂げるのに役立ってきました。そして、私たちは130年以上にわたり、風力タービンを発電に使用してきました。 何世紀にもわたって風力を利用してきたからといって、風力発電の発明が止まったわけではありません。実際、持続可能な電力源に対する世界的な需要の高まりにより、パワフルで効率的なタービンの開発から、海風の強さと信頼性を活かした洋上風力発電所の建設まで、風力発電イノベーションの新時代に突入しました。そしてゼネラル・エレクトリック (GE) は、21世紀の風力発電ムーブメントの最前線に立っています。

Read More

新機能 – Amazon S3 バッチレプリケーションで既存のオブジェクトをレプリケートする

2022 年 2 月 8 日(米国時間)より、新しい Amazon S3 バッチレプリケーション機能を使用して、既存の Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) オブジェクトをレプリケートし、バケットを同期できるようになりました。 Amazon S3 レプリケーションでは、複数のお客様のユースケースがサポートされています。たとえば、地理的にユーザーに近い AWS リージョンへデータのコピーを保持することでレイテンシーを最小限に抑え、コンプライアンスやデータ主権の要件を満たし、災害対策計画への回復力を高めることができます。S3 レプリケーションは、バケット間で新しくアップロードされたオブジェクトをレプリケートする、フルマネージド型の低コストの機能です。

Read More
Blog(yowat)

Amazon CloudWatch Metric Streams、AWS Cost and Usage Reports、Amazon Athena を使用した AWS でのコスト最適化

Amazon CloudWatch Metric Streams を使用して、設定した宛先に Amazon CloudWatch メトリクスのほぼリアルタイムなストリームを作成できます。Metric Streams は Amazon Kinesis Data Firehose を使用して、CloudWatch メトリクスを一般的なサードパーティーサービスプロバイダーの HTTP エンドポイントに送信することを容易にします。最新の情報を含んだ CloudWatch メトリクスから継続的でスケーラブルなストリームを作成することで、正確でタイムリーなメトリクスデータを必要とするダッシュボード、アラーム、その他ツールを強化することができます。

Read More