Amazon Web Services ブログ

Category: Announcements

新しい AWS SDK for Rust のアルファリリース

本投稿は、Senior Linux Witch, Linux & Open Source の iliana etaoin による記事を翻訳したものです。 AWS SDK for Rust をアルファリリースとして発表できることを嬉しく思います。Rust で開発している AWS のお客様は、使い慣れている言語の概念をそのまま使用できるネイティブ な Rust による SDK を求めています。また、Rust に慣れていないお客様は、他の言語環境で使用した SDK と同様に動作するものを求めています。このアルファリリースでは、7 つの AWS サービスのクライアントをお試いただき、エルゴノミクスとユーザビリティに関するフィードバックをお寄せいただくことができます。 私はこの1年間、コミュニティ開発の Rust 用 AWS SDK である Rusoto の共同メンテナーでした。AWS を代表して、2015 年の最初のリリース以来 Rusoto の構築に取り組んだ原作者、他の共同メンテナー、およびコミュニティに感謝したいと思います。幅広い AWS サービスに対し機能するよう維持し続けることは非常に困難でしたが、それがお客様にとってどれくらい重要だったかを考えてみると、誇りに思える仕事でした。 新しい SDK の主な設計目標は、新しい AWS サービス のAPIが登場した時点でSDKから使用できるようにすることです。最近の他の SDK と同様に、AWS SDK for Rust […]

Read More

新機能 – AWS App Runner: スケーラブルで安全なウェブアプリケーションをコードから数分で作成

現在、コンテナは、私がウェブアプリケーションをパッケージ化する際の標準的な方法となっています。コンテナが提供するスピード、生産性、一貫性は好ましいものですが、コンテナの開発ワークフローには気に入らない側面も 1 つ存在します。コンテナイメージを初めてデプロイする際に発生する時間のかかるルーチン作業です。 このルーチン作業は、ロードバランサーの設定、ドメインの設定、TLS の設定、CI/CD パイプラインの作成、コンテナサービスへのデプロイなどです。 長年にわたりワークフローを微調整してきた私は、現在、AWS Cloud Development Kit のボイラープレートプロジェクトを使用していますが、この段階に到達するには長い時間がかかりました。このボイラープレートプロジェクトは大規模なアプリケーションに最適です。とは言え、単一のコンテナイメージをデプロイしてスケーリングするだけの場合は、依然として作業量が多く感じられます。

Read More

Amazon ECS on AWS Fargate で最大 200 GiB のエフェメラルストレージを設定できるようになりました

この記事は、Amazon ECS on AWS Fargate now enables customers to configure ephemeral storage up to 200GiB を翻訳したものです。 本日、AWS Fargate で最大 200 GiB のエフェメラルストレージをサポートしたことを発表いたしました。何万人ものお客様が Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) を AWS Fargate と共に利用されており、多種多様なコンテナベースのアプリケーションでサーバーレスコンピュートモデルの恩恵を受けています。コンテナの導入が拡大するにつれて、コンテナのユースケースは単にマイクロサービスを実行するだけではなくなりました。より大きなストレージへのニーズは、機械学習の推論を実行するお客様や、より大きな Docker イメージ (20 GiB 超) を使用するお客様、さらにはコンテナ内の大規模なデータセットを使用したデータ処理を行うお客様など多岐にわたります。本リリース以前は、Amazon ECS や Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) でコンテナを実行する際に、お客様はコンピュートオプションとして EC2 を選択する必要がありました。この最新の機能により、タスクが完了するまでの間、Fargate は指定したサイズのストレージを自動的にプロビジョニングし、管理します。 Fargate タスクにストレージを設定する方法をデモするために、AWS Copilot CLI を利用してコンテナをデプロイします。希望するストレージサイズを設定し、コンテナ内で状態を確認します。さあ始めましょう!

Read More

金融サービスのデータ管理と分析をシンプル化する新しい Amazon FinSpace

データの管理は、金融サービス業界 (FSI) における中核です。私がプライベートバンキングや資金管理会社で働いていたときは、アナリストがポートフォリオ管理、注文管理、および会計システムなどの内部データソースだけでなく、リアルタイムのマーケットフィードと株式価格の推移、および代替データシステムなどの外部データソースからも、数百ペタバイトにおよぶ収集して、それらを集約し、分析できるように援助しました。その頃、規模と複雑さが増加する一方の環境で、私は組織のサイロにまたがるデータにアクセスし、アクセス許可を管理して、反復的なタスクを自動化するシステムを構築しようとすることに時間を費やしていました。 本日、私がこのようなプロジェクトに費した時間を短縮したであろうソリューション、Amazon FinSpace がローンチされます。Amazon FinSpace は、金融サービス業界専用に構築されたデータ管理と分析のソリューションです。Amazon FinSpace は、データを見つけて準備するためにかかる時間を数か月から数分に短縮するため、アナリストは分析により多くの時間を費やすことができます。

Read More

AWS マネジメントコンソールでの Amazon ECS の新しい外観

この記事は、New look for Amazon ECS in the AWS Management Console を翻訳したものです。 AWS マネジメントコンソールに Amazon ECS の新しい外観とエクスペリエンスをローンチしました。2014 年のローンチ以来、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) は、プロダクションレベルで実行可能なコンテナワークロードを AWS で実行する簡単な方法として機能してきました。Disney+、Vanguard、Okta、Fidelity、UbiSoft などのお客様は、運用上のオーバーヘッドの排除、スケーラビリティ、他の AWS サービスとのネイティブな統合を理由に、Amazon ECS を信頼して、最もセンシティブでミッションクリティカルなアプリケーションを実行しています。AWS はお客様に代わってイノベーションを続けています。Amazon ECS コンソールで、より合理的で直感的でガイド付きのエクスペリエンスを構築する必要性を認識しました。最終的に、Amazon ECS にコンテナをデプロイする際のエクスペリエンスを簡素化することが目標です。新しいコンソールのエクスペリエンスを見てみましょう。

Read More

【オンデマンド利用可】Amazon EC2 ハイメモリインスタンスの新しいラインナップ

はじめに ※ご注意 2021年5月14日現在、ご利用可能なリージョンは以下の通りです。 US East (バージニア北部), GovCloud (米国西部), EU (アイルランド), EU (フランクフルト), Asia Pacific (シンガポール). SAPをお使いのお客様は、AWSを革新的なプラットフォームとして活用されています。あるお客様は、SAPクラウドへの移行の初期段階にあり、クラウド移行に集中しています。他のお客様は、AWS上のSAPシステムを強化し、高度なAWSサービスを使ってコアビジネスプロセスを革新しています。例えば、Zalando社はデータとアナリティクスのアーキテクチャを刷新して顧客体験を向上させ、Invista社はSAP ERPを用いてAI/MLを活用して製造成果の向上を図り、Volkswagen社はDigital Production Platform構想の一環としてSAP S/4HANAシステムとAWS IoTを統合しています。しかし、ビジネスラインや技術的なユースケースのレベルでこれらの革新的なソリューションを用いて変革を行っているSAPのお客様にとっても、SAPシステムを支える基礎的なインフラストラクチャは依然として重要な検討事項です。

Read More

AWS SaaS Boost がオープンソースとしてリリースされました

re:Invent 2020 で、Amazon は AWS SaaS Boost の プレビューを発表 しました。これは、ソフトウェア開発者が既存のソリューションの提供形態を SaaS (Software-as-a-Service) モデルに移行するのをサポートするツールです。AWS SaaS Boost を、AWS 上で貴社の SaaS を推進および管理するのに役立つすべての地上運用とロケットを備えた、アプリケーションのスペースローンチシステムとして考えてください。SaaS Boost によって SaaS へのアプリケーション変換を迅速化することで、開発作業を大幅に軽減し、ソフトウェア開発者は自社製品を差別化する機能の開発に集中できるようになります。何百人もの開発者からの関心を受けたこのプロジェクトを、本日 2021年5月12日 GitHub で公開できることをうれしく思います。

Read More

AWS Cloud Development Kit v2 開発者プレビューのお知らせ

AWS Cloud Development Kit (AWS CDK) v2が開発者プレビューとして、TypeScript、Python、Java、C#、Go言語で利用できるようになりました。AWS CDKは、使い慣れたプログラミング言語を使ってクラウドアプリケーションのリソースをモデル化し、プロビジョニングするためのオープンソースのソフトウェア開発フレームワークです。AWS CDKを使用すると、インフラストラクチャをコードとして定義し、AWS CloudFormationを通じてプロビジョニングすることができます。AWS CDKは、実績のあるデフォルト値で事前に設定された高レベルなコンポーネントを提供しているため、専門家でなくてもクラウドアプリケーションを構築することができます。また、組織の要件を組み込んだ独自のカスタムコンポーネントを構成して共有することができるため、チームが新しいプロジェクトを迅速に開始することができます。 2019年7月には、TypeScriptとPython向けのAWS CDK v1の一般提供を発表しました。それ以降、JavaとC#の追加言語のサポートをリリースし、Go言語バインディングの開発者プレビューをリリースしました。今回はv2のプレビューリリースを発表します。このリリースによりAWS CDKをより簡単に利用できるようになり、また今後のバージョンアップに対応することがより容易になります。 AWS CDK v1アプリケーションの最新マイナーバージョンからv2への移行は、比較的簡単です。まずAWSアカウントで再度ブートストラップ (cdk bootstrap) をする必要がありますが、これは各リージョンで一度だけの作業です。ほとんどのプロジェクトでは、インポート文を更新し、合成(synth) し、デプロイするだけで済みます。リソースに若干の変更があるかもしれませんが、リソースの作り直しが必要になるようなことはありません。 この記事では、AWS CDK v1とv2の間の変更点をご紹介します。

Read More

AWS Systems Manager の新機能である Incident Manager で IT インシデントを迅速に解決

IT エンジニアは、アプリケーションやインフラストラクチャを構築する自らの能力と配慮に誇りを持っています。しかし、私たちの誰もが、どれほど認めることを嫌がったとしても、100% のアップタイムのようなものは存在しません。ものは、いつしか故障します。そして、その故障が最悪の瞬間に重なることもよくあります。その結果、1 日の終わりや誕生日パーティー、果ては結婚式が台無しになる (ご興味があれば詳しくお話しましょう) ことも多々あります。 静けさを切り裂くポケットベルの音に、当番のエンジニアはサービスを復旧させるため急行します。1 分、1 秒も無駄にできません。たとえば、エンジニアは大量の監視アラートを迅速にフィルタリングし、インシデントの根本原因を特定できなくてはなりません。そんな一刻を争うとき、インシデントの解決に必要な用途別のランブックや手順を探し回って無駄な時間を費やす余裕などありません。午前 3 時、津波のように次から次へと押し寄せる真っ赤なアラートを前に、「どこかに書いておいたはずの」魔法のコマンドを必死に探しているところを想像してみてください。 これは決して心地よいものではありません。

Read More

AWS Security Jam開催のご案内

皆さん、こんにちは。 プロフェッショナルサービス本部の堀場です。 5月11日、12日に AWS Summit Online が開催されますが、その翌日の5月13日(木)の14 時から18 時に開催するAWS Security Jam について当記事でご案内させていただきます。 AWS Security Jamにご参加いただくためには以下が必要です。   2021/5/11 12:05 追記 参加人数を超えるお申込みをいただきましたので当イベントへの参加申し込みは終了させていただきました。 AWS Jamユーザー登録をしていただいても当日ご参加いただくことができませんのでご了承ください。   1.AWS Summit Onlineへの登録 2.AWS Summit Onlineログインし、メニューの「ハンズオン」ー「AWS Security Jam」で参加登録 3.上記2で申し込み完了後、AWS Jamのユーザー登録(既に過去のイベント登録された方でログインが可能な方は不要)   企画サイトは5月11日、12日にSummit サイト内にオープンいたしますしました。未登録の方は是非、AWS Summit Onlineへの登録を実施ください。   なお、AWS Summit Online を紹介している記事は登録開始のご案内やセッションのご紹介がございます。 AWS Security Jamとは AWS Security Jam は AWS Jam の1 つで、 Security […]

Read More