Amazon Web Services ブログ

Category: Best Practices

クラウドへの道しるべ:成功のための重要業績評価指標(KPI)とは

AWS のクラウドエコノミクスチームは、コスト削減、スタッフの生産性、オペレーショナルレジリエンス、ビジネスの俊敏性、サステナビリティーなど、さまざまな柱にわたってクラウド・コンピューティングのビジネス価値を訴求するクラウドバリューフレームワーク(CVF)を開発しました。私たちは、組織と密接に協力し、変革の道のりに寄り添いながら、CVF の柱に沿って成果を定量化することで、5 年間の包括的な総所有コスト(TCO)予測を提供しています。しかし、ビジネス状況の変化に応じて進捗状況を追跡し、ROI を確保することは極めて重要です。そこで重要な役割を果たすのが、主要業績評価指標(KPI)です。KPI は、インプットに基づく標準化された手法を提供し、テクノロジーとビジネスの側面から組織のクラウド成熟度を評価します。このブログでは、テクノロジー分野のKPI について詳しく説明し、後続にリリースするブログではビジネス分野のKPI について説明していきます。

さまざまな AWS ネイティブサービスを使用して Amazon ECS をスケーリングしよう!

AWS では、Amazon ECS サービスをオートスケーリングするための複数の機能を利用できます。適切なオプションを選択することで、アプリケーション全体の信頼性が向上し、運用コストと複雑さが軽減され、エンドユーザエクスペリエンスが向上します。この投稿では、まず AWS Application Auto Scaling について学び、これを使って Amazon ECS サービスのオートスケーリングを設定する方法を説明します。次に、アプリケーションオートスケーリングに使用できる Amazon ECS Service Connect と AWS Distro for OpenTelemetry (ADOT) についても説明します。

CDK Aspectsを利用してベストプラクティスに従ったインフラストラクチャを構築する

組織は、ベストプラクティスに従ってアプリケーションを実行できるよう、クラウドインフラストラクチャに対してコンプライアンスルールを適用しています。AWS Config を活用して、内部のガイドラインに従って構成された設定に対する、全体的なコンプライアンス状況を確認します。この確認は、AWS アカウントでクラウドリソースを作成した後で行なわれます。
この記事では、AWS アカウントでクラウドリソースを作成する前に、AWS CDK Aspects を利用してベストプラクティスに従っているかどうかをチェックしたり、従うための調整を行なう方法を紹介します。

Amazon CodeWhisperer を使用してクラウドの知識を深める

Amazon CodeWhisperer は人工知能 (AI) を活用した革新的な生産性ツールで、開発者の生産性を向上させ、クラウドの学習を加速できます。Amazon CodeWhisperer は機械学習 (ML) を利用して、統合開発環境 (IDE) でインテリジェントなコード提案を行います。

SQL Server MERGE ステートメントを例にした SQL ステートメントの Babelfish for Aurora PostgreSQL 移行ベストプラクティス

この投稿では、SQL Server の MERGE ステートメントを Babelfish 互換の T-SQL コードに自動的に変換する Babelfish コンパスツールの -rewrite フラグ機能に焦点を当てます。この記事で紹介する一例が MERGE ステートメントですが、-rewrite は他の機能にも使用できます。また、結果を手動で検証するベストプラクティスについても説明します。

Best practices: Implementing observability with AWS

ベストプラクティス: AWS によるオブザーバビリティの実装

オブザーバビリティベストプラクティスガイド は、監視とオブザーバビリティの実践を最適化したいユーザーにとって貴重なリソースです。
この記事では、ベストプラクティスガイドで取り上げられているトピック、ガイドの活用方法、およびガイドへ貢献する方法について説明し、ワークロードのオブザーバビリティの全ての可能性を引き出す方法を説明します。