Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Database Migration Service

AWS Migration Hub – エンタープライズアプリケーションの移行の計画と追跡

1週間に約1回、私はシアトルのエグゼクティブブリーフィングセンターで現在の有力なAWSのお客様に話します。一般的に私はイノベーションプロセスに重点を置いていますが、アプリケーションの移行を含む他のトピックについても議論することがあります。企業がアプリケーションポートフォリオを移行する場合、企業は構造化された整然としたやり方でそれを実行したいと考えています。これらのポートフォリオは、通常、何百もの複雑なWindowsおよびLinuxアプリケーション、合理的なデータベースなどで構成されています。お客様は、進め方についてはまだ不確実であることがわかります。これらの顧客と一緒に働く時間を費やした後、彼らの課題は一般的に次の3つの主要カテゴリに分類されることがわかりました。 ディスカバリー – お客様は、各アプリケーションを動かす全ての部分について、深くて完全な理解を得たいと考えています。 サーバー&データベース移行 – オンプレミスのワークロードとデータベースのテーブルをクラウドに転送する必要があります。 追跡/管理 – 大規模なアプリケーションポートフォリオと複数の移行が並行して行われるため、アプリケーション中心の方法で進捗状況を追跡および管理する必要があります。 ここ数年、私たちは最初の2つの課題に取り組む一連のツールを立ち上げました。 AWS Application Discovery Serviceはシステム情報の検出と収集のプロセスを自動化し、AWS Server Migration Serviceはクラウドへのワークロード移行を処理し、AWS Database Migration Serviceは最小のダウンタイムでリレーショナルデータベース、NoSQLデータベース、データウェアハウスを移行します。 RacemiやCloudEndureなどのパートナーは、独自の移行ツールも提供しています。 新しいAWS Migration Hub 今日、これらAWSサービスとパートナー移行ツールをAWS Migration Hubに統合しています。ハブは、前述のツールへのアクセスを提供し、移行プロセスをガイドし、Migration Acceleration Program(MAP)で説明されている方法論および原理に従って、各移行の状況を追跡します。 ここにメイン画面があります。移行プロセス(ディスカバリー、移行、および追跡)の概要を示します。 「Start discovery」をクリックすると、移行プロセスのフローが表示されます。 ディスカバリー手順をスキップしてすぐに移行を開始することもできます。 AWS移行サービス(Server Migration ServiceまたはDatabase Migration Service)のデータ、パートナーツール、またはAWS Application Discovery Serviceによって収集されたデータを使用し、サーバーリストが作成されます。 自分用の最初のアプリケーションを作成するには、「Group as application」を選択することができます。 移行するアプリケーションを特定したら、そのアプリケーションをHubの「Applications」セクションで追跡できます。 移行ツールは承認されている場合、アプリケーションの移行ステータスページに表示するために、ステータスの更新と結果を自動的にMigration Hubに送信します。ここでは、Racemi DynaCenterとCloudEndure Migrationが担当する部分の移行を実施したことがわかります。 Migration Hub Dashboardをチェックすると、移行のステータスを追跡できます。 Migration Hubは、AWSと移行パートナーの移行ツールと連携して動作します。詳しくは、Integrated Partner […]

Read More

オンプレミスや Amazon EC2 上の Oracle Database を Amazon Redshift に移行

AWS Database Migration Service (AWS DMS) は、簡単かつ安全なAWSへのデータベース移行の手助けをします。AWS Database Migration Service は広く使われている商用データベースとオープンソースデータベースに対応しています。このサービスはOracleからOracleのような同一プラットフォームでの移行に対応していますし、Oracleから Amazon Aurora や、Microsoft SQL Server からMySQLのような異なるプラットフォーム間での移行にも対応しています。移行元のデータベースは移行中も完全に動作しつづけたままであり、データベースに依存するアプリケーションのダウンタイムを最小限に抑えます。 AWS Database Migration Service を使用したデータレプリケーションは、AWS Schema Conversion Tool (AWS SCT) と緊密に統合されており、異なるプラットフォーム間でのデータベース移行プロジェクトを簡略化します。異なるプラットフォーム間での移行には AWS SCT を使用できますし、同一プラットフォームであれば移行元エンジンの純正スキーマ出力ツールが使えます。 この投稿では、Oracle Database のデータウェアハウスから Amazon Redshift へのデータ移行にフォーカスします。 以前の AWS SCT では、Oracle Database のビューやファンクションなどのカスタムコードを Amazon Redshift と互換性のあるフォーマットに変換できませんでした。ビューとファンクションを変換するには、最初に Oracle Database スキーマをPostgreSQLに変換し、それから Amazon Redshift と互換性のあるビューとファンクションを抽出するスクリプトを実行する必要がありました。 お客様のフィードバックに基づいたアップデートの後、AWS SCT と […]

Read More

Oracle Database を Amazon Aurora に移行する方法

この投稿では、商用データベースから Amazon Aurora への移行を容易にするために AWS Schema Conversion Tool (AWS SCT) と AWS Database Migration Service (AWS DMS) をどのように使えるかの概要をお伝えします。今回は、Oracleから Amazon Aurora with MySQL Compatibility への移行にフォーカスします。 データベースエンジンの変更は不安を伴うかもしれません。しかし、Amazon Aurora のようなスケーラビリティやコスト効果の高いフルマネージドサービスのバリュープロポジションは、それに挑戦する価値を生み出します。その手順を簡単にするツールがある場合は特にです。データベースをあるエンジンからほかのものに移行するとき、主に2つのことを考慮する必要があります。スキーマとコードオブジェクトの変換と、データ自身の移行と変換です。幸いにも、データベースの変換と移行の両方を容易にするツールをAWSは用意しています。 AWS Schema Conversion Tool は移行元データベースのスキーマとカスタムコードの大部分を新しい移行先データベースと互換性のあるフォーマットに自動的に変換することで、異なるプラットフォーム間でのデータベース移行をシンプルにします。このツールが変換するカスタムコードには、ビューやストアドプロシージャ、ファンクションを含みます。このツールで自動変換できない一部のコードは明確に示されるので、ユーザー自身でそれを変換することができます。AWS Database Migration Service は最小限のダウンタイムでデータを簡単かつ安全に移行することを手助けします。 すばらしい! では、どこから始まれば良いのでしょう? AWS SCT での移行手順 通常、移行の最初のステップは実現可能性と作業量のアセスメントです。現行のOracleからAuroraにデータベースを移行するために要する作業量の大枠な概要を AWS SCT は生成することができます。SCTはいくつかのOS上で動作しますが、このブログではWindows上で動かします。SCTをダウンロードするためには、マニュアルの AWS Schema Conversion Tool のインストールと更新 をご覧ください。SCTのマニュアル全体を見たい場合は AWS Schema Conversion Tool […]

Read More

【AWS Database Blog】AWS Database Migration Service におけるイベント通知

こんにちは。ソリューションアーキテクトの江川です。本日は、AWS のプロダクトマネージャーである Eran Schitzer が、AWS Database Blogに投稿したEvents and Notifications in AWS Database Migration Service を翻訳してご紹介します。 先日、AWS Database Migration Service (AWS DMS) に新機能が追加され、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS)を介して、Email や テキストメッセージ、HTTP エンドポイントへの通知といった形で、DMS のイベント通知を受け取れるようになりました。 お客様は2種類のイベント(DMS インスタンスに関連するイベントと、レプリケーションタスクに関連するイベント)をサブスクライブし、通知を受信できます。DMS インスタンスに関連するイベントには、可用性、設定変更、作成、削除、メンテナンスに関するイベントが含まれます。例えば、DMS インスタンスがメンテナンスにより停止すると、通知がトリガーされます。 レプリケーションタスクに関連するイベントには、タスクの開始、停止、終了、Full Load の完了、CDC の開始などのイベントが含まれます。例えば、移行タスクとしてすべてのデータを移行し終えると、“Full Load completed” という通知がトリガーされます。もし、タスクが Full Load に続けて、CDC を実行する(つまり、Full Load が開始してからのデータの変更をレプリケーションする)設定となっていた場合は、続けて “CDC started” という通知がトリガーされます。 さらに、AWS DMS ではイベントが様々なカテゴリに分類されており、ユーザーは AWS DMS […]

Read More

AWS Database Migration Service – 現在も増え続けているこれまでの移行数 20,000 件

AWS Database Migration Service について初めてブログ (AWS Database Migration Service) を投稿したのは 1 年ほど前のことです。その時点で AWS ユーザー 1,000 人がすでに AWS への移行の一部として同サービスを使用していました。簡単に説明すると、 とスキーマ変換ツール (SCT) は、AWS のお客様が高価な独自のデータベースやデータウェアハウスから、リレーショナルデータをよりコスト効率の良い 、、MySQL、MariaDB、PostgreSQL といったクラウドベースのデータベースやデータウェアハウスに、ダウンタイムを最低限に抑えた状態で移行できるようにサポートします。ユーザーの皆様からは、その柔軟性とコスト効率に優れた点において良い評価を頂いています。たとえば に移行すると、商用データベースに掛かる 10 分の 1 のコストで MySQL と PostgreSQL との互換性を持つデータベースにアクセスすることができます。Expedia、Thomas Publishing、Pega、Veoci といった企業による使用事例は AWS Database Migration Services Customer Testimonials でご覧いただけます。 独自の移行数 20,000 件 AWS のお客様は、これまでに を使用して 20,000 件もの独自のデータベースを AWS に移行しており、現在もその数は上昇する一方です (2016 年 9 […]

Read More

AWS Database Migration Service (DMS)が一般公開に!利用可能リージョンも拡大

みなさんは、現在リレーショナルデータをオンプレミスのOracle, SQL Server, MySQL, MariaDB, PostgreSQLといったデータベースに保存されていますか?それらのデータをAWSクラウドに実質的なダウンタイム無しで移動させ、スケールアウト可能というメリット、効率化されたオペレーション、複数のデータストレージが用意されている環境に移行する事に興味はありませんか? もしそうであれば、新しい AWS Database Migration Service (DMS) こそ、みなさんのためのサービスです!去年の秋に開催されたAWS re:Inventで最初の発表がなされ、すでにお客様により1,000を超えるオンプレミスのデータベースがAWSに移行されています。お客様はテラバイト級のデータベースを動かしたままクラウドに移行する事が可能になります。データベースプラットフォームを変えずに移行することも可能ですし、要件により適切な別のデータベースプラットフォームに移行することも可能です。新しいデータベースプラットフォームへの移行を、システム全体のクラウド移行とともに実施する場合は、AWS Schema Conversion Tool がみなさんのスキーマやストアドプロシージャを新しいプラットフォーム用に変換する事をお手伝いします。 AWS Database Migration ServiceはレプリケーションインスタンスをAWS上にセットアップすることで稼動を開始します。このインスタンスはソースデータベースからデータをアンロードし、ターゲットのデータベースにロードします。これは”on-going replicaion”をサポートしており、ダウンタイムを最小にする形でのマイグレーションをサポートします。加えて、DMSは、データ型変換や異機種間データ移動(例:OracleからAurora)といった多くの煩雑な処理を代行してくれます。このサービスはレプリケーションの状況やインスタンスをモニターしており、なにか発生した場合はユーザに通知するとともに、自動的に代替となるインスタンスをプロビジョンします。 DMSは多様なマイグレーションシナリオおよびネットワーク接続のオプションをサポートしています。1つのエンドポイント(※ソースもしくはターゲットのデータベースサーバ)はAWS上にある必要がありますが、他はオンプレミスでも、EC2上のデータベースでもRDSでもかまいません。ソースとターゲットは両方が同じVirtual Private Cloud (VPC)上にあっても良いですし、別々のVPC上でもかまいません(AWS上で稼動するデータベースを別のVPC上に移すようなケース)。オンプレミスのデータベースに対してもパブリックインターネット経由で接続するか(インターネットVPNを使うことも可能です)、AWS Direct Connectで接続することが可能です。 データベースをマイグレーションする 数クリックでマイグレーションをセットアップすることが可能です!ターゲットデータベースを作成して、データベーススキーマを移行し、データレプリケーションプロセスをセットアップし、最後にマイグレーションを実行するだけです。ターゲットデータベースがソースの内容に完全にキャッチアップできたら、あとは本番環境から利用するデータベースを切り替えるだけです。 AWS Database Migration Service コンソールを選択して、”Create Migration“をクリックします。(AWS Migration Serviceコンソールは、AWSマネジメントコンソールのデータベースのセクションに「DMS」と書かれたアイコンで表示されています)   コンソールにはマイグレーションプロセスのオーバービューが表示されています: Nextをクリックして、レプリケーションインスタンス作成に必要なパラメータを入力します: このブログポストでは、既存のVPCを選択し、”Publicly accessible”のチェックを外しています。同僚の社員が、私のためにEC2上に”オンプレミスDB”役のデータベースをセットアップしてくれているからです(訳注:オンプレミスのサーバと、VPNやDirect Connectを使わずにグローバルIP経由で接続するような場合は、ここでPublic accessibleをオンにする必要があります): レプリケーションインスタンスが作成されると、ソース、ターゲットの両データベースのエンドポイントを指定し、”Run test“をクリックしてエンドポイントに問題なくアクセスできるかを確認します。(正直に告白すると、テストをパスするために自分のセキュリティグループ設定を何度か修正するることで時間を費やしました) そしてマイグレーションタスクを作成します。Migration typeのところで、”migrate existing data(既存データの一括ロード)”,”migrate and then replicate(一括コピーをした後に、継続的に差分レプリケーション)”,”replicate […]

Read More