Amazon Web Services ブログ

Channy Yun

Author: Channy Yun

Channy Yun is a Principal Developer Advocate for AWS, and passionate about helping developers to build modern applications on latest AWS services. A pragmatic developer and blogger at heart, he loves community-driven learning and sharing of technology, which has funneled developers to global AWS Usergroups. His main topics are open-source, container, storage, network & security, and IoT. Follow him on Twitter at @channyun.

データサイエンティスト向けのフルマネージド RStudio on Amazon SageMaker を発表

2 年前、当社は業界初の機械学習 (ML) 向けの完全統合開発環境 (IDE) である Amazon SageMaker Studio の提供を開始しました。Amazon SageMaker Studio は、すべての機械学習の開発ステップを実行できる単一かつウェブベースのビジュアルインターフェイスを提供します。これにより、データサイエンスチームの生産性が最大 10 倍向上します 多くのデータサイエンティストは、18,000 を超えるパッケージを含むオープンソースのエコシステムである R プロジェクトを愛用しています。これは単なるプログラミング言語ではなく、データサイエンスのためのインタラクティブな環境でもあります。RStudio は、R デベロッパーの間で最も人気のある、機械学習およびデータサイエンスプロジェクト向けの IDE の 1 つです。RStudio は、R 向けのオープンソースツールと、データサイエンスチームが開発したり、成果物を組織内で共有したりするためのエンタープライズ対応のプロフェッショナルソフトウェアを提供します。しかし、RStudio を自ら構築、保護、スケーリング、およびメンテナンスするのは面倒で手間がかかります。 2021 年 11 月 2 日(米国時間)、RStudio PBC と共同で、クラウドにおける業界初のフルマネージド RStudio Workbench IDE である RStudio on Amazon SageMaker の一般提供を発表しました。

Read More

最新世代の Intel Xeon Scalable Processors を搭載した Amazon EC2 C6i インスタンス

当社は最近、最新世代のインテル® Xeon® スケーラブルプロセッサーを搭載した Amazon EC2 M6i インスタンスを発売しました。このインスタンスは、M5インスタンスと比較して3.5 GHz のオールコアターボ周波数で、プライスパフォーマンスを最大15%向上させます。 コンピューティングに最適化な新しい Amazon EC2 C6i インスタンスの可用性を2021 年 10 月 28 日にお知らせしました。これは、同等の C5 インスタンスと比較して、さまざまなワークロードのプライスパフォーマンスを最大 15% 向上させます。このインスタンスは、バッチ処理、機械学習、ハイエンドゲーム、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)ワークロード、広告配信、およびビデオエンコーディングなど、計算負荷の高いワークロードの実行に最適です。 インテルプロセッサを使用する C5 インスタンスと比較すると、この新しいインスタンスタイプでは以下が提供されます。

Read More

Amazon RDS Custom for Oracle — データベース環境における新しいコントロール機能

オンプレミスまたは Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)などの自己管理型環境でデータベースを管理するには、プロビジョニング、スケーリング、パッチ適用、バックアップ、高可用性のための設定などのデータベース管理タスクに時間とリソースを費やす必要があります。そこで、数十万の AWS のお客様がこれらの差別化されていない管理タスクを自動化するため Amazon Relational Database Service(Amazon RDS)を使用されています。 ただし、レガシーアプリケーションやパッケージアプリケーションの中には、ヘルスケアやライフサイエンス、テレコム、リテール、バンキング、ホスピタリティなどの分野に特化したオラクルのアプリケーションのように、基盤となるデータベースやオペレーティング・システム(OS)のカスタマイズを必要とするものもあります。これらの特定のカスタマイズを必要とするお客様は、Amazon RDS のような完全管理型データベースサービスの利点を得ることができず、最終的にオンプレミスまたは EC2 インスタンスにデータベースをデプロイすることになります。

Read More

VMware Cloud on AWS Outposts は VMware SDDC をフルマネージドサービスとしてオンプレミスで提供

2017 年、AWS と VMware は、あらゆる vSphere ベースのワークロードのために VMware エンタープライズクラス Software-Defined Data Center (SDDC) ソフトウェアである VMware Cloud on AWS を AWS クラウドに導入するとともに、ネイティブな AWS のサービスへのアクセスを最適化しました。VMware Cloud on AWS は、専用シングルテナントのクラウドインフラストラクチャを提供し、最新の Amazon EC2 ストレージ向けに最適化された高 I/O インスタンスをベースとし、低レイテンシーの Non-Volatile Memory Express (NVMe) ベースの SSD を備えた次世代のベアメタル AWS インフラストラクチャで提供されます。

Read More

Amazon Managed Service for Prometheus がアラートマネージャーとルーラーで一般利用可能になりました

AWS re:Invent 2020 では、Amazon Managed Service for Prometheus のプレビューを紹介しました。これは、コンテナ化されたアプリケーションの大規模なモニタリングを簡単に行えるようにする、Prometheus と互換性のあるオープンソースのモニタリングサービスです。Amazon Managed Service for Prometheus では、Prometheus クエリ言語 (PromQL) を使用して、コンテナ化されたワークロードのパフォーマンスをモニタリングできます。運用メトリクスの取り込み、ストレージ、アラート、クエリをスケールおよび保護するのに必要な基盤インフラストラクチャを管理する必要はありません。 Amazon Managed Service for Prometheus は、モニタリングニーズの拡大に合わせて自動的にスケールします。これは、複数のアベイラビリティーゾーン (AZ) にデプロイされる高可用性サービスであり、これにより、AWS のセキュリティとコンプライアンス機能が統合されます。このサービスでは、PromQL のネイティブサポートと、オープンソースコミュニティによって維持されている 150 以上の Prometheus エクスポーターから Prometheus メトリクスを取り込む機能が提供されます。

Read More

新機能 – ライブマルチストリーム動画トランスコーディング用の Amazon EC2 VT1 インスタンス

動画コンテンツに対する世界的な需要は急増しており、現在ではインターネットおよびモバイルネットワークトラフィックのオーディエンスの大部分を獲得しています。Twitch などのオーバーザトップストリーミングサービスでは、優れた画質のライブ配信を求めているコンテンツクリエイターが爆発的かつ継続的に増加しています。一方、信頼性を犠牲にすることなくコストを削減し、需要に応じて効率的に拡張するために、アジャイルなクラウドインフラストラクチャを採用することを検討するライブイベントのブロードキャスターは増加の一途をたどっています。 2021 年 9 月 13 日、最大 4K UHD の解像度でマルチストリーム動画トランスコーディング向けに最高の料金パフォーマンスを提供するように設計された Amazon EC2 VT1 インスタンスの一般提供についてお知らせします。これらの VT1 インスタンスは、高速化された H.264/AVC および H.265/HEVC コーデックを備えた Xilinx® Alveo™ U30 メディアアクセラレータートランスコーディングカードを備え、最新の GPU ベースの EC2 インスタンスと比較して最大 30% 低いストリームあたりの料金と、最新の CPU ベースの EC2 インスタンスと比較して最大 60% 低いストリームあたりの料金を提供します。

Read More

Amazon Elasticsearch Service が Amazon OpenSearch Service となり、OpenSearch 1.0 をサポート

当社では、2015 年に Amazon Elasticsearch Service (Amazon ES) をリリースしました。Amazon ES は、インタラクティブなログ分析、リアルタイムのアプリケーションモニタリング、ウェブサイト検索などの実行を容易にするフルマネージドサービスです。 Amazon ES は、大量のログデータを取り込むことができるため、ログ分析のために長らく愛用され続けています。さらに、UltraWarm 階層とコールドストレージ階層を使用すると、Amazon ES 上の従来のホットストレージと比較して 10 分の 1 のコストに削減できます。Amazon ES は、Logstash、Amazon Kinesis Data Firehose、Amazon CloudWatch Logs、および AWS IoT と統合するため、ユースケースの要件を満たす安全なデータ取り込みツールを選択できます。

Read More

Amazon EKS Anywhere — オンプレミスで Kubernetes クラスターの作成と管理が広く利用可能になりました

AWS re: Invent 2020 では、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) Anywhere と Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) の新しいデプロイオプションを顧客のデータセンター内で事前発表しました。 2021 年 9 月 8 日、Amazon EKS Anywhere が広く利用可能になったことをお知らせします。Amazon EKS のデプロイオプションで、2021 年 9 月 8 日から VMware vSphere を使用して Kubernetes クラスターをオンプレミスで簡単に作成し、運用できます。EKS Anywhere は、Kubernetes クラスターをオンプレミスで作成し、運用するためのインストール可能なソフトウェアパッケージと、クラスターのライフサイクルサポートのためのオートメーションツールを提供します。

Read More

新機能 – Amazon EFS Intelligent-Tiering がアクセスパターンの変化に応じてワークロードのコストを最適化

Amazon Elastic File System (Amazon EFS) では、Amazon EFS 標準および Amazon EFS 標準 – Infrequent Access (EFS 標準 – IA) の 2 つの標準ストレージクラスと、Amazon EFS 1 ゾーン および Amazon EFS 1 ゾーン – Infrequent Access (EFS 1 ゾーン – IA) の 2 つのワンゾーンストレージクラスといった 4 つのストレージクラスを提供しています。標準ストレージクラスは、複数のアベイラビリティーゾーン (AZ) 内および複数のアベイラビリティーゾーンにまたがってデータを保存します。1 ゾーンストレージクラスは、マルチ AZ の回復力を必要としないワークロードのために、標準ストレージクラスを使用するファイルシステムと比較して 47% 低い料金で、単一の AZ 内にデータを冗長的に保存します。

Read More

Amazon Textract のアップデート: 8 つの AWS リージョンで最大 32% の価格削減、非同期ジョブ処理時間を最大 50% 削減

AWS re: Invent 2018 で導入された Amazon Textract は、単純な光学式文字認識 (OCR) を超えて、スキャンしたドキュメントからテキスト、手書き、データを自動的に抽出し、フォームやテーブルからデータを識別、理解、抽出する機械学習サービスです。 この数ヶ月の間に、請求書と領収書の処理に特化したサポートを導入し、手書きのテキスト、フォーム、表の抽出を可能にする、基礎的なコンピュータービジョンモデルの品質を向上させました。印刷文字の対応言語は、英語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、フランス語です。

Read More