Amazon Web Services ブログ

Category: General

[AWS Black Belt Online Seminar] 猫でもわかる、AWS Glue ETLパフォーマンス・チューニング 資料公開

「猫でもわかる、AWS Glue ETLパフォーマンス・チューニング」 の AWS Black Belt Online Seminar についてご案内させて頂きます。 今回は「前編(基礎知識編)」 と「後編(チューニングパターン編)」 の二本立てとなっております。 視聴方法: 下記ページにて資料を公開いたしましたので、オンデマンドでご視聴いただけます。   202108 AWS Black Belt Online Seminar 猫でもわかる、AWS Glue ETLパフォーマンス・チューニング 前編 202108 AWS Black Belt Online Seminar 猫でもわかる、AWS Glue ETLパフォーマンス・チューニング 後編 AWS Black Belt Online Seminar オンデマンド動画 コンテンツ 一覧 AWS サービス別資料 (すべての過去資料が閲覧できます)   猫でもわかる、AWS Glue ETLパフォーマンス・チューニング IT 知識レベル:★★★★☆ | AWS […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Managed Microsoft AD 資料公開

「 AWS Managed Microsoft AD 」 の AWS Black Belt Online Seminar についてご案内させて頂きます。 視聴方法: 下記ページにて資料を公開いたしましたので、オンデマンドでご視聴いただけます。   202108 AWS Black Belt Online Seminar AWS Managed Microsoft AD AWS Black Belt Online Seminar オンデマンド動画 コンテンツ 一覧 AWS サービス別資料 (すべての過去資料が閲覧できます)   AWS Managed Microsoft AD IT 知識レベル:★★★☆☆ | AWS 知識レベル:★★★☆☆

Read More

Amazon CloudFront の CNAME を管理するための新しい API と機能について

Amazon CloudFront は、ListConflictingAliases と AssociateAlias という 2 つの新しい API のリリースを発表しました。これらの API は、 CNAMEAlreadyExists エラーコードが発生した際に、代替ドメイン名(CNAME)を探したり、移動させたりする必要がある場合に便利です。さらに、アカウント間でワイルドカードの CNAME を使用する際に、より多くのユースケースで利用することが可能になりました。API について詳細を紹介する前に、このブログではまず CNAMEAlreadyExists エラーコードの背景を少し説明し、CloudFront ディストリビューションで CNAME 管理の自由度を高める方法について説明します。

Read More

[SAP on AWS] 可用性と信頼性を実現する仕組み

アマゾンのCEOであるアンディ・ジャシーの言葉を借りれば、『経験のための圧縮アルゴリズムは存在しません』ということになります。5000を超えるSAPのお客様がAWSを利用されていることにより、AWSはSAPワークロードの革新のためのプラットフォームとなっています。AWSはお客様起点の行動指針に基づくというリーダーシップ・プリンシプルに基づき、SAPのお客様が世界中のAWSリージョン内で堅牢性と信頼性の高い且つスケーラブルなSAPシステムを構築できるよう、多様なツールやサービスを提供しております。このブログでは、AWSプラットフォーム上に信頼性の高いSAPシステムを構築するための複数のAWSサービスについて紹介します。

Read More
WeeklyAWS

週刊AWS – 2021/8/16週

みなさん、こんにちは。AWSソリューションアーキテクトの小林です。 今年はすっきりしない天気が続いたせいか、例年ほど毎日猛暑という印象がないような気がします。過ごしやすいのは良いのですが、日課にしている自宅周辺のウォーキングがやりづらいのがネックですね。天気が悪い日は自宅に置いてあるフィットネスバイクを使って運動するのですが、外を歩くのと比べると爽快感に欠ける部分があるのも事実。雨具を用意して雨の日も外に歩きに行けるようにするべきか、思案しているところです。 さて、8月16日週のアップデートを振り返ってみましょう。

Read More

Amazon FSx for Windows ファイルサーバーでエンドユーザーアクセスのセキュリティ通知機能を実装する

このブログはJaroslav Skrickij (Sr. Solutions Architect at AWS)によって執筆された内容を⽇本語化したものです。原⽂はこちらを参照して下さい。 AWSでは、セキュリティは最優先事項です。お客様のデータへのエンドユーザーのアクセスを記録することは、多くのお客様の内部セキュリティポリシーやコンプライアンスニーズを満たす上で重要な要素です。エンドユーザーアクセスの監査ログは、定期的なセキュリティ監査やセキュリティインシデントのフォレンジック調査に利用されます。しかしながら、お客様は新たに発生するセキュリティリスクを事前に評価し、悪意のあるユーザーが引き起こす可能性のある被害を軽減するために、不審なアクセスをほぼリアルタイムで知りたいケースもあります。データセキュリティ管理者は、共有ファイルストレージに繰り返し不正アクセスが発生した場合や、大量のファイルが予期せず削除された場合などに、迅速な対応を求められます。

Read More

「クラウドへの移行によるCO2削減効果」に関するレポートが公表されました

2021年8月19日、Amazon Web Services の委託により451 Researchが行った、クラウドのエネルギー効率性や二酸化炭素の削減効果に関する調査結果の日本語版が公表されました。

日本、韓国、シンガポール、オーストラリア、インドの500社以上の企業及び公共機関を対象としたこの調査によると、業務アプリケーションを従来型の各組織が所有するオンプレミスデータセンターからクラウドに移行することにより、エネルギー消費量を平均で約80%削減できることが明らかになりました。日本に限って見ると、平均的な企業・公共機関では、オンプレミスからクラウドへの移行により約77%エネルギー消費量を削減できることが示されました。

Read More

2021 メディア業界のお客様向け AWS 勉強会 第五回「目指せ ! クラウドプラクティショナー」

2021/08/04 にメディア業界のお客様向けに AWS 勉強会を開催いたしました。第五回では AWS 認定の中でも AWS クラウドの基礎知識とスキルを身につけることができるクラウドプラクティショナー取得を目指す方向けのセミナーを実施しました。資料のダウンロードおよび動画の視聴は下記のリンクからご利用頂けますので、合わせてご確認ください。 資料のダウンロード及び動画の視聴リンク それではここから当日のセッションの内容について簡単にご紹介させていただきます。

Read More

2020年 AWS Container Security Surveyの結果

この記事は、Results of the 2020 AWS Container Security Survey ( 2020/12/03 投稿 ) を翻訳したものです。 2019 年、我々は初めて AWS Container Security Survey を発表しました。そして、 2020 年も皆様に本 Survey を提供します。 2019 年と同様に、2020 年も AWS のコンテナユーザーに対し匿名での調査を実施しました。調査ページにアクセスした 655 名のうち 295 名が回答に着手し、そのうち 156 名が最後まで回答してくださいました(完了率 52 %)。かかった時間は平均 10 分強でした。質問を提案して下さった方々 及び 本 Survey の拡散に協力してくださった方々に改めてお礼申し上げます。 ご参加いただいた皆様、ご意見をお寄せいただいた皆様、本当にありがとうございました。 グラフを見ると、全体的にコンテナセキュリティに関するグッドプラクティスの点で、良い傾向があることがわかります。スキャニングからポリシーに至るまで、ほぼ全ての主要な項目で 2019 年と比べて採用率が上昇しました。特に、 2 つの点が目立っています。 “supply chain management” への取り組みが低下しているように見えますが、この理由については、調査での質問に関連性があるのか、それともより深い理由があるのか、根本的な理由を明らかにするための調査が必要です。 “signing container […]

Read More

【開催報告】アップデート紹介とちょっぴりDiveDeepするAWSの時間 第八回 (07/29)

暑さのピークも超えて秋が近づいてきました。皆様体調はいかがでしょうか?
アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 ソリューションアーキテクトの吉田です。

ちょっぴりDiveDeepするAWSの時間の第八回目が7月29日に開催されました。
今回も多くの方にご参加頂きました。なんと、冒頭から60名以上のご参加でした。ご参加された皆様ありがとうございます。また、当ブログではじめて知ったという皆様も次回のご参加をお待ちしております!
どんなイベントか興味がありましたら、前回からTwitterのハッシュタグ「#ちょっぴりDD」を使っていますので見てみてください。

Read More