Amazon Web Services ブログ

Tag: AWS Security Profile

AWS Security Profiles: 梅谷 晃宏、Office of the CISO Japan Lead

東京で開催されるイベント Solution Days を後に控え、当イベントに登壇予定の AWS 社員へインタビューを行いました。経歴や現在取り組んでいる事項についてご紹介いたします。 (※取材当時の記事となります。本年度の Solution Days は終了いたしました。原文はAWS Security Profiles: Akihiro Umegai, Japan Lead, Office of the CISO) AWS での勤続年数と、役割について教えてください。 AWS に入社して 6 年半になります。私は、Mark Ryland が率いるチーム Office of the CISO(OCISO) の日本の代表を務めていますが、AWS 全体統括している最高情報セキュリティ責任者(CISO)の Steve Schmidt をサポートする役割を担っています。お客様向けの AWS Securityサービスに関連した支援を提供し、社内のセキュリティタスクの一部も担当しています。 OCISO の日本代表としてのあなたの役割と、米国におけるその役割との違いはどのようなものでしょうか? 米国企業が日本でビジネスを展開する場合、言葉と文化の壁に直面することが多いと思います。おそらく 9 割以上の日本企業は英語を日常的には使用していないでしょう。そのため米国企業にとって日本のお客様とコミュニケーションする際には通訳を入れるなど工夫が必要となり、一般的に意思疎通が少し難しいと感じる場面が多いと思います。また、外国人にとっては非常に独特と思えるような伝統的な商習慣や文化的な背景が日本にはあります。特に日本人は絆や信頼の構築という点を非常に重視していると思います。こうした言語の壁と文化の違いが日本でビジネスを行う上で、最も重要な点になると思います。 しかし、そういったちょっとしたハードルがあったとしても、それを克服してチャレンジするに足るビジネス上の非常に大きいポテンシャルが日本の市場にはあると言えます。私は、日本と米国の AWS 本社間のいわばショック・アブゾーバー、またはスタビライザーとして機能しているとよく話をしています。AWS の米国チームの方向性や要点を解釈し、それを日本の市場に適応、順応させていくことが、日本のお客様との適切なコミュニケーションとして重要です。 こうしたいった点は大きな違いと言えるかと思います。 あなたの仕事で最も困難なことはどのようなことですか? 日本は米国の市場の動向をある程度追従する傾向があると思います。たとえば、CISOに関する認識などもそうです。日本でも同様に、最高情報セキュリティ責任者(CISO)、つまり自社のために包括的なセキュリティ問題について決定を下す人々が必要という意識は高まっていると思います。ただし、CISO の概念は日本市場に浸透しはじめたばかりで CISO が企業の経営幹部レベルにおいて重要な職責であるとは、あまり認められていないと感じます。Steve Schdmit […]

Read More