AWS Certificate Manager の使用を開始するには、AWS マネジメントコンソール (ACM) で AWS Certificate Manager を開きます。AWS Certificate Manager は、パブリック証明書を作成してインターネット上でリソースを特定、またはプライベート証明書を作成してお客様の組織でのリソースを特定することに使えます。ACM はパブリック、プライベート証明書の作成と管理に役立ちます。

パブリック証明書

ウィザードを使い、パブリック証明書のリクエストを選択し、お客様のサイト名を入力して SSL/TLS 証明書をリクエストします。証明書リクエストに AWS CLI や AWS API を使用することもできます。

証明書リクエストにあるドメイン名を所有またはコントロールされていることを検証できれば、SSL/TLS 証明書が発行されます。この証明書は Elastic Load Balancers、Amazon CloudFront ディストリビューション、または Amazon API Gateway での API での使用にデプロイできます。必要な操作は、AWS マネジメントコンソールのドロップダウンリストで使用する SSL/TLS 証明書を選択することのみです。または、CLI コマンドを実行するか AWS API を呼び出して、AWS リソースに証明書を関連付けることもできます。その後、AWS Certificate Manager により、選択したリソースに証明書がデプロイされます。

AWS Certificate Manager により提供される証明書を作成して使用することに関する詳細については、AWS Certificate Manager よくある質問ページ、またはAWS Certificate Manager ユーザーガイド開始方法をご覧ください。

プライベート証明書

ACM のプライベート CA の部分に移動し、[今すぐ始める] を選択し、プライベート CA を作成します。ACM プライベートCA をアクティベートするには、お客様の組織のルート、または組織のルート CA につながる中間 CA を用いて CA 証明書を作成できる必要があります。

プライベート CA の作成、アクティベーション後、AWS Certificate Manager ウィザードを使って [プライベート証明書をリクエスト] を選び、次いでドロップダウンリストからお客様の プライベート CA を選び、サイト名を入力してください。AWS Certificate Manager はキーペアを生成し、プライベート CA からの証明書発行を行います。ACM はプライベート証明書をお客様の選択する AWS リソースにデプロイするか、または証明書をエクスポートしてこれを EC2 インスタンス、コンテナ上で、またはオンプレミスサービスと共に使えます。

ACM プライベート CA とプライベート証明書の作成と使用についての詳細情報については、AWS Certificate Manager のよくある質問ページまたはAWS Certificate Manager ユーザーガイド開始方法をご覧ください。

 

 

AWS Certificate Manager の開始方法

まずは無料で始める