AWS Certificate Manager の料金

AWS Certificate Manager でプロビジョニングされたパブリック SSL/TLS 証明書は無料です。お支払いいただくのは、アプリケーションを実行するために作成した AWS リソースの料金のみです。

AWS Certificate Manager プライベート認証機関の料金

ACM プライベート認証機関 (CA) は 2 つのディメンションで料金設定されています。 各プライベート CA を削除するまでのオペレーション月額料金と、各月発行するプライベート証明書の料金をお支払いただきます。

プライベート認証機関のオペレーション
  • CA を削除するまで、ACM プライベート CA ごとに毎月 400 USD。
  • ACM プライベート CA の運用は、1 か月に満たない月は、CA の作成、削除の日に応じて日割りで料金をお支払いただきます。削除すると、プライベート CA は課金されなくなります。ただし、削除した CA を復元した場合は、削除から復元までの期間について課金されます。
プライベート証明書

プライベートキーにアクセスできる ACM プライベート CA から証明書を発行するときに、一度限りの料金をお支払いただきます。これには、ACM で作成してエクスポートするプライベート証明書と、ACM で証明書管理を行わず自分自身でプライベートキーを作成する証明書を含みます。

プライベートキーにアクセスの無い ACM プライベート CA から発行するプライベート証明書は無料です。これには、Elastic Load Balancing、Amazon CloudFront、Amazon API Gateway などの ACM 統合サービスのみに使われる証明書を含みます。

証明書の料金表は、暦月中に発行した新しい証明書の数に基づいており、リージョンごとに計算されます (右の表参照)。

ACM プライベート CA の 30 日間無料トライアル

30 日間のトライアル

ACM プライベート CA の新規アカウントには、アカウント内で作成した最初のプライベート CA の運用に対して 30 日間無料でサービスをお試しいただけます。トライアル期間中に発行する証明書にはお支払いただきます。

月/リージョンで作成されたプライベート証明書の数 料金 (証明書当たり)
1~1,000 0.75 USD
1,001~10,000 0.35 USD
10,001 以上 0.001 USD

ACM プライベート認証機関の料金例

例 1: 1 リージョン

1 か月目: 2 つのプライベート CA が米国東部 (バージニア北部) で 20,000 個の証明書を発行。

2 か月目: 2 つのプライベート CA が新しい証明書を発行しなかった。

1 か月目と 2 か月目の料金

1 か月目
2 x 400 USD (月別 CA オペレーション)
+ 1,000 x 0.75 USD (最初の 1,000 個の証明書)
+ 9,000 x 0.35 USD (次の 1,001~10,000 個の証明書)
+ 10,000 x 0.001 USD (10,000 個を超える証明書)
= 4,710 USD

2 か月目
2 x 400 USD (月別 CA オペレーション)
+ 0 USD (2 か月目には新しい証明書が発行されなかった)
= 800 USD

例 2: 2 リージョン

1 か月目: 米国東部 (バージニア北部) の 1 プライベート CA が 500 個の証明書を発行し、米国西部 (オレゴン) の 1 つのプライベート CA が 500 個の証明書を発行。

2 か月目: 米国東部 (バージニア北部) の 1 プライベート CA、米国西部 (オレゴン) の 1 つのプライベート CA が新しい証明書を発行しなかった。

1 か月目と 2 か月目の料金

1 か月目
2 x 400 USD (月別 CA オペレーション)
+ 500 x 0.75 USD 最初の 1,000 個の証明書 (米国東部 (バージニア北部))
+ 500 x 0.75 USD 最初の 1,000 個の証明書 (米国西部(オレゴン))
= 1,550 USD
 
2 か月目
2 x 400 USD (月別 CA オペレーション)
+ 0 USD (2 か月目には新しい証明書が発行されなかった)
= 800 USD
 
 

例 3: 無料と有料の組み合わせ

1 か月目: 米国東部 (バージニア北部) の 1 つのプライベート CA が米国東部 (バージニア北部) で合計 5,000 個の新しい証明書を発行。発行した 5,000 個のうち、1,000 個を排他的に Elastic Load Balancing や API Gateway のような ACM 統合サービスで使用。これらの証明書には、料金は発生しません。残り 4,000 個の内、2,000 を ACM からエクスポートし、2,000 を、証明書管理のための ACM を使わずに自身でプライベートキーを作成してプライベート CA から発行。これらに対しては、プライベートキーにアクセスしたため課金されます。

2 か月目: 米国東部 (バージニア北部) の 1 つのプライベート CA が新しい証明書を発行しなかった。

1 か月目と 2 か月目の料金
1 か月目
1 x 400 USD (月別 CA オペレーション)
+ 0 USD (無料) (ACM 組み込みのサービスで発行、使用された 1,000 個の証明書に対して)
+ 1,000 x 0.75 USD (最初の 1,000 個の証明書)
+ 3,000 x 0.35 USD (次の 1,001~10,000 個の証明書)
= 2,200 USD

2 か月目
1 x 400 USD (月別 CA オペレーション)
+ 0 USD (2 か月目には新しい証明書が発行されなかった)
= 400 USD

料金に関するその他のリソース

TCO 計算ツール

総所有コスト (TCO) を計算

簡易見積りツール

AWS の月額料金を簡単に計算

エコノミクスリソースセンター

AWS に切り替えるためのその他のリソース

AWS Certificate Manager の使用を開始する

開始方法のページにアクセスする
構築の準備はできましたか?
AWS Certificate Manager の使用を開始する
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ