AWS Managed Services
AWS クラウド
詳細については、お問い合わせください

さまざな企業にクラウドへの移行を選んだ理由をたずねると、展開の俊敏性とスピードが最大の理由となっています。オンプレミスで使用しているサーバーをスピンアップするのに通常は 10 ~ 18 週間かかりますが、クラウドコンピューティングを使うと数千台のサーバーを数分でスピンアップすることができます。AWS クラウドでは、コンピューティング、ストレージ、データベースから、継続的な統合、データ分析、人工知能に至るまで、165 以上のサービスを簡単に利用できます。つまり、アイデアから実装までに必要な時間は、数か月ではなく数秒ということです。

お客様がクラウドに移行する理由はさまざまです。一部のお客様は、労働生産性を向上させるためにクラウドに移行しています。また、データセンターの統合プロジェクトや合理化プロジェクトでクラウドに移行している企業、会社の買収や売却の準備をしている企業、あるいは、長年にわたってインフラストラクチャが無秩序に広がってしまった企業など、さまざまです。さらには、大規模なデジタルトランスフォーメーションプログラムの一環として、最新のテクノロジーを使って一からビジネスを創造し直そうとしている企業もあります。もちろん、企業は常にコスト削減によって利益を改善する方法についても模索しています。


AWS は、月に何百万という顧客を抱えており、企業内のありとあらゆる垂直的な事業区分で、有意義に AWS が活用されています。金融サービスでは、Capital One、Intuit、FINRA、Barclays が挙げられます。ヘルスケア分野では、Johnson & Johnson、Merck、Pfizer、Bristol Myers Squibb。石油、ガス関連では、Shell、BP、Hess。製造業では、GE、Philips、Schneider Electric などの顧客がいます。テクノロジー分野では、Netflix、Samsung、Adobe、Autodesk もあります。

どの企業にも独自の理由と制約がありますが、クラウドに移行する際、お客様にはある一貫した推進要因が見られました。

運用コスト

運用コストで重要な要素となるのは、インフラストラクチャの単価、需要と供給を一致させる能力、選択性への道筋を見つけ出すこと、弾力性のあるコストベースを採用すること、そして透明性です。

労働生産性

通常、2 つの重要な要因によって生産性が向上します。インフラストラクチャを待つ必要がないこと、そして 165 以上の幅広いサービスを備えた AWS に自由にアクセスできるということ。これがないと、独自で構築し、メンテナンスを行わなくてはいけなくなります。実際、大規模な移行の後に従業員の生産性が 30 ~ 50% 向上するのが一般的です。

コスト回避

ハードウェアの更新プログラムや定期的なメンテナンスプログラムを不要にすることが、コスト回避では重要な要因になります。お客様は、大きな更新サイクルやデータセンターの更新のために必要になるコストや取り組みについて無関心です。

オペレーショナル・レジリエンス

明らかだと思われるかもしれませんが、組織のリスクプロファイルを縮小すると、リスク軽減のためのコストも削減されます。AWS には、42 のアベイラビリティーゾーン (AZ) で構成される 16 のリージョンで、稼働時間を改善しリスク関連のコストを削減したグローバルな実績があります。

ビジネス俊敏性

AWS クラウドへの移行は、運用全体の俊敏性向上を促進します。これにより、新しい市場への拡大、製品の販売、競争優位性を提供する利用可能な資産の獲得などの活動を通じて、市場の状況に応じてより迅速に対応することができます。


クラウド導入までの道のりは、企業によってさまざまです。ここで説明する導入の各ステージは、手順を理解するための一例としてお役立てください。

クラウドの導入ステージ

一般的に、クラウド導入までの道のりには、次の 4 つのフェーズが含まれます。

プロジェクトフェーズでは、クラウドに慣れ、その利点を体験するためにプロジェクトを実行します。

クラウドの利点を体験したら、クラウドの導入を拡張するための基盤を構築します。これには、ランディングゾーン(予め設定された安全なマルチアカウント AWS の環境)、Cloud Center of Excellence (CCoE)、および運用モデルの作成、そしてセキュリティとコンプライアンス遵守の確保が含まれます。

このステージでは、ミッションクリティカルなアプリケーションなどの既存のアプリケーションやデータセンター全体をクラウドに移行すると同時に、IT ポートフォリオの成長部分について導入を拡大します。 

運用がクラウド上になったので、製品化までの時間を短縮し、イノベーションへの関心を高めることで、AWS の柔軟性と能力を活用してビジネスを変革することに注力できます。


大規模なレガシー移行を単独で検討する場合もありますが、通常は、より大きな企業改革の取り組みの一部として実施することがほとんどです。クラウドへの移行で見られる共通のパターンは、5 つのフェーズで構成されるアプローチに従います。

移行プロセス

フェーズ 1: 移行準備と事業計画

的確な目的を設定し、どのような種類の利益を目標とするか検討を開始します。まずは、基本的な体験と移行のための予備的なビジネスケースの構築から始めます。既存のアプリケーションの使用年数、アーキテクチャ、制約とともに、目的を考慮する必要があります。この分野の経験を持つパートナーには、RISC Networks、Atadata、Cloudamize、TSOLogic、Apptio があります。

フェーズ 2: ポートフォリオの発見と計画

次に、IT ポートフォリオや各アプリケーション間の依存関係について理解し、ビジネスケースの目的を実現するために採用するべき移行戦略の種類を検討する必要があります。ポートフォリオの発見と移行アプローチによって、完全なビジネスケースを構築しやすくなります。IT ポートフォリオを理解するために支援が必要な場合は、RISC Networks、Cloudamize、Atadata といったパートナーと連携したり、あるいは AWS Application Discovery Service を利用したりすることができます。

フェーズ 3 & フェーズ 4: アプリケーションの設計、移行、検証

ここからは、ポートフォリオレベルから個々のアプリケーションレベルに焦点が移り、アプリケーションの設計、移行、検証を実施します。6 つの一般的なアプリケーション戦略 (「The 6 R’s」) の 1 つに従って、各アプリケーションを設計、移行、検証します。いくつかのアプリケーションを移行して基本を経験し、組織を支援する計画が準備できたら、移行を加速化して目標の移行規模を達成しましょう。AWS Server Migration Service (SMS)AWS Database Migration Service (DMS)CloudEndure Migration の他に、CloudVelox、Atadata、Racemi、Attuinity などのパートナーの支援が受けられます。

フェーズ 5: 運用

アプリケーションが移行されると、新しい基盤を反復し、旧システムをオフにして、最新のオペレーティングモデルに向けて継続的に反復します。オペレーティングモデルは、多くのアプリケーションを移行するたびに絶えず改善される、人、プロセス、技術の常に新しいセットになります。当社のパートナーである AppDynamics、NewRelic、Dynatrace は、クラウドへの移行が進む際、オペレーティングモデルを継続的に反復するための支援を行います。

通常、企業は移行プロセスのフェーズ 2 で、アプリケーションの移行方法について検討を始めます。このタイミングで、各アプリケーションの環境と移行戦略を決定します。下記の 6 つのアプローチは、Gartner が 2011 年に示した「The 5 R’s」に基づいて採用されている一般的な移行戦略です。

ポートフォリオの特定の部分に最も適した移行戦略を、十分に理解しておく必要があります。また、6 つの戦略の中の 1 つがポートフォリオ内の特定のアプリケーションにとって最適であっても、同じポートフォリオの異なるアプリケーションを移行する場合は別の戦略の方が適している可能性があることも考慮する必要があります。

アプリケーション移行ステージ

1.リホスト (「リフトとシフト」)

ビジネスケースに対応するため組織が素早く移行と拡張を実行する、大規模な従来の移行シナリオでは、大部分のアプリケーションがリホストされていることが分かっています。ほとんどのリホストは AWS SMS などのツールで自動化できますが、レガシーシステムをクラウドに適用する方法を身に付けると、手動で行う方法を選ぶ事もできます。

また、アプリケーションはクラウドに導入後のほうが再設計しやすいことにも気づくかもしれません。これは、組織がそのスキルを伸ばしたことも 1 つの理由ですが、アプリケーション、データ、トラフィックの移行という難しい部分がすでに達成されていることも理由です。

2.プラットフォーム再編 (「リフト、ティンカー、シフト」)

これには、アプリケーションのコアアーキテクチャを変更することなく具体的な利点を実現するための、いくつかのクラウド最適化が伴います。たとえば、Amazon Relational Database Service (RDS) などのマネージドリレーショナルデータベースサービスに移行することによるデータベースインスタンスの管理に使う時間の削減、あるいは AWS Elastic Beanstalk のような完全マネージド型のプラットフォームへのアプリケーションの移行を考えているかもしれません。

3.再購入 (「ドロップアンドショップ」)

これは別の製品に移る意思決定であり、使用してきた既存のライセンスモデルを変更する意思があることをおそらく意味します。新しいバージョンに簡単にアップグレードできるワークロードの場合、この戦略により機能セットのアップグレードと円滑な実行ができる可能性があります。

4.リファクタリング/再設計

これは通常、アプリケーションの現在の環境での実現が困難であるため、機能、拡張性、パフォーマンスを加えるという強いビジネス上の必要性により推し進められます。この解決策は最も高コストになる場合が多いのですが、組織がサービス指向のアーキテクチャ (SOA) に移行することにより俊敏性やビジネスの継続性を向上させたい場合は、追求する価値がある戦略です。

5.使用停止

役に立たなくなり、停止してもよい IT 資産の特定は、ビジネスケースを推進し、広く使用されているリソースを維持することに集中するために役立ちます。

6.保持

移行する準備ができておらず、オンプレミスにあったほうが安心なアプリケーションや、優先順位付けして再度変更を加える準備ができていない最近アップグレードしたアプリケーションがあり、IT ポートフォリオの一部を保持したい場合があるかもしれません。


アプリケーションの自動化を支援する以下の多くのツールがあります。

AWS Direct Connect
Amazon Kinesis Firehose

AWS Migration Hub では、AWS およびパートナーの複数のソリューション間におけるアプリケーション移行の進行状況を 1 つの場所で追跡できます。Migration Hub を使用すると、ニーズに最も適する AWS およびパートナーの移行ツールを選択でき、アプリケーションのポートフォリオ全体で移行状態の可視性が得られます。Migration Hub では、移行にどのようなツールが使われていても、個々のアプリケーションの主要なメトリクスと進行状況を取得することもできます。

AWS Direct Connect

TSO Logic は、適切な規模とコストのコンピューティングのための正確なデータ駆動型レコメンデーションを提供します。当社の予測分析は洞察を継続的に提供し、環境、クラウドオプション、価格が変わっても、各アプリケーションが確実に最適な場所、最適なソフトウェア、最低の TCO で実行できているようにします。  TSO Logic は移行計画を加速させるための明確なビジネスケースの構築を支援します。 

AWS Application Discovery Service は、オンプレミスのデータセンターに関する情報を収集することで、お客様が移行プロジェクトを計画することを支援します。データセンター移行計画には何千ものワークロードが存在し、多くの場合それらが相互に深く依存しあっています。AWS Application Discovery Service では、サーバーの設定データ、使用状況データ、動作データが収集され、お客様に提供されます。これにより、お客様はワークロードを十分に把握することができます。

AWS Server Migration Service
AWS Database Migration Service
VMware Cloud on AWS

AWS Server Migration Service (SMS) は、数千のオンプレミスワークロードを従来よりも簡単に、かつ短時間で AWS に移行できるエージェントレスサービスです。AWS SMS では、ライブサーバーボリュームの増分レプリケーションの自動化、スケジュール設定、および追跡が可能なため、大規模なサーバーの移行作業を簡単に調整できます。

 

 

AWS Server Migration Service

CloudEndure Migration は、物理、仮想、クラウドベースのインフラストラクチャにあるアプリケーションの AWS への移行を簡素化、迅速化、自動化します。CloudEndure Migration は、サポートしているオペレーティングシステムで実行しているすべてのアプリケーションを自動的に変換し、互換性の問題なく AWS で完全に機能するようにします。このレプリケーションプロセスの間、アプリケーションはダウンタイムやパフォーマンス障害なくソースで引き続き実行されます。最小限のカットオーバー時間で、移行したサーバーは AWS でネイティブに実行されます。

AWS Database Migration Service (DMS) によって、データベースを AWS に簡単かつ安全に移行できます。移行中でもソースデータベースは完全に利用可能な状態に保たれ、データベースを利用するアプリケーションのダウンタイムは最小限に抑えられます。AWS Database Migration Service は、広く普及しているほとんどの商用データベースとオープンソースデータベース間のデータ移行でご利用いただけます。

VMware Cloud on AWS は、AWS と VMware が共同で開発した、拡張性、安全性、革新性に優れた統合クラウドサービスです。お客様は、VMware vSphere ベースのオンプレミス環境を次世代の Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) ベアメタルインフラストラクチャで動作する AWS クラウドにシームレスに移行し、拡張できます。  VMware Cloud on AWS は、エンタープライズ向けの IT インフラストラクチャを持つ企業や、エンタープライズ向けに IT オペレーションを管理する企業に最適です。このサービスでは、オンプレミスの vSphere ベースのワークロードをパブリッククラウドに移行し、データセンターのキャパシティーを統合および拡張し、災害対策ソリューションを最適化、簡素化、刷新できるためです。  VMware Cloud on AWS は VMware およびそのパートナーがグローバルに提供、販売、サポートしています。

S3 Transfer Acceleration

Amazon S3 Transfer Acceleration を使用すると、Amazon S3 へのパブリックインターネット経由の転送がより迅速になります。距離やインターネットの状況に関係なく、使用可能な帯域幅を最大化できます。また、特殊なクライアントや独自のネットワークプロトコルはありません。S3 バケットで使用するエンドポイントを変更するだけで、加速が自動的に適用されます。

AWS Snowball

AWS Snowball はセキュアなアプライアンスを使用したペタバイト規模のデータ転送ソリューションで、AWS 内外に大容量データを転送できます。Snowball を使用すると、高いネットワークコスト、長時間かかる転送、セキュリティ面の懸念といった、大規模なデータ転送に関する一般的な課題を解決できます。

AWS Snowmobile

AWS Snowmobile は、超大容量データを AWS に移動するために使用できるエクサバイト規模のデータ転送サービスです。セミトレーラートラックが牽引する長さ 14 m の丈夫な輸送コンテナで、Snowmobile 1 台あたり 100 PB まで転送できます。Snowmobile を使うと、ビデオライブラリや画像リポジトリ、またはデータセンター全体まで、膨大な量のデータを簡単にクラウドに移動できます。

AWS Direct Connect
Amazon Kinesis Firehose

AWS Direct Connect では、お客様のネットワークと AWS Direct Connect のいずれかのロケーションとの間に専用のネットワーク接続を確立することができます。業界標準の 802.1q VLAN を使用して、この専用接続を複数の仮想インターフェイスに分割することができます。このようにすると、同じ接続を使用して、パブリックリソース (例えば Amazon S3 に格納されたオブジェクト) にはパブリック IP アドレススペースを使用してアクセスし、プライベートリソース (例えば Amazon Virtual Private Cloud (VPC) 内で実行されている Amazon EC2 インスタンス) にはプライベート IP スペースを使用してアクセスすることができるので、パブリック環境とプライベート環境の間でネットワークを分離できます。仮想インターフェイスは、ニーズの変化に合わせて、いつでも設定変更できます。

Amazon Kinesis Firehose は、ストリーミングデータを AWS にロードする最も簡単な方法です。これにより、ストリーミングデータをキャプチャし、Amazon S3 および Amazon Redshift に自動的にロードすることで、現在お使いのビジネスインテリジェンスツールやダッシュボードでほぼリアルタイムに分析できるようになります。フルマネージドサービスのため、データスループットに応じて自動的にスケールされ、継続的な管理は不要です。ロード前にデータのバッチ処理、圧縮処理、暗号化が行われるため、送信先でのストレージ量を最小化し、セキュリティを強化できます。AWS マネジメントコンソールから Firehose のデリバリーストリームを簡単に作成し、数回のクリックで設定を行い、継続的に AWS にロードされる数十万のデータソースからデータのストリーミングを開始できます。これらすべての操作にかかる時間はわずか数分です。

一部の大企業は、600 を超えるベンダーを含む 2,000 のアプリケーションのポートフォリオを移行しています。このプロセスの間、企業は数多く契約書を確認し、既存のソフトウェアを移動するための権限を検証するために数えきれないほどの時間、週、月を費やします。

AWS Marketplace により、お客様は 1,100 を超えるテクノロジーパートナーが提供する 3,500 以上のソフトウェアから選択することが可能になり、移行をより迅速かつ簡単に実施できます。Marketplace には 400 を超える自分のライセンスを使用する (BYOL) 製品があり、セキュリティ、ネットワーク、ストレージ、BI、データベースなどの分野でお客様がすでに所有している製品の迅速なプロビジョニングと従量制のデプロイが可能です。

AWS Marketplace を詳しく見る

AWS Marketplace


AWS Migration Acceleration Program (MAP) は、移行の工程に取り組む企業が、既存のワークロードをアマゾン ウェブ サービスに移行することで、ビジネス上のさまざまな利点を得られるよう作成されました。これには、体系的な方法で従来の移行を実行するための移行方法論、および一般的な移行シナリオを自動化および迅速化するための堅牢なツールセットが含まれています。

AWS Migration Acceleration Programの詳細 »

AWS MAP
AWS CAF

お客様との数多くの取り組みから得られた深い学びを活用して AWS クラウド導入フレームワーク (AWS CAF) を立ち上げ、組織のクラウド導入過程のための効率的かつ効果的な計画の作成を支援しています。フレームワーク内に組み込まれているガイダンスおよびベストプラクティスは、企業の IT ライフサイクル全体で、組織全体にわたるクラウドコンピューティングへの包括的なアプローチを構築するのに役立ちます。AWS CAF では、ガイダンスの最上位を 6 つの重点分野に整理しています。これらの重点分野をパースペクティブと表現しています。

通常、ビジネス、スタッフ、ガバナンスの視点ではビジネス遂行能力に焦点を当て、プラットフォーム、セキュリティ、オペレーションの視点では技術的能力に焦点を当てています。現在の IT 環境と将来のクラウド環境でのスキルとプロセスのギャップを特定することにより、組織はギャップを埋めるためのアクション計画を作成することができます。

AWS CAF のホワイトペーパーをダウンロード »

AWS に移行する企業は、専門知識やツールが必要であり、ビジネスと IT 戦略を一致させる必要があります。多くの企業はパートナーと取り組むことにより、移行を加速し、結果が出るまでの時間を短縮できます。AWS コンピテンシーパートナープログラムにより、お客様による AWS のサービスの活用を支援できることを実証したパートナーを認証しています。

AWS 移行コンピテンシーパートナーは、複雑な移行プロジェクトにおける検出、計画、移行、運用などのすべての側面で、AWS へのアプリケーションとレガシーインフラストラクチャの移行を支援する豊富な経験に裏打ちされたソリューションを提供します。

AWS 移行コンピテンシーパートナーの詳細 »

AWS パートナー
AWS プロフェッショナルサービス

AWS プロフェッショナルサービスチームは、クラウドへの移行が意味する事柄に関する深い理解を活用して、数百ものエンタープライズ顧客や政府機関が AWS 導入のすべての段階でビジネスの目標を達成できるようにサポートしてきました。20 の国々で活動しているため、世界的規模のスケールと業界の専門知識を活用してお客様の企業をサポートします。

AWS プロフェッショナルサービスチームの詳細

成功する移行には、それぞれいくつか共通の要素がありますが、最適なアプローチを決定する際に、一つでどのような条件にも通用するようなソリューションありません。AWS は、IT ポートフォリオのクラウドへの移行について組織を支援する中で経験を得て、多くのお客様が有用と評価したベストプラクティスや戦略を含む eBook を作成しました。

AWS への移行の eBook をダウンロード »

AWS eBook
AWS Enterprise Collections ブログ

AWS Enterprise Collections ブログは、企業のクラウドコンピューティング導入に関連する一連の記事です。これらの記事は、ベストプラクティス、レコメンデーション、AWS のリーダーおよび AWS のお客様のクラウドコンピューティングに関する体験談が収められています。

今すぐフォロー »

お問い合わせ