AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める »
またはコンソールにサインイン

12 か月間の AWS 無料利用枠と、24 時間年中無休のカスタマーサービスやサポートフォーラムなどの AWS ベーシックサポート機能を利用できます。

AWS アカウント作成の流れはこちら »


AWS CodeDeploy Developer Guide

AWS CodeDeploy API Reference

AWS CodeDeploy Command Line Reference


AWS CodeDeploy を既存のインスタンスに使用
すでに多数の Amazon EC2 インスタンスを実行しており、新しいインスタンスを起動せずに設定する場合です。
詳細 »

Auto Scaling Group にデプロイ
アプリケーションを設定してトラフィックの変化への反応を早くする、またはインスタンスの障害に対する耐久性を向上する必要があり、新機能のデプロイに引き続き AWS CodeDeploy を使用する場合です。
詳細 »

デプロイのモニタリング
AWS CodeDeploy エージェントですべてのインスタンスを設定し、新規のデプロイを作成した場合で、すべてのインスタンスをモニタリングして正常にデプロイされるか確認する場合です。
詳細 »

サードパーティ製のツールとの統合
AWS CodeDeploy は人気の高いサードパーティ製ツールとの統合が可能です。これらの統合の使用方法の詳細については、こちらに移動し、興味を持った統合をクリックしてください。
詳細 »


サンプルアプリケーション
どのように始めるかをご存じではないですか?こちらの Windows および Linux 向けのサンプルアプリケーションは、AWS CodeDeploy を実際にアプリケーションに対して使用する前に詳しく知ることができるテンプレートです。
詳細 »

設定管理テンプレート
以下のテンプレートでは、設定管理システムの既存のクックブック、ランリスト、状態を利用して、AWS CodeDeploy によるデプロイの一環として実行する方法を確認できます。次のリンクは、それぞれの設定に役立ちます。
Chef »
Puppet »
Ansible »
Salt »

設定管理モジュール
Chef、Puppet、Ansible、Salt などの設定管理システムと連動するホストをすでに利用しており、そのインフラストラクチャを活用して AWS CodeDeploy エージェントをインストールする場合です。以下の項目について専用のモジュールを作成しました。
Chef クックブック »
Puppet モジュール »
Ansible モジュール »

Jenkins
S3 に送信して新規の AWS CodeDeploy デプロイを作成するという最後のステップを除いて、ワークフローはすべて自動化されています。このプラグインは、既存の Jenkins ワークフローと統合するための新しいポストビルドステップを追加しています。
詳細 »

Git リポジトリ
AppSpec およびデプロイフックを含め、アプリケーション全体が Git リポジトリに保存されます。このサンプルでは、Git フックを使用して特定の Git イベントの AWS CodeDeploy に自動でデプロイする方法を確認できます。
詳細 »


AWS コマンドラインインターフェイスおよび AWS SDK の 1 つを使用して、AWS CodeDeploy のアプリケーションとデプロイの管理を簡素化できます。