AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める »
またはコンソールにサインイン

12 か月間の AWS 無料利用枠と、24 時間年中無休のカスタマーサービスやサポートフォーラムなどの AWS ベーシックサポート機能を利用できます。

AWS アカウント作成の流れはこちら »

日本担当チームへお問い合わせ »

Q: AWS CodeDeploy とは何ですか?
AWS CodeDeploy は、Amazon EC2 インスタンス、およびオンプレミスで稼働するインスタンスを含む、さまざまなインスタンスへのコードのデプロイを自動化するサービスです。AWS CodeDeploy を使用すると、お客様はアプリケーションの複雑なアップデート処理、デプロイ中のダウンタイムの回避、新規機能の迅速なリリースが容易になります。AWS CodeDeploy を使用すると、エラーを起こしやすい手動操作やインフラストラクチャのサービススケールの必要性を排除しながら、デプロイの自動化を行うことが可能となり、1 つのインスタンスへのデプロイや、数千のインスタンスへのデプロイも容易に行うことができます。

Q: AWS CodeDeploy はどのようなユーザー向けですか?
AWS CodeDeploy は、Amazon EC2 インスタンス、およびオンプレミスで稼働するインスタンスを含む、さまざまなインスタンスにアプリケーションをデプロイする開発者および管理者向けに設計されています。また、AWS CodeDeploy には柔軟性があり、インスタンスでソフトウェアをアップデートしたり、スクリプトを実行したりするお客様なら、誰でもご使用いただけます。

Q: AWS CodeDeploy を使用してどんなタイプのアプリケーションがデプロイできますか?
AWS CodeDeploy はすべてのタイプのアプリケーションのデプロイにご使用いただけます。AWS CodeDeploy を使用するには、デプロイ中にインスタンスにコピーするファイルおよび実行するスクリプトを指定します。AWS CodeDeploy はプログラム言語およびアーキテクチャに依存しません。任意のカスタムデプロイロジックのスクリプトをご使用できます。

Q: AWS CodeDeploy はどのオペレーティングシステムをサポートしていますか?
AWS CodeDeploy はさまざまなオペレーションシステムをサポートしています。AWS CodeDeploy では、Amazon Linux、Red Hat Enterprise Linux、Ubuntu Server、Microsoft Windows Server でテストされたエージェントをご利用いただけます。その他のオペレーティングシステムを使用する場合、AWS CodeDeploy はこちらでオープンソースソフトウェアとして利用可能です。より詳しくは、AWS CodeDeploy ドキュメントをご覧ください。

Q: AWS CodeDeploy は既存のツールチェインと連動しますか?
はい。AWS CodeDeploy はさまざまな設定管理システム、継続統合およびデプロイシステム、ソースコントロールシステムと連動します。より詳しくは、製品の統合ページをご覧ください。

Q: AWS Elastic Beanstalk や AWS OpsWorks などの AWS のデプロイおよび管理サービスと AWS CodeDeploy の違いは何ですか?
AWS CodeDeploy は、開発者が Amazon EC2 インスタンス、オンプレミスインスタンスを含む、あらゆるインスタンスに対してソフトウェアをデプロイしたり、アップデートしたりすることをサポートするための基礎的なサービスです。AWS Elastic Beanstalk および AWS OpsWorks はエンドツーエンドのアプリケーション管理サービスです。

Q: AWS CodeDeploy でオンプレミスインスタンスをサポートしていますか?
はい。AWS CodeDeploy は、AWS CodeDeploy エージェントをインストールでき、AWS パブリックエンドポイントに接続できるあらゆるインスタンスをサポートしています。

Q: アプリケーションとは何ですか?
アプリケーションとは、1 つのインスタンスグループにデプロイするソフトウェアおよび設定の集合体です。基本的に、同じグループのインスタンスは同じソフトウェアを実行しています。たとえば、大規模な配信システムを使用している場合、たいていはウェブ層が 1 つのアプリケーションを構成し、データ層は別のアプリケーションを構成しています。

Q: リビジョンとは何ですか?
リビジョンとはソースコード、ポストビルドアーティファクト、ウェブページ、実行ファイル、デプロイスクリプト、AppSpec ファイルなどのデプロイコンテンツの特定のバージョンです。AWS CodeDeploy エージェントは GitHub または Amazon S3 バケットからリビジョンにアクセスできます。

Q: デプロイグループとは何ですか?
デプロイグループとはアプリケーションに関連するインスタンスの集合体で、デプロイのターゲットとなります。タグまたは Auto Scaling group、またはその両方を特定して、インスタンスをデプロイグループに追加します。ステージングや実稼働など、1 つのアプリケーションに対して複数のデプロイグループを定義できます。タグについての情報は「コンソールによるタグの操作」をご覧ください。Auto Scaling Group に対するデプロイについての情報は、「Auto Scaling の統合」をご覧ください。

Q: デプロイ設定とは何ですか?
デプロイ設定とは、デプロイグループ内のインスタンスに対して、デプロイがどのように進行するかを決定する制約です。デプロイ設定を使用して、複数インスタンスのデプロイグループにダウンタイムゼロのデプロイを実行できます。例えば、アプリケーションに対して、デプロイグループ内のインスタンスの最低 50% が、起動したままでトラフィックを提供する必要がある場合、デプロイ設定でそのように指定し、デプロイがダウンタイムを発生させないようにできます。デプロイ設定がデプロイにもデプロイグループにも関連付けられていない場合、AWS CodeDeploy はデフォルトで 1 度に 1 つのインスタンスにデプロイします。デプロイ設定についての詳しい情報は、「インスタンスの正常性」をご覧ください。

Q: デプロイのために指定の必要があるパラメータは何ですか?
デプロイのために指定するパラメータは 3 つあります。

  1. リビジョン – 何をデプロイするか指定します。
  2. デプロイグループ – どこにデプロイするか指定します。 
  3. デプロイ設定 – デプロイ方法を指定する任意のパラメータです。
Q: AppSpec ファイルとは何ですか?
AppSpec ファイルとは、コピーするファイルおよび実行するスクリプトを指定する設定ファイルです。AppSpec ファイルは YAML フォーマットを使用しており、リビジョンのルートディレクトリに含める必要があります。AppSpec ファイルは AWS CodeDeploy に使用され、2 つのセクションで構成されています。ファイルセクションは、リビジョンの中のコピーされるソースファイル、および各インスタンスの送信先フォルダを指定します。フックセクションはデプロイの各段階で実行するスクリプトのロケーション(リビジョンバンドルのルートから始まる相対パス)を指定します。デプロイの各段階は、デプロイのライフサイクルイベントと呼ばれます。AppSpec ファイルの例を次に示します。指定できるすべてのオプションなど、AppSpec ファイルについて詳しくは、「 AppSpec File Reference」をご覧ください。

version: 0.0

os: linux

files: 

# You can specify one or more mappings in the files section.

  – source: /

    destination: /var/www/html/WordPress

hooks:

 # The lifecycle hooks sections allows you to specify deployment scripts.

ApplicationStop: 

# Step 1: Stop Apache and MySQL if running.

    – location: helper_scripts/stop_server.sh

BeforeInstall: 

# Step 2: Install Apache and MySQL.

# You can specify one or more scripts per deployment lifecycle event.

    – location: deploy_hooks/puppet-apply-apache.sh

    – location: deploy_hooks/puppet-apply-mysql.sh 

 AfterInstall: 

# Step 3: Set permissions.

    – location: deploy_hooks /change_permissions.sh

      timeout: 30

      runas: root

# Step 4: Start the server.

    – location: helper_scripts/start_server.sh

      timeout: 30

      runas: root

Q: デプロイのライフサイクルイベントとは何ですか?
デプロイは、デプロイのライフサイクルイベントと呼ばれる事前に定義されたいくつかの段階を経過します。デプロイのライフサイクルイベントにより、デプロイの一環としてコードを実行することが可能になります。以下の表は現在サポートされているさまざまなデプロイのライフサイクルイベントを実行順に、使用時の例と合わせて列挙しています。

デプロイのライフサイクルイベント 説明
ApplicationStop

デプロイの最初のライフサイクルイベントであり、リビジョンのダウンロード前から開始します。このデプロイのライフサイクルイベントに使用される AppSpec ファイルおよびスクリプトは前回正常にデプロイされたリビジョンのものです。 

アプリケーションを正常に停止する、またはデプロイの準備として最近インストールしたパッケージを削除する場合は ApplicationStop のデプロイのライフサイクルイベントを使用します。

DownloadBundle このデプロイのライフサイクルイベントでは、エージェントがインスタンスの一時的なロケーションに、リビジョンファイルをコピーします。このデプロイのライフサイクルイベントはエージェント用にリザーブされており、ユーザーのスクリプトの実行には使用できません。
BeforeInstall BeforeInstall ライフサイクルイベントはファイルの暗号化や現在のバージョンのバックアップ作成など、インストール前のタスクに使用します。
Install このデプロイのライフサイクルイベントでは、エージェントが一時的なロケーションからリビジョンファイルを最終的な送信先フォルダにコピーします。このデプロイのライフサイクルイベントはエージェント用にリザーブされており、ユーザーのスクリプトの実行には使用できません。
AfterInstall AfterInstall デプロイライフサイクルイベントはアプリケーションの設定またはファイルの許可の変更に使用します。
ApplicationStart 基本的に、このデプロイのライフサイクルイベントは ApplicationStop で停止したサービスを再起動するために使用します。
ValidateService ValidateService は最後のデプロイのライフサイクルイベントであり、デプロイが正常に完了したことを検証します。

Q: どうすれば AWS CodeDeploy の利用を開始できますか?
AWS マネジメントコンソールにサインインすれば AWS CodeDeploy の利用を開始できます。サービスの概要を簡単に確認するには、手順を追ったチュートリアルをご利用できる「ご利用開始にあたって」をご覧ください。

Q: 既存の Amazon EC2 に AWS CodeDeploy を使用する場合、前提条件はありますか?
Amazon EC2 インスタンスが IAM インスタンスプロファイルに関連付けられており、サポートされているオペレーティングシステムを実行している必要があります。詳しくは、「既存の Amazon EC2 の使用」をご覧ください。

Q: AWS CodeDeploy を使用してアプリケーションをデプロイするための基本的な手順は何ですか?
以下のダイアグラムはデプロイ中の基本的な手順を説明しています。アプリケーションおよびデプロイグループの作成(これらの用語の説明は「概念」のセクションをご覧ください)は、基本的に各アプリケーションにつき 1 度限りのタスクです。定期的なアクションによりリビジョンがアップロードおよびデプロイされます。各タスクの手順を追った指示など、詳しい説明は「デプロイ」をご覧ください。

Q: AWS CodeDeploy にはどのようにアクセスすればよいですか?
AWS CodeDeploy には AWS マネジメントコンソールAWS コマンドラインインターフェイス(AWS CLI)AWS SDKAWS CodeDeploy API を使用してアクセスできます。

Q: AWS CodeDeploy を使用してデプロイするためにコードをどのように変更すればよいですか?
コードを変更する必要はまったくありません。設定ファイル(AppSpec ファイル)を、コピーするファイルおよび実行するスクリプトを指定するリビジョンバンドルのルートディレクトリに追加するだけです。

Q: AWS CodeDeploy を使用してソースコントロールシステムからアプリケーションをデプロイするにはどうすればよいですか?
GitHub を使用している場合、.zip、.tar、.tar.gz 形式でリポジトリから直接インスタンスにリビジョンをデプロイできます。その他のソースコントロールシステムを使用している場合は、リビジョンをバンドルして .zip、.tar、.tar.gz 形式で Amazon S3 バケットにアップロードし、デプロイの実行時に Amazon S3 のロケーションを指定します。アプリケーションにビルドステップが必要な場合は、GitHub リポジトリまたは Amazon S3 バケットにポストビルドアーティファクトが保存されていることを確認してください。AWS CodeDeploy での GitHub の使用に関してより詳しくは、製品の統合ページをご覧ください。Amazon S3 を使用したリビジョンの保存に関して詳しくは、リビジョンの送信をご覧ください。

Q: AWS CodeDeploy は設定管理ツールとどのように連動しますか?
AppSpec ファイルの任意のデプロイのライフサイクルイベントフックから設定管理ツールを起動できます。たとえば、デプロイの一環として実行する Chef レシピがある場合は、AppSpec ファイルの適切なデプロイのライフサイクルイベントフックでレシピを指定できます。さらに、設定管理システムを利用して AWS CodeDeploy エージェントをインスタンスにインストールすることもできます。AWS CodeDeploy と Chef、Puppet、Ansible、Saltstack などの設定管理システムを合わせて使用する方法を説明したサンプルは、製品の統合ページをご覧ください。

Q: AWS CodeDeploy は継続統合およびデプロイシステムと合わせて使用できますか?
はい。AWS CLI または AWS SDK を使用してパブリック API を呼び出すことで、AWS CodeDeploy を継続統合およびデプロイシステムと統合できます。事前に構築された統合およびサンプルを製品の統合ページで確認できます。

Q: デプロイグループに追加したばかりのインスタンスにアプリケーションをデプロイするにはどうすればよいですか?
該当するインスタンスのデプロイグループに、最新のリビジョンをデプロイすることで、アプリケーションをデプロイします。Auto Scaling group の一部として開始したインスタンスを除き、AWS CodeDeploy は新しく追加された Amazon EC2 インスタンスに対して、最新のリビジョンを自動でデプロイしません。

Q: AWS CodeDeploy は Auto Scaling とどのように連動しますか?
Auto Scaling Group をデプロイグループと関連付けることで、新しく開始したインスタンスに常にアプリケーションの最新のリビジョンがデプロイされるようにできます。Auto Scaling Group に新しい Amazon EC2 インスタンスが追加されるたびに、まず状態が Pending になり、前回デプロイグループで成功したリビジョンのデプロイが新しい Amazon EC2 インスタンスに対して開始されます。デプロイが正常に完了すると、Amazon EC2 インスタンスの状態が InService に変更されます。デプロイに失敗した場合、その Amazon EC2 インスタンスは終了し、新しい Amazon EC2 インスタンスが Pending の状態で開始されます。その後新しい Amazon EC2 インスタンスに対してデプロイが開始されます。Auto Scaling Group インスタンスのライフサイクルイベントに関して詳しくは、「Auto Scaling Group のライフサイクル」をご覧ください。

Q: デプロイのステータスをどのように追跡できますか?
デプロイのステータスは、AWS マネジメントコンソールAWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI)AWS SDKAWS CodeDeploy API を使用して追跡できます。デプロイ全体のステータスを確認することも、各インスタンスのステータス、およびインスタンスの各デプロイのライフサイクルイベントのステータスを詳しく確認することもできます。また、失敗に対応するログエントリも確認できるため、インスタンスにログインする必要がなく、デプロイの問題のデバッグが容易になります。

Q: 実行中のデプロイを停止できますか?
はい。実行中のデプロイを停止する場合、AWS CodeDeploy サービスは各インスタンスのエージェントにそれ以上のスクリプトを実行しないように指示します。アプリケーションを矛盾のない状態に戻すには同じリビジョンを再デプロイするか、別のリビジョンをデプロイします。

Q: 過去のリビジョンにアプリケーションをロールバックするにはどうすればよいですか?
過去のリビジョンにアプリケーションをロールバックするには、そのリビジョンをデプロイするだけです。AWS CodeDeploy は現在のリビジョン用にコピーされたファイルを追跡しており、新しいデプロイの開始前にはそれらを削除します。そのため、再デプロイとロールバックに違いはありません。ただし、過去のリビジョンがロールバックに適切であることを確認する必要があります。

Q: バージョニングした Amazon S3 バケットを使用してリビジョンを保存できますか?
はい。バージョニングした Amazon S3 バケットを使用し、バージョン ID を指定して単一のリビジョンを特定できます。

Q: AWS CodeDeploy を使用する際のサービスの上限はどのくらいですか?
サービスの上限について詳しくは、「上限」をご覧ください。サービスの上限を引き上げるには、AWS サポートセンターからリクエストを送信してください。

Q: セキュリティ分析や運用上のトラブルシューティングの目的でアカウントで行われた、すべての AWS CodeDeploy API 呼び出しの履歴を取得することはできますか?
はい。自分のアカウントで呼び出した AWS CodeDeploy API の履歴を取得するには、AWS マネジメントコンソールで AWS CloudTrail を有効にします。

Q: AWS CodeDeploy を使用して、Amazon Virtual Private Cloud (VPC) で実行されている Amazon EC2 インスタンスにアプリケーションをデプロイできますか?
はい。ただし、Amazon EC2 にインストールされている AWS CodeDeploy エージェントが AWS CodeDeploy および Amazon S3 サービスの公開エンドポイントにアクセスできる必要があります。より詳しくは、「AWS CodeDeploy のエンドポイント」および「Amazon S3 のエンドポイント」をご覧ください。

Q: AWS Identity and Access Management (IAM) を AWS CodeDeploy へのアクセスの管理に使用できますか?
はい。AWS CodeDeploy はリソースレベルの許可をサポートしています。各 AWS CodeDeploy リソースに対して、アクセスできるユーザーと実行可能なアクションを指定できます。たとえば、IAM ポリシーを設定してユーザーに特定のアプリケーションのデプロイを許可し、他のアプリケーションに関してはリビジョンを列挙するにとどめることもできます。これにより、ユーザーが不注意で誤ったアプリケーションに変更を加えることを防ぐことができます。AWS CodeDeploy で IAM を使用する方法について詳しくは、Access Permissions Reference をご覧ください。

Q: AWS CodeDeploy はどのリージョンをサポートしていますか?
AWS CodeDeploy は現在、米国東部(バージニア北部)、米国西部(オレゴン)、欧州(アイルランド)、アジアパシフィック(シドニー)およびアジアパシフィック(東京)の各リージョンでご利用いただけます。

Q: AWS CodeDeploy アプリケーションを複数のリージョンにデプロイするにはどうすればよいですか?
AWS CodeDeploy は同じリージョンに配置される AWS リソースに対してデプロイを実行します。複数のリージョンにデプロイを実行するためには、ターゲットリージョンのアプリケーションを定義し、アプリケーションバンドルを各リージョンの Amazon S3 バケットにコピーし、すべてのリージョンに連続または並列ロールアウトを実行します。

Q: AWS CodeDeploy にはどのくらいの費用がかかりますか?
AWS CodeDeploy を使用した Amazon EC2 インスタンスへのコードデプロイには追加料金は必要ありません。AWS CodeDeploy を使用したアップデートの料金は、1 つのオンプレミスインスタンスあたり 0.02 USD です。詳細については、料金表ページをご覧ください。