お客様のストレージに接続し、AWS のストレージに接続して、コピーを開始する

DataSync の開始方法は簡単です。DataSync エージェントをオンプレミスにデプロイし、NFS もしくは SMB プロトコルを使用してファイルシステムもしくはストレージアレイを指定するか、またはセルフマネージドのオブジェクトストレージに API エンドポイントを指定します。そして、Amazon S3、Amazon EFS、または Amazon FSx for Windows ファイルサーバー を AWS ストレージとして選択し、データの移行を開始します。

同じ AWS アカウントの AWS Storage サービス間でデータを転送する場合、エージェントをデプロイする必要はありません。AWS DataSync コンソールまたは API を使用して送信元のサービスと送信先のサービスをセットアップし、データ転送を開始します。コピーするデータに対してのみ料金が発生します。

この動画では、いかに迅速かつ簡単に開始できるかをお見せします。AWS DataSync を使用して、わずか数分で AWS Storage サービスとの間でデータの転送を開始できます。

AWS DataSync のデモ – AWS との間で最大 10 倍高速で簡単にデータを転送 (5:30)

始めるための簡単なステップ

ステップ 01

無料の AWS アカウントにサインアップ

まだ AWS アカウントをお持ちでない方は、無料でサインアップしてください。

サインアップ »
ステップ 02

DataSync の詳細

よくある質問から重要な点を確認したり、ドキュメントでもっと詳しく学んだりできます。また、1 時間の無料のオンデマンド DataSync トレーニングを受講して、このサービスがどのように機能し、ビジネスにどのように役立つかを学ぶことをお勧めします。さらに、DataSync リソースページにあるオンデマンドの DataSync セッション、ビデオ、デモ、ブログをご覧いただけます。

詳細 »
ステップ 03

コンソールにアクセスする

DataSync コンソールで、DataSync の操作を開始、設定、管理します。

試してみる »
ステップ 04

オンプレミスストレージと AWS の間でデータを転送するために、エージェントをデプロイする

AWS コンソールまたは API を介してエージェントを AWS アカウントに関連付けます。エージェントはオンプレミスストレージにアクセスし、そこからデータを読み込んだり、書き込んだりします。同じ AWS アカウント内の AWS ストレージサービス間でデータを転送するためにエージェントをデプロイする必要はありません。

ステップ 05

データ転送タスクの作成

データ転送のソースの場所と宛先の場所を指定してタスクを作成し、目的のタスクスケジュールなど、転送に使用するオプションを設定します。


ステップ 06

転送の開始

タスクを開始し、コンソールまたは Amazon CloudWatch でデータの移動を監視します。次に、AWS で必要なデータを使用します。


DataSync のよくある質問を読む
DataSync の詳細

よくある質問を読み、DataSync の詳細を知る。

詳細 
まずは無料で始める
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 
 

サインアップ 
コンソールで構築を開始する
コンソールで構築を開始する

AWS コンソールで AWS DataSync を使用して構築を開始します。

今すぐ始める